参議院 選挙 出口 調査。 参議院選挙2019広島県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

東京選挙区は超激戦。情勢・出口調査と戦略的投票

参議院 選挙 出口 調査

提出者 北村哲男 今次参議院選挙における「出口調査」、および投票場の管理権等に関する質問主意書 公職の選挙は、公職選挙法に規定されるところであり、公正性を保障するため厳格ともいえる諸条件が付されており、その執行にあたっては国民有権者の疑念を惹起するようであってはならない。 特に国政を担う衆参両議院の選挙においては強く要請される。 ところで、今次第十八回参議院議員通常選挙(平成十年七月十二日執行)において、政府要人は投票時間中にもかかわらず、選挙動向の大筋を掌握したと報じられている。 これは、報道機関の行った「出口調査」なる調査情報が、報道の目的以外に意図的に流出した結果である。 「出口調査」なる調査情報を、投票時間中に知り得るとすれば、得票割合などが推測でき、その時間以後の投票人に対して票の割り振りなど恣意的な操作が可能となってしまい、よって、このような情報の流布が白日のもとに敢行されるならば、選挙の公正性は一挙に崩壊するであろう。 この度の政府要人の行動は、公正かつ静謐な中で行われなければならない公職選挙への冒涜であり、我が国の議会制民主主義への侮辱であって、看過できない。 また、「出口調査」は、名のとおり投票場出口が地理的要件であることから、投票場の管理権ならびに投票の秘密保護との関係においても問題があると考えられるため、以下、諸点について質問する。 一 内閣官房長官は、内閣の要として首相官邸にあっては最たる高官であり、いうまでもなく公人である。 その日程は逐一管理把握されているところと考えるが、土曜日・日曜日を含むいわゆる休日の日程管理はどのような仕様となっているのか、明らかにされたい。 二 平成十年七月十二日(以下、日時はすべて平成十年である。 )の村岡官房長官(以下「前官房長官」という。 )の行動日程は、把握・保管されているか。 されているのであれば、当日正午以降午後八時までの行動を明らかにされたい。 三 七月二十六日朝日新聞朝刊報道によれば、七月十二日夕方、前官房長官は竹下登元首相(以下「元首相」という。 )邸を訪問したとあるが、事実か。 また、滞在時間および同行・同席の者の氏名を明らかにされたい。 四 三の訪問の際、当日執行された参議院議員選挙の「出口調査結果」が供されたとのことであるが、その資料の名称は、これで正確か。 および、その資料は単一か複数か、明らかにされたい。 五 四の資料の原本作成者は誰か。 また、誰の手により複製されたものか。 なお、三の記事によれば「政府関係機関や一部報道機関の」とあるが、事実か。 事実ならば当該機関の名称を明らかにされたい。 六 四および五にいう資料は、前官房長官が元首相邸を訪問する前に、すでに入手していたものであるか、また、その入手先を明らかにされたい。 また、その資料は現在も保管され、求めに応じて提示できるか。 なお、このような資料は、官房長官が職務上必要とするものであるか、明らかにされたい。 七 公職選挙法に基づく投票場の借用に関して、借用期間中、投票場の管理権は誰に属するのか。 その管理権が及ぶのは、投票箱が設置されるいわゆる会場のみか、あるいは、会場の属する建物全体か、更には敷地にも及ぶか。 なお、その始期および終期はどうなるのか、明らかにされたい。 八 不在者投票においても「投票場」の概念はあるか。 あるとすれば、七と同様の質問に対して、明らかにされたい。 九 投票場の入場は厳格に制限されている。 ところで、党首の投票場面などを紙上で散見することがある。 当然、記者(カメラマン)の入場が前提となるが、この入場許可は、如何なる規定に基づくものか、明らかにされたい。 十 投票時間の途中(例えば正午のニュース)に発表される「投票率」は、選挙人Aの、あるいはBの投票行為(投票をしたか、まだしていないかを含め)の調査集積に他ならないが、このような調査内容を投票時間中に公表するのは投票の秘密厳守に抵触するおそれはないのか。 なお、この中間発表は、誰の要請によるものなのか、あるいは公職選挙法上の必要欠くべからざる行為なのか、明らかにされたい。 十一 投票の秘密は、投票されなかった被選挙人のあるいは政党の名誉を守り、また投票された被選挙人と政党においては後続の選挙人に無用の牽制あるいは抑制を働かせないためにも、投票時間中にあっては特別に厳守されなければならないといえる。 選挙人といえども、自らの投票結果をみだりに他者に口外することは、投票の秘密を犯すことにならないか、明らかにされたい。 十二 現今の「出口調査」なる所為は、十一の観点から、投票の秘密を侵害するおそれはないのか。 もし、この所為が是認・保護されているならば如何なる法理に基づくのか、明らかにされたい。 十三 いわゆる「出口調査」は、何人においても許容される所為なのか。 民間人(団体)、政府関係者、報道関係者の間に差異はあるのか、明らかにされたい。 十四 報道機関の取材は、目的以外に漏洩しないことを条件に成立している。 三の報道によれば、この条件から大きく逸脱していることになる。 また「出口調査結果」なる資料を投票時間中に入手し、これをもって談じた政府要人の行為は、公職選挙法の精神に違背すると思われる。 公職選挙法を所管する自治省はこのような行為に関し、調査ないし事情聴取、または対応策を検討する用意はあるのか、明らかにされたい。 右質問する。

