アパート の 鍵 貸し ます 映画。 映画 『アパートの鍵貸します』 (1960年)ー ビリー・ワイルダー監督がオスカー像を3つ獲得した珠玉のラブ・コメディ ー 20世紀・シネマ・パラダイス

映画評論家・町山智浩が巨匠ビリー・ワイルダー作品に見え隠れするアメリカの影を解説

アパート の 鍵 貸し ます 映画

「愛してる……」 「黙って。 ほら、カードを配ってよ」 これは名画「アパートの鍵貸します」のとある名シーンの台詞である。 それがどのシーンにあるかは、読者の皆さんがご自分で確認していただきたい。 もう見たことのある方は、あのシーンを思い出していただければと思う。 というわけで、今回の映画紹介のコーナーはビリー・ワイルダー監督の「アパートの鍵貸します」( 1960 年)だ。 どうしてこの映画なのか? 簡単なことだ。 気づかないだろうか? 今回のテーマは「びりびり」……そう、監督は「ビリ」ー・ワイルダー。 くだらないが、びりびり映画がどうも思いつかなかったもので、許して欲しい。 わたしの映画愛の至らなさである。 どうも冴えない独り身の普通の会社員 C. バクスター(ジャック・レモン)は、頼まれたら断れないたちで、自分のアパートの部屋を上司たちの愛人との密会の場所に貸し出していた。 上司たちはそれと引き換えにバクスターをシェルドレイ部長(フレッド・マクマレイ)に推薦していた。 ある日シェルドレイ部長に呼び出されたバクスターは、部長から管理職になることを打診され、その引き換えとしてアパートの部屋を貸せと頼まれる。 承諾した彼は、当時はやっていたミュージカル「ミュージックマン」のチケットを二枚、部長から貰い、密会の間そこに居ろと言われた。 そんな彼が思いを寄せるのはエレベーターガールのフラン・キューブリック(シャーリー・マクレーン)。 バクスターはチケットをもって意気揚々とフランのもとへむかい、デートに誘う。 だが彼女には先客がいた。 それは男性で、彼女は本気なのだが、相手はそうではないらしくもう破局するらしい。 先客と話を付けてからロビーで彼女は落ち合おうといい、バクスターは感激する。 だが彼女は来ない。 なんと彼女の先客というのは妻子持ちのシェルドレイ部長だったのだ。 部長は妻との離婚をちらつかせ、フランを連れてバクスターのアパートへと向かう……。 そして物語はどんどん展開し、とんでもない方向へ……。 この映画の魅力はなんと言ってもやはり主人公バクスター君のキャラクターである。 彼は凡庸で、冴えないが、どこかに魅力がある。 フランのことを、どんな状況になっても想っているから、彼女の前ではどんなにつらくても笑顔を絶やさないし、シェルドレイ部長とフランの関係を知ってしまった時はやけ酒をしつつ、その後とある事件があったらすぐにフランのためを思った行為をする。 その痛いまでの自己犠牲とか、なんとなく弱気な感じとかが非常にリアルなのだ。 中には(特に女性は、かも知れないが)、バクスター君のあの雰囲気があまり好きではない人もいるかもしれない。 もっとがんばれよとか、もっと強気でいけよとか、そういう風に思う人もいるだろう。 だが、一度でも(本気の片想いの)恋をしたことのある男なら、嫌いにはなれないだろう。 最後の展開は、「いやあ、普通はそううまくはいきませんよ、ワイルダーの旦那」と思わないでもないが、フィクションだからこそ、ああいう展開でなくっちゃいけないのである。 邦画界でのヒューマンコメディ映画の雄(という風に持ち上げるのは彼に似合わない気もするけれど)、三谷幸喜氏がビリー・ワイルダーを尊敬したというのもよくわかる。 よくできているのだ。 そして面白い。 