コール オブ デューティー アプリ。 【CoDモバイル】おすすめパークランキング【コールオブデューティモバイル】|ゲシピ

【評価・感想】『コール オブ デューティ ワールドウォーII/CoD WW2(ソロ/キャンペーン)』 レビュー

コール オブ デューティー アプリ

CODモバイルが人気 2019年10月1日に、人気FPSゲームCODのモバイル版が配信され、話題を集めています。 元々コンシューマーで本格的なFPSゲームとして人気を集めていたCODですが、 スマホ用に遊びやすくカスタマイズされています。 操作感についての評判は良く、音や画質も好評です。 配信初日には、アクセス集中でサーバーがダウンしてしまう程の人気だったようです。 ジャンル:FPS 現在の価格:無料 スマホでも本格的なFPSゲーム CODは、プレイヤー同士で銃で撃ち合うガンバトルゲームです。 既に人気の高い荒野行動やフォートナイトと大きく違うのは、CODの基本モードが「FPS(ファーストパーソンシューティング)」というところです。 荒野行動やフォートナイトなどは「TPS」と呼ばれてるプレイヤーキャラを斜め後ろから見る視点ですが、FPSではキャラが見ている視点でプレイする事になります。 慣れない内は少し勝手が違うかもしれませんが、慣れてしまえばTPSよりFPSの方が照準を付けやすいと言われています。 100人でのバトルロワイヤルモードも搭載 モバイル版のCODには、100人でのサバイバルバトルも搭載されています。 輸送機から100人が無人島に飛び降りて、一定時間ごとに狭まっていく安全圏を確保しながら、最後の1人になるまで戦い抜くと言う、馴染みのある設定になっています。 サバイバルモードでは、TPSとFPSの好きな方を選ぶことが出来るので、荒野行動やフォートナイトに慣れた方でも違和感なく楽しめるかと思われます。 リセマラなどは必要なし CODにはガチャ要素が無いので、リセマラなどは必要ありません。 SNSとの連携も必須ではないので、インストールさえすればすぐに遊ぶことが出来ます。 SNSはフェイスブックとLINEで、連携が可能になっています。 操作方法・遊び方 CODモバイルは、操作感がいいと好評の様です。 下記では、操作方法などを紹介していきます。 左のスティックを倒して移動です。 画面右側をスライドして視点移動です。 真ん中に表示されているのが、銃の照準です。 これは視点移動に合わせて動きます。 シンプル射撃(自動射撃)モードにしていれば、照準を合わせるだけで射撃が行われます。 右のボタンをタップすると高倍率モードになります。 もう一度タップで、解除できます。 銃弾のマークをタップすればリロードが行えます。 上級射撃モード(手動射撃)にした場合は、弾丸のマークを押して射撃になります。 上級射撃モード中は、射撃をすると自動で高倍率モードになります。 これを使うと相手が拡大されて表示され、銃弾のブレも抑えられます。 画面下部で武器の切り替えを行います。 「しゃがむ」、「ジャンプ」などのアクションも可能になっています。 梯子の上り下りなどは、オブジェクトに触れると自動で行えるようになっています。 武器について CODでは、プレイヤーレベルを上げる事で武器が解放されていきます。 武器を使って戦闘したり、強化アイテムを使ったりすることで武器のレベルを上げることが出来ます。 武器のレベルが上がると、大型マガジンやサイレンサーのようなオプションアイテムを付けることができます。 オプションアイテムは強力で、これらを組み合わせて自分の使いやすい武器をカスタマイズしていきます。 課金について CODでは課金する事でキャラや銃の見た目を変えたり、武器の強化ポイントなどを得たりすることができます。 課金によって他のプレイヤーと見た目で差を付けることが出来たり、快適にプレイしたりすることはできますが、必須ではありません。 序盤攻略の進め方 プレイをしてレベルが上がると、武器が解放されていきます。 AKS-74Uが使いやすいので、まずはそこまでレベルを上げましょう。 ホーム画面右下の「開始」を押せば、プレイ準備画面になります。 画面右下で、プレイモードを切り替えることができます。 おすすめのタグの付いている「チームデスマッチ」は、5人対5人で戦い、先に40キルした方が勝ちというモードです。 「フロンティアライン」との違いは必要なキル数だけなので、まずは短い「チームデスマッチ」の方をオススメします。 「ルーキー」と書かれたモードはAIとの模擬演習になります。 