雍正帝。 【北京旅行】清西陵

雍正帝

雍正帝

在世時のを取って雍正帝と呼ばれる。 生涯 [ ] 即位 [ ] の第4子として生まれる。 母は徳妃のウヤ(烏雅)氏()。 康熙37年(1698年)にドロイ・ベイレ(上から三番目の爵位)として鑲白旗に分封され鑲白旗旗王となり、康熙48年(1709年)に和碩雍親王(1番目の爵位)に進められ、満洲ニル6、蒙古ニル3、漢軍ニル3とボーイ・ニルを合わせ成人男子3千名ほどの旗人を従えた旗王となった。 康熙帝は次男で皇后の子のを寵愛し、2歳でとした。 しかし満州人には長子相続という慣習がなく、中華式の皇太子の地位など他の皇子たちには納得がいかず、各旗の旗人たちは壮烈な党派争いを演じ、陰謀が巡らされ皇太子は孤立して自暴自棄となり、修養を怠って遊び歩き、賄賂を取って政治を歪め、さらには康熙帝を亡きものにするクーデターにまで手を染めたとされた。 そこで康熙帝はやむを得ず皇太子を2度もとし、以後新たに皇太子を置くことはなかった。 北京市東城区(かつての京師内城の鑲黄旗大街)にある寺院のは、雍正帝が鑲白旗旗王時代に居を構えた雍親王府であった。 康熙61年(1722年)、康熙帝が病を得て崩御すると、が受けた遺詔によって胤禛が指名され皇帝に即位した( ())。 この時45歳であった。 皇位継承には母親の出自の貴賤が重要であった清において、他の皇子の母親にモンゴル王侯や満洲人の名家の娘などが居並ぶ中、母親が奴僕で下級旗人であるボーイの家の出身と出自が悪い上、鑲白旗旗王の中でも特に序列が高かったわけでもなく、加えて即位までの経緯から政治的基盤は脆弱であったため、雍正帝は皇帝直属のである上三旗(正黄・鑲黄・正白)の者が就くような役職に鑲白旗の旗王時代の部下(「藩邸旧人」と呼ばれる)を就かせたり、見所のある下五旗の者を上三旗に異動させるなど上三旗の掌握に腐心し、ロンコドを早々に誅殺。 後継者争いの後も関係を保ち続けを形成し、相続を争おうとする他の皇子や上三旗の大臣たちには容赦せず、皇弟廉親王 ()(康熙帝八男)をアキナ(akina、阿其那、犬)、をサスヘ(seshe、塞思黒、豚)と改名させて監禁し 、その2か月後には朋党の領袖である上三旗大臣のアルスンガとオロンダイを処刑。 さらに独裁権確立を狙い、至る所に密偵を潜り込ませた。 にを飛び越えて決裁を行うを創設し、閣臣たちに口出しさせず政治に当たった。 その他、皇帝のを忌避する風習から、雍正帝に忠誠を尽くした(康熙帝十三男)を除く兄弟の字を胤から允に改称させた。 ()に掲げられている「正大光明」の額縁、雍正帝はここに後継者を記した勅書を封印した。 皇位継承の暗闘を経験したことから、雍正帝は皇太子を擁立しない方針を決めた。 代わりの後継者指名法として、皇位継承者の名前を書いたを印で封印した後、紫禁城乾清宮の玉座の後ろにある「正大光明」と書かれた扁額の裏に隠し、崩御後に一定人数が立ち会った上で勅書を開く、という方法を考案した。 これを「密勅立太子法」()と言う。 それまでは皇太子の周りに次代の権力の座を狙って集まって来る者が追従を繰り返すことによって皇太子の性格が歪んだり、皇帝派と皇太子派の派閥争いが起きる弊害があったが、こういった事態を封じ、皇帝の専制君主の座が確立した。 この方法により、清代には暗愚な皇帝が比較的出なかったと言われる。 執務姿勢 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 洋装の雍正帝。 雍正帝は仮装姿の肖像画を多く残している 雍正帝は単なる恐怖政治家ではなく、史上まれに見る勤勉な皇帝であった。 毎日夜遅くまで政務に当たり、大量の文にいちいち目を通し、全て自分で ()(皇帝自身による朱墨による諾否、その他の書き込み)をで書かれた上奏文なら満洲語で、で書かれた上奏文なら漢文で書き込み、一日の睡眠時間は4時間に満たなかったという。 前述の密偵も、ただ監視をするだけではなく、地方官に業績の優れた者がいればこれを褒賞した。 