スマホ コントローラー 対応 ゲーム。 スマホ用ゲームコントローラーのおすすめ10選【iPhone・Android対応】

【iPhone】コントローラー対応ゲームアプリまとめ【おすすめ】

スマホ コントローラー 対応 ゲーム

iPad OS では が使えるようなったので iPad・iPad Pro おすすめ・人気ゲームアプリ5選を知りたい方は『』に投稿している動画をみてください。 それでは iPad・iPad Pro でゲームアプリを遊びつくしたくなる、 おすすめの人気ゲームアプリ5選を紹介します。 Epic Games『フォートナイト|Fortnite』アクションゲーム フォートナイト(Fortnite)は、Epic Games(エピックゲームズ)が配信するアクションビルディングゲームの要素がある サードパーソン・シューティング(TPS)のバトルロイヤルが楽しめるゲームだ。 フォートナイトのアプリ概要 アプリサイズ 150MB 互換性 iOS 11 ver. 以降必須 対応言語 日本語・英語・etc... アプリの年齢制限 12歳以上 アプリの価格 無料 アプリ内課金の有無 有り Rockstar Games『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス|Grand Theft Auto: San Andreas』オープンワールド 2007年1月25日に PS2 で発売された Grand Theft Auto:San Andreas(グランド・セフト・オート・サンアンドレアス)はアメリカのロックスター・ゲームズ社より発売された オープンワールド型クライムアクションゲームだ。 グランド・セフト・オートシリーズ第5作目にもなる世界中で大人気のゲームは、 2013年にスマホ向けアプリとして完全移植版として発売された。 Grand Theft Auto:San Andreas のアプリ概要 アプリサイズ 2. 1GB 互換性 iOS 8. 0 ver. 以降必須 対応言語 日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、英語 アプリの年齢制限 17才以上 アプリの価格 840円 アプリ内課金の有無 無し Pmang『黒い砂漠 MOBILE』MMORPG 黒い砂漠 MOBILE(Black Desert Mobile)は、韓国のゲーム開発会社 Pearl Abyss が開発した MMORPG だ。 ゲームの特徴は、 細部まで表現できるキャラクターメイキングと美麗な世界での冒険が楽しめるMMORPGで、RPGの枠を超え 本格的なアクションゲームのような爽快感あるバトルと成長要素が楽しめる。 黒い砂漠 MOBILE のアプリ概要 アプリサイズ 102. 4MB 互換性 iOS 9. 0 ver. 以降必須 対応言語 日本語 アプリの年齢制限 12歳以上 アプリの価格 無料 アプリ内課金の有無 有り スクエア・エニックス『ファイナルファンタジーIII|FINAL FANTASY III』RPG ファイナルファンタジーIII(FINAL FANTASY III)は、スクウェア・エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフトが 2011年4月21日にリメイク版が iPad 向けに配信開始したファイナルファンタジーシリーズの第3作目だ。 Final Fantasy III のアプリ概要 アプリサイズ 291. 6MB 互換性 iOS 7. 0 ver. 以降必須 対応言語 日本語・中国語・韓国語・英語・etc... アプリの年齢制限 9歳以上 アプリの価格 1,800円 アプリ内課金の有無 ー Mojang AB『マインクラフト|Minecraft』サンドボックスゲーム Minecraft(マインクラフト)は、Mojang ABが開発した サンドボックスゲームだ。 サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるクリエイティブモードの2種類が楽しめるコンピュータゲーム。 通称「マイクラ」と略される言わずとしれた大人気ゲームは、 2019年5月時点でそれまで売上1位だったテトリスを抜き世界で最も売れたゲームとなった程の人気ゲームだ。 Minecraft のアプリ概要 アプリサイズ 285. 1MB 互換性 iOS 8. 0 ver. 以降必須 対応言語 日本語、イタリア語、中国語、英語、韓国語・etc... アプリの年齢制限 9歳以上 アプリの価格 840円 アプリ内課金の有無 ー.

