アサギマダラ あつ森。 アサギマダラ第3話/祝・シリーズ続行決定記念。感謝のおしゃべり予告編。ガス抜き人間第一号。|umepink|note

謎の蝶「アサギマダラ」に魅せられた男 (2018年11月21日)

アサギマダラ あつ森

こんばんは!umepink です。 そしてもうひとり、今夜は、アシスタントとして アサギマダラの マダラくんにもお手伝いしてもらいます。 マダラくん、ごあいさつを。 みなさんおはようございマダラ! アサギマダラのマダラマダラ。 なんかおかしいマダラ? あ、そっか。 前半分がマダラくんの名前で、後ろのマダラがマスコットキャラお約束の語尾のクセね。 かわいい・・。 しらじらしいマダラ。 こないだの記事あっぷしたあと、じぶんでアタマの中にボクたち飛ばして、かってにつけたマダラ。 ひとりでニヤニヤして。 ともだちながら、きもちわるかったマダラ。 はやくみなさんに カンシャのことばいうマダラ。 あ、はい。 この度は、先日の記事に、あちらこちらで、10名の方にご賛同いただきまして、 本当にありがとうございます! 書きながら、こりゃ下手したら反応ゼロかもなぁ、なんて思っていたので。 しかも、 やどかりさんご本人にまで、見つけていただいて楽しんでもらえて。 とても嬉しいです!! !! 急に何の話がはじまったのかわからんっ!って方、前回の記事をごらんくださいませ。 この前の記事、シリーズ第2話はこちらです 👇 というわけで、1%の方たちが「おまえさん、続けておくれでないかい」って言ってくれたと自分勝手に受け取って、続きを書くことにしました。 パチパチパチ。 ねぇ、umepink。 つづき書くくらいで、なんでそんなにかしこまってるマダラ? 書きたいこと書けばいいマダラ。 うん、そうなんだけど。 今回ばかりは、さすがに前もって、くいっくいっっと、心してかからねばと思ってるの。 なんでマダラ? それはね。 この課題をつきつけられたから。 課題👉 umepink はもっと読者の方たちのことを考えられるようになれるのか。 マダラくん、うんとね、こないだの記事アップした翌日、予想通り shivaさんから、冷静なダメ出しでたのよ。 (予想通りかい!) 再現テープレコーダーすたあと。 shiva「話がいろいろ入り過ぎだよ。 半ズボン🩳に行ったり、モスラ対ゴジラに行ったり。 僕はもう長年の付き合いでumepink を知ってるから、わかってついていけるけど、せっかく後半で、写真について面白いこと書いてんのにもったいないよ。 」 umepink「shivaさん、こないだ、怪獣のことも書いていいんじゃないってゆったじゃん!」 shiva「それはまた別の記事にだよ。 umepink の中にいろいろなumepink があって、それでいいのはわかってるよ。 でも 他の人にとっては、まったく違うジャンル なんだよ。 僕の中では、アサギマダラ飛ばしてる時は、次から次にイメージが出てきて、みんな同時に動いてたりするのがずぅーっと当たり前になってるから不思議じゃないけど、これって他の人にとっちゃワケわかんない、頼むから登場人物とテーマ絞ってよ!ってなるかもね。 かもじゃなくてなるよね、たぶん。 ンでも、umepinkは、ゆってもゆってもときどき想像とまらなくなるマダラ。 こないだも、きゅうにモスラの赤ちゃんの話おもいついて、書きながらニッコニコだったマダラ。 本題から大きく逸れはじめてんのに・・。 で、次の段落で強引に元に戻して「つまりアサギマダラが、」って。 モスラ大先輩とボクたち蝶の話、ぜんぜんちがうマダラ。 先輩なの? ・・・・。 それから記事あっぷの日から、ボクたちにいっぱいしゃべりかけるようになったマダラ。 もーウザくてたまらないマダラ。 だって、もう子供の頃からの付き合いなのに、こんなに お互いに会話できるって気づかなかったんだもん。 