オーロンゲ 育成論 剣盾。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【育成論】食べ残しオーロンゲ【ポケモン剣盾】

オーロンゲ 育成論 剣盾

オーロンゲ 種族値 HP 95 攻撃 120 防御 65 特攻 95 特防 75 素早 60 あく フェアリー 合計種族値 510 特性 いたずらごころ 変化わざを先制で出すことができる。 相手あくタイプだった場合、この特性で先制した変化わざは失敗する。 おみとおし 相手ポケモンが持っている持ち物がわかる。 わるいてぐせ (夢特性) 通常攻撃を受けた時に相手から持ち物を盗む。 自身が持ち物を持っている・瀕死状態になると発動しない。 オーロンゲの特徴 長所 いたずらこころで変化技を先制 オーロンゲは 特性:いたずらこころで「みがわり」、「いばる」、「ビルドアップ」といった 変化技を先制で打つことができます。 素早さが元々低いオーロンゲと相性が良く、みがわりで相手のダイマックス技を回避したり、でんじはなどの状態異常で相手の動きを封じられるのが魅力的です。 攻撃値120の一致ふいうち オーロンゲは攻撃値が120と高いうえに、威力70の先制技 「ふいうち」を一致タイプで打てます。 現環境で猛威をふるっているドラパルトを高乱数一発、ポットデスを確定一発で仕留めることが可能です。 ビルドアップを積めていれば等倍でも、モスノウを高乱数一発、ウッウを確定1発で倒せるのも魅力的です。 覚える技の種類が多い オーロンゲは「ソウルクラッシュ」から「どげざつき」といったメインウェポンから「ほのおのパンチ」、「アームハンマー」などの 豊富なサブウェポンを兼ね備えており、多くのポケモンを相手にできます。 ギャラドスやナットレイなども相手にしたい場合は、かみなりパンチやほのおのパンチを搭載させましょう。 短所 素の耐久値は低め オーロンゲはHP種族値が95と標準よりは高めですが、 防御と特防は平均値以下なので弱点を突かれると一撃でやられてしまう可能性が高いです。 ストリンダーのヘドロばくだんやジュラルドンのラスターカノンは受けられないので、対面した場合は注意しましょう。 変化技以外は先手を取りづらい オーロンゲは元々の素早さが低めなので、変化わざ以外では先手を取りづらいです。 60だとトリルパーティーでも採用しづらいので、ふいうちで狩れない特殊アタッカーは他のポケモンで対処する必要がありそうです。 オーロンゲの育成論一覧 ビルドアップ基本型 技 攻撃対象 割合 回数 ラスターカノン ジュラルドン ひかえめ C252 78. ・C252ラスターカノンで低乱数1、てっていこうせんで確1 マホイップ ・夢特性でアンコールやちょうはつを無効化し、めいそうの起点にできる ・有効打がないので、ドレインキッスで回復しつつ狩れる オーロンゲは元々の耐久が高いわけではないので、足の速い特殊アタッカーと対面した場合はジリ貧になりがちです。 あくやフェアリーで弱点を突かれないポケモンを選出して対策しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策【ソードシールド】

