スナネコ。 スナネコはペットで飼うことはできる?生態・特徴・性格・寿命は?

やっと会えた砂漠の天使「スナネコ」

スナネコ

4kgほどと小型の猫で、平たく幅の広い頭、短い足、長いしっぽが特徴的です。 毛色は黄色ですが、しっぽの先は黒色になっています。 アフリカやアジアの砂漠に生息しており、サハラ砂漠、アラビア半島、パキスタンなどにいます。 スナネコの生態 スナネコはメーティングシーズンを除いては単独行動をしています。 ツメ跡や、尿を用いたにおいのマーキングによってコミュニケーションを行っています。 家庭のネコちゃんのような鳴き声を出すこともありますが、メーティングシーズンにはより大きくて調子の高い鳴き声を出すこともあります。 彼らは穴の中に生息しており、キツネやヤマアラシ利用していた巣穴を用いたり、アレチネズミなどの齧歯類が掘った後の穴などを大きくして利用したりしています。 穴の深さは1. 5mほどにもなります。 主に夜行性の猫です。 スナネコの食べ物 小さい齧歯類 ネズミなど が彼らの主な餌です。 他にもスナヒバリなどの小さい鳥や、爬虫類、昆虫などを捕らえている姿も観察されています。 必要な水分はこれらの餌から十分に補うことができますが、それでも飲める水があれば水を飲むこともあります。 高速で地面を掘って獲物を得ることもでき、獲物の食べ残しは後で再度食べられるよう土に埋めておくこともあります。 生息地域などによっては、1年あたり2匹しか産まない場合もあります。 1年ほどで完全に独立し、間もなく性成熟を迎えます。 絶滅危惧種? スナネコは絶滅危惧種の1つでもあり、多くの国でハンティングするのは禁止されています 一方、法的な保護策がまだなされていない国もあります。 イスラエルのJerusalem Biblical Zoo 聖書動物園 ではこのスナネコを野生に放とうとするようなプロジェクトも進んでいるようです。 スナネコの寿命 スナネコの野生での寿命は定かではないようです。 飼育下では13年ほど生きるようです。 スナネコはペットとして飼える? 絶滅危惧種なので、基本的にペットとして取り扱っている店はないようです。 なので日本でこのスナネコを飼育するのは非現実的と考えるのが妥当でしょう。 また、常に乾燥した状態じゃないと生きられないとも言われており、性格的にも獰猛な一面があるため、そもそも家庭でペットにするには難易度がかなり高い生き物です。 動物園で見れる? 海外の動物園だと飼育しているところもあるようですが、日本で見れる動物園は今のところないようです。 なので日本で実物をお目にかかることはまずできないと考えられます。