楽しくてさぁ。 アイデアがいっぱい出てくるんだよね、全然 note 向きじゃないのが。 あんまりしつこいと、ボクたち全員で家出してもう帰らないマダラ! それは困るよ! わかったよ、マダラくん。 で、どうすればいいの? こんかいご賛同いただいた10人の人たちは、どんな人たちマダラ? 10人の方たち? 少ないかもしれないけど、本当ありがたいよね。 ついついどんな人なのかなぁってその方の記事読んだり、写真みたりしちゃう。 そうマダラ。 少ない時に、じぶんのキモチでご賛同してくれる人こそ、大切にするマダラ。 どんな人たちだったマダラ? やっぱり 写真が好きな方が何人もいらっしゃるよね。 あと 絵本を描いてる方。 ひーちゃんより小さな 娘さんを育てているパパさん。 パパさんはもう一人。 この方にも 娘さんがいて絵本を読んであげてるみたい。 再度ご賛同いただいた、独特の 世界観がめちゃ楽しい方は 娘さんのママ。 デザイン関係の方も複数。 あと 温泉にくわしい方も。 そしてなんと、 やどかりさんご本人。 すごいマダラ。 なんとなく 傾向があるマダラ? あるのかな? でも絵本が出てくるってことは、少々空想し過ぎて、脱線してもよくない? まーた、じぶんに、アマアマダラ! とにかくこんかいは、やっぱり 共通点のおおい写真のおはなしを中心に、 わかりやすく心がけるマダラ。 あんまり脱線せずにマダラ。 みなさんは、umepink のムダ話じゃなくて、「写真」のおもしろいお話をききたいとおもうマダラ。 そっかぁ・・。 うん、わかった・・。 umepink は、ボクたちとおしゃべりしたくてたまらないマダラ? うん!したくてたまらない。 そのために本編の前に、こういう おしゃべり予告編にしたマダラ。 もう気がすんだマダラ? 今日は、 ガス抜きマダラ。 あ、わかった? ぜぇんぶお見通しマダラ。 きょうはダメダメ、がまんするマダラ。 あ、でも八千草薫さんには、長年ステキな演技をみせてくれた感謝の合掌はしておくマダラ。 ハネとハネのしわをあわせて合掌。 **************** じゃ、きもちを新たに、 本編の予告編もちょっとだけいっとくマダラ。 まずは、もう一度。 想像の舞台となる写真、やどかりみさおさんの「乙女心」はこちらです。 しつもんがあるマダラ。 なぜ、きょうの記事のタイトル画像、下のこれ👇にしたマダラ? 気がついた? 👇 🌾このタイトル画像は、みんなのフォトギャラリーから ソエジマケイタさんのイラストをお借りしました。 ソエジマさんのねこたんたちは、ほんとかわいい!水彩画も素敵です。 前回、やどかりさんの「乙女心」の写真で、アサギマダラくんたちが出発したけど「色」の探索が不発に終わって、 あ!小学校の!算数の授業だ!! のとこで、つづくになったでしょ。 たまたま、このソエジマさんのイラストの中に、やどかりさんの「乙女心」の中にも見えたものがあるの。 ん? サメのくちマダラか? それ、分度器って言うんだよ。 わかったマダラ、チュロスマダラ! それ、定規だよ。 んー、ふんどしを巻き付けたちょっと苔むした石マダラ! いや、それ、ただの消しゴムだから。 マダラくんが脱線してるじゃん。 あ、三角定規マダラ! そう! あたり! ウーン、でもどうみても三角定規にまでは見えないマダラ。 そうなの。 今となっては。 僕にも今はそう見えない。 こないだの記事の最後でも言ったけど、ここで僕は、 重大な勘違い をしてるの。 そして 三角定規の罠に落ちちゃう。 10分も。 じゃ、いよいよ この続きの本編は、第4話で! こんどこそマジメに、 あの日のボクたちアサギマダラの飛行ルートの再生に専念するマダラ。 うん! あのビックリは忘れもしないから。 では、今夜はこのへんで。 おやすみなさい。