少々長くて、途中少し飽きてしまいそうになるのが玉にきずだが、ラストシーンを見終わった時には不思議な満足感がある。 三谷映画の見た後の満足感と同じだ。 リアルで冴えない平凡な主人公が、その純情さと優しさと一方で弱気さで、誰もが憧れる女性を最後にはものにする(とはいえ、この映画の魅力は、本当にものにしたのかはわからないまま、キスシーンもなし、両思い確定シーン(?)もないところである。 最後まで二人はミスター・バクスター、ミス・キューブリックと呼び合っている。 これがまたいいのだ)。 リアルで冴えない主人公だけれど、邦画の青春映画みたいに臭かったり、小恥ずかしくなったりしないのは、主人公がどこか道化っぽくて、笑えてしまうからだろう(むしろわたしはそれがリアルに思えたりもする。 片想いの男というのは、どこか、ハタから見れば道化のようなおかしさをもっている)。 ラヴストーリーは、ドロドロや青春より、やっぱりこうでなくっちゃ、なんてわたしは思う。 さて、この映画の中で結構キーワードとして登場する言葉がある。 それは、サブキャラクター(ある意味メインキャラクター扱いでいいかもしれない)のおそらくユダヤ系であろうドレイファス医師(ジャック・クラッシェン)の言葉だ。 「大人になれ、バクスター。 メンチュになるんだ、意味はわかるかね? 人間( human being )だよ」。 この「メンチュ」は最後の最後でも登場する。 これは一つのキーワードだろう。 メンチュ、はおそらく、 Mensch(メンシュ) だ。 これはドイツ語で「人間」を意味する。 辞書によるとアメリカ英語では「思慮分別のある人」という意味でもあるらしい。 ドレイファスは、アパートから毎晩、「行為」の音や、パーティ騒ぎの音が聞こえる(もちろん、密会のせいである)ことからバクスターを遊び人と誤解しているため、「大人になれ」と忠告しているのだが、最後にはバクスターはこれを「一人前の人間になれ」と解釈したように思う。 そして最後にはこう言い放つ。 「僕はメンチュになりたいんです。 人間です」 この映画はサラリーマン社会の風刺とも言われている。 上司の命令は断れない。 ビリー・ワイルダーは、そんな奴隷のような生活では「メンチュ」になれない、勇気を持って「メンチュ」としての尊厳を取り戻そうと言っているのかもしれない。 さて、わたしたちはどうだろう? もしかすると、嫌なことがあってもいやと言えない状態というのはよくあることなのかもしれない。 そういう状況というのは、「勇気を出せ」とか「強くなれ」なんて言葉をかけられたところで簡単に打開できるものではない。 だからこそ、フィクションの世界でバクスター君のような一見平凡な男が代わりに戦ってくれるのである。 そして代わりに、片思いをただの片思いでは終わらせないのである。 そして、ひょっとすると、そんなわたしたちの一種の「妄想(フィクション)」の世界の戦いがわたしたちに生きる力と何かを使用という勇気を与えてくれるのかもしれない。 「そうか、メンチュになる、か。 ヒューマンビーイングか」たまに忘れてしまうことを、わたしはこの映画を見て思い出したような気がした。 「アパートの鍵貸します」はやはり名画だ。 ぜひ見ていただきたいと思う。 楽しさと深さを両方もっている。 本当にすばらしい作品というのはそういうものだと思う。 そういう作品の深さというのは、身構えなくてもなんとなく理解できるものだ。 何てったってエンターテインメントなのだから。 だから、そう、肩の力を抜いて、楽しんでみて欲しい。 古くさいなんて言わないで欲しい。 今でもバクスター君は魅力的な面白い人物である。 最高のエンターテインメントは永遠に不滅なのだ。 (記事:KEBAB).