次の

脱獄せずにコントローラー非対応ゲームをプレイ。CES 2018で発表されたスマホ用ゲームコントローラーが資金調達へ

スマホ コントローラー 対応 ゲーム

iOS13アップデートの概要 すべてのアップデートの内容を語りつくすには長すぎるため、上記のリンクにある公式サイトのページをご覧ください。 この大量アップデートの中で特に私が気になった部分がこちらです。 PlayStation 4およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート これは色々できることが増えそうだと思ったので調べてみました。 コントローラーが接続できるとどんなことができるのか 私はコントローラー対応の文言を見たとき、 「スマホゲーをコントローラーでできる!」 くらいしか思いつかなかったのですが、どうやらそれだけではないようです。 iPhoneでPS4をリモートプレイする時にコントローラーが使える iPhoneには「PS4 Remote Play」という、 Wi-FiさえあればスマホでどこでもPS4のソフトをプレイできる便利アプリがあります。 その操作をコントローラーでできるということは、 外でも普段とほぼかわらずにPS4ができるということです。 カフェやファミレスで暇潰しに、フリーWi-Fiを使ってプレイしたり、 仕事の休憩中にPS4ができるようになるわけです。 フリーWi-Fiがなくても、通信制限がかからないタイプのポケットWi-Fiを用意したり、ギガが多いスマホでデザリングを使えばいつでもどこでもできるようになりますね。 これは革命と言ってもいいでしょう。 【スポンサーリンク】 スマホゲームをコントローラーで遊べる 「このゲーム、スマホでやるもんじゃないな・・・」 と思ったことが何回もあります。 特にPUBGやフォートナイトと言った元々PCで配信されていて移植されたものですね。 指で画面が隠れてしまい、敵やアイテムなど重要な情報を見逃してしまうことがあるんですよね。 そこで、コントローラーを使えば、画面が隠れないのでやりやすくなります。 現状非対応のアプリや一部操作しか対応してないアプリがほとんどなので、今後に期待です。 どんなゲームでコントローラーが使えるのか 私のわかる範囲で対応しているゲーム、メジャーだけど非対応のゲームを紹介していきたいと思います。 Minecraft 対応してます。 移動、ブロックを置いたり壊したり、制作も問題なくできるようです。 コントローラーに対応したことで、PS4版と操作性が近くなるかなと思われます。 タップよりボタン押しの方がミスが少なくなりますし、 画面が指で隠れなくなることで夜に敵と戦いやすいです。 特にエンダーマンを見かけたときに目を合わせないようにしやすくなったり、マグマに落ちた時に慌ててタップミスをしないことが利点ではないかと思います。 フォートナイト こちらも対応してます。 手で隠れないのでコントローラーの方がやりやすそうですね。 相手を狙う エイムをする 時も、指よりコントローラーの方が動かしやすいですし、画面が隠れない分視野を広く持てます。 特にFPSはマウスが使えるだけでチート扱いされることもあります マウサーと呼ばれています。 なので、コントローラーを使っているといないのではだいぶ格差ができてしまうのではないかと考えます。 第五人格 現状対応してません。 人気ゲームなのでぜひ対応して欲しいです。 第五人格はPC版があるのですが、解読や救助をキーボードで行えます。 それと似たような感じで、コントローラーのボタン入力で解読や救助を行えて、スティックで視界移動ができたら最高かなと思います。 それができるとなにが変わってくるのかと言いますと、 第五人格は鬼ごっこゲームなので、ハンター 鬼 から逃げるためにはどこにいるかをなるべく把握していないといけません。 そこで視界が広く、しかも視界移動がしやすければそれだけで生存率が上がるということです。 デレステ 現状対応してません。 音ゲーをコントローラーでできるようになったら最高ですね。 なぜなら、基本スマホの音ゲーをというのは2本指でプレイするのが基本で、大抵親指か人差し指でプレイをします。 そして人差し指の方がプレイしやすく、親指でプレイする人は曲のクリアがしにくくなります。 どうしてそうなるのかと言うと、高難易度の曲は指を交差させないと届かなくなるような譜面になっていたり、そもそも2本指じゃ処理できないのではないのかという譜面が存在するからです。 それをどうにか処理するためには指を速く動かす必要があるため、親指より人差し指の方がやりやすいとされています。 ならみんな人差し指でプレイすればいいのではないかと思うかもしれませんが、癖はなかなか抜けないのです。 そこでコントローラーが使えるとどうでしょう。 つまり、クリアが簡単になるのです。 初心者救済措置として、コントローラーが対応してくれたら嬉しいなと思います。 Androidはコントローラーに対応していないのか? 「iPhoneばっかりずるい!Androidでもコントローラー使いたい!」 と思いますよね。 もちろんできます! スマホとコントローラーの接続方法 iPhoneもAndroidも、Bluetooth接続でコントローラーと接続できます。 iOS,AndroidのBluetoothをオフにしていから再度オンにする• iOS,Androidを再起動する• コントローラーの裏にあるリセットボタンをつまようじやクリップで押す 等をお試しください。 今後できるようになってほしいこと スマホでコントローラーが使えるようになったのは本当に革命的だと思います。 ですが、ほとんどのゲームには対応していないのが現状です。 ゆくゆくは、すべてのスマホゲームに対応して欲しいですし、 とにかく音ゲーをコントローラーでプレイできるようになると嬉しいです。 おわりに おそらく、コントローラーで操作するか指で操作するかで有利不利が生まれてしまうゲームも多いでしょう。 なので、ゲーム側のバランス調整も必要になってきますね。 私はコントローラーが使えるゲームでは積極的に使っていこうと思ってます。 【スポンサーリンク】.