次の

アサギマダラ第3話/祝・シリーズ続行決定記念。感謝のおしゃべり予告編。ガス抜き人間第一号。|umepink|note

アサギマダラ あつ森

こんばんは!umepink です。 そしてもうひとり、今夜は、アシスタントとして アサギマダラの マダラくんにもお手伝いしてもらいます。 マダラくん、ごあいさつを。 みなさんおはようございマダラ! アサギマダラのマダラマダラ。 なんかおかしいマダラ? あ、そっか。 前半分がマダラくんの名前で、後ろのマダラがマスコットキャラお約束の語尾のクセね。 かわいい・・。 しらじらしいマダラ。 こないだの記事あっぷしたあと、じぶんでアタマの中にボクたち飛ばして、かってにつけたマダラ。 ひとりでニヤニヤして。 ともだちながら、きもちわるかったマダラ。 はやくみなさんに カンシャのことばいうマダラ。 あ、はい。 この度は、先日の記事に、あちらこちらで、10名の方にご賛同いただきまして、 本当にありがとうございます! 書きながら、こりゃ下手したら反応ゼロかもなぁ、なんて思っていたので。 しかも、 やどかりさんご本人にまで、見つけていただいて楽しんでもらえて。 とても嬉しいです!! !! 急に何の話がはじまったのかわからんっ!って方、前回の記事をごらんくださいませ。 この前の記事、シリーズ第2話はこちらです 👇 というわけで、1%の方たちが「おまえさん、続けておくれでないかい」って言ってくれたと自分勝手に受け取って、続きを書くことにしました。 パチパチパチ。 ねぇ、umepink。 つづき書くくらいで、なんでそんなにかしこまってるマダラ? 書きたいこと書けばいいマダラ。 うん、そうなんだけど。 今回ばかりは、さすがに前もって、くいっくいっっと、心してかからねばと思ってるの。 なんでマダラ? それはね。 この課題をつきつけられたから。 課題👉 umepink はもっと読者の方たちのことを考えられるようになれるのか。 マダラくん、うんとね、こないだの記事アップした翌日、予想通り shivaさんから、冷静なダメ出しでたのよ。 (予想通りかい!) 再現テープレコーダーすたあと。 shiva「話がいろいろ入り過ぎだよ。 半ズボン🩳に行ったり、モスラ対ゴジラに行ったり。 僕はもう長年の付き合いでumepink を知ってるから、わかってついていけるけど、せっかく後半で、写真について面白いこと書いてんのにもったいないよ。 」 umepink「shivaさん、こないだ、怪獣のことも書いていいんじゃないってゆったじゃん!」 shiva「それはまた別の記事にだよ。 umepink の中にいろいろなumepink があって、それでいいのはわかってるよ。 でも 他の人にとっては、まったく違うジャンル なんだよ。 僕の中では、アサギマダラ飛ばしてる時は、次から次にイメージが出てきて、みんな同時に動いてたりするのがずぅーっと当たり前になってるから不思議じゃないけど、これって他の人にとっちゃワケわかんない、頼むから登場人物とテーマ絞ってよ!ってなるかもね。 かもじゃなくてなるよね、たぶん。 ンでも、umepinkは、ゆってもゆってもときどき想像とまらなくなるマダラ。 こないだも、きゅうにモスラの赤ちゃんの話おもいついて、書きながらニッコニコだったマダラ。 本題から大きく逸れはじめてんのに・・。 で、次の段落で強引に元に戻して「つまりアサギマダラが、」って。 モスラ大先輩とボクたち蝶の話、ぜんぜんちがうマダラ。 先輩なの? ・・・・。 それから記事あっぷの日から、ボクたちにいっぱいしゃべりかけるようになったマダラ。 もーウザくてたまらないマダラ。 だって、もう子供の頃からの付き合いなのに、こんなに お互いに会話できるって気づかなかったんだもん。 楽しくてさぁ。 アイデアがいっぱい出てくるんだよね、全然 note 向きじゃないのが。 あんまりしつこいと、ボクたち全員で家出してもう帰らないマダラ! それは困るよ! わかったよ、マダラくん。 で、どうすればいいの? こんかいご賛同いただいた10人の人たちは、どんな人たちマダラ? 10人の方たち? 少ないかもしれないけど、本当ありがたいよね。 ついついどんな人なのかなぁってその方の記事読んだり、写真みたりしちゃう。 そうマダラ。 少ない時に、じぶんのキモチでご賛同してくれる人こそ、大切にするマダラ。 どんな人たちだったマダラ? やっぱり 写真が好きな方が何人もいらっしゃるよね。 あと 絵本を描いてる方。 ひーちゃんより小さな 娘さんを育てているパパさん。 パパさんはもう一人。 この方にも 娘さんがいて絵本を読んであげてるみたい。 再度ご賛同いただいた、独特の 世界観がめちゃ楽しい方は 娘さんのママ。 デザイン関係の方も複数。 あと 温泉にくわしい方も。 そしてなんと、 やどかりさんご本人。 すごいマダラ。 なんとなく 傾向があるマダラ? あるのかな? でも絵本が出てくるってことは、少々空想し過ぎて、脱線してもよくない? まーた、じぶんに、アマアマダラ! とにかくこんかいは、やっぱり 共通点のおおい写真のおはなしを中心に、 わかりやすく心がけるマダラ。 あんまり脱線せずにマダラ。 みなさんは、umepink のムダ話じゃなくて、「写真」のおもしろいお話をききたいとおもうマダラ。 そっかぁ・・。 うん、わかった・・。 umepink は、ボクたちとおしゃべりしたくてたまらないマダラ? うん!したくてたまらない。 そのために本編の前に、こういう おしゃべり予告編にしたマダラ。 もう気がすんだマダラ? 今日は、 ガス抜きマダラ。 あ、わかった? ぜぇんぶお見通しマダラ。 きょうはダメダメ、がまんするマダラ。 あ、でも八千草薫さんには、長年ステキな演技をみせてくれた感謝の合掌はしておくマダラ。 ハネとハネのしわをあわせて合掌。 **************** じゃ、きもちを新たに、 本編の予告編もちょっとだけいっとくマダラ。 まずは、もう一度。 想像の舞台となる写真、やどかりみさおさんの「乙女心」はこちらです。 しつもんがあるマダラ。 なぜ、きょうの記事のタイトル画像、下のこれ👇にしたマダラ? 気がついた? 👇 🌾このタイトル画像は、みんなのフォトギャラリーから ソエジマケイタさんのイラストをお借りしました。 ソエジマさんのねこたんたちは、ほんとかわいい!水彩画も素敵です。 前回、やどかりさんの「乙女心」の写真で、アサギマダラくんたちが出発したけど「色」の探索が不発に終わって、 あ!小学校の!算数の授業だ!! のとこで、つづくになったでしょ。 たまたま、このソエジマさんのイラストの中に、やどかりさんの「乙女心」の中にも見えたものがあるの。 ん? サメのくちマダラか? それ、分度器って言うんだよ。 わかったマダラ、チュロスマダラ! それ、定規だよ。 んー、ふんどしを巻き付けたちょっと苔むした石マダラ! いや、それ、ただの消しゴムだから。 マダラくんが脱線してるじゃん。 あ、三角定規マダラ! そう! あたり! ウーン、でもどうみても三角定規にまでは見えないマダラ。 そうなの。 今となっては。 僕にも今はそう見えない。 こないだの記事の最後でも言ったけど、ここで僕は、 重大な勘違い をしてるの。 そして 三角定規の罠に落ちちゃう。 10分も。 じゃ、いよいよ この続きの本編は、第4話で! こんどこそマジメに、 あの日のボクたちアサギマダラの飛行ルートの再生に専念するマダラ。 うん! あのビックリは忘れもしないから。 では、今夜はこのへんで。 おやすみなさい。