また、民衆の手本として自ら倹約に努めている。 書き物をする時に重要なものでなければ紙を裏返して使い、地方官が手紙を皇帝に送るときに綾絹を用いると「なぜこんな無駄なことをするのか」と言って紙を使わせた。 政治の最高機関であるの建物も、みすぼらしいのようなものであった。 内政 [ ] 文字の獄 [ ] 父の康熙帝が行った文人弾圧を雍正帝も強く行い、何冊もの本が禁書となった。 清朝を批判する者には厳罰で臨んだ。 雍正4年()、で行われたの初期段階の試験であるにおいて、内閣学士で侍郎(文部次官に相当)であったという試験官が、『』の一節である「維民所止」という部分を出題した。 この一節は清朝を批判するものだとされ 、査嗣庭は投獄され病死、死体はさらし者とされた。 さらにその息子も死刑、一族も投獄されたり、流罪に処されるという非常に厳しい処分を受けた。 この事件は実のところ、ロンコド派閥に属していた査嗣庭らの排除が目的であったとされる。 また、により満州族の支配を良しとせず明の復活を唱える思想家に対しては自ら論破し、討論の経緯を『』という書物にまとめた。 雍正6年()に、の『時文評選』「華夷の弁」を読破してそのそれに感化された ()という学者が、上記にある雍正帝の著作である『大義覚迷録』を批判し、岳鍾琪を唆しての復興をはかったために、岳鍾琪は彼を捕らえて雍正帝の目前に曳きだした。 雍正帝は曾静の言い分を聴いて、その処置を考えていた。 しかし曾静は臆することなく、毅然として「満洲族は大したことなく、漢民族がいかにすぐれているか」とする持論を唱えたため、雍正帝は特例として彼を赦した(曾静は乾隆帝が即位すると処刑された)。 奴隷解放 [ ] 雍正帝は、の、の、のを、それまでの奴隷階級から解放した。 これは彼の仏教思想に由来するとする説がある。 なぜなら、自ら円明居士と称し、『御選宝筏精華』という仏教関係の著作まであるからである。 なお、制度としての奴隷階級は消滅したものの、奴隷に対する蔑視や生活環境の劣悪さはこれ以後も根強く残った。 言語政策 [ ] 期以前においては、の音にもとづくが規範とされていた。 清朝期になると、の中心は徐々に南京官話から北京音をもとにしたへと移っていった。 そのような中で、雍正帝は中央統制体制を強化するために北京官話の普及をはかり、官話政策を提議した。 に「」と呼ばれる官話の音を学ぶ書院を建て、またの民間のなどを支援して官話教育を担わせた。 これらの教育機関では、教科書として『』『』などが用いられた。 対外政策 [ ] 姿の雍正帝 雍正帝は、グシ・ハン一族の定見のなさ、ジュンガルと結びつく可能性(グシ・ハン一族がジュンガルと組んで清朝と敵対した場合、から・・にいたる長大なラインが前線と化す)などについて強い不信感を有しており、父帝の方針を一転し、即位後ただちにグシ・ハン一族の本拠であった地方に出兵、グシ・ハン一族を制圧した。 雍正帝はグシ・ハン一族が地方の諸侯やと呼ばれたチベット系・モンゴル系の遊牧民たちに対して有していた支配権を接収、チベットをからの線で二分し、この線の北部はと甘粛・四川・雲南の諸省の間で分割、この線の南に位置するやカム地方西部は「ダライ・ラマに賞給」し、その支配をに委ねた。 にまで勢力を拡大したことで、や、との国境を画定する必要が生じた。 ロシアとはを締結して外モンゴルの国境を定めるとともに、両国間での交易に関する協定が結ばれた。 かつて康煕帝が結んだと同様、国境を画定させるという姿勢は、当時における中国の一般的な対外関係とは違いがみられるものの、対ロシア関係もにおいて処理されたように、従来の秩序を揺るがすようなものではなかった。 またとは、ガルダンの後継者との間で国境交渉を持ち、1730年にを境界とする取り決めが成立した。 崩御 [ ] 仙人姿の雍正帝 、働き続けた雍正帝は崩御した。 伝説によれば、かつて処罰した呂留良の娘の ()あるいは反乱を企てた罪で処刑された盧某の妻に殺害され首を奪われ、ゆえに泰陵に埋葬された雍正帝の首は黄金製の作り物である、とする創作もある。 