花 の 慶次 漆黒 止め 打ち。 CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃

CR真花の慶次2 漆黒の衝撃 1/319ver

花 の 慶次 漆黒 止め 打ち

回収しまくり!? さぁ、ホールへ着くと… え?回収モード全開っっ!! 打てるのがほんとにないかも… ゜ロ゜ という状況でした。 土曜日だし、一応旧イベントなので、客つきは日頃よりも多い感じがしましたが… ハマりのキツイ台もチラホラとあったし、これは 客が負けていそうな感じが結構しました。 このまま打っていると間違いなく投資が嵩んでしまう気がしました。 何か他にいい台がないのか!? 周りをキョロキョロと見回して、様子を見ていると… おや!?もしかして、隣の慶次だと、、、良いのではないのか!? そう思って、ささっと移動しました。 反応が良いよー!! あまり 台の反応が良い悪いは、私はあまり気にしていないのですが… この台の方が賑やかというか、打っていて楽しい感じがしました。 打ち初めて2kの時! 青保留で、千道安張手連続演出で初めて金までいきました!! 以前友達と打っていた時、友達にこの演出がきて、 「これ金までいけば激アツ!ヤバイ」 と言っていたことを思い出しました! しかし、、、 私の中では、イヤ…!?ここか!? これはきっと当たらないと思うけど… と様子を見たいたら、、、 緑保留へ昇格するものの、発展の際にキセルもなく、タイトルもテロップもチャンスアップなし! 最終カットインは青!! イヤイヤイヤー!やはり ハズレよね! と思っていたら、そうでした笑 でも、こんな流れがくると、打っていても少し楽しいですよね。 何もないのは本当につまらないので!(私は、寝そうになります笑) そして、 激アツであろうが、当たらなさそうなのが分かるのもPOSを受講してからで、 ハズレたからと言って、ヒキが悪い! なんていう考えはなくなりました! さぁ、私はこの後に期待しよう! と思いながら当たるまで打つことにしました! いきなりチャンス到来っ!? その後1kで展開に変化が!? 変動開始時に現れたボタンを押すと、まさかの変動ロック!! そして、タイマー88秒と長いっっ! ここだっっ!! 当たりを確信しています そして、激熱文字の紙GET!! キセルも来て、SPショートリーチで赤保留に昇格! 千利休のリーチでしたが、赤テロップがあり、ここで、SPSPロングリーチへ発展! すると!? ここでタイマー0になり、スペシャルカットイン! ここでかぁー。 未来が変わる!? 冒頭でお伝えしたように、最近の稼働報告内容に私はビックリし過ぎています! これは確実に 日頃からPOSに取り組んでいるからこそ、出来ることだと思います! まさしく、一念天に通ずという諺がふさわしいですよね。 本当に素晴らしい!! パチンコで勝てる『無料』の情報というのは、詐欺が多いのが事実。 ただ、多くの方は『有料』だと言うと逃げるけど・・・.

次の

CR花の慶次X~雲のかなたに~止め打ち攻略・技術介入性考察

花 の 慶次 漆黒 止め 打ち

信頼度が全体的に高め 「注目演出」で紹介した演出の信頼度はかなり高め。 花の慶次の代名詞でもある「キセル」はどの場面で発生しても激アツ。 ST中なら16R当たり濃厚。 おそらく今までのシリーズで一番の信頼度ではないでしょうか。 なお「真・花の慶次」では、キセル演出へと発展するタイミングはが、襖が閉まった後の「スーパーリーチ発展時」になっている模様。 これらは、単体での信頼度なので、複合した場合はかなり期待出来ると思われます。 ただ、信頼度が上がっている分、当然これらのアツい演出は出現しにくくなっています。 結局は、好みの問題ですね。 各リーチや予告に絡む色柄も赤の上に金・蝶柄・トラ柄と存在するので、赤だけではなかなか大当たりに繋がりにくいでしょう。 攻略要素有り 上記でも紹介したストローク調整や電サポ中の止め打ち、ラウンド中のワンツー打法によるオーバー入賞などで出玉の増加や節約が望めます。 更に、ボーダーラインもどちらかと言えば甘めの部類で、稼働も大量導入した割には好調なので、ホールも大切に扱う可能性が高くなります。 となれば、現状では「 勝ちやすい部類のパチンコ機である」と言えると思います。 電サポ中の止め打ちなどは、正直面倒ですし、ワンツー打法も目立ってしまいホールから目を付けられる可能性もあります。 しかし、単純にボーっと打ち出しているだけでは勿体ないので、これらの手順が「面倒だ」「必死ぽくて恥ずかしい」という方にはこちらがオススメ。 ラウンド中は9個目までずっと弱めに打ち、10個目のみ強く打ったりといった簡易的な「ワンツー打法」。 これならそこまで目立たないですし、手間も少なくなります。 もしくは、 ラウンドのアタッカーが閉まっている間だけ打ち出しを停止する。 これだけでも効果があります。 出来る所から少しづつ実践していきましょう。 初打ち感想 実際にホールで「真・花の慶次」を打ってきました。 感想は… 超面白い!! 初代から全シリーズ打っていますが、演出バランスもスペックも一番と言っても良いかもしれません。 というのも演出の種類がかなり増え、派手になっているにも関わらず、「キセル」というしっかりとした軸となるアツい予告があるので、迷う事なく楽しめます。 「真・花の慶次」からの新機能である、RTC「キセルの刻」も歌がかっこ良く鳥肌が立ちまくり。 この「キセルの刻」中は、キセル演出の出現率がアップしていますが、ST中だと何でもないボタン演出から急に「キセル」が発生して7揃い確定になったりと、ボタンを押す手に気合いが入ります。 通常時の煽りもやり過ぎず、それでいて弱い予告でも期待出来る様な良いバランスに仕上がっているなと感じました。 ここ最近のパチンコ・スロットの台の中ではダントツに面白い!しばらくの間は打ち込んでみようと思います。 スロットをメインで打つ自分にとってニューギンさんは下から数えた方が早いほど評価の低いメーカーでしたが、「真・花の慶次」で少し見直しました。 この調子でスロットの方も頑張って下さい。 (上から目線).

次の

P花の慶次~蓮 釘読み 止め打ち ボーダー 機種解説

花 の 慶次 漆黒 止め 打ち

大当たり確率・転落率は変わっていない。 確変突入率が下がった分出玉が増えた。 0円 18. 3 19. 9 3. 57円 19. 2 20. 7 3. 33円 19. 7 20. 8 3. 03円 20. 5 22. 1 2. 5円 22. 3 24. 0円 14. 6 15. 9 0. 92円 15. 2 16. 5 0. 89円 15. 3 16. 7 0. 75円 16. 5 17. 9 0. 60円 18. 2 19. 電チュー開放パターンは2種類。 左右点灯時は同じ打ち方でカバー可能。 慶次ファンにはめでたい8月7日 花の日 に導入される。 スペックは前作とほぼ同じ転落確変。 こういうちょっとしたスペック変更の台にしては 15,000台とかなり強気の導入。 等価ボーダーは19回転ほど、止め打ち手順は前作とほぼ同じ。

次の