操作が不安な方は、ここで練習してみましょう。 ただし、 獲得できる経験値が90%減少するので、レベルを上げる目的としては良お勧めできません。 初心者向けプレイのコツ 下記では、プレイに慣れていない方向けに、プレイのコツを紹介していきます。 味方についていく 1人でマップを歩いていると、すぐに狙われてしまいます。 ゲームが始まったら、まずは味方についていきましょう。 味方と敵の戦闘が始まったら、味方の後ろから援護をしていきましょう。 多くの敵は自身に近い位置のプレイヤーを優先して狙うので、味方が前に出てくれていれば盾になってくれます。 少し慣れてきたら、味方を横から狙っている敵を優先的に撃ってあげましょう。 ミニマップを見る 画面右上にはミニマップがあり、敵と味方の位置が表示されます。 有効な情報なので、活用していきましょう。 特に敵の挟み撃ちを防げるようになれば、生存率はグッと上がります。 ただし、味方の位置は常に分かりますが、敵は索敵した時と味方が交戦している間しか表示されません。 マップを覚える 道に迷って味方と戦闘に参加できないでいると、味方は1人少ない人数で戦うことになるので不利になります。 CODのマップはそれほど広くないので、出来ればマップの形と戦闘が起き易い場所を覚えてしまいましょう。 また、FTSでは敵の方を向いたまま行動します。 敵の方を向いたまま後ろに下がって、物陰に隠れる事ができるくらいまでマップを覚えると、プレイの幅が広がります。 隠れながら撃つ 建物のなどの遮蔽物に体を隠して、銃口だけ外に出して敵を撃つのが安全なプレイになります。 CODのマップには体を隠せる遮蔽物は結構多いので、状況に合わせて使える場所を探してみて下さい。 勿論、完璧に体を隠せなくても、少しでも体を隠して相手から撃たれる面を減らせれば、生存率は上がります。 下がりながら撃つ 最初の内は、基本的に下がりながら銃を撃つ事をオススメします。 棒立ちでは的にされてしまいますし、前に出ながらだと知らない間に敵の目の前に出てしまうことがあるからです。 敵に見付かったら射撃をしながら物陰まで下がって、体を隠せる場所まで行ってから戦うのが理想です。 困ったらしゃがむ 相手と打ち合いになって隠れる所が無かったら、取り敢えずしゃがんでしまうという手もあります。 しゃがむと連射と命中精度が上がるので、攻撃力がグッと上昇します。 相手が棒立ちなら、その差で勝てる可能性があります。 また、しゃがむと的が小さくなるので、相手が弾を当てにくくなると言う効果もあります。 撃ったら隠れる こっちが撃ったら相手も撃ち返してきます。 反撃される前に、素早く隠れてしまいましょう。 特に、リロード中は無防備になのので、弾が切れる前に隠れてしまうようにしてください。 リロードはこまめに 弾が切れたら自動でリロードが行われますが、出来れば戦闘の合間にこまめなリロードを心がけておきましょう。 CODでは、 リロードの途中でも射撃ボタンを押せば、リロードをキャンセルして射撃ができます。 この時、弾が数発しか残っていない状態でリロードをしていると、数発だけ撃ってリロードに入ると言う大きなスキを晒してしまいます。 とりあえずグレネード 戦闘中にグレネードを使うのが難しいという方は、敵に会う前にグレネードを使ってしまいましょう。 この時、敵が良く隠れる場所に投げ込めればベストです。 運が良ければ敵を倒せますし 、そうでなくても敵からするとグレネードが爆発し終わるまで、その場所に行けないという嫌な妨害になります。 味方が向いてる方向に注意する 戦闘中に敵を見失ったら、味方が向いている方を向きましょう。 そちら側に敵がいる可能性が高いです。 また、角を曲がる前に、味方が戦闘を行ったり、警戒したりしていないかチェックしましょう。 上の画像では、確実に角の先に敵がいます。 自分も曲がって角の先の敵を撃ってもいいですし、味方が別の敵に攻撃されないようにケアしてあげても大丈夫です。 足を狙う CODでは頭を打った方がダメージが大きいですが、慣れない内は胴体や足を狙いましょう。 銃を撃つと、照準が自動的に上に上がっていく仕様になっています。 狙いを下げながら射撃をする必要がありますが、これには慣れが必要です。 最初の内は、 あらかじめ狙いを足まで下げておけば、多少照準が上がっても対応することが出来ます。 撃たれたら隠れる CODでは、撃たれた方向に赤い矢印が表示されます。 横や後ろから撃たれて相手がどこにいるか分からない場合は、赤い矢印から逃げるように隠れましょう。 