次の

脱獄せずにコントローラー非対応ゲームをプレイ。CES 2018で発表されたスマホ用ゲームコントローラーが資金調達へ

スマホ コントローラー 対応 ゲーム

スマホ用コントローラーの選び方 スマホ用コントローラーは、多くの種類の中から 自分の利用環境に合った商品を選択することが大切です。 まずはスマホ用コントローラーを選ぶ際に確認したい、4つのポイントについて解説します。 順に見ていきましょう。 有線・無線タイプのどちらにするか スマホ用コントローラーには、 有線タイプと無線タイプの2種類があります。 それぞれの特徴を以下の表にまとめました。 特徴 有線タイプ 無線タイプ 接続方法 USBケーブル、Lightningケーブルなど 無線レシーバー、Bluetoothなど メリット タイムラグが少なく、操作してからの反応が早い 接続が安定している コードが邪魔にならない 持ち運びに便利 デメリット コードが邪魔になる スマホから給電するタイプはスマホのバッテリー消費が早くなる スマホを充電しながらゲームをプレイできない スマホとのペアリングに手間がかかることがある 遅延や接続の不安定さが気になることがある コントローラーを充電する必要がある おすすめのゲームジャンル PUBGや荒野行動などのFPS・TPS、格闘ゲーム、アクションゲーム、レースゲームなど RPG、サウンドノベル、マイクラなど 基本的に、有線タイプは接続の安定性が高く、遅延が少ないため、マルチプレイゲームや、 操作スピードが重要なゲームをプレイする際におすすめです。 一方、無線タイプはコードがかさばらないというメリットがあるものの、環境によっては接続が不安定になる場合もあるので、RPGやマイクラなどの 1人で作業するゲームに適しています。 とはいえ、 最近のコントローラーは無線タイプが主流です。 実際にプレイしてみても、インターネット環境が整っている場所なら、遅延も気になりません。 外出先でゲームをしたり、多くの選択肢から予算や目的に合わせて選びたい場合は、 無線タイプのスマホ用コントローラーをおすすめします。 iPhone・Androidスマホの対応機種を確認する コントローラーによっては、iOSのみ、あるいはAndroidのみと、 対応OSが決まっているものがあります。 自分が使っている機種のOS、バージョンに対応しているか事前に確認しましょう。 またスマホ一体型のコントローラーでは、 利用できるスマホのサイズが限定されていることがほとんどです。 iPhoneの場合は機種の種類がそれほど多くなく、大きさがある程度絞られているため、サイズの確認が比較的容易です。 しかし Androidは種類が非常に多く、サイズもバラバラなため、自分が使っているスマホとコントローラーのサイズが合うか、特に注意深く確認してください。 スマホ本体のサイズは問題ないものの、ケースをつけているためにコントローラーを装着できないケースもあります。 手帳型は特に、ケースをつけたままコントローラーを装着することは難しいと考えておきましょう。 コントローラーの形状・種類で選ぶ スマホ用コントローラーにはさまざまな種類があり、形状によって特性がまったく異なります。 ゲームを有利にプレイするためには、ゲームジャンルに最適な形状を選ぶのがおすすめです。 一例として、主要なスマホコントローラーの形状や、選ぶ際に確認すべき点を以下の表にまとめました。 形状 特性 確認すべき点 ジョイスティック型 or 十字キー型 ジョイスティック:360度好きな方向に移動させられる 十字キー:上下左右の4方向に移動させられる レースゲームやFPSなど細かな動きが必要なゲームにはジョイスティック付き、RPGなど平面操作だけで良いものには十字キーがおすすめ スマホ一体型(装着式) 方向キーとボタンを備えたゲームパッドにスマホを装着するタイプ 装着部のサイズがスマホと合っているか、ボタンの感度はいいか、ボタンは押しやすいか、ボタン配置はカスタマイズできるか、トリガーボタンは備わっているかなど グリップ・スタンド付 ゲームのコントローラーのような持ち手(グリップ)付きのもの、スマホを装着できるスタンドが取り外しできるものもある グリップは握りやすいか、滑り止めはついているか、スタンドはスマホが安定しているか、ゲームプレイ時以外(動画再生時など)にも使用できるかなど FPSでは細かな視点操作や移動操作が必要なため、 ジョイスティック型のゲームパッドがおすすめです。 