読書 感想 文 書き方 小学生 例。 読書感想文の書き方!低学年の小学生でも簡単にできる書き方例 [ママリ]

小学生中学年 読書感想文の書き方!3年生&4年生の例文・見本付き!

読書 感想 文 書き方 小学生 例

トミーは夏休み、お父さんが忙しくて家族で出かける予定もないため、近所の人の鉢植えを預かって世話をするお仕事をすることにしました。 トミーはたくさんの鉢植えを家に並べ、上手に世話をします。 おかげで植物たちはどんどん成長して家の中はジャングルのような状態になりました。 そんな状態の中、お父さんは不満げです。 ある晩トミーは預かっている植物が大きくなりすぎて家が壊れる夢を見ました。 トミーは目覚めると図書館で植物の剪定について調べ、伸びすぎた植物を刈って手入れをしました。 夏休みが終わるころには近所の人が戻ってきてトミーから植物を受け取ります。 どの人も鉢植えが以前より元気で素敵になっていることに満足そうです。 すっかり植物が家からなくなってお父さんも喜ぶと思っていましたが、お父さんはあの鉢植えたちがあると田舎にいるみたいだったので懐かしいと言いました。 お父さんも忙しくなくなったとのこと、次の日にトミー達家族は田舎へ出かけて行きました。 それでは例として読書感想文を1つご紹介します。 トミーははちうえめいじん 〇年〇組 〇〇 〇〇 ぼくは『はちうえはぼくにまかせて』の本をよみました。 なぜこの本をえらんだのかというと、ひょうしからしょくぶつがいっぱいでおもしろそうだとおもったからです。 よんでみていちばんおもしろかったのは、しょくぶつがのびすぎてトミーのいえがこわれてしまうところです。 はじめはいえがこわれるほどしょくぶつがのびるなんてしんじられない、と思っていましたが、ゆめの中のはなしでよかったと思いました。 また、しょくぶつがのびすぎるゆめをみるなんて、あずかっているしょくぶつをそれだけ一生けんめいおせわをしているのだな、と思いました。 ぼくもなつやすみはせんたくものたたみとあさがおの水やりがまいにちのしごとでしたが、お母さんに言われないとできない日もたくさんありました。 また、どうしたらあさがおがもっと元気になるか、などとかんがえたこともなかったです。 トミーはじぶんでかんがえたりしらべたりしてはちうえをじょうずにそだてたのでほんとうにすごいと思いました。 しょくぶつはすてきになってきんじょの人にはよろこばれるし、トミーははちうえのめいじんですね。 もしぼくがトミーのように、なつやすみにどこにも行けないとお父さんに言われていたなら、ふてくされてなつやすみをだらだらすごしてしまうと思います。 トミーはずっといえにいるからこそできることをみつけて、おかねまでかせいでいるのでかんがえることがすごいと思いました。 そして、ものがたりのさいごにはトミーたちもおそいなつやすみがとれてよかったと思いました。 きっといっしょうけんめいしょくぶつを育てたトミーへのかみさまからのごほうびがあったのだと思います。 ぼくも、いえでのおてつだいやがっこうのとうばんのしごとをしっかりしてみんなのやくにたちたいとおもいました。 (782字) いかがだったでしょうか。 上記の文で原稿用紙2枚分ほどになります。 小学校低学年の読書感想文は原稿用紙2枚分、くらいの分量が指定されることが多いようですね。 上記の例を参考に、子供さんが感じた素直な感想を組み合わせて文章にしてみてくださいね。 意外と悩んでしまう、感想文の書き出しや締め方のアイディアについても下にご紹介します。 他にも小学校低学年の読書感想文800字の例文はこちらのページにて1つご紹介したうえで、簡単な書き方を解説しています。 おすすめ! >> 知っているだけでお得な、簡単にいい読書感想文を書くためのコツも必見ですよ。 