その場に留まって敵を探していると、撃たれたい放題になってしまいます。 特に、 CODでは撃たれても時間経過で体力が回復します。 僅かでも体力が残っていれば全回復できるので、諦めず隠れるようにしておくと、後々大きな差になってきます。 ミサイルはとにかく使う ミサイルなどの特殊武器は、戦闘のポイントが溜まれば使える様になります。 一度使えばポイントがリセットされて、再びポイントが溜まれば使用できます。 ポイントを溜めっぱなしにしていると、再使用ができません。 特殊武器は大きな戦力なので、出し惜しみせずに使っていきましょう。 倒されてもいい CODでは、キルデスが大事になってしまうので、つい慎重なプレイをしてしまうかもしれません。 しかし、倒されるのを気にして消極的なプレイをするくらいなら、ガンガン前に出た方がいいです。 相手を倒せなくても、敵がアナタを撃ってくれれば、その間は他の味方がフリーに動くことが出来ます。 味方の代わりに、注意を集めるだけでも立派なサポートになるのです。 逆に、 後ろに下がって何もしなければ、味方は1人少ない状態で戦っているのと変わりません。 キルカメラはしっかり見る 敵に倒された場合は、相手の視点から自分を倒したシーンが再生されます。 このキルカメラには、「相手がどこにいるか?」「どんな武器を使っているのか?」「毎回同じ人に倒されてないか?」んど、沢山の情報が詰まっています。 「倒されて悔しい!」とキルカメラを消してしまうのではなく、キルカメラを見て相手の研究をしてみましょう。 少し慣れてきたらカスタム必須 最初の内はシンプル射撃でいいですが、馴れてきたら上級射撃に切り替えることをオススメします。 システム上、シンプル射撃では上級射撃に勝ち難い シンプル射撃は、敵に照準を合わせた後に射撃が始まります。 一方で、上級射撃の人は撃ちながら照準を合わせてきます。 つまり、同じタイミングでお互いに見付けたとしても、「照準を合わせてから自動射撃が始まるまで」は撃たれ放題です。 他にも、シンプル射撃では牽制射撃や威嚇射撃ができないなど、立ち回りが不利になります。 ストレスのない配置や感度を探す 上級射撃では、ボタンの配置を決めることが出来ます。 操作中に指が当たって誤作動してしまうと、快適にプレイができないので、しっかりと設定しておきましょう。 ホーム画面やマッチ画面右上の歯車をタップします。 最初に操作のタブが開いているので、そのまま「カスタム・レイアウト」を選びます。 様々なボタンが表示されるので、ドラッグして好きな場所に配置していきます。 配置が完了すれば、「確認」を押して設定完了です。 カメラ感度を変更する事で、視点移動速度を調整することが出来ます。 標準やキャラの向きの切り替えに直結するので、こちらも大事な要素になります。 設定のタブの「感度」を選びます。 こちらをから、カメラ感度を変更できます。 高くすると振り返る動作が楽に行えますが、逆にプレイが安定しなくなる場合などもあります。 こちらも何度も試してしっくりくる設定を探してみて下さい。 撃ちながら角を曲がる 上級射撃では、射撃をしながら角を曲がることが出来ます。 特に味方が敵と交戦中の角を曲がる場合は非常に有効です。 射撃ボタンを押してから射撃が始まるまでは、微妙にラグがあります。 射撃ボタンを押しながら角を曲がって、「敵がいればそのまま射撃」「敵がいなければボタンを離して撃たない」というラグのタイミングを覚えるとプレイの幅が広がります。 撃ちながら敵を探す 味方が敵と戦っていたら、敵を探してから撃つのではなく、撃ちながら敵を探しましょう。 敵にとっては射撃音が聞こえるだけで警戒しなければいけないので、それだけで味方の援護になります。 また、敵に撃たれて反撃する時でも、撃ちながら標準を合わせる方法が有効な場合もあります。 撃たれたら撃ち返す 敵に撃たれてけど、敵がどこにいるか分からないという場合は、射撃しながら敵を探すか逃げるかしましょう。 反撃が来ないと敵は強気に突っ込んでくるので、そのまま進行されてしまいます。 僅かでも銃弾が飛んでいけば、相手が一旦退いてくれる可能性が出てきます。 敵が見てない場合は突っ込んでいい 敵の集団が味方と交戦してこっちを見ていない場合、確実に1人以上倒せるなら突っ込んでしまいましょう。 1人倒せさえすればキルデスでお釣りが来ますし、もし敵がこちらに反撃してくれば、味方がかなり有利になります。 中途半端な援護射撃をすると、そのまま敵に逃げられる可能性があるので気を付けて下さい。 