テスラ 市長。 なぜ市民の血税1千万円が高級EV「テスラ」に? 千葉県市川市が公用車導入した理由とは

市川市長公用車に高級車テスラを採用!市長給与減額?市民の声は?

テスラ 市長

市川市長が導入したテスラ車 市川市長、副市長の公用車として導入されているのが、テスラ車の モデルX。 購入条件は• 車両本体価格 1,100万円• 月々支払い 14万弱• リース契約期間は 8年間 となっており、公用車としての導入にしては かなりの高額です。 多くの人が『なぜ、こんな高級な外車を税金で購入する必要があるのだろう』と思ったはずです。 市長の言い分はこうです。 1 『公用車』である必要がない 一番多い意見は、「 公用車として導入する理由が見当たらない」というもの。 テスラが「最先端の自動運転技術を有して」いたとしても、なぜそれを公用車として導入する必要があるのでしょうか。 市長自ら、 プライベートの車として購入すれば良いのでは?と思います。 竹山何言ってんだよ説明すればいいんじゃなくてテスラがダメなんだよ。 税金で買われてたまるか。 自分で買って現物貸与で使え。 2 選定理由・説明が曖昧すぎる 私はここが一番納得いかないポイントです。 具体的に どんなメリットや政策、 将来の展望があるのかをしっかり説明していません。 「循環型社会の形成と再生可能エネルギーの活用」 「環境に配慮した自動車を普及する一環としてEV車を啓発する」 と 綺麗な目標を並べているだけで説明は終わっています。 なぜ、テスラ社なのだろ?国産の三菱でも日産でもホンダでもいいと思う。 テスラ社にこだわる理由、どのような契約を交わしているのか知りたいです。 — 初音 英玲奈 syouta3141 市民を納得させればいいわけで、それにはテスラとその他日本車の維持費用?がどれくらい違うのかって色々比較した結果を出して説明しないと…市長が逆ギレしたみたいになってる — ぴょん子 mogupyonko 報道の仕方が悪いだけで本当は詳しく説明しているのかもしれませんが、世間には伝わっていません。 「テスラの値段ばかりが注目されてしまった」など言っている暇があったら、文書でもなんでも良いので、 選定した理由をしっかり提示すべきです。 3 テスラが他の電気EV自動車より優れているのか不明 テスラが環境問題のために導入される理由がわかったとしても、 他の国産車で代用できないのかという点でも疑問があります。 他の国産車よりも優れている点を説明すべきです。 環境に配慮するのはいいですよ。 だけどなんでテスラなの? 国産車にも電気自動車あるじゃん。 公私混同と指摘されるのは当然だな。 リース料の差額負担ではなく、この車自体買い取れよ!って話です。 — 志垣竜一・やまざくら会 RyuichiShigaki 市川市のテスラ問題だけど擁護できねえわ。 電気自動車なら日産リーフとかもっと安価なのあるし。 それも含めて、高額モデルの「モデルX」をするだけの 優れている点を教えてほしいです。 4 公用車である限り国産車であってほしい これは感情論になっている部分ありますが、 日本国民の本音だと思います。 公用車であるなら多少の差やデメリットがあったとしても 国産車を使ってほしいという意見です。 なんで国産の電気自動車とかFCVにしないのか、というのが気になるだけで。 どうせ1000万かけるなら国内の産業に貢献するべきでしょう。 — かげらふ kagelaugh 環境問題も大事だけど、 国内の経済成長も大事ですよね。 5 自腹で払うのは御門違い これは私も思いました。 市長ともあろう人が、市民や世間の批判に対して出した答えが「自腹をきる」 お金だけの問題ではないし、そもそも 市長の給料は市民の税金ですよね。 千葉県市川市が市長・副市長の公用車として電気自動車を採用するのにあたり国産車よりもリース料が大幅に高いテスラ社製を導入して批判された件。 市長がリース料の差額分を自腹で払うそうだが、馬鹿なのか?その給料だって税金だぞ。 大元は一緒だわ。 国産車にして給料下げろ! — ハジメ turscb21 千葉県市川市の公用車テスラにしたいそうで・・・。 で、ナゼ差額分を市長が払うって結論になるの?政策で買うなら全額税金で賄えばいいのでは?理解が得られないから?それなら全額自分で払って寄贈すればいいじゃん? — まぃ 女装趣味 mazomaicd またリース期間が8年間であることから、任期を超える分どうするのかという声もあります。 「 議論進めたいからとりあえず自腹切れば良いよね」という 安直な考えにがっかりです。 市議会でもテスラ導入再検討 テスラの公用車導入予算案は議会で一度可決されているものの、その後「導入見直しを求める決議」で審議され、採決で 賛成21票、 反対20票となりました。 (導入反対が21票ということ) 驚きなのは導入賛成が20人もいたということ。 たった1票しか反対票が上回っていません。 議会では導入に対しての説明がきちんとされたということなのでしょうか。 それとも市川市議会は市民の意見や感情に聞き耳を立てない議員ばかりなのでしょうか。 市川市長は、2019年7月17日に「冷静な議論を進めていきたい」と言っていたので、 冷静かつ納得のいくような議論が進められることを祈ります。 まとめ 市川市長が言うように、値段のことばかり議論していても仕方がないので、環境問題や政策について話し合いを進める必要がありますが、その前に果たすべき説明責任が全く果たされていません。 市川市長には「なぜテスラを導入したか」を、市民が納得するできるように説明をしてほしいと思います。