先に挙げたとも言えるような働きぶりによるとする説を支持する者も日本には多い。 また、と同様、重い責務でストレスを溜め、夜遅くまで酒を飲み、脂っこい飯を食べ、昼に眠るという生活が死期を早めたと思われる。 現代の中国では、「故宮當案」の研究結果から、のに凝った結果、不老長寿のために服用したによる中毒死ではないか、と推測される。 なお、雍正帝のお抱え道士たちは、後の乾隆帝によって追放処分を受けた。 清皇室の離宮のは、雍正帝が親王時代に康熙帝から拝領した庭園をもとに造営されたものである。 逸話 [ ]• 雲貴総督時代のより「雍正帝の治世、雲南貴州総督の高其倬が密奏を上 (たてまつ)り、国境に近い都龍(ドロン)の地には金鉱があるため、明代から越南に侵占されているので、これを恢復したい」との上奏に対して、雍正帝は「遠きを柔らぐるの道は、隣に睦むを以って美となす。 都龍、南丹等の処は、明季にありて巳に安南(越南)の有する所たり。 是れ侵占は我朝において始まるに非ず。 安南は累世恭順なり。 其の地、果たして利あらんか、即ち天朝は小邦と利を争うべけんや。 若し利なからんか、即ちまた何ぞ必ずしもこれと争わん」とし上奏を退けている。 后妃 [ ] 漢服を着た雍正帝と乾隆帝• 皇長子端親王弘暉• 皇四子弘暦()• (年氏)• 皇四女(夭逝)、福宜(夭逝)、懐親王福恵(夭逝)、福沛(夭逝)• (耿氏)• 皇五子和親王弘晝• 皇二女和碩懐恪公主、皇二子弘昀(夭逝)、弘昐(夭逝、昐は日へんに分)、皇三子弘時• 謙妃(劉氏)• 皇六子果郡王弘曕(曕は日へんに詹)• 皇長女(夭逝)、皇三女(夭逝)• 貴人郭氏、貴人海氏、貴人張氏、貴人李氏、貴人安氏、貴人老氏• 常在那氏、常在李氏、常在高氏、常在常氏、春常在、吉常在• 答応蘇氏、答応汪氏、徳答応、英答応• 格格蘇氏、格格張氏、伊格格、格格張氏• 和碩淑慎公主 - 父は理親王胤礽• 和碩和恵公主 - 父は怡親王胤祥• 和碩端柔公主 - 父は荘親王胤禄 登場作品 [ ] 姿の雍正帝(東方朔偷桃) 雍正帝の生涯を描いたものとして、全44回の連続テレビドラマ『』(1999年)がある。 出演:・ ()・ ()・ ()。 映画『』(DVD邦題:少林寺への道 十八銅人の逆襲、原題:雍正大破十八銅人、1976年)、『』(原題:功夫皇帝、1981年)も雍正帝が主人公の映画である。 『雍正王朝』と同様、雍正帝を唐国強、を王輝が演じた。 また映画『』(原題:火焼少林寺、1976年)や、テレビドラマ『』(2011年)、『 ()』(2011年)、『』(2011年)、『』(2018年)などにも雍正帝が登場している。 また、雍正帝によって造られたと言われている諜報・暗殺などの秘密工作を請け負う秘密組織「 (、)」は、やの題材としてたびたび使われている。 映画『』(原題:血滴子、1975年)がその代表作。 脚注 [ ]• 宮崎(1950)(宮崎(1996)pp. 36、44-46、55-56。 「維」と「止」の上にそれぞれ、「なべぶた」と「一」をつけると「雍」「正」になる、つまりこの一節は雍正帝の頭を切り落とし、さらに二文字を「民所」で離して、雍正帝の胴を二つに裂いているのだという。 宮崎(1950)(宮崎(1996)p. 158。 宮崎(1950)(宮崎(1996)p. 177。 雑誌「中央公論」1989年8月「中国を叱る」より• 即位前に没した側室たちと思われる。 参考文献 [ ]• 『雍正帝』 岩波新書、1950年(初版)、復刊1988年/、1996年、• 『宮崎市定全集(14) 雍正帝』、岩波書店、1991年。 宮崎市定 『中国文明の歴史9 清帝国の繁栄』 中公文庫、2000年、。 『大清帝国』 、2002年、• 『中国の歴史7 清帝国』(講談社、1974年)を改題・文庫化• 『中国の歴史 六』 講談社文庫(新版)、1991年、。 編訳 『イエズス会士中国書簡集2 雍正編』 、1971年、ワイド版2003年 関連項目 [ ]•