次の

スナネコの赤ちゃんお披露目 那須どうぶつ王国、国内初【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

スナネコ

分布 [ ] 、、(以東)、、、、、、 、。 にも分布すると考えられているが、標本の採集例や撮影された記録はない。 、、では絶滅したと考えられている。 分布の空白地帯もあるが、単に記録がないだけなのか実際に分布していないのかは不明。 例としてエジプトのナイル川以西・リビア・チュニジアにかけての地域では報告例がない。 2014年に初めてでの分布が報告されており、北アフリカ広域に分布することが示唆されている。 2001年にで、2012年にで報告例がある。 形態 [ ] 体長オス42 - 57センチメートル、メス39 - 52センチメートル。 尾長28 - 35センチメートル。 体重オス2 - 3. 4キログラム、メス1. 35 - 3. 1キログラム。 西から東にいくにつれ、大型になる。 背面は明灰黄色や灰色で、8 - 9本の不明瞭な横縞が入る。 頸部や肩・体側面には、黒や銀色の体毛が混じる。 毛色は黄色で青白い線が走っているが、この線がほとんど見えない個体もいる。 尾の先端は黒く 、先端寄り3分の1には黒い輪状斑が入る。 尻尾の先は黒っぽい。 頭部は幅広い。 耳介は大きく幅広い三角形で、頭部の両脇に低く離れて位置する。 耳介の内側は長い体毛で被われ 、耳孔に砂が侵入するのを防いでいる。 耳は大きく尖っている。 足裏は長い体毛で被われ、砂上での滑り止めや断熱効果があると考えられ砂漠での活動に適応している。 幼獣は斑紋が明瞭だが、成長に伴い不明瞭になる。 分類 [ ] 種小名はJean Auguste Margueritteへの。 4亜種に分ける説もある。 Felis margarita margarita Loche, 1858 アルジェリア、エジプト(ナイル川以東)、ニジェール、マリ共和国北部、モロッコ、西サハラ 尾の輪状斑が2 - 6本。 airensisや F. meinertzhageniはシノニムとされる。 Felis margarita harrisoni Hemmer, Grubb and Groves, 1976 イスラエル、イラク、シリア、ヨルダン、アラビア半島 尾の輪状斑が5 - 7本。 Felis margarita scheffeli Hemmer, 1974 パキスタン Felis margarita thinobia Ognev, 1927 イラン北部、ウズベキスタン、カザフスタン、トルクメニスタンの・ 2亜種に分ける説もある。 以下の分類・分布・形態はIUCN SSC Cat Specialist Group 2017 に従う。 Felis margarita margarita Loche, 1858 アフリカ大陸北部 小型亜種。 毛色は黄色みを帯び、多くの個体で斑点や縞模様が入る。 Felis margarita thinobia Ognev, 1927 アラビア半島、西アジア 大型亜種。 毛色は灰色みを帯び、斑紋は少ない。 生態 [ ] 岩砂漠や礫砂漠・砂砂漠・砂丘などに生息するが、基底が砂よりも目の細かい粘土質からなる砂漠を好む。 一方で移動砂丘により植生のない環境や、谷などで低木林や藪地を形成するような環境は避ける。 主にで、昼間は穴に隠れる。 キジクルム砂漠では昼行性で、暑い時期のみ夜行性になる。 日中は岩陰に潜み、夜になると活動を開始する。 自分で巣穴を掘ったり、キツネ類やヤマアラシ類などの古巣を利用する。 カラクム砂漠では入り口が1つで、長さ3メートルに達する巣穴の報告例がある。 主に・ Gerbillus・ Jaculusなどの齧歯類を食べるが、の幼獣も食べる。 Ammomanes deserti・ Alaemon alaudipesなどの鳥類、 Varanus griseus・ Acanthodactylus・ Scincus・ Stenodactylus属(ヤモリ科)・スナクサリヘビ属 Cerastesなどの爬虫類、なども食べる。 水分は主に食物から摂取するが、水が飲める環境であれば飲水も行う。 捕食者は・・などの大型の食肉類、などの大型の鳥類、ヘビなどが挙げられる。 幼獣は、やに襲われる可能性もある。 繁殖様式は。 下での期間は59 - 67日。 主に3 - 4月にするが 、地域変異もありサハラ地区では1 - 4月に繁殖する。 年に2回繁殖している可能性もある。 1回に2 - 8頭(主に3頭)の幼獣を産む。 生後9 - 14か月で性成熟する。 飼育下でのは14年以上に達することもある。 人間との関係 [ ] 生息する環境は人間の住んでいないような環境であるため、のおそれが高いとは考えられていない。 一方でなどによる生息地の破壊および獲物の減少、、人為的に移入されたによる捕食・からのの伝播、類や用のによる混獲などによる影響が懸念されている。 イエメンでは以降は記録がなく絶滅したと考えられ、イスラエルでもに行われた調査で生息が確認されなかったため絶滅したと考えられている。 トルクメニスタンのカラクム砂漠では、約25年にわたり報告例がない。 パキスタンでは後半に行われたにより、生息地が大きな影響を受けたと考えられている。 に、ネコ科単位で附属書IIに掲載されている。 における飼育数は、6施設で44頭と報告されている。 における飼育数は、44施設で174頭と報告されている。 2020年現在、日本の動物園で飼育しているのは兵庫県神戸市のと栃木県那須町ののみである。 2020年4月27日、那須どうぶつ王国で日本国内で初めてスナネコの赤ちゃんが誕生した。 出典 [ ] []• Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at:. , Ghadirian, T. , Appel, A. , Banfield, L. , Sher Shah, M. 2016. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T8541A50651884. Downloaded on 14 September 2019. Wilson, "," Mammalian Species, No. 924, American Society of Mammalogists, 2014, Pages 63-77. Kingdon and M. Hoffmann eds , Bloomsbury Publishing, London, 2013, Pages 199-202. 一般社団法人共同通信社 2020年5月21日閲覧 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

「砂漠の天使」スナネコの話。個人でペットとして飼えるのか?絶滅危惧種なのか?を大体分かるように解説

スナネコ

「砂漠の天使」ともいわれるスナネコは、その名の通り中東からアフリカ北部の砂漠に生息する野生の猫です。 食肉類食肉目ネコ科ネコ族、英語名は「sand cat 砂猫 」です。 「アラビアンサンドキャット」と呼ばれることもあります。 スナネコは砂漠に住む生き物ですが、生息地域が飛び飛びになっているため、その地域によって亜種が存在しているとされています。 近年ではメディアで取り上げられることも多くなったスナネコですが、まだまだ分からないことが多い生き物です。 一番の注目ポイントは見た目のかわいさで、野生の猫と言えば、ワイルドな雰囲気をまとっているイメージですが、スナネコは成獣になってもまるで子猫のような見た目のままなのです。 一般的な猫の「幼さ」の特徴は、黒目がちな目、大きな頭、目鼻のバランスで、幼さは通常は成長とともになくなります。 しかしスナネコは、成長してもこれらがほとんど変化しません。 そのため、「年を取らない猫」「ピーターパンキャット」「世界一かわいい子猫」とも言われています。 その他のスナネコの特徴 砂漠はとても暑い場所ですが、地域によっては気温差がとてもあります。 その一つが水分の摂取です。 砂漠では簡単に水を飲むことはできません。 スナネコは獲物を食べることで水分をとっていて、直接水を飲まなくても生きていけるのです。 スナネコは黄色っぽい被毛を使って自然に溶け込むようにして隠れます。 小型の猫の中でも行動範囲が広いことや、夜行性で昼間は洞窟や他の動物が掘った穴、スナネコが掘った穴にいること、鳴き声が小さいことなどから、自然の中で見つけるのはとても難しい生き物です。 子どもは2、3匹ほど産みます。 寿命は飼育環境下では10年から13年だそうですが、野生のスナネコの寿命は分かっていません。 2017年、ネコ科動物の保護団体がモロッコで、スナネコの子どもの撮影に成功しました。 何度も砂漠に遠征をし、数時間も車を走らせてやっと発見できたそうです。 動画でみるスナネコの子どもは、びっくりした様子がとてもかわいらしいです。 3匹の子どもとその近くには母親らしきスナネコがいました。 母親のスナネコには発信機を取り付け、追跡調査を行うそうです。

次の