パナソニック 人事課長。 内定者自殺は「人事課長が交流サイトでパワハラ」 遺族側、パナソニック子会社に謝罪要求へ

パナソニック産機システムズのパワハラ人事課長は誰で写真は?給与額も!

パナソニック 人事課長

もくじ• パナソニック産機システムズ内定の大学生がパワハラで自殺 パワハラによる自殺について、大きくクローズアップされたのは、遺族の代理人弁護士らが4月9日に記者会見開いたことによります。 自殺し死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの子会社である「パナソニック産機システムズ」にて新卒採用の内定を得ましたが、同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていたとされています。 人事課長(当時)は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを強要し、意に沿わない行動をした対象には厳しい対応で内定辞退などの圧迫を加えていたとされています。 ただ、裁判に持ち込まれるということは訴状などでは名前が出ている可能性が高そうです。 パワハラ人事課長の名前などは出ていないのですが、ネット上ではすでにある方の名前が出ているようです。 応援してるね、 山村高史。 — ポンコツタンク ponkotutank 掲載されていた記事が消されていたといった点も少し怪しさがあります。 また、パナソニック産機システムズのホームページですが、「採用情報」のページが証拠隠滅のためか削除(メンテナンスと表記)されています。 親会社は世界に大迷惑をかけてる国と仲良くしてるし。 松下幸之助は天国で悲しんでるな。 — Mr. 当該課長が「なめんなよ。 54歳のオッサンを!」などと書き込んでいるのが紹介されているけれど,大企業の人事担当であることを笠に着て,いい歳して立場の弱い内定者をいびる奴なんかどこに行っても尊敬されないよ。 — 櫻井光政 okinahimeji パナソニック産機システムズがこういう体質なら親会社も同じだ。 心の殺人は重い。 個人を尊重できない会社に未来はない。 パナソニックはいい商品もあるから残念だ。

次の

パナソニック産機システムズはブラック企業!就活生は要注意!

パナソニック 人事課長

内定者にSNSで「辞退して。 邪魔です」 入社前に自殺 就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受け、大学4年の男子学生(22)が入社2カ月前にみずから命を絶ったとして、遺族の代理人弁護士らが9日、記者会見した。 人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。 会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。 会見した川人博弁護士によると、死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。 同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。 人事課長は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。 「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」 「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」 川人弁護士によると、18年7月ごろから人事課長がSNSに投稿するこうした言葉で次第に追い込まれていった。 書き込みが少ないといった理由で内定者をSNSから排除したり、「無理なら辞退してください、邪魔です」などと内定辞退に言及したりしたほか、「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。 男子学生は2019年1月以降、就職について迷いを口にするようになり、同年2月に自殺したという。 直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。 当時22歳の大学4年生で、同年4月に入社する予定だった。 弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。 朝日新聞DIGITAL 2020年4月9日 17時15分.

次の

パナソニック子会社、内定者に壮絶パワハラで自殺に追い込む…「血みどろになる」「邪魔」

パナソニック 人事課長

パナソニック産機システムズで『辞退して。 邪魔です。 』とパワハラ 新卒採用|採用情報|パナソニック産機システムズ株式会社|Panasonic 裁判大負けして伝説になって欲しい — ケツンクス 0S03667 この件について、朝日新聞などは以下のように報じています。 就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受けた、大学4年の男子学生(22)の遺族代理人弁護士らが9日、記者会見した。 人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。 会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。 会見した川人博弁護士によると、男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。 同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。 人事課長は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。 「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」 「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」 会社は内定者全員に某SNSへの会員登録を義務化。 そして、入社までの期間、毎日コメントを残すことを指示していたと言います。 この男子学生はコメントが少ないなどの理由から、 『無理なら辞退してください、邪魔です』などのほか、パワハラと認定される発言を繰り返していたと言います。

次の