スマホとの一体型は重量が増すというデメリットもあるため、自分の好みで使い分けましょう。 その他にも スマホを充電しながら使えるか、 スマホを取り付けるタイプは視野が狭まらないか、などの項目を確認しておく必要があります。 やりたいゲームが対応しているか確認する スマホ用コントローラーの中には、対応しているゲームが限定されているものもあります。 自分がプレイしたいゲームがどのコントローラーに対応しているか、しっかり確認しておくことが大切です。 確認する方法には、「ゲーム名+コントローラー」でWeb検索をかける、通販サイトの商品概要・レビューを参考にするといった方法があります。 中には1種類のゲーム専用のコントローラーもあります。 専用コントローラーの場合、 ひとつのコントローラーで複数種類のゲームをプレイできない場合もあるので注意しておきましょう。 PS4・Nintendo Switchの純正コントローラーをスマホに接続する方法 iPhone・Android端末の対応機種では、PS4やNintendo Switchの純正コントローラーをBluetoothでペアリングして使用できます。 ただし、コントローラー対応のスマホゲームはそこまで多くないので事前に確認しましょう。 PS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)とワイヤレス接続できる対応機種は、iOS13以降と、Android10以降のスマートフォン。 Nintendo Switchは、Android端末が対象で、iPhoneでは利用できません。 それぞれの純正コントローラーとスマホを接続する手順は、以下の通りです。 スマホでBluetooth設定画面を開く• PS4のコントローラーは「Wireless Controller」、Joy-conは「Joy-Con L 」または「Joy-Con R 」という名称で表示されているので、接続したい機器名をタップする• 「接続されている端末」の中にコントローラーの機器名が表示されたら、接続完了 なお、PS4では、 iOS 12. 1以降、Android 5. 0以降の端末で、PS4のゲームが リモートプレイできます。 純正コントローラーが使えるのはiOS13以降と、Android10以降のスマートフォンとなりますが、それ以外の端末でもスマホ画面のバーチャルパッドでリモートプレイが可能です。 PS4のリモートプレイに関する詳細は、下記記事を参照してください。 1つ目のおすすめスマホ用コントローラーは、GameSir G6 Bluetooth ゲームパッドです。 左のジョイスティックと右のタッチスクリーンで快適に操作できるゲームパッド• 10個のボタンはプレイヤーが使いやすいように割り当て可能• プレイしながらの充電、イヤホン接続に対応 GameSir G6は FPSをiPhoneで快適にプレイするためのゲームパッドです。 iPhoneとBluetoothで接続し、専用ソフトをインストールするだけですぐに使用可能です。 PUBGやフォートナイトをはじめ、App Storeでのほとんどのゲームに対応。 自由に配置を割り当てできる10個のボタンが、最適な環境での移動や照射、コンボ攻撃を可能にします。 商品名 GameSir G6 Bluetooth ゲームパッド 価格 3,999円 税込 形状 スマホ一体型 対応OS iOS 9. 回転・取り外し可能なスマホホルダー付きで便利• グリップの滑り止めと抜群のフィット感でしっかり手に馴染む• iPhoneやAndroidにはもちろん、PS3やWindowsへの接続にも対応 多くのゲームと機種に対応した本商品は、 1つのコントローラーをマルチに使いたいプレイヤーにおすすめ。 