読書感想文の書き方 書き出しのアイディア まず書き出しをどうすればよいのか悩む、ということは多いですよね。 最初の部分さえできればどんどん書けるのに…という方も、大丈夫です。 4つほど例を紹介しますね。 本を選んだ理由を書く 上記の例でもこの方法を使っていますが、シンプルになぜその本を選んだのかを書けばいいのです。 自分が好きなこと、興味があることを理由に本を選んだ場合も多いと思います。 (例1)この本はお兄さんがおもしろいと言っていたので選びました。 (例2)ぼくが今がんばっているてつぼうについての本だったのでよんでみたいと思いました。 印象に残った場面を書く 印象に残った場面は必ず1つはあると思います。 子供さんに聞いても、ないといわれた場合は、印象に残った絵があるページの内容でもいいと思います。 (例)ぼくが心にのこったのは家の中がジャングルのようになっているばめんです。 家の中がもりみたいで、とても楽しそうだと思いました。 印象に残ったセリフから始める 特徴的なセリフを引用してからそれについて説明する書きだし方です。 本の中の話し言葉を用いるので、読み手を最初から引き付ける効果があります。 (例)「パパはあのはちうえがなつかしいよ。 ほら、いなかにいるようだったじゃないか。 」 これは、なつやすみがおわるころ、いえの植物がすっかり近所のうちにかえったあとにお父さんが言ったことばです。 主人公に話しかけるように書く 小学校低学年だからこそ、使えるテクニックです。 主人公などの主要な人物がまるで友達であるかのように、親しく語り掛けるもしくは手紙を書くように書く方法です。 上手に文章に書くのが難しい子どもさんでも、この方法なら気軽に書いていけるのではないでしょうか。 (例)トミーくんはすごいね。 じぶんできんじょの人のはちうえのせわをするときめて、とてもじょうずにおせわをしていたね。 ぼくだったらなんのしごとができるだろう、とぼくもかんがえてみたよ。 スポンサーリンク 読書感想文の書き方 終わりの例 読書感想文の終わり方も重要ですね。 終わりよければすべてよし、ですしきれいにまとまるかは大切です。 自分はどうするかを書く この本を読んで考えた結果、自分は今後どうするかを書く方法です。 未来について書きますが、ポジティブなことを書けば比較的簡単にまとまる方法です。 自分も思い当たる節がありますが、この方法を使っている子は多いと思います。 (例)これから、ぼくもこまっている人をみかけたらはずかしがらずに声をかけようと思いました。 本の続きを想像して書く 本の続きを想像する、というのも子供らしくていいと思います。 子供ならではの自由な発想で書けると個性のあるいい文になりますよ。 (例)トミーたちかぞくはいなかにりょこうにでかけましたが、いったいなにをしたのでしょうか。 ぼくは、もりの中のログハウスでたのしくかぞくでとまっているところをそうぞうしました。 おとうさんもおかあさんも、トミーもきっと目をかがやかせてもりのいいくうきをたのしんだのでしょうね。 本を読んでわかったことをかく 本を読めば、何らかの気づきがあるはずです。 わかったことを力強くまとめれば、しっかりした主張のある読書感想文になります。 (例)トミーはしょくぶつのせわのしごとをやりとげて、さいごにはトミーにもなつやすみがきました。 しごとをさいごまでいっしょうけんめいにやるとむくわれるのだということがよくわかった本でした。 このような書き方をいろいろ知っておくと、 文字数が足りない、という時にも役に立ちますよ。 もっと文字数が足りない時のふくらまし方を見たい場合はこちらの記事も参考にされてくださいね。 CHECK!