次の

爱新觉罗·胤禛_360百科

雍正帝

康熙三十七年(1698年)封;康熙四十八年(1709年)胤禛被封为。 在二废太子之后,胤禛积极经营争夺储位,康熙六十一年(1722年)十一月十三日,康熙帝在北郊病逝,他继承皇位,次年改年号。 雍正帝在位期做了一系列改革。 为加强对的统治,实行。 废除制度,实行, [2-3] 减轻了无地、少地农民的经济负担,促进了人口增长。 并且大力整顿财政,实行,建立,实行官绅。 雍正元年(1723年) [4-5] 出兵,雍正二年 [4-5] 平定。 在政治上,整顿吏治,创立监视臣民,设立以专一事权。 而且改善,使得皇位继承办法制度化,也在一定程度上避免康熙帝晚年诸皇子互相倾轧的局面。 胤礽再立后,为巩固储位又进行了一些非法活动,引起康熙帝的不快,于康熙五十年(1711年)再次将他废黜。 以后不断有朝臣为他复位奔忙,均遭康熙帝处罚。 胤礽被遗弃了,但他留下的的空位,康熙帝却未令人替补,惹得诸皇子为之大动心机。 胤禩有资本,继续活动,又一次受到父皇斥责。 [15] 十四皇子于康熙五十七年(1718年)受命为,出征西北,指挥两路清军入藏,送至拉萨,驱逐了一度盘踞西藏的准噶尔人的势力,稳定了西藏局势。 他的声誉日高,有可能成为储君。 三皇子诚亲王受命开蒙养斋馆,身边聚集着一群学人。 青年胤禛读书像 禛善于治国、懂得。 康熙六十年(1721年),雍正四十四岁这年,正是康熙帝登基六十周年大庆,他奉命往祭告,回京参加贡士会试试卷复查事务,冬至时遵命代康熙帝南郊祭天。 次年,清查京、通两仓,又秉命冬至祭天。 胤禛的这些活动,对他来说有两重意义,一是由于他多次随从巡幸、外出代办政务,足迹遍于中国主要地区,使他有机会了解各地经济物产,山川水利,,,历史问题,取得了关于民事的第一手资料;二是观察了康熙帝处理政事,考查了地方行政和,锻炼了处理某些政事的能力,获得了从政的一些经验。 这两个方面的因素,对胤禛日后治理国事都有很大的实践意义。 他针对现实,结合自己的理想,产生他的政治纲领。 他的改革思想包含如下内容: 允礼所作雍正帝像 第一,反对。 [27] 他反对因循守旧,是为清除改革道路上的思想障碍。 第二,整顿吏治,以利民生。 第三,反对。 雍正帝从亲身体验中深知朋党的危害:朋党各行其是,破坏朝政统一,损害君主权威。 朋党之间互相攻击,任用私人,不仅失去正常的用人原则,也干扰了君主行使用人去人的;朋党各抒政见,自我标榜,批评朝政,扰乱君主视听,妨碍坚持既定的政策。 [32] 表明他为澄清政治、医治痼疾的决心。 他主张施政严猛,要有的办事作风,这是他施政的策略思想。 在雍正帝的全部政治观念中,兴利除弊是其核心内容,因而是他为政的基本特色。 实行中,官员任意加派,一两可加至数钱。 因不在上交正额之内,官员从中任意侵贪,成为官场公行的陋习。 康熙末年,各地官员以火耗为名,肆意横征中饱,已无法限止。 山西实行后,各省相继仿效,以火耗补完亏空的钱粮,并分拨州县养廉。 雍正五年(1727年),雍正帝又命各省督抚,就该省情形酌议具奏,着为定额。 以后火耗一分为三:一份给地方官,一份弥补地方亏空,一份留地方公用。 这样,既增加了财政收入,又有助于廉政。 此为我国家之事,朕当负责执行者也。 ……尔等欲我中国人尽为教徒,此为尔等之要求,朕亦知之;但试思一旦如此,则我等为如何之人,岂不成为尔等皇帝之百姓乎?教徒惟认识尔等,一旦边境有事,百姓惟尔等之命是从,虽现在不必顾虑及此,然苟千万战舰来我海岸,则祸患大矣。 ……中国北有俄罗斯,是不可轻视的,南有欧西各国,更是要担心的,西有回人,朕欲阻其内入,毋使捣乱我中国。 俄国使臣曾请求在各省通商,为朕所推辞,惟允彼等在北京及边境贸易而已。 今朕许尔等居住北京及广州,不深入各省,尔等有何怨乎?……现朕既登皇位,朕唯一之本分,是为国家而治事。 1732年,集中在广州的35名传教士也被两广总督驱逐到澳门。 只有在工作的20人留用,但不准传教。 [52] 明末清初,经过连年的战乱、疫疠,四川地荒丁亡的情况十分突出,面对这种情况,为了促进四川的经济恢复,清廷所实行的移民就垦政策也就有异于他省。 [56] 意味着移民入川程序走向规范化。 [57] 表明雍正帝在移民增多的情势下对清理户籍以及地方安宁的重视。 [58] 参考资料• 冯尔康 .《名家说清史:雍正皇帝》 :紫禁城出版社 ,2016 :第13页• .人民网 [引用日期2019-05-18]• .人民网 .2015-02-16 [引用日期2018-11-28]• .搜狐网 [引用日期2020-07-16]• .搜狐网 [引用日期2020-07-16]• .腾讯网 [引用日期2015-10-06]• 冯尔康 .《雍正传》 :人民出版社 ,1985年 :第6页• 冯尔康 .《雍正传》 :人民出版社 ,1985年 :第8页• 冯尔康 .《雍正传》 :人民出版社 ,1985年 :第10页• 《清世宗诗文集》卷22,《雍邸集》。 冯尔康 .《雍正传》 :人民出版社 ,1985年 :第11页• 四十八年封雍亲王。 .浩学历史网 [引用日期2014-02-10]• 《文献丛编》第三辑《戴铎奏折(五十七年折)》。 《上谕内阁》,雍正八年五月二十四日谕。 