スプラ トゥーン 武器 ランキング。 スプラトゥーン2面白い名前まとめ!ユーザ名一覧!

【スプラトゥーン2】ランクアップで解放される武器(ブキ)・機能まとめ!|ゲームエイト

スプラ トゥーン 武器 ランキング

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』における、地雷と思われてしまう、バトル中絶対にやってはいけないタブーな立ち回りについて紹介しています。 いわゆる地雷行為・地雷プレイヤーとして認識されている行動・立ち回りについて解説しているので、スプラトゥーン2をプレイして間もない方や、予め気をつけておきたいという方は、ぜひ参考にしてください。 絶対やってはいけない立ち回り3選! 裏取り 絶対にやってはいけないことの代表例としてもっとも把握しておきたいのが「裏取り」です。 裏取りと一言にいっても、タイミング次第では状況を打開するだけの強力な戦術となりますが、 多くの場合は、チームを不利な状況に導く地雷中の地雷行為です。 敵陣と言う、相手のインクで染められた場所へ赴くというのは、自ら不利な場所で立ち回ることを意味します。 最低でも反撃の手段となるスペシャルが確保できている状態で挑むことが大事ですが、それでもやはり裏取りは積極的にするものではありません。 むしろ裏取りは、人数有利になり隙が生じたときに、確実に敵を全滅させたい・確実に有利な状況を確保したいときに行うことで有効な戦術なので、少なくとも、有利な状況でもないタイミングで、1人で状況を一変させてやろうと突っ込むことは絶対にしないようにしましょう。 沼ジャン 沼ジャンは、高ランクのプレイヤーや、駆け引きが大事なガチマッチでもよく遭遇する地雷行為のひとつです。 戦況が悪くなると 焦って少しでも速く前線に戻ろうと、誰彼構わず味方のもとへ飛んで行くプレイヤーがよくやる、やってはいけない立ち回りです。 スーパージャンプの仕様上ジャンプマーカーが表示されることから、例えば前線で潜伏している味方のもとへ飛んだ時、その味方の位置がバレてしまうので、味方に危険が及ぶだけではなく、とっさの状況ではカバーをするには難易度が高くなるので、間違いなく飛んだ本人もジャンプ狩りの餌食になってしまい、 下手をすれば一度に2人のメンバーがデスし、一気に人数不利になってしまうのです。 少なくとも最前線で立ち回っている味方へ飛ばないようにすることと、できることなら、安全を確認できない状況でのスーパージャンプの使用は控えることを徹底しましょう。 ただし例外として、 ガチヤグラの数カウントリードやガチアサリのジャンプゴールを決める場合などに限り、積極的に使用することを要求される場面もあるということを覚えておきたいです。 芋プレイ これは判断基準がやや難しいところですが、基本的には前線に出ず安全なところでしか立ち回らないプレイングのことを言います。 主に長射程シューターやチャージャーと言った武器にこの傾向があり、 場合によっては裏取りや沼ジャンよりも嫌煙されがちな立ち回りです。 チーム一丸となって前線を押し上げるべきタイミングで1人だけ安全なところからチマチマと塗っているだけであったり、カウントリードまであと僅かのタイミングで後方の戦線から離れたところで何かいみのないことをしていたりすると、芋プレイと判断され、敗北の要因となりかねません。 芋プレイがすぎると、「キルできないで芋るくらいならせめてヤグラ乗れ」「ホコ運んでカウント進めてからデスしてほしい」と言う反感の声が上がるほどやってはいけいない立ち回りであるため、 デスを恐れすぎるのもいけません。 進退のメリハリがある立ち回りが一番好ましく、ルールに関与しやすいです。 まとめ 結論:チーム戦で単独行動は禁物 ここまで上げた、やってはいけないタブーな立ち回りに共通している特徴があります。 それは、「単独で行動すること」です。 スプラトゥーンはチーム戦であるため、1人が勝手な行動を取ると一気に連携が崩れ隙が生じます。 生じる隙というものは主に、俗に言う人数不利です。 それがバトル中ずっと続くことを考えると…。 流石にもう言わなくても分かるかと思いますが、バトル中ずっとチームを不利な状況に陥れる行動となってしまうのです。 なので、ここで紹介した立ち回りは絶対にやってはいけません。 ケース・バイ・ケースでもありますが、基本的にはチームを負けに導く危険な行動であると言うことを忘れずに、バトルに挑みましょう。 スプラトゥーン2 関連リンク.