スナイパーがいる場合は撃ちながら移動 相手にスナイパーがいる場合、狙撃ポイントを通る時には、取り敢えずスナイパーの良そうな方を撃っておきましょう。 スナイパーは弾が一発掠るだけでも標準がブレるので嫌がります。 もし、スナイパーが居なくても、弾が数発無駄になるだけで済みます。 とにかく、 相手に楽に仕事をさせないように、細かく嫌がらせをしていくのが大事になっていきます。 戦闘のモードについて CODでは、大きく分けて5つの戦闘モードが有ります。 チームデスマッチ チームデスマッチとフロントラインは、5人対5人で戦って40人ないし50人を倒した方が勝ちです。 倒されても復活できるので、一番手軽に参加できるバトルです。 リリース当初の現在は、突出した誰かがキルを稼いでいる印象で、キルの半分を1人が占めている戦闘もよく見られます。 キルを稼ぐ人は得意な進行ルートがあったりします。 味方の場合は進行を援護をして、敵の場合は接触を避けるのが得策でしょう。 その為には、キルカメラでの確認が大切になってきます。 サーチ&デストロイ サーチ&デストロイも、5人対5人での戦いになります。 制限時間内に、片一方のチームは爆弾を仕掛け、もう片一方のチームは爆弾を防ぐと言うゲームです。 爆弾は攻撃側のチームに1つのみ、爆弾を持っている人が倒されると他の人が拾い直すことが出来ます。 3戦ごとに攻守が入れ替わり、先に6勝したチームの勝利です。 倒された場合は復活できず、次のゲームまで待機になります。 現状では、ほぼ『先に相手を全滅させた方が勝ち』というゲームになっています。 ドミネーション ドミネーションも5人対5人での戦いで、倒されても復活できます。 マップ上にABCの陣地が設置されており、一定時間陣地内にいることで、陣地を自分達のモノに出来ます。 AとCはそれぞれのリスポン地点にあるので、両陣営AとCを確保しつつBを取り合う展開が多いです。 沢山の人数で陣地を踏めば、それだけ早く陣地を奪うことが出来ます。 ただし、全員で陣地を踏みに行くとグレネードやミサイルの餌食になるので注意しましょう。 1バトルロワイヤル 荒野行動やフォートナイトなどと同じ100人が島に降下して、最後の1人になるまで戦闘するモードです。 2人組や4人組での戦闘モードも実装されています。 こちらでは他のモードの武器は使えず、拾った武器で戦うシステムになります。 また、シールドや蘇生など、他のモードには無い特殊能力も使えます。 現状は、回復アイテムが充実している一方で、銃弾が切れ易い印象です。 更に、戦闘中にゾンビが発生するので、それとも戦わないといけません。 今の所は、『前半は戦闘をせずに弾を集めて、後半弾切れした人を倒す』戦略が勝ち易いようです。 オススメ武器 Strike ショットガン:シンプル射撃でも戦い易い MSMC サブマシンガン:遠距離でも対応可能 M4 アサルトライフル:初期装備だが優秀 AKS-74U サブマシンガン:装填数も連射性も高い 以上がおすすめの武器になります。 最初は比較的早く手に入るM4とAKS-74Uを使っていくことになると思います。 スコープやバレルを変えるだけでも別武器のような使用感になるので、色々試してみて下さい。 テクニックと用語 FPSなどでは独自のテクニックや用語があり、戸惑ってしまう方もいるかもしれません。 以下では、よく使われるものを紹介していきます。 テクニック・用語 意味 リコイルコントロール 銃を撃つと照準が上に上がるので、撃ちながら手動で下に下ろすこと。 長押しすると照準が上がるので、長押しではなく連打する『タップ撃ち』をする人もいる。 腰撃ち 高倍率モードにせずに撃つこと。 上級射撃では自動で高倍率モードになるので、シンプル射撃でしか腰撃ちは起きない。 偏差打ち 相手の移動先を予測して銃を撃つテクニック。 経験が必要なので、慣れない内は偏差撃ちの必要の薄い近距離戦がオススメ。 決め打ち 相手が出てくる曲がり角や出口を予想して、予め照準を置いておくテクニック。 経験が必要だが、決めれば強い。 エイムアシスト エイムを自動で修正してくれる機能。 シンプル射撃ではこれが有効になっている。 キル 敵を倒した数。 デス 自分が倒された数。 スポーン 戦闘が始まる初期位置。 マップごとに自分も敵も固定なので覚えておくと便利。 リスポン 一度倒された後、復活する場所。 スポーン位置と同じだが、リスポン時は一定時間無的になるので注意。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