オーロンゲ 育成論 剣盾

オーロンゲ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 オーロンゲはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 能力値は攻撃が高く、HPも高めだが防御・特防が低めなので耐久力は並み。 だが、ゴーストや悪タイプの技のダメージを軽減でき、ドラゴンタイプの技は無効にできるので優秀な耐性を持っていると言える。 素早さも低いが、タイプ一致先制技の「ふいうち」を覚え、特性のいたずらごころで補助技を先制で出せるのでカバー可能。 「リフレクター」「ひかりのかべ」「でんじは」「ビルドアップ」「ちょうはつ」など覚えられる補助技は多彩だ。 アタッカーとしてもサポートとしても活躍が可能であり、相手からすると型を読みづらい点も優秀と言える。 スポンサーリンク オーロンゲの特性 いたずらごころ (使用する変化技の優先度+1。 相手が悪タイプだと技は失敗する。 ) おみとおし (自身が場に出た時、相手の持ち物がわかる。 ) わるいでぐせ(隠れ特性) (自身が道具を持っていない場合、直接攻撃を受けた相手から道具を盗む。 ) 考察 一番優先度が高いのは「いたずらごころ」。 基本的にこれ一択と言っていい。 変化技のみとはいえ先制で技をうて、オーロンゲの低い素早さを補えるので相性が良すぎる。 「おみとおし」も使えないことはない。 補助技を使わず、序盤の偵察要員として使うつもりならアリ。 「わるいでぐせ」については発動機会が限定されており使いづらい。 採用するのはおすすめできない。 スポンサーリンク オーロンゲの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 タイプ一致技。 特に相手が物理アタッカーの場合は攻撃に振っていなくとも高いダメージを出せる。 攻撃に振らず耐久力を重視する型であれば優先度が高い技。 DDラリアット 悪 85 100 相手の能力変化を無視 タイプ一致技。 命中が安定しているが威力は並み。 どげざつき 悪 80 100 火傷10% タイプ一致技。 オーバーヒートと違い連発できるのが長所。 威力は高めだがオーバーヒートに劣り、命中率がやや不安。 ふいうち 悪 70 100 先制技。 相手が攻撃技を選択した場合に成功する。 オーロンゲの低い素早さを補える一致先制技。 非常に便利で優先度は高いが、相手にも読まれやすい点には注意したい。 パワーウィップ 草 120 85 なし 命中不安だが威力は高い。 水、岩、地面に刺さる。 だが素早さ低下は特性「いたずらごころ」や先制技の「ふいうち」があるのでデメリットになりづらい。 かわらわり 闘 75 100 壁破壊 相手も壁張り型だった場合にこの技があると有利にたてる。 ドレインパンチ 闘 75 100 与えたダメージの半分回復。 貴重な回復技。 弱点をつければ攻撃も高いのでなかなかの回復量となる。 ほのおのパンチ 炎 75 100 火傷10%。 命中安定だが、威力が低い。 だが苦手な鋼タイプに刺さるのが特徴。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10%。 威力が低いが命中100。 草、飛行、地面に刺さる。 かみなりパンチ 雷 75 100 麻痺10%。 威力が低いが命中100ある。 特にギャラドスに刺さる。 じだんだ 地 75 100 技失敗の次ターンは威力2倍 サブウェポン兼ふいうちに失敗した場合の保険として使える。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 いちゃもん 悪 - 同じ技を連発できなくする。 交代読みなどで使っていこう。 特性もうかの場合にはHP消費にも使っていける。 ビルドアップ 闘 - 攻撃と防御を1段階上げる。 元々高い攻撃を上げ、相手の物理アタッカーにより強くなれる。 でんじは 電 90 相手をまひ状態にする。 相手を麻痺させることでオーロンゲの素早さ種族値でも先攻をとれる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 パワースワップ 超 - 自分の攻撃・特攻のランク補正を相手の攻撃・特攻のランク補正と入れ替える。 じゃくてんほけんや相手の積み技対策。 みがわり 無 100 HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みやターン稼ぎとして有効。 トリック 超 100 相手と自分の道具を入れ替える 道具依存の相手に対して特に有効。 特性「おみとおし」と相性がいい。 どうぐはふいうちの一撃で ドラパルトを倒せる威力を1. 2倍以上に上昇させるアイテムを選びたい。 よって、いのちのたま、くろいメガネ、たつじんのおびの3つを選ぶのが特におすすめ。 補助技はビルドアップの優先度が高め。 先制ビルドアップで積むことで、火力をさらにあげつつ相手の物理アタッカーに対抗することが可能となる。 でんじはを採用する場合にはHPを削り、素早さに12振っておけば、麻痺最速ミミッキュに先制をとれるようになるのでおすすめ。 サブウェポンは格闘・炎・地の中から選び、苦手な鋼タイプの弱点をつけるようにしておきたい。 相手ポケモンの能力値が上がっても、先制「パワースワップ」により、自身が能力上昇を奪うことができる。 基本的な立ち回りとしては先攻でリフレクターをして物理耐久を上げる。 その後、相手が積んで突破を狙ってきたらパワースワップで奪って反撃に出るといい。 相手が自身より速く、かつ弱点保険持ちが疑われるなら、わざと弱点をついて発動させ、 次ターンに能力変化を先制「パワースワップ」で奪うことで無効化できる。 ただし、特殊アタッカーには無力なので、別のポケモンで対抗する必要がある。 扱いは難しいはハマれば、能力を奪って相手パーティの崩壊も狙うことができる。 「リフレクター」と「ひかりのかべ」を張り、後続の無双を援護するのが基本。 素早さの高い相手には「でんじは」を撃ち込んで機能停止を狙うといい。 素早さに努力値を12振っており、麻痺最速 ミミッキュ抜きの調整となっている。 選択技は特攻を下げられるタイプ一致技である「ソウルクラッシュ」が一番おすすめ。 物理アタッカーを仮想敵として重視するなら「イカサマ」でもいい。 スポンサーリンク オーロンゲのパーティメンバー考察 オーロンゲを壁張り要員として使う場合にはダイマックスOR積みを行うエースポケモンを用意しておきたい。 壁張り用の場合でもそうでない場合でも、オーロンゲの弱点で使われることも多いはがね・フェアリー技に強い炎タイプを用意しておきたい。 オーロンゲの対策 ポケモン剣盾のオーロンゲは壁張り型が最も多い。 「かわらわり」を覚えているポケモンを用意しておけば、壁を破壊することができるので、オーロンゲ対策として役だつ。 また、特性「すりぬけ」を覚えているポケモンを後続に用意しておけば、壁を無視して攻撃が可能。 「すりぬけ」を持ち使用率も高いポケモンとしては ドラパルトがいるが、 オーロンゲ自身には不利なので注意が必要。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲ 育成論 剣盾