次の

アパートの鍵貸しますの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

アパート の 鍵 貸し ます 映画

「愛してる……」 「黙って。 ほら、カードを配ってよ」 これは名画「アパートの鍵貸します」のとある名シーンの台詞である。 それがどのシーンにあるかは、読者の皆さんがご自分で確認していただきたい。 もう見たことのある方は、あのシーンを思い出していただければと思う。 というわけで、今回の映画紹介のコーナーはビリー・ワイルダー監督の「アパートの鍵貸します」( 1960 年)だ。 どうしてこの映画なのか? 簡単なことだ。 気づかないだろうか? 今回のテーマは「びりびり」……そう、監督は「ビリ」ー・ワイルダー。 くだらないが、びりびり映画がどうも思いつかなかったもので、許して欲しい。 わたしの映画愛の至らなさである。 どうも冴えない独り身の普通の会社員 C. バクスター(ジャック・レモン)は、頼まれたら断れないたちで、自分のアパートの部屋を上司たちの愛人との密会の場所に貸し出していた。 上司たちはそれと引き換えにバクスターをシェルドレイ部長(フレッド・マクマレイ)に推薦していた。 ある日シェルドレイ部長に呼び出されたバクスターは、部長から管理職になることを打診され、その引き換えとしてアパートの部屋を貸せと頼まれる。 承諾した彼は、当時はやっていたミュージカル「ミュージックマン」のチケットを二枚、部長から貰い、密会の間そこに居ろと言われた。 そんな彼が思いを寄せるのはエレベーターガールのフラン・キューブリック(シャーリー・マクレーン)。 バクスターはチケットをもって意気揚々とフランのもとへむかい、デートに誘う。 だが彼女には先客がいた。 それは男性で、彼女は本気なのだが、相手はそうではないらしくもう破局するらしい。 先客と話を付けてからロビーで彼女は落ち合おうといい、バクスターは感激する。 だが彼女は来ない。 なんと彼女の先客というのは妻子持ちのシェルドレイ部長だったのだ。 部長は妻との離婚をちらつかせ、フランを連れてバクスターのアパートへと向かう……。 そして物語はどんどん展開し、とんでもない方向へ……。 この映画の魅力はなんと言ってもやはり主人公バクスター君のキャラクターである。 彼は凡庸で、冴えないが、どこかに魅力がある。 フランのことを、どんな状況になっても想っているから、彼女の前ではどんなにつらくても笑顔を絶やさないし、シェルドレイ部長とフランの関係を知ってしまった時はやけ酒をしつつ、その後とある事件があったらすぐにフランのためを思った行為をする。 その痛いまでの自己犠牲とか、なんとなく弱気な感じとかが非常にリアルなのだ。 中には(特に女性は、かも知れないが)、バクスター君のあの雰囲気があまり好きではない人もいるかもしれない。 もっとがんばれよとか、もっと強気でいけよとか、そういう風に思う人もいるだろう。 だが、一度でも(本気の片想いの)恋をしたことのある男なら、嫌いにはなれないだろう。 最後の展開は、「いやあ、普通はそううまくはいきませんよ、ワイルダーの旦那」と思わないでもないが、フィクションだからこそ、ああいう展開でなくっちゃいけないのである。 邦画界でのヒューマンコメディ映画の雄(という風に持ち上げるのは彼に似合わない気もするけれど)、三谷幸喜氏がビリー・ワイルダーを尊敬したというのもよくわかる。 よくできているのだ。 そして面白い。 少々長くて、途中少し飽きてしまいそうになるのが玉にきずだが、ラストシーンを見終わった時には不思議な満足感がある。 三谷映画の見た後の満足感と同じだ。 リアルで冴えない平凡な主人公が、その純情さと優しさと一方で弱気さで、誰もが憧れる女性を最後にはものにする(とはいえ、この映画の魅力は、本当にものにしたのかはわからないまま、キスシーンもなし、両思い確定シーン(?)もないところである。 最後まで二人はミスター・バクスター、ミス・キューブリックと呼び合っている。 これがまたいいのだ)。 リアルで冴えない主人公だけれど、邦画の青春映画みたいに臭かったり、小恥ずかしくなったりしないのは、主人公がどこか道化っぽくて、笑えてしまうからだろう(むしろわたしはそれがリアルに思えたりもする。 片想いの男というのは、どこか、ハタから見れば道化のようなおかしさをもっている)。 ラヴストーリーは、ドロドロや青春より、やっぱりこうでなくっちゃ、なんてわたしは思う。 さて、この映画の中で結構キーワードとして登場する言葉がある。 それは、サブキャラクター(ある意味メインキャラクター扱いでいいかもしれない)のおそらくユダヤ系であろうドレイファス医師(ジャック・クラッシェン)の言葉だ。 「大人になれ、バクスター。 メンチュになるんだ、意味はわかるかね? 人間( human being )だよ」。 この「メンチュ」は最後の最後でも登場する。 これは一つのキーワードだろう。 メンチュ、はおそらく、 Mensch(メンシュ) だ。 これはドイツ語で「人間」を意味する。 辞書によるとアメリカ英語では「思慮分別のある人」という意味でもあるらしい。 ドレイファスは、アパートから毎晩、「行為」の音や、パーティ騒ぎの音が聞こえる(もちろん、密会のせいである)ことからバクスターを遊び人と誤解しているため、「大人になれ」と忠告しているのだが、最後にはバクスターはこれを「一人前の人間になれ」と解釈したように思う。 そして最後にはこう言い放つ。 「僕はメンチュになりたいんです。 人間です」 この映画はサラリーマン社会の風刺とも言われている。 上司の命令は断れない。 ビリー・ワイルダーは、そんな奴隷のような生活では「メンチュ」になれない、勇気を持って「メンチュ」としての尊厳を取り戻そうと言っているのかもしれない。 さて、わたしたちはどうだろう? もしかすると、嫌なことがあってもいやと言えない状態というのはよくあることなのかもしれない。 そういう状況というのは、「勇気を出せ」とか「強くなれ」なんて言葉をかけられたところで簡単に打開できるものではない。 だからこそ、フィクションの世界でバクスター君のような一見平凡な男が代わりに戦ってくれるのである。 そして代わりに、片思いをただの片思いでは終わらせないのである。 そして、ひょっとすると、そんなわたしたちの一種の「妄想(フィクション)」の世界の戦いがわたしたちに生きる力と何かを使用という勇気を与えてくれるのかもしれない。 「そうか、メンチュになる、か。 ヒューマンビーイングか」たまに忘れてしまうことを、わたしはこの映画を見て思い出したような気がした。 「アパートの鍵貸します」はやはり名画だ。 ぜひ見ていただきたいと思う。 楽しさと深さを両方もっている。 本当にすばらしい作品というのはそういうものだと思う。 そういう作品の深さというのは、身構えなくてもなんとなく理解できるものだ。 何てったってエンターテインメントなのだから。 だから、そう、肩の力を抜いて、楽しんでみて欲しい。 古くさいなんて言わないで欲しい。 今でもバクスター君は魅力的な面白い人物である。 最高のエンターテインメントは永遠に不滅なのだ。 (記事:KEBAB).

