スマホ電話かけると画面が消える。 スマホの通話終了時に画面が真っ暗のまま復帰しない時の対処方法

【iPhone/Android】スマホで電話 通話と着信の設定と操作法を初心者向けに解説

スマホ電話かけると画面が消える

通話中に勝手に切れてしまう・誤タッチが起こる これってなぜ起こるのか?? この症状は本体の不具合と言うよりは 【 近接センサー】というパーツが故障している為に反応しなくなっている現象の事をいいます。 近接センサーは本体の上部分、 インカメラ フロントカメラ の横についています。 パーツとしてはフロントカメラと一体になっています。 普段はそのパーツ部分に影が出来たり顔を近付けていくと自然に反応して暗くなります。 一定の距離間で暗くなったり明るくなったりと自動切り換えできますが センサーが上手く反応しないとずっと暗いままだったり、頬を近付けても 画面が暗くならなかったりということがあります。 本体が落下などでの 衝撃でパーツがずれてしまっていたり画面割れなどにより キズがついてしまうとうまく反応しないことがあります! 近接センサーはインカメラ・スピーカー部分パーツとくっついている iPhoneのパーツは他の箇所と被って機能しているものが多いのですが 今回の近接センサーパーツも、インカメラと相手の声を拾うスピーカーと一体となっています。 この中のどこかに不具合が出てしまうと接点が合わずに上手く機能しないことがありますので 通話中に画面が暗くならなかったり過剰反応している際は一度他のパーツにも 問題がないか 自己チェックしてみましょう! 自己チェック方法としては ボイスメモアプリを開いて録音してる状態で 画面上部に手をかざします。 画面が暗くなれば近接センサーは反応しています。 ボイスメモアプリを消去している方であれば 電話で適当な番号にかけた状態で手をかざします。 これで画面が暗くなれば反応しています。 またコチラとは逆に 手をかざしていなくても真っ暗になってしまう可能性もあります! こちらの方が厄介で相手に電話を切ってもらうまで切れなくなったり 通話中に何も操作ができなくなってしまいます・・・ 知り合いなどに電話が切れないから切ってと言われると近接センサーが故障している可能性が大です! 当店スマホスピタルでは各パーツ交換も対応していますが中には 一つ一つのパーツは正常だけどその3つが組み合わされることにより反応しなくなってしまう事例もあります。 通話時に気になっているなんてことがあれば一度お気軽にご相談くださいね! パーツ交換は約1時間ほどで完了します! 近隣店舗の・もぜひご利用ください!.

次の

こうすれば直る!?スマホで相手の声が聞こえないのは故障じゃないかも

スマホ電話かけると画面が消える

Xperia X Compactが通話中に画面が真っ暗の状態になってしまう症状。 「1111」は着信試験用番号ですので、こちらにダイヤルして確認します。 やはりダイヤルすると、途端に画面が暗くなります。 電話に出た瞬間、やはり画面が暗くなります。 電話中に暗くなるのは普通は耳に電話を近づけたりすると近接センサーが働くのですが、どうやら近接センサーが誤作動しているような気がします。 インストールして近接センサーを測定したところ、数値がずっと0. 0cmでした。 要は近接センサーがずっと反応している状態でした。 原因判明 近接センサーの誤作動の原因は画面を保護するためのガラスフィルムでした。 ガラスフィルムの近接センサーの部分は穴がちゃんとあいていて、ずれないようにきっちり貼ってあったにも関わらず誤作動を引き起こしていました。 せっかく買ったガラスフィルムなので、剥がしてわざとずらして貼ってみたりもしましたが、誤作動は直りませんでした。 結果 原因がフィルムと分かり、せっかく買ったガラスフィルムはモッタイナイですが、割って捨ててやりました。 今は液晶保護なしで使用しています。 終わりに 今回、自分が買ったフィルムがハズレを引いただけなのか、フィルムメーカーの商品の不具合なのか、検討はつきません。 ガラスフィルムに誤作動が多いのか、ソフトフィルムは誤作動が少ないのかも良く分かりませんが、みなさんも液晶保護フィルムを買うときは注意して買ってください。 近接センサーの誤作動はフィルムの可能性が高いです。 それではまた。

次の

電話をかける

スマホ電話かけると画面が消える

スマホの終話操作 スマートフォンで音声通話の通話中にホームボタンなどをタップする(押下する)と、電話が繋がった状態でホーム画面を表示させ別のアプリを参照したりすることができます。 電話中にスケジュールの確認などをするには便利な機能ですが、意図しないホームボタンの操作でホーム画面が表示され電話が切れていると勘違いしてしまう事があります。 このような「電話の切り忘れ」があると高額な通話料金が発生してしまう事になりかねません。 通常であれば自分が電話を切らなくとも通話相手が切ってくれるでしょうが、相手が人では無く自動音声などの機械の場合には自動切断されないことも考えられるので、自らの手で確実に終話する方が安心です。 スマートフォンで音声通話を終話する(電話を切る)ためには、本来であればスマートフォン本体のディスプレイに表示された内容にタッチ操作で行う必要がありますが、設定を変更することによって「電源ボタンを終話ボタンにする」と言ったことができます。 電源ボタンで終話する設定手順• より『ユーザー補助』をタップします。 ユーザー補助より『電源ボタンで通話を終了』をオンにします。 電源ボタンで終話する設定のやり方は以上です。 注意点としては、操作が行われない状態で自動的にスリープした際に、通話が終話しないで「電話の切り忘れ」が発生する可能性があります。 そのため、通話の終了時には確実に自分で操作して終話するようにした方が良いでしょう。 心配であれば、事をオススメします。 また、ホームボタンの誤操作の他にディスプレイの保護フィルムによって場合があるので、これまでに「通話の切り忘れ」の経験が無くとも設定しておくとイザと言う時に役に立つかもしれません。

次の