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるオーロンゲの育成論と対策について掲載しています。 オーロンゲのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• あくタイプのポケモンには失敗する 戦闘に出ると、相手の持っている道具がわかる 隠 直接攻撃を受けると、攻撃してきた相手の持っている道具を奪う オーロンゲの特徴 特性いたずらごころが強力 オーロンゲは特性いたずらごころによって変化技を先制で撃つことができるので、壁張りやでんじは、相手のダイマックスに対する先制みがわりなど、倒されるまでにほぼ確実に役割を遂行できる点が非常に強力です。 また、オーロンゲはあくタイプを持っているので、相手のいたずらごころによる先制のちょうはつを受けることがないのも魅力の一つです。 広範囲に刺さる技範囲 オーロンゲはアタッカーとしても技範囲が優秀で、多くのポケモンの弱点をつくことができます。 パーティとのバランスを考え、役割を持たせたい相手を決めて技構成を選んでいくこともできます。 耐久を重視するのであれば、努力値を攻撃から割いて防御に振ることで安定感が増します。 また、たべのこしを持たせたい場合はHPの努力値を180にすることで実数値が193となり、たべのこしの効果を最大にしつつ奇数HPに調整することができます。 素早さの努力値調整 素早さに努力値を回す際には12振ることで、でんじはでまひさせた最速ミミッキュの上を取れるようになるのでおすすめです。 さらに最速リザードンのラインに対しては28、アイアントのラインへは68を振ることで上を取ることができます。 眠気状態では確定ではなく、また他のダイマックス技とは異なり対象1体にしか効果は及びませんが非常に強力です。 一致技のダイフェアリーを使用する際には状態異常耐性を付与してしまうため相性は悪いですが、ダイサンダーなどを使用して眠気状態を防ぐ敵も多く、フィールド上書きが狙えるダイソウゲンを採用しています。 また、火力アップのかくとう打点、天候操作や苦手なはがねタイプへの打点となるほのお打点を採用しています。 命中は 90と不安がある ・進化時に習得 ・フェアリータイプの一致技 ・威力はじゃれつくより低いが、相手の特攻を 1段階下げる効果がある。 じゃれつくと選択 ・ Lvで習得 ・あくタイプの一致技 ・相手の攻撃技に対して先制で撃てる強力な技。 特にドラパルトに対してはタイプ一致で弱点を突けるので非常に有効。 相手が変化技を使用したり、先制技を使用したりすると失敗するので注意 ・で習得 ・あくタイプの一致技 ・能力変化を無視できるので相手の積んで受けてくるポケモンに対して有効。 ・で習得 ・あくタイプの一致技 ・相手の攻撃の値でダメージ計算をするため、攻撃に努力値を振らなくても火力を見込める ・で習得 ・ナットレイやアーマーガアを出された場合に有効 ・で習得 ・ギャラドス等に対して弱点を突ける ・で習得 ・あくタイプやはがねタイプに対して有効。 バンギラスの 4倍弱点も突ける。 ダイナックルでの攻撃 1段階上昇も狙える ・で習得 ・物理技のダメージを半分にする。 ひかりのねんどで持続ターンが伸びる ・で習得 ・特殊技のダメージを半分にする。 ひかりのねんどで持続ターンが伸びる ・で習得 ・高速アタッカーやスカーフ持ちをまひさせることで、後続のポケモンで処理しやすくさせるサポート役を担える ・で習得 ・特性いたずらごころによって先制でみがわりを置けるため、相手のダイマックスターンを枯らす動きができるので強力 ・で習得 ・自身の物理耐久を上げつつ、攻撃もあげることができる技。 特性いたずらごころにより先制で積めるので強力 ・で習得 ・積み型、耐久型対策。 オーロンゲのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・壁貼り要員として起用する際におすすめ ・みがわり回数を増やすために採用 ・場持ちを良くするアイテムとして オーロンゲの対策 注意点 壁張り型のオーロンゲの後ろにトゲキッスやアイアント等の強力なアタッカーが控えていると、そのまま全抜きされてしまう可能性があります。 ビルドアップ型の場合は相手の起点にされないように注意して立ち回る必要があります。 対策方法 壁を消すことが出来るポケモンで対策する キリキザンやドリュウズは特性いたずらごころのでんじはを無効にできて、さらにかわらわりを覚えるのでは壁張りオーロンゲ対策として非常に有効です。 オーロンゲが壁を張っている間につるぎのまいを積んで起点にすることもできます。 またバリコオルの特性バリアフリーで壁を消していくのも有効です。 ビルドアップ型には物理受けで対応 ナットレイやアーマーガアといったフェアリー技を半減できるはがねタイプの物理受けポケモンが対策として有効です。 ほのおのパンチを採用している型もあるのでその点は注意が必要です。 また、ビルドアップを積みきられる前に、早い段階で特殊アタッカーに交代して突破しに行く立ち回りも有効です。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の