次の

今次参議院選挙における「出口調査」、および投票場の管理権等に関する質問主意書

参議院 選挙 出口 調査

この節のが望まれています。 では、の知事選挙に際してのの ()らによる調査など、早くから出口調査の事例がある。 日本では、の長選(この時の当選者は)の際、の(当時:報道制作局長、現:)が初めて当調査を取り入れた事が初。 国規模ではの際、17都県で行われた系列による調査がもっとも早いもののひとつとされる。 調査の方法 [ ] 以下では例として、で採用されている出口調査の方法を説明する。 出口調査は、のと投票者の標本抽出の2段階に分かれる。 それぞれの段階において、限られた標本数のもとでできるかぎりと妥当なを実現するため、様々な工夫がなされている。 投票区の抽出においては、まず、有権者数と前回の選挙の投票率から投票者数を推定し、統計的な推定を行うことができないほどに投票者数が少ないと見込まれる投票区が除外される。 次に各投票区を、強く支持されているとされるや候補者などの観点で分類する。 その各分類から、推定投票者数に比例する数の投票区が選ばれる。 そのようにして選ばれた投票区の投票所に調査員が派遣され、一定の数の投票者を選んで質問することにより、投票者の抽出が行われる。 調査員は出口を通過する人を数え、均等な人数間隔・もしくは時間間隔をおいて調査への協力を依頼する。 協力が得られた場合は質問を書いた用紙を渡し、投票者の筆記によって回答をしてもらう。 調査員はその回答を読み取り、などの機器を用いてその場でデータを集計者に送信する。 質問では投票先のほか投票理由・支持政党を調べることが多い。 その他、性別や年齢の情報を加える場合もある。 このような方法での出口調査に基づく得票率推定の精度は完全に無作為な場合には劣るものの、その誤差の比は1. 5倍程度におさまるとされる。 例としてはそれぞれ標本数1500から4000程度の、23回分の選挙における出口調査による推定のが、同数の完全に無作為な抽出が行えた理想的なケースと比較して、おおむね2倍程度にとどまったと報告されている。 調査の実施と発表 [ ] 日本の大型国政選挙では全国で数十万人を対象に実施される。 においても実施されており、これは投票日前に報じられる「中盤・終盤情勢分析」に反映される。 投票行動が変わることを防止するため、出口調査結果は投票締め切り時刻丁度かそれを過ぎてから発表される。 しかし、日本の国政選挙の場合、有力政党や有力候補には投票締め切り前に情報漏洩しているとも言われ 、翌日以降の新聞記事等には、投票締め切り前に情報入手した党幹部らが対応協議したとする描写が登場することがある。 「当選確実」判定への利用 [ ] 当選確実(当確)を出す基準はそれぞれの報道機関が独自に決めている。 多くの場合、出口調査の結果は開票の途中経過に次ぐ大きな判断材料となる。 よって、マスコミの票読みは当選確実と表現される。 そのほかの有効な手がかりとして、初期の開票作業の目視による観察が挙げられる。 開票作業では最初に投票箱を開けて票を候補者別におおむね山分けする。 報道機関の記者はその山を遠くからで確認し比較することによって、当選者を予想することができる。 ほかにも、各選挙区における立候補者の知名度や実績、やの強さ・各区における支持政党の傾向など、投票前のアンケートや経験則に基づく情報が活用される。 日本ではにおいて20時の投票締切から23秒後にが()当確と報じた。 また、でも投票締め切りの20時から1分程度経過した時点での当確を次々と報じた。 尤も、アメリカでは投票締切0秒後に当確を報じており、ではカリフォルニア州などの投票締切となった西海岸午後8時になった瞬間、すべての報道機関がの「当選」を報じた。 イギリスでも出口調査を行い、そのデータに基づいた党派別の議席予測を投票締切直後に発表するが、当確報道には利用せず、伝統的に当選発表は公式発表をもって「当選」とする。 問題 [ ] 出口調査には、その方法に起因する偏りが存在する。 ひとつの要因は、に対する調査が困難なことである。 また、の奈良1区における調査では、当日投票と比べて期日前投票を行った人の中に支持者が多いことが報告されており 、期日前投票と当日投票との間には投票傾向の異なりがあることが分かっている。 しかしながら、期日前投票では投票の日時が広く分散するため、当日投票と比較して大きなコストがかかることから本格的な調査が困難である。 そのほか、回答に協力する人と拒否する人との間での違い、投票者の少ない投票区の切り捨てによるカバー率低下の問題も存在する。 上述のように出口調査はあくまで限られた標本に基づくに過ぎないため、一定の量の誤差を避けることができない。 一方でテレビ局同士の間では当確情報の速さと正確さを競う傾向が強いため、での当確報道の誤報(所謂、当確ミス)が多いことが問題となっている。 調査結果からくる政党別議席予想と実際の結果が大幅にずれていた場合、テレビ局では責任者のをとっている。 脚注 [ ]• 近年ではを使用して回答を集計するケースも多い。 でのだったは、投票締め切り前の「石田日記」にてデータを入手したことを記している• 参考文献 [ ]• 福田昌史「出口調査の方法と課題」『行動計量学』第35巻第1号、、2008年、 pp. 59-71、。 倉内敦史「」『NIKKEI RESEARCH REPORT』IV、、2005年、 pp. 26-29。 『「社会調査」のウソ--リサーチ・リテラシーのすすめ』 、2000年6月。 『アメリカ大統領を読む事典--世界最高権力者の素顔と野望』 、2008年4月17日。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の