次の

【小学生向け】読書感想文の書き方のコツを紹介!苦手な子も簡単に上手くなれる!

読書 感想 文 書き方 小学生 例

1770年生まれ、1827年没。 享年56歳です。 教訓ポイントは、 聴力を失いながら作曲を続けたところでしょう。 一度は自殺を考え遺書も書きましたが、この遺書はむしろ今までの自分の決別する意思表明でありました。 また当時の音楽家は貴族に雇用されるのが一般的でしたが、ベートーベンは自分で演奏活動をすることはもちろん、ピアノの先生をしたり、自分の作った曲を出版社に持ち込み楽譜の印税で生活をしたり、という 「雇用に頼らない新しい働き方」をした初の音楽家でもありました。 んー、現代の日本に通じるものがありますね? ベートーベンがなぜ聴力を失ったのかについては諸説ありますが、当時のワインは酸っぱく、酸味を和らげるために添加されていた鉛による中毒なのではないか、というのが現在の通説。 実際、遺髪から鉛が検出されていますし、ベートーベンはワインが好物でした。 ベートーベンといえば波乱万丈の人生の持ち主ですが、波乱万丈の運命は彼の死後も彼につきまといます。 当時のヨーロッパは、形見分けとして遺髪をもらうことがありました。 ベートーベンの遺髪も音楽家を志す一人の少年に手渡され…戦争と動乱の時代を経て今はアメリカにあります。 この遺髪を巡る物語もかなり波乱万丈ですが、小学生向けの本はないのが残念…。 ベートーベンだけではなく、「 野口英世」「キュリー夫人」「マザー・テレサ」あたりも鉄板ですね。 小学生向けに読みやすくしてある本がたくさんありますので、ぜひ手に取ってみてください。 「外交官」杉原千畝 小見出しが某ドラマのタイトルのようになってしまった…。 ナチスによる弾圧から6,000人ものユダヤ人を救った日本人外交官・杉原千畝。 この行いから杉原は「人道の人」と称えられることになります。 当時の日本はドイツと同盟国であり、杉原の行動は同盟国を裏切るものでした。 杉原は、日本の外交官であり、国を思う心が強い人でした。 その杉原はなぜ国の指示に従わず、ビザを発給することにしたのでしょうか? 葛藤の中、多くの人を救った行動は、小学生の心にも響くはず。 終戦から70年以上たち、戦争の記憶はすでに遠くなっています。 小学生にとっては完全に歴史の中の一ページ。 杉原のエピソードをきっかけに、戦争について知ってほしいと思います。 いい・悪いなどは別にして、知っておくことは大切です。 杉原千畝の本はたくさんありますが、ご紹介するこちらの本は夫人である幸子さんと、息子さんである弘樹さんが著者になっています。 戦国最強のフリーター! 水野勝成 福山市民なら誰でも知っている、福山藩の初代藩主、水野勝成。 市民には水野の殿様と呼ばれていま…いませんか? この水野の殿様、実は戦国最強のフリーターというとんでもない経歴の持ち主でもあるのです。 もともとは三河 今の愛知 の出身で、徳川家康のイトコ。 イトコなんですが、家康は1543年生まれに対し勝成は1564年生まれなので、20歳くらい年齢が違います。 家康の身内なので初めは徳川方として活躍し、織田信長から書状をもらったり「天正壬午の乱」「小牧・長久手の戦い」でも大活躍。 腕っぷしが強いヤンチャ者だったようで、父ちゃんの部下と喧嘩し殺してしまいます。 この件で激怒した父ちゃんから「出ていけ!」と家から叩き出されるハメに。 しかも「こいつ雇ったやつは水野家の敵だからな!」という条件つき。 ここから勝成のフリーター生活が始まります。 まずは大阪の秀吉のもとへ。 しかし何かやらかしたようで、すぐに九州方面に行き、佐々成政に雇われるものの、これまたすぐに辞めて、立花宗茂、黒田孝高などのもとを渡り歩きます。 どこにいってもそれなりの高額報酬で雇ってもらえるので、実力はあるようですが、どうにもどこへ行ってもヤンチャな気質が仇を成したようで。 そうこうしているうちに秀吉が亡くなったので、勝成は徳川方に戻るものの、いまだ勘当中なので勝手に門番などをしていました。 それに気付いた家康が水野の父ちゃんと無理やり仲直りさせて勘当を解除。 勝成は関ヶ原や大阪の陣でも大活躍をします。 勝成のフリーター生活は実に15年に及びました。 家康が幕府を開いた後は例の「5万石って2回言ったよね? 合計10万石ってことよね?」というやり取りをして ほんまか 、家康から福山藩を10万石に倍増してもらって藩主で落ち…つかず、75歳にして島原の乱に駆けつけるヤンチャぶり。 戦と聞くと血が騒いでしまうタイプだったんですね…。 とはいえ、藩主としては優秀で、治水工事やや上水道の整備、イグサの栽培などを行いました。 瀬戸池、服部大池、春日池も勝成の指示で作られたもの。 いずれも現役ですね。 アマゾンには取り扱いがほとんどないんですけど、 福山市の図書館には水野勝成の本がたくさんあります。 「福山の歴史-放浪の大名 水野勝成 上下巻合冊版」はマンガ形式なので読みやすいかも マンガを感想文にしていいかどうか別として…。 司書の人に「小学生でも読める水野勝成の本を探しています」と言うと、探してくれるよ! 「別に伝記じゃなくてもいいし」という人には小説もあります。 N〇Kさん、大河ドラマにいかがですか?.