次の

福岡 フジバカマとアサギマダラの季節

アサギマダラ あつ森

昨日の読売歌壇に、こんな入選歌があった。 浅葱色といえば青の一種。 和英辞典で調べると「light blue」とある。 アサギマダラは黒の地に浅葱の斑点があり、尾に近い部分が赤い、前翅長5〜6cm、翅を広げると10cmほどになる蝶とのこと。 きれいな蝶だが、直接見たことはない。 「翅の模様が鮮やかな大型の蝶で、長距離を移動する」とある。 驚いたのはその移動距離。 マーキングして和歌山で放蝶したアサギマダラが高知を経由して83日後に2,500km離れた香港で捕獲されたとのこと。 一日平均30kmの移動となるが、それよりも餌のない海の上を一気に数十km以上も飛ぶというのは凄い。 渡り鳥のように群れをなしている訳でもなさそうで、一匹の蝶がどうやって海を渡るのか不思議だ。 成虫になっての寿命が4〜5ヶ月とのことだから、ほとんど飛び続けている状態。 過酷な運命を持ったものだ。 何だか愛おしくなった。 ちなみに私のウオーキングでの移動距離。 昨年一年間に134日かけて3,659km。 一日平均27. 3kmで、アサギマダラには敵わない。 2020年• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 01月• 02月• 03月• 04月• 05月• 06月•

次の