次の

スプラトゥーン2ガチホコ武器ランキング

スプラ トゥーン 武器 ランキング

スプラシューターコラボ どのルール、どのステージでも活躍できる優秀なブキです。 スペシャル どれをとっても優秀です。 スペシャルの スーパーショットは打開力があります。 ギアは、ヒト速イカ速などの速度系や、攻撃ギアを積むと扱いやすくなります。 防御ギアは好みによりますが、撃ち合いを強くするなら 安全シューズはほぼ必須のブキです。 見た目違いの オクタシューターもよく使われます。 スプラシューターコラボとオクタシューターは見た目の違いだけではなく、 弾の発射音も少しだけ違います。 基本性能はどちらも同じです。 略称は スシ、 スシコラ、 シューコラなど。 関連記事. 52ガロン シューターではキルタイムが最速のブキです。 サブもシールドなので、対面性能はとても高く、相手を倒すのは得意です。 塗りもそこそこできます。 防御積みの相手は、確定数が3発にズラされますので、攻撃ギアを積むのが強いです。 あとは、スプラシューターコラボと同様に、安全シューズがあれば対面性能は更に向上します。 シールドを上手く扱えるかがとにかく重要な武器なので、シールドのテクニックについても詳しく知っておきましょう。 関連記事 略称は 52(ゴーニー)。 96ガロンデコ スプラシューターコラボや52ガロンを上回る射程を持っています。 サブも優秀なシールド、スペシャルは無敵のダイオウイカと言うことなしです。 度重なるアップデートで弱体化されたブキではありますが、まだまだ強いです。 このブキの強みですが、なんと言っても 通路制圧力の高さが魅力です。 ホッケふ頭やアロワナの通路、ハコフグの通路などでは、相手が進入してくるのを食い止めるのが得意です。 攻撃力が、52ガロンと同じなので、防御積みの相手には確定数がズラされますので、攻撃ギアを付けるのがおすすめです。 あとは52やスシと同じく安全シューズを付けると動きやすくなります。 スペシャルのダイオウイカのために、• スペ増• イカ速 などのギアを付けてもいいです。 シールドやダイオウイカがあるので、基本的にやられることは少なくなるため、スペ減はなくてもいいです。 ブキの略称は 96デコ(クロデコ)。 わかばシューター 誰もが最初に使う標準的なブキです。 塗りも得意ですが、 サブのスプラッシュボムやスペシャルのバリアもとても優秀です。 ガチエリア• ガチヤグラ• ガチホコ• ナワバリ など、どのルール・ステージでも活躍できます。 関連記事 ギアも色んな構成が考えられます。 イカ速ヒト速などの 速度重視• 逆境スペ増スペ減などの スペシャル重視• サブ効率やインク回復、ボム飛などの ボム重視 など様々です。 それらを複合させた型もよく使われます。 逆境や、スペ増、スペ減など、スペシャル系のギアはどれも強いです。 わかばの塗りの強さと合わせて、スペシャルゲージがどんどん溜まっていきます。 ブキの略称は わかば。 スポンサーリンク ノヴァブラスターネオ 近距離戦闘では圧倒的な力を誇るブキです。 ガチヤグラでの採用率が高いほか、大会などにもよく使われます。 関連記事 射程が短いですが、サブの スプラッシュボムはそれを補うことができます。 スペシャルの ボムラッシュで広範囲に攻撃できるのも魅力です。 近距離特攻スタイルの戦闘が得意のため、(ゾンビステジャン)が採用されることが多いです。 俊敏に動くことが難しいため、バリアやダイオウなどのスペシャルには弱いです。 相手のスペシャルが溜まっているかどうかは、常に把握しておきましょう。 略称は ノヴァネオ。 ダイナモローラー ブキの王様、ダイナモローラー。 通称 ダイナモ。 ヒーローモードのラスボスの途中にある設計書を入手すると、お店に並ぶようになります。 まさに ラスボスに相応しいブキです。 開発者の思い入れが感じられます。 ダイナモローラーは 塗りが非常に強いブキです。 スーパーセンサーでインクを回復しながら、ずっと塗り続けることができます。 サブのスプリンクラーを使うと、更に塗りが強くなります。 でも使用者が特に多いブキです。 ギア構成は、• メイン効率やインク回復などの 塗り重視• ノヴァネオなどと同じく ゾンビステジャン装備 などが採用されることが多いです。 