次の

市川市長がテスラのリース解約表明 「損が出ない形で早期に」

テスラ 市長

「テスラ」。 恥ずかしながら車には詳しくなく、初めて耳にした米国・電気自動車大手メーカーの名称だった。 市川市の村越祐民市長が同社の車を市長と副市長の公用車に導入しようとしたことに、市民から疑問の声が相次いだ。 市議会とも対立した結果、市長が導入を撤回することで決着をみたが、建設中の市庁舎を巡って市長と市議会で方針の違いが表面化している。 テスラ社のSUV(スポーツ多目的車)が市の公用車として入札されたことが明らかになったのは6月。 リース料金は従来の国産車の倍になるため、市議会や市民からは「高額すぎる」「なぜ外車なのか」と批判や疑問が噴出。 「高級外車」の文字が躍り、全国的なニュースとなった。 市議会は敏感に反応。 6月定例議会で「テスラ導入の見直し」を求める決議案が賛成21、反対20のわずか1票差で可決された。 市長与党とみられた会派が賛成に回ったり、市長選で対立候補をたてた保守系会派で賛否が割れたりと、さまざまな思惑が交錯した。 そんな中、お披露目されたテスラ社のSUV「モデルX」。 ドアは上に開く「ファルコンウィング」で、加速力も抜群だ。 テスラ社を選定した理由について、市長は「企業方針が市が取り組んでいるエネルギーの地産地消という意向と一致した」などと説明。 循環型社会の実現を目指す市の方針と施策の象徴に、テスラ社製の公用車を位置づけた。 ただ、市民の理解を得るのは難しかった。 市長は9月に入札予定だった2台目のセダンタイプ導入を撤回。 1台目も国産の公用車との差額を市長自身が負担する案を示し妥協を図ったが、市議会側は納得せずリース契約の早期解除を要求した。 結局、市長は11月に契約を解除したが「明らかに政策が逆行した。 (テスラ車の導入は)さまざまな街の将来像に関わる一部分であり、他の政策が進む中で必ず理解される」と最後まで強気の姿勢を貫いた。 公用車問題が落着した一方、今度は建設中の市庁舎を巡り市長と市議会で考えの違いが明らかになってきた。 市長は8月、手続きのワンストップ化や簡略化を進めた庁舎計画を提示。 1階と2階をつなぐ階段の新設を決めた。 このため完成が5カ月先延ばしになり、追加の工事費などで計約1億5千万円の予算が新たに必要となる。 これに対し市議会は9月定例議会で追加工事に慎重な姿勢を求める決議案を可決。 市長は「今後も説明を尽くす」とコメントし、来年2月の定例議会に関連予算案を提出することを明言している。 対立が先鋭化するのか、どちらかが折れ妥協を図るのか。 市長、市議会の判断が注目されるが、両者とも出した結論について市民への説明責任を確実に果たしてほしい。 (市川支局長・町香菜美).

次の

「テスラ」で市長と議会対立 公用高級外車理解得ず 市川市 【回顧2019年 取材メモから】

テスラ 市長

千葉県 市川市で、市長と副市長の公用車にアメ車の『 テスラ』を導入することでさまざまな批判をされている件。 その後に 村越祐民市長が発表した対応がおどろきの内容でした。 なんと、月々のリース代のうち 約8万3000円を自腹で負担するとのこと。 その対応に、市民からは 怒りと 疑問の声が上がっています。 今回は、そのあたりをまとめるとともに、千葉県 市川市長がそこまでして乗りたいという『 テスラ モデルX』について紹介したいと思います。 livedoor. com 報道を見てみると、どうやら、副市長用にSUVタイプの『 テスラ モデルX』、市長用にセダンタイプの『 テスラ モデルS』の導入を決めていたようです。 このうち、『 モデルX』は納車済み。 千葉県 市川市の説明によると、『 モデルX』の車両価格は1110万円、『 モデルS』の車両価格は1020万円となります。 月々の リース料に関しては、すでに導入済みとなっている『 テスラ モデルX』で 14万2560円です。 今までの『 トヨタ クラウン』のリース料 約6万円に比べると、なんと2倍以上に跳ね上がったことになります。 asahi. com その後市長は、自身の 給与から 6万8000円を減額し、それを リース代に充当すると発表。 そして、もう一台導入を予定していた『 テスラ モデルS』に関しては、 導入計画を「延期」としました。 このやり方に対し、さらに 市民か ら怒りの声が。 「そこまでして乗りたいの?」「市長の給与だって元は税金だ!」etc…。 tesla. com 市長の言い分としては「車両の価格だけに注目が集まり、『循環型エネルギー社会の実現に向けた取り組みの一環』という趣旨が伝わらなかった。 」とコメントしました。 つまり、千葉県市川市としては、低炭素社会の実現をアピールするための一環のつもり、という訳です。 確かにコンセプト自体に間違いは無いでしょう。 しかし、金額が金額…。 議会や市民に対して、しっかり事前説明しておくべきでしたね。 市長、こりゃ、怒られるよ。 市川市、ついにレンタカー業界へ参入か? 隣の船橋市民は乗れるの? いや、そういう問題じゃなくて…。 これも、おそらく「 循環型エネルギー 」を周知させる一環というのが 表向きな理由なのでしょうが…。 【次のページ】『テスラ モデルX』の装備や走行性能/動画・画像あり.

次の