《文献丛编》第三辑《戴铎奏折(五十七年折)》。 .明清实录数据库 [引用日期2020-05-21]• .明清实录数据库 [引用日期2020-05-21]• 命贝勒胤禩、皇十三弟胤祥、大学士马齐、尚书隆科多总理事务。 召抚远大将军胤禵来京。 《上谕内阁》,雍正二年四月初七日谕。 《雍正起居注》,四年十一月初二日条,原件藏中国第一历史档案馆。 《上谕内阁》,康熙六十一年十一月二十九日谕;拱北楼书局版影印本。 《清世宗实录》卷3。 《上谕内阁》,雍正八年五月初十日谕。 《清世宗实录》卷3。 《清世宗实录》卷13。 《清世宗实录》卷6。 《雍正起居注》,雍正五年二月初三日条。 《雍正起居注》,雍正五年正月十三日条。 《上谕内阁》,康熙六十一年十二月十三日谕。 王昶:《春融堂集》卷47《军机处题名记》;嘉庆十二年刻本。 《清世宗实录》卷83。 蒋良骐:《东华录》页457,中华书局1980年版。 .历史上的今天 [引用日期2013-11-27]• 甲子,命果亲王、皇四子、皇五子,大学士鄂尔泰、张廷玉等办苗疆事务。 工部尚书巴泰褫职。 命刑部尚书张照、副都御史德希寿稽勘苗疆事务。 丁卯,哈元生奏剿办逆苗,黄平、施秉悉平。 《清世宗实录》卷159。 林涛 .《正说清朝三百年》 :中国国际广播出版 ,2005 :第27页• .陕西传媒网 [引用日期2013-11-27]• .中国人民大学清史研究所 [引用日期2020-05-20]• .天天美文网 [引用日期2020-05-20]• .中华文史网 [引用日期2016-05-28]• 《清世宗实录》卷22。 《上谕内阁》。 四年九月初七日谕。 冯尔康 .《雍正传》 :人民出版社 ,1985年 :第203页• .中华文史网 [引用日期2016-05-28]• .新浪网 [引用日期2020-05-20]• .中国新闻网 [引用日期2020-05-20]• .搜狐网 [引用日期2020-05-20]• .中华文史网 [引用日期2020-06-13]• 《清世宗实录》卷四一,页二三。 《清世宗实录》卷五三,页一九。 《清世宗实录》卷58,雍正五年六月戊子。 《清世宗实录》卷61,雍正五年九月已卯。 《清世宗实录》卷79,雍正七年三月壬子。 .中华文史网 [引用日期2020-06-13]• .人民网 [引用日期2013-12-08]• 张发贤,雍正朝施政西藏研究[D],中央民族大学藏学研究院,博士,2013• 《大义觉迷路录》:在逆贼等之意,徒谓本朝以满洲之君,入为中国之主,妄生此疆彼界之私,遂故为讪谤诋讥之说耳。 不知本朝之为满洲,犹中国之有籍贯。 舜为东夷之人,文王为西夷之人,曾何损于圣德乎?• .人民网 [引用日期2020-05-20]• 吴吉远 .雍正帝对日本的防范[J] :紫禁城 ,1998 :第45-46页• 唐烈 .朝鲜王朝与清朝外交关系的构建及其影响研究[D] .延吉 :延边大学 ,2018 :第121-122页• .中国人民大学清史研究所 [引用日期2020-05-21]• .故宫博物院 [引用日期2020-06-10]• .国学网 [引用日期2014-04-09]• .中国日报网 [引用日期2014-04-09]• .闾巷扫花文学网 [引用日期2014-09-17]• 《中华帝国全志》• 节选《路易十四时代》• Maverick,China A Model for Europe,Texas,1946. 206• .历史网 [引用日期2015-06-27]• 《雍正帝及其密折研究制度》• 杨启樵:《雍正帝及其密摺制度研究》佐伯富序言。 《明清帝后宝玺》• 《清代政治与中外关系》• 《清世宗初政述略》• .解放日报 [引用日期2014-09-17]• 东龟年:《兰田文集》二稿,卷1,心赋一节。 转引自中村久四郎:《近世支那の日本文化に及ぼしたる势力影响(近世支那を背景としたる日本文化史)》《史学杂志》第25编,第2号,第12页• 《清稗类钞》:世宗为皇子时,好微行,尝游杭州,出涌金门见一书生卖字,颇精八法,即命其书一联,中有「秋」字,易火於左,世宗曰:「得毋误否?」书生条举名帖为辨。 世宗曰:「若曷不效举子生活,乃卖字乎?」书生自云:「尝举孝廉,贫不能给妻子,卖字求活,安望富贵。 」世宗出囊中马蹄金数笏,曰:「吾贾有赢,不如资若求功名,得志毋相忘耳。 」书生谢受之。 即上公车,连捷翰林。 时世宗已践祚,一日,覩其名,忆是书生,即召入,书一「和」字,易口於左,询之,书生言为譌体,上笑不答。 翌日,使奉诏诣浙江巡抚,受诏发观,乃命其仍向涌金门卖字三年,再来供职,书生始悟。 .故宫博物院官网 [引用日期2020-05-21]• .人民网 [引用日期2020-05-21]• 《清世宗关于佛学之谕旨(二)》,《文献丛编》第三辑。 .搜狐网 [引用日期2014-04-13]• .建筑世界 [引用日期2014-09-22]• .人民网 [引用日期2016-01-15]• .人民网 [引用日期2016-01-15]• .新浪网 [引用日期2016-01-21]• 《清史简述》,页47,中华书局1980年版。 .中国网 [引用日期2016-01-21]• 100.