次の

アパートの鍵貸しますのレビュー・感想・評価

アパート の 鍵 貸し ます 映画

出世街道を描いて自分のアパートを上司と愛人との密会場所として提供するお調子者バクスター。 その利用者には想いを寄せる女性も含まれていた。 白黒の作品を嗜みたくてまず手に取ったのはタイトルに惹かれたこの作品でした。 このチョイスは我ながら正解! 社内不倫に上司への媚売り…と決して軽やかな内容では無いはず。 けれど鑑賞後の清々しさは天下一品でした。 「いいひと」と「いいおとこ」の狭間に揺れる男性。 夢中だったはずの選んだおとこに後悔する女性。 「しっぽり」行きたがる家庭も地位も財力もある上司たち。 年中無休な隣人に興味深々である同じアパートの人間。 やりとりのリズミカルさと出てくる小物の使い方に目を離せない一作でした。 モノクロ映画です。 オープニングに漂うディズニー感! って逆か、ディズニーがこういう雰囲気にしてるのか。 レトロでコミカルで... 笑 初めて聞いた「シチュエーションコメディ」というジャンル。 知らない単語は即座にウィキる。 そして引用。 シチュエーション・コメディ(situation comedy)はコメディのジャンルのひとつ。 登場人物の置かれる状況によって観客や視聴者を笑わせるコメディ。 シットコム sitcom の語源でもあるが、通常、「シットコム」と使う場合は、「シチュエーションコメディ」の中の特定の傾向を持つ作品を指すことが多い。 「特定の傾向」の一つは、登場人物と舞台がほとんど変わらないというものらしい。 同じ人たちが、同じ場所で繰り広げるドタバタ。 「デスパレートな妻たち」「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などもこのシットコムに分類されるそう。 確かに独特なシチュエーションよね、ウィステリア通りも刑務所も。 さらに「GLEE」「gossip girl」「Veronica Mars」なんかの学園モノも、同じ傾向がありそう。 私はヴェロニカ・マーズ以外、途中で飽きてやめちゃった。 登場人物が変わらないとストーリーを盛り上げるために無理やり波風立てようとして、マッチポンプ感がすごい。 話が逸れた。 でもそんなに書くべきこともない! 想いを寄せるエレベーターガールの醜態を隠蔽するため、周囲に糾弾されようとも嘘を突き通すバクスターの姿はかっこよかった。 あんなにチャラチャラしてたのに! っていうギャップ萌え? 予想外の展開はなかったし、部長がクソすぎてげんなりしちゃったけど、スカッとするラスト。 呑気でハッピーな映画でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む NHKのBSでしていたので録画して視聴 とてもおもしろい映画でした 昇給ものであり、コメディーであり、ロマンス要素もあるもりだくさん感 起承転結がはっきりしていて、どうなるんだ?と思いながら 退屈せず、見ていられました 冒頭の主人公の一人暮らしの生活が、なんだか私生活を覗いてる感じでおもしろかったです 足で扉しめたり、ひとりで家にいるとあんな感じになるよね… 主人公がおひとよしすぎて! でも、殴られても幸せそうでしたね それにしても、物語上だろうけど、60年代のアメリカには 休憩できるようなホテルなどはなかったのですかね? なぜみんな主人公の部屋に執着したんだろう 織田裕二のお金がない!をなんだか思い出してしまいました きっとドラマのほうが参考にしているんだろうな~• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の