ポケモン剣盾 ヒトカゲ 育成論。 【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 ヒトカゲ 育成論

もくじ• 場所は「げきりんの湖の西」で、「太い光の柱」が出ている場合に戦う事が可能です。 太い光の柱は、ワイルドエリアに1つしか存在できないので、その他に出ている場合は消しましょう。 その状態で巣に「ねがいのかたまり」を使う事で、太い光の柱の出せる可能性が出てきます。 確定で「太い光の柱」を出す場合は、ワイルドエリアの全ての光る柱を消した後に、「ねがいのかたまり」を使いましょう。 そこでおすすめするのが、 特別なリザードンになる「ヒトカゲ」を入手するという方法です。 こちらは個体値厳選がしやすいのがメリットですよ! 特別なリザードンの確定入手方法• ストーリークリア後に、ポップの家の2階に上がる• 2階のダンテの部屋にあるモンスターボールの前でレポートを書く• 特別なリザードンになる「ヒトカゲ」を入手する• ボックスでヒトカゲの個体値を確認する• マックスレイドバトルのリザードンよりは低いものの、誰でも簡単に入手できるというのがメリットです。 性格は「ミント」で変えられますので、粘るのであれば個体値を粘ってください。 ミントを節約したいのであれば、特性「シンクロ」のムンナで性格も粘ってみましょう。 性格補正のおすすめは 「特攻or素早さがアップ、攻撃or防御or特防がダウン」です。 特攻と素早さがダウンするのは避けて下さい。 個体値は、 最低でも「HP、特攻、素早さ」が『さいこう』になればいいでしょう。 残りの個体値は、Lv100にして「ぎんのおうかん」を使って最大にしてください。 努力値は 「特攻252、素早さ252、HP6」が無難ですね。 ダイマックスLvについて ダイマックス状態では、 ダイマックスLv10でHPが2倍になります。 「ダイマックスアメ」でダイマックスLvを上げておき、倒されにくくしましょう。 ダイマックスアメは、マックスレイドバトルを周回すれば自然と集まります。 まとめ メガシンカが無くなったものの、キョダイマックスを与えられて活躍が出来るリザードン。 メガシンカと違ってタイプは変わらないものの、専用技「キョダイゴクエン」や「晴れに変化」などで優位に立てます。 レート戦でも暴れさせてあげましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】リザードン(ヒトカゲ)の入手方法【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 ヒトカゲ 育成論

ホルードが環境に刺さりまくり! ホルードってどうなの? ポケモンXYで新たに登場した。 序盤鳥ならぬ、序盤ウサギ。 私の記憶が正しければ、最初の草むらで出てくる 進化前のホルビーは、立ち位置的には「コラッタ」や「ジグザグマ」のような要員のような認識でした。 まさかそのポケモンがこんなに強いとは… 使ってみなければわからないその強さ!今回はしっかり書いて行こうと思います。 ホルードの種族値 種族値 HP 85 攻撃 56 防御 77 特攻 50 特防 77 素早さ 78 合計種族値 423 種族値…低くない?? 改めて、自分で見て数値低いなぁ。 と思いましたが、この数値に騙されてはいけません。 この数値の低いホルードが対戦で活躍できる「理由」がしっかり存在します。 今回は、その理由を丁寧に説明していきます。 実質物理攻撃力は「112」ですね。 タイプ一致「じしん」や「ギガインパクト」はかなりの威力が出ます。 この2つのタイプの組み合わせは、今の時点でホールドしか存在せず、 対戦環境に多く存在する。 「ゴースト」「でんき」を無効で受けることができます。 今回はその中でも、対戦で使える技を紹介します。 攻撃技 ノーマル技 「でんこうせっか」「ギガインパクト」 地面技 「じしん」「じならし」 飛行技 「とびはねる」 格闘技 「アームハンマー」「ばかぢから」「かわらわり」 炎技 「炎のパンチ」 でんき技 「かみなりパンチ」「ワイルドボルト」 岩技 「がんせきふうじ」「ストーンエッジ」 むし技 「とんぼがえり」 あく技 「しっぺがえし」「イカサマ」 どく技 「ダストシュート」 こおり技 「れいとうパンチ」 鋼技 「アイアンヘッド」「アイアンテール」 なんと全18タイプ中、12タイプの技を使うことができます! ホルードに弱点をつけない相手は、ほとんどいないと言っても嘘ではないでしょう。 「いじっぱり」も捨てがたいが、 但し、守りはあまり固くないので、弱点を突かれると一気に倒れてしまう。 せっかくの攻撃力も技範囲も行動できなければ意味がないので、この「ようき」を推奨する。 すばやさ種族値「78」は非常に絶妙な数値で、 「こだわりスカーフ」や「ダイジェット」などのすばやさ1段階上昇で、最速「ドラパルト」を抜ける。 安心して上からぶん殴ることができるのです。 最速ドラパルトが抜ければだいたい抜けるのです。 ランクマッチ連勝の立役者に!! 先日ランクマッチ最高14位になることができたんですが、 そのときはこのホルードが刺さって刺さって刺さりまくりました。 死に出し、「ゴースト」「でんき」技を読んで後出しし、広い技範囲で、大活躍でした。 ホルードが刺さらない対面って、あんまりない。 次回は、私が実際に育成したホルードの型と、その対戦考察について書いていきます。

次の

【ポケモン剣盾】エレズン・ストリンダー進化条件・種族値(ハイ&ロー分岐進化)

ポケモン剣盾 ヒトカゲ 育成論

『ポケットモンスター ソード・シールド ポケモン剣盾 』の通信対戦で強力なポケモン「リザードン」の育成論です。 今回はリザードンの攻撃性能を更に高め、環境でもトップクラスの火力に引き上げる事が出来る「いのちのたま」を持たせた珠リザードンの育成論をご紹介します。 5倍 0. 25倍 無効 特性の「サンパワー」により晴れ状態の時に特攻が1. 5倍になるという破格の強化が可能で、晴れ状態であれば天候効果で炎技の威力も底上げ出来るので 総合的に非常に高い火力を誇ります。 ダイマックスを使用すれば「ダイバーン」により自ら天候を晴れ状態に出来る上に、「ダイジェット」で若干物足りない素早さを補う事も出来るので優秀なエースアタッカーとして運用が可能です。 サブウエポンも「ソーラービーム」「きあいだま」「りゅうのはどう」「げんしのちから」とタイプが豊富で、自分のパーティによって幅広く選択していく事が出来ます。 また、数は少ないですが「りゅうのまい」「はらだいこ」を用いた物理型も存在します。 技範囲が若干違う事や、後出しの特殊受けを崩せる、ダイマックスをせずとも攻撃素早さを大きく上げやすいというのがこちらの型のメリットです。 今回は夢特性の「サンパワー」で高くなった特殊火力を「いのちのたま」で更に高め、相手に大きな圧力をかけていけるエースアタッカーである珠リザードンの育成論をご紹介します。 リザードンの技候補 かえんほうしゃ 持たせると同じ技しか出せなくなるが、特殊技のいりょくが1. 5倍になる 撃ち分けが出来なくなる代わりに火力は更に上昇します。 状況さえ整えば半減相手でも炎技でもゴリ押しで倒していけます。 同じ技しか使えないというデメリットもダイマックス状態であれば無効になるので比較的気になりません。

次の