ダイナモテスラはスペシャルがトルネードなので、扱うのが少し難しくなっており、より上級者向けのブキとなっています。 サブが汎用性の高いスプラッシュボムなのは優秀です。 ダイナモバーンドは、サブがインク消費の多いチェイスボム、スペシャルが塗りのできないメガホンであることから、インク管理が難しいブキです。 塗りまくりたければ、通常のダイナモがおすすめです。 関連記事 スプラスピナーコラボ チャージの速さと、スシや52を上回る射程の長さが魅力のスピナーです。 塗りも強く、サブの ポイズンとスペシャルの バリアの組み合わせも非常に優秀です。 打開力のある構成になっています。 塗り能力が高いため、スペシャルのバリアを使いやすいのも魅力です。 ギアは、 ヒト速をたくさん付けるのがおすすめです。 スピナーは、障害物を挟んだ戦闘が苦手ですが、ヒト速度を上げると、カベ裏に回り込んだりするのが楽になります。 また、とっさに足元を塗るのが苦手なため、 安全シューズを採用するのもおすすめです。 ヒト速+安全の組み合わせで、 敵のインクを踏みながらでもガンガン攻めることができます。 ヒト速ギアは安全シューズを、安全シューズはヒト速ギアを、互いに活かすことができます。 ポイズンを投げやすくするために、 サブ効率や ボム飛などのギアを付けるのも面白いです。 略称は スピコラ。 スプラスコープ スプラスコープは、 スプラチャージャーよりも射程が長くなっており、スコープで相手を狙いやすいのが強みです。 チャージ速度もそこそこ早く、攻撃ギアを積めば、 半チャでより早く相手を倒すこともできます。 カベ裏に隠れた相手や、近付いて来た相手には、 スプラッシュボムが刺さります。 塗りを意識するなら、 スプラスコープワカメもおすすめです。 ワカメはサブが スプリンクラーになっていますので、足場を塗り固めたり、オトリに使うのには最適です(通称オトリンクラー)。 相手に近づかれた時は、 スプリンクラーを盾にして逃げるのも効果的です。 攻撃力を上げるとスプリンクラーの攻撃力も上がります。 攻撃力アップは、半チャとの相性もいいので、採用する人が多いです。 略称は スプスコ、ワカメは ワカスコ。 3Kスコープ 全ブキ中 最長射程を誇るブキです。 塗りよりも、相手を倒すのが得意です。 近付いてきた相手には クイックボムが有効です。 スペシャルの スーパーセンサーは、射程の長さを存分に活かすことができます。 チャージャー全般にいえることですが、 射線隠しなどのテクニックを使えば、狙っていることを気付かれずに相手を倒すことができます。 ですので、 相手に自分の場所がバレないように、なるべく一発で相手を仕留めたいところです。 そのために、 エイム力(照準を合わせる力)を鍛えることも大事になってきます。 攻撃ギアを積むことで、 半チャで相手を倒すことができるようになります。 クイックボムの威力も上がりますので、とても相性のいいギアパワーです。 ギア構成を考えるときは、攻撃ギアの採用をまず考えてみてください。 また、リッターは燃費が悪いブキですので、 スーパーセンサーでインクを回復しながら、効率よく立ち回りたいです。 接近戦では、クイックボムを2発投げたあとにスパセンを発動して、更にクイックボムを2つ投げる、というコンボが強いです。 クイックボムのインク消費量は 40%なので、通常は連続で 2発までしか投げられませんが、 サブ効率を メイン1サブ3積めば、連続で 3発投げることもできるようになります。 ステージ・ルールによっては、スペシャルが ダイオウイカに変わった、 3Kスコープカスタムを選ぶのもありです。 略称は リッスコ、カスタムは リカスコ まとめ あなたの気になったブキはありましたか? 他にも色々と強いブキはありますが、その中から厳選して9つ紹介しました。 「好きなブキを選んで戦いましょう!」とよく言われますが、正確にはこうです。 「 強いブキの中から、好きなブキを選んで戦いましょう。 」 上に紹介した9つのブキは、カンスト達成者も多く、扱いやすくてとても優秀なブキです。 安心してお使いください。 あとは、かどうかはあなた次第です。 ギアの組み合わせによっては、上に紹介したブキ以外にもはたくさんあります…。 こちらの記事も読まれています•