【コールオブデューティー】最新情報で攻略して遊びまくろう!【iOS・Android・リリース・攻略・リセマラ】新作スマホゲームが配信開始!

コール オブ デューティー アプリ

ゲーム機で人気のゲーム『コール オブ デューティ』シリーズ。 あれのスマホ版があります。 だいぶ前に発売されたアプリですが、今でもCGがキレイだと思えるほど高クオリティな作品です。 今のスマホならサクサク動くのでオススメです。 全て英語 日本語になっていません。 全て英語で、ストーリーが進んでいきます。 知ってる人なら感覚でわかりますが、英語が高校生レベルくらいでできないとキツイかもしれません。 CGがきれい とっても綺麗なCGで作り込んであるんです。 コールオブデューティーだと衛星写真みたいなシーンで地球からその場所にズームインするシーンがありますが、あれもいい感じにできているのでカッコイイです。 色んな武器 スマホでも、銃以外にナイフなど色んな武器が出てきます。 それぞれ使い分けて、シーンごとに色々使えるのが面白いです。 おわり・感想 有料アプリですが、その分クオリティが高くて面白いです。 コールオブデューティーが好きなら買っても損はないと思います。 しかし、全て英語なのでそこだけが注意点です。 ゲーム情報 スポンサードリンク.

次の

『コール オブ デューティ ゴースト』オンラインプレイ“マルチプレヤー”と“スクワッド”モードの詳細を解説

コール オブ デューティー アプリ

最新技術を用いて再び「第二次世界大戦」を描く というところなので、 冒頭の「ノルマンディー上陸作戦」がこのクォリティで遊べた時点で「満足、満足」という感じではある。 ただし、シリーズ的には「原点回帰」とも言えない。 「第二次世界大戦」をテーマにしたシリーズ作品のハイライトを抽出• 自動回復の廃止• 「自動回復」が廃止された• 回復アイテムの残量を意識させられる• 回復するためにはわざわざキー入力しないといけない ということで 「自動回復」よりは緊張感を持って遊べた。 【Cons 欠点 】ゲームとしての進歩は必要 主な欠点は次の3点。 チェック・ポイントの間隔が長い• 特殊なQTEは分かりにくい• 次にQTEは、単純なボタン連打以外のアクションを求めるものが面倒で、特殊なQTEに四苦八苦している間に殺されることがある。 あとは今作でも味方が賢くない。 今作では再び塹壕やバンカーなどの狭い空間を進むのだが、そうした場所では味方が無視した敵兵に後ろから攻撃されることが起きやすい。 ゲーム側がコントローラの使用を前提としているように思う。

次の