参議院選挙2019千葉県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察|選挙の開票速報・開票結果|立候補者・当選者・情勢出口調査まとめ通信

参議院 選挙 出口 調査

<目次>• 出口調査で実際の投票結果を予測する 選挙開催が決まると、メディア各社は一斉に事前調査に乗り出します。 通常、無作為に抽出した電話番号などをもとに誰に投票するか、どの政党に投票するかといった質問を行い、事前の投票予測をまとめます。 また、いくつかの選挙事務所を訪問し、相手の陣営がどれぐらいの票を取りそうかといった内容を取材し、メディア記者ならではの予測を行います。 この他、過去の実績や候補者の知名度、組織票などをもとに、議席数や当選予測を行います。 こうして事前の予測がまとめられ、ある程度の議席数や誰が当選しそうかといった内容がメディアにて公表されることになります。 ただし、これはあくまで事前の予想。 アンケートや質問を回答してくれた人が実際に投票に行くかはわかりませんし、選挙事務所の予測が外れる可能性だってあります。 また、選挙当日の天候や無党派層の行動などが影響し、ふたを開けてみたらまったく異なる結果となることも否定はできません。 そのため、事前予測だけではなく、選挙当日の出口調査ももとにしながら実際の投票結果を予測し、当選確実かどうかを予測していくことになります。 選挙の当選確実をだすために「統計学」が利用されている 実は選挙の当選確実を出すために、統計学が利用されています。 出口調査では、実際に投票した候補者や政党名を聞き、集計していきます。 どれぐらいの人数を聞けばよいかは、候補者の数や候補者の人気度、接戦地域かどうかといった観点で異なってきますが、96人に聞けば誤差10%以内で、384人に聞けば誤差5%以内でその候補者の得票率の予想される範囲を95%の信頼度で求めることができます。 95%の信頼度とは、100人いたら95人は予想された範囲内の回答を行っているという意味です(下記補足参照)。 統計学では95%以上の信頼度があればおおよその当てはまりは高いといわれていますが、選挙の場合には速報が外れればメディアの信頼はがた落ちとなるため、回答を得られる人数を多くすることで信頼度を高めているといえます。 ただし、統計によるデータ分析時には注意点があります。 おそらくメディア各社は注意しながら行っていると思いますが、年齢や男女など偏りがないように無作為に、全体の投票者の行動と同じになるような比率で抽出する必要があること。 例えば、男性ばかりとか、若年者ばかりに出口調査を行うと、実際の投票結果を見誤る可能性があるのです。 メディア各社の出口調査が実際には何人に聞いているのか、実際にどのように当選確実を出しているかなどは公表されていないためわかりませんが、意外にも一つの選挙区で数百人~数千人程度の回答から当選確実を出しているかもしれませんね。 それでも信頼度は結構高いといってよいでしょう。 <補足・・・信頼区間(得票率の予想される範囲)の計算> 細かい計算は省きますが、例えば候補者がAさん、Bさんの2人だったとして、無作為に選んだ有権者50人に出口調査の結果を聞いたところ、Aさんに投票したと回答した人が35人(70%)だとすると、予想される得票率は95%の信頼度で57. 3%~82. 7%となります。 この予想される得票率の範囲内に実際の得票率が入っている可能性が95%といえるのです。 たった50人にしか聞いていませんが、予想される得票率の下限が50%を超えているため、Aさんが当選するだろうと割り出すことができます。 接戦の場合には、この回答者を多くしていくことで予想される得票率の範囲を狭めていき、当選確実を出せるかどうかを見極めていくといえます。 【関連記事】•

次の