次の

【スプラトゥーン】人気ブキランキングTOP10! 約3000イカのブキ使用率調査結果まとめ!

スプラ トゥーン 武器 ランキング

Ver. 0での環境の変化 今回は環境が大きく変わった更新データVer. 0以降のリーグマッチで使用されている武器について調べました。 この更新ではヒッセンの弱体化や、ジェットパックの弱体化など大きな変更がありました。 更新内容についてはこちらの記事を参考にしてください。 ………………………………………………………………………………………… ・ ………………………………………………………………………………………… [おしらせ] 明日、9月8日 金 午前10時より、更新データVer. 0を配信致します。 詳しい更新内容は下記のページをご覧ください。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP ………………………………………………………………………………………… このように環境が大きく変わり、ガチマッチやリーグマッチで使用されている武器に大きな変化が生まれました。 私の体感的にはイカスフィアを持つ武器が増え、今まで主要だったスプラシューターコラボやヒッセンの数が大幅に減少しました。 詳しくは今回調査したデータを参考にしてください。 データの取り方 今回、どのようにして新しい環境のデータを取得したのかを説明します。 ………………………………………………………………………………………… 以上の4項目に当てはまるデータのみを使用し、役に立つ武器使用率を作成しました。 参考にした武器数は572個になります。 52ガロン 5. スクリュースロッシャーが追加されたのは8月25日なので追加後に試しに使って見ているわけではないでしょう。 スクリュースロッシャーの可能性が感じられますね。 スペシャルの使用率 武器使用率からスペシャルの使用率についても算出して見ました。 Ver. 0のアップデート以前ではジェットパックとインクアーマーのみで7割程度を占めていましたが、今回はどうなっているのでしょうか? 確認して見ましょう。 ………………………………………………………………………………………… 1位 イカスフィア 25. まさかここまで変わるとは思いませんでした。 前よりはバランスがいい感じがします。 ハイパープレッサーについては強いというよりもスクリュースロッシャーのメイン性能が高すぎるために高い割合になっているだけだと思います。 インクアーマーは弱いわけではなくヒッセンの使用率低下に伴うものでしょう。 以前としてインクアーマーは強いです。 上位10位までの武器のスペシャルしか見ていないのでこのような結果になりました。 まとめ 私的にはかなり衝撃的な変化です。 環境がガラッと変わりました。 ジェッパゲーと言われていた時代は過ぎ去りました。 イカスフィアが強い気がしますが、前の環境よりはバランスが整えられているのでしょう。 武器の使用率は明らかに改善されているのでバランス調整がうまくいったと考えて良いでしょう。 スクリュースロッシャーが思ったより多かったのが印象的でした!!! 武器を数えるので疲れたので今回はこの辺で・・・。 アップデートごとに様々なデータや大会等の記録を踏まえカンスト者の意見を取り入れた記事を作成していますので是非こちらの記事も合わせてお読みください。 ご観覧ありがとうございました。 …………………………………………………………………………………………• ………………………………………………………………………………………….

次の