次の

雍正帝-清・世宗文物大展_展示作品概説

雍正帝

節目中心/綜合報導 在清朝,皇帝的嬪妃通常都是來自家世顯赫、並且通過選秀的秀女,但也有些出身卑微的宮女最後成為皇帝寵妃的例子,其中最著名的案例之一就是乾隆帝的令妃。 不過除了令妃,乾隆帝的父親雍正帝身邊也有個出身低、但備受寵愛的妃子「謙妃」劉氏。 而就在雍正7年時,有天,當時已經年過半百的雍正遇見了年輕貌美的劉氏,就此一見鍾情,之後將劉氏納入自己的後宮,冊封她為「劉答應」,那年,劉答應才15歲。 出身低的劉答應也算是後宮中的佼佼者,因為在被冊封為答應後的隔年正月,她就正式晉升為「劉常在」,3個月之後又升為「劉貴人」,依照她的出身和漢族身分,這樣晉升速度可以說是異於常人,想必她十分受寵。 幾年之後,她也為雍正生下了皇六子弘曕,生產完隔日,雍正就下令晉封她為「謙嬪」。 可惜就在弘曕3歲時,雍正就去世了。 皇四子弘曆,也就是乾隆,他登基後就將謙嬪尊封為「謙妃,而他也十分疼愛弘曕這位弟弟,後來還將弘曕過繼到叔叔果親王的名下,讓他將來可以繼承親王之位。 從宮女成為雍正寵妃的謙嬪可以說是非常的幸運,不僅乾隆特別關照她的兒子,她在雍正死後也在後宮安然的度過一生。 乾隆32年,54歲的謙妃離世,特地下令停朝3日,以此來悼念她。 (責任編輯:嚴沛婕).

次の