次の

読書感想文の書き方【小学生向け】を徹底解説。夏休みの宿題がうまくいく、低学年親のサポート術

読書 感想 文 書き方 小学生 例

本との出会いやきっかけを簡単に書く どうしてその本を選んだのか、そのきっかけとなった理由を書きましょう。 本屋で見かけて気になったから、話題になっていたからなど、本との出会いを簡単に書きましょう。 絵が好きだったから、タイトルに興味を持ったからといった素直な気持ちで構いません。 なぜ読みたいと思ったのかを率直に書きましょう。 本を読んだ感想を一言で書く 書き出しに本を読んだ感想を一言で書きます。 本を読み終わって、一番強く感じたことを書いてみましょう。 この書き出しはなぜそのように思ったのかという理由を続いて説明する流れになります。 本の中のどの部分からそう思ったのかということを書いていきます。 この書き方は書きやすいだけでなく、読む人にインパクトを与えることのできる書き方です。 本を読む前の自分について書く 本を読む前の自分の気持ちや生活、経験について書きます。 この書き出しは本を読んで自分がどのように変わったのか、これからどのようにしていくのかということに続けやすくなります。 読書感想文は本を読んで学んだことや、本から得たものを書くと良いのですが、これまで経験してきたことをはじめに書くことでとてもわかりやすく、内容も濃くなります。 本を読んで変わった自分について書く 本を読み終わって学んだことや考えたことなど、自分がどう変わったのかを書き出しに持ってくる方法です。 自分がどのように変わったのかをまず書き、そのあとでこれまでの自分についてや変わっていった部分を書きます。 本の内容のどの部分から学んだのかということも説明でき、まとめやすい形です。 この方法では書き出しと最後は同じことを書くようになります。 書き出し、出だしの書き方例5選 書き始めにはさまざまな書き方があり、結局のところどう書いていいのか、何を書いていいのかまだ難しいという方もいるのではないでしょうか。 そのような方にもわかりやすいように例文をご紹介します。 」 読んだ本のタイトルをそのまま書き出しに持ってきます。 とても簡単な書き出しなので、小学校低学年におすすめの書き方です。 」 感想文であることがわかりやすく、こちらも小学校低学年におすすめの書き出しです。 高学年では使わないほうがいいというわけではありませんが、本の紹介を書き出しにする場合には読書感想文の題名に工夫をするのが望ましいです。 決まった文字数の中で内容を濃くするためには書き出しにもこだわってみましょう。 一般的で書きやすいので、本を選んだ理由から書く方は多いです。 他にも不思議に思っていたことや疑問に思っていたこと、好きなことだけでなく苦手に思っていることなど幅広く使うことができます。 なぜ興味があるのかという理由をさらに深く説明すると、人と同じようにはなりにくく、より伝わる感想文になります。 「人からすすめられたので読みました」 どの本を読めばいいのかわからず親や学校の先生などに教えてもらった本を読んだという方も少なくありません。 自分で選んでいないので、書きにくいと思われるかもしれませんが、その場合にも素直にそのことを書けばよいのです。 読書感想文で大切なことは読んだきっかけや理由よりも、本から何を学んだのかということです。 最後に本から学んだことや考えたことを書けば、立派な読書感想文になります。 感想から始めるとインパクトのある感想文になります。 それでは例をご紹介します。 「主人公の行動に感動しました」 こう書きだすと、読んでいる人は主人公はどんな行動をしたんだろう?どうして感動したんだろう?と気になります。 なので続きには主人公のどの行動に感動したのかを詳しく説明していきます。 書き出しが「感動した」だけではわかりにくく、「主人公の行動に」と付け加えることでより伝わりやすくなります。 「夢をあきらめたくないと思いました」 夢は叶うというメッセージのある本を読んだときに使えます。 夢に向かってどんなことをしていたのか、どうして夢は叶うのか、本から学んだことやこれからどうしていくのかを続けて書くと良いです。 あらすじをまとめて説明するのは難しいですが、どんなところから、どんな風に感じたのかを作文のようにすると書きやすくなります。 「私は失敗がこわくて挑戦することが苦手でした」 こう書きだしたあとで、本を読んで自分がどう変わっていったのかを説明していきます。 どのように変わったのか、本のどの部分を読んで変われたのかを順に書いていくので、ストーリー性もあり、伝わりやすくなります。 この場合は、読む前の自分は挑戦が苦手だったけど、「本を読んで何事にも挑戦したいと思いました」という話で最後にまとめることになります。 「私は苦手なものは食べたくないと思っていました」 このような書き出しをすると、「本を読んで食べ物の大切さに気付きました」や「何でも残さずに食べたいと思いました」などのようにまとめることができます。 書き出しの文とまとめの文は本を読む前と読んだ後の自分の変化について書くので、対照的な言葉を使うようにしましょう。 関係がないとまとまりのない読書感想文になってしまいます。 本を読む前の自分の話から始める場合とは反対の書き方です。 例をご紹介します。 「これからは勇気を出して挑戦していきたいです」 これからどうしていきたいのかを先に書き、なぜそう思ったのかを説明していきます。 この後には「なぜなら私は失敗がこわくて挑戦できなかったからです」と続けます。 これまでの自分のことを対照的に書くことで、より伝わりやすくなります。 そしてどの部分を読んでそう思ったのかを説明し、感想文の最後にはもう一度書き出しと同じように「これからは勇気を出して挑戦しようと思いました」と締めくくることができます。 そしてこれまでと同じように本のどの部分からそう思ったのかを説明しましょう。 最後にもう一度書き出しと同じ文を書いて完成になります。 書き出しが一番大切です! 読書感想文の顔となる部分が書き出しです。 読書感想文を書く前に、どのような書き出しが自分にとって一番書きやすいのかを考えてみましょう。 書き出しを読んだ人が、何が書いてあるのだろう、もっと読んでみようと思えるような文章が書けると非常に良い読書感想文になります。 読んだ人の印象に残る読書感想文にするためにも、ぜひ書き出しに工夫をしてみてください。

次の