取り外しできるスマホホルダーは、 外してゲーム機やPCに接続したり、装着してスマホ一体型コントローラーとしても利用可能です。 走りながら照準ができる快適な操作性と、グリップ部分の握りやすさがゲームプレイを圧倒的に有利にします。 5cmまでの機種に対応 接続方式 無線 重量 218g バッテリー容量 (最大駆動時間) 600mAh 最大約8~10時間 主な機能 グリップボタンカスタマイズ機能 対応ゲーム PUBG、荒野行動、CODモバイルなど Madgiga bluetooth ゲームパッド Bluetooth・有線接続 3つ目のおすすめスマホ用コントローラーは、Madgiga ゲームパッド コントローラーです。 90度から150度まで角度調整できるホルダーでスマホをしっかり固定• 人間工学に基づいたデザインで、どんな形の手にもフィットする 3種類の接続方法に対応した本商品は、 屋外では無線接続、家の中では有線接続、といったように状況に応じた使い分けが可能。 本体のボタンは300万回の耐久試験をクリアしており、耐久性は抜群です。 持ち手は握りやすいエルゴノミクス形状で、無線時の接続も安定性が高く、さらに 連射機能搭載で、プレイヤーを確実に勝利へと導きます。 5インチ~6. 遅延の発生しにくい有線タイプで安定したプレイが可能• 光るLEDボタンライトがクールでかっこいい• 連射機能、振動機能搭載でゲームを臨場感いっぱいに楽しめる GameSir G3w有線コントローラーは、 AndroidスマホやPS3、WindowsPCで使える有線コントローラー。 付属のスマホスタンドを装着すれば、スマホ一体型としても使えます。 Xboxのコントローラーと形状が似ているため、Xboxユーザーにもおすすめ。 ボタンは少し固めの押下感で、押したときの手ごたえがしっかり手に伝わります。 Android・iPhoneはもちろんiPadにも対応しており、大画面でゲームを楽しめる• 省電力機能搭載で、ゲームプレイ中に寝落ちしても問題なし• 無線タイプでコードが邪魔にならないうえに、遅延もほとんど気にならない PowerLead ゲームパッドPG8718は、 青と黒のクールなデザインが目を引きます。 PUBG・フォートナイトをはじめほとんどの人気ゲームで使用できるため、複数のゲームをプレイしている人にもおすすめです。 5分間接続がないと自動的にオフになる、省電力機能を搭載。 滑り止めのついたグリップは持ちやすく、キーの割り当てもすべてのゲームでおこなえます。 使えばドン勝間違いなしのアイテムです。 PowerLead ゲームパッドPG8718は欠品中のため、代替商品としてPowerLead PG8721を購入しましょう! 6つ目のおすすめスマホ用コントローラーは、荒野行動 PUBG cod fps tps コントローラーです。 トリガーとグリップが一体型になっていて速やかに射撃できる• 分厚いスマホケースをつけたままでも楽に操作可能• 4000RPMの回転数の冷却ファンがスマホの熱を下げる 本商品は人間工学に基づいたデザインと両手にすっぽりと収まるコンパクトボディで、 大人にはもちろん子供にもおすすめ。 スマホ設置部の背面に搭載されている冷却ファンは大風量かつ静音で、仲間とボイスチャットをしながらのプレイ時にも安心です。 6本の指を使えるため素早い移動・方向転換・ジャンプ・射撃などが可能になり、勝率が大きくアップします。 7~6. 5インチの機種に対応 接続方式 無線 重量 — バッテリー容量 (最大駆動時間) — 主な機能 冷却ファン 対応ゲーム PUBG、フォートナイト、荒野行動など BEBONCOOL PUBGモバイル専用 Bluetoothコントローラー 7つ目のおすすめスマホ用コントローラーは、PUBG モバイル専用 コントローラー BEBONCOOLです。 高感度のスティックと反応の早いボタンで、安定性・正確性ともに優秀• 3インチから6. 5インチまでのiOS・Androidと幅広い機種に対応• アプリ「ShootingPlus V3」を使えばボタン位置の調整が可能 PUBG モバイル専用 コントローラー BEBONCOOLはPUBG専用に設計された商品ですが、荒野行動などの他人気ゲームでも利用可能です。 ゲームごとに異なるボタン機能に合わせて、 ボタン配置を調整することもできます。 スマホ設置部の伸縮パネルは放熱鋼板を使用しているため放熱性に優れ、 スマホの発熱で動作が重くなることに悩んでいる人におすすめです。 BEBONCOOL PUBGモバイル専用 Bluetoothコントローラーは欠品中のため、代替商品として「2020最新版」BEBONCOOL PUBG Mobile コントローラー Bluetooth スマホ モバイル コントローラー 伸縮式 IPhone Android対応を購入しましょう! 8つ目におすすめするスマホ用コントローラーは、8Bitdo SN30 Bluetoothゲームパッドです。 ゲームボーイをモチーフにしたデザインが懐かしさを感じさせる• BluetoothとmicroUSB接続の両方に対応しており、使い分け可能• アナログスティック付の上位モデルSN30 Proもラインナップ 8Bitdo SN30 Bluetoothゲームパッドは ゲームボーイをモチーフにしたデザインで、レトロゲーム好きにはたまらないアイテムです。 シンプルなデザインながら高性能で、幅広いゲームに対応しています。 薄型で持ちやすく軽量なため、長時間のプレイにも優しいのが嬉しいポイント。 レトロゲームに慣れ親しんだ世代の人におすすめです。 射撃ボタンとグリップのセットで、スマホの軽さを保ったまま操作性を向上できる• コントローラー本体は充電不要、スマホを充電しながらの使用も可能でバッテリー切れの心配なし• 銅線部分以外は透明のため、視野が狭まらない スマホ上部に装着できる押しボタンと伸縮式のグリップがセットになった本商品は 重さがほとんどなく、長時間プレイしても腕が疲れにくい点がメリットです。 シンプルながら操作性は抜群で、移動射撃とエイムを同時に操作できるため試合展開を圧倒的有利に進めることが可能。 電気伝導率の高い ボタンは感度も良く、ほどよいクリック感で爽快感を味わえます。 5~6. 4インチの機種に対応 ガラスフィルムの厚さ:0. 5~1mm スマートフォンの厚さ:6~9mm ケースの厚さ:1~2mm 接続方式 無線 重量 99. 8g バッテリー容量 (最大駆動時間) — 主な機能 — 対応ゲーム PUBG、荒野行動、フォートナイト、第五人格など PXN Apple認証 MFi ゲームパッド Bluetooth接続 最後におすすめするスマホ用コントローラーは、PXN Apple認証 MFi ゲームパッドです。 カラーバリエーションは白と黒の2色• 大容量バッテリー搭載で、30時間の連続プレイが可能• Telloドローンと接続すれば、コントローラーで操縦して映像を見たり写真を撮影したりできる PXN Apple認証 MFi ゲームパッドは、スマホ用ゲームコントローラーの中では珍しく 白のボディを選択でき、人と被りたくない人におすすめです。 1回2~3時間でバッテリーをフルチャージすれば、 およそ30時間もの連続プレイが可能になります。 iPhoneはもちろんiPadやiPod touchにも対応。 Apple MFi認証と日本MIC認証を取得しており、互換性や保証も安心です。 商品名 PXN Apple認証 MFi ゲームパッド 価格 5,999円 税込 形状 ゲームパッド(スマホ一体型) 対応OS iOS13. スマホ用コントローラーには多くの種類があり、商品によって対応OSや対応機種、形状などがまったく異なります。 それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解し、自分のプレイ環境や使いやすさに合ったコントローラーを選んで、勝率をより高めましょう。 最後に本記事をおさらいします。

次の