そう ちゅう こん 使い方。 操虫棍の特徴と操作(ジャンプ攻撃、操虫、強化エキス)│【MH4】モンスターハンター4の攻略広場

モンハンワールド そうちゅうこん

そう ちゅう こん 使い方

この記事では、モンハンワールド(以下MHW)における操虫棍(そうちゅうこん)の特徴と基本的な立ち回りについてまとめていきます。 大まかな点は前作ダブルクロスとそこまで変わらないので、他の武器同様、過去の記事を流用して書いていきます。 操虫棍は段差がなくてもジャンプ攻撃ができたり、猟虫を扱って戦ったりと、剣士のなかでも結構特殊な立ち回りをする武器です。 最大の特徴は、唯一段差に頼らずに空中攻撃が可能で、モンスターへの乗りに持っていきやすいことです。 また、虫によるエキス採取によって自身を強化しながら戦うという独自の要素も持っています。 武器だけでなく猟虫の育て方など、他の剣士よりも多くの知識を必要とする武器です。 しかし、基本的な知識を抑えて戦うことで、高い攻撃性能を発揮することができます。 今作では武器と猟虫が別々になり、武器と猟虫を好きに組み合わせて使うことができるようになりました。 また、新アクションは得意の空中戦をさらに強化するものになっています。 武器の強化がぐっと楽になったので、操虫棍使いには嬉しい仕様変更です。 (2)ジャンプ突進斬り[空中で〇] 空中での新たな攻撃選択肢です。 フィニッシュ攻撃をヒットさせた瞬間に再ジャンプをするので、このアクションを駆使すればずっと空中で戦いを続けることができます。 ただでさえ空中戦を得意とする操虫棍の空中戦能力がさらに向上しました。 空中でもモンスターの攻撃を自在に避けられるようになれば、ずっと空中で戦うことも可能です。 以下からは、操虫棍の基本的な事についてまとめていきます。 【1】特徴 ・段差がなかったりしてジャンプ攻撃ができ、乗りダウンを狙いやすい。 ・猟虫を飛ばすことによって、剣士でありながら遠距離からの攻撃もできる。 ・猟虫がモンスターから採取するエキスによって、自身の能力をアップさせることができる。 ・武器自身だけでなく、猟虫の育成も必要である。 ・手数が多い武器で、一撃一撃の威力よりも攻撃回数で火力を稼いでいく武器である。 ・ガードができない。 【2】エキスによる強化について 操虫棍を扱う上で、最も重要になる要素が、猟虫によるエキス強化です。 モンスターに向けて猟虫を飛ばし、ヒットさせると猟虫がエキス保持状態になります。 その後R2+〇で猟虫を帰還させると、猟虫が採取したエキスに応じてハンターがエキス強化状態になります。 エキス強化状態は一定時間が経つと解除されます。 エキスには4つの種類があり、それぞれ効果や持続時間が異なります。 持続時間は60秒。 持続時間は90秒。 持続時間は45秒。 持続時間はなく、猟虫が戻った時に回復する。 緑は持続時間がありませんが、他の色は持続時間があり、これらは重ねて発動させることができ、さらに追加効果を得ることもできます。 しかし、強力である分、操虫棍は強化した際の能力に合わせて性能を調整されていますので、エキス強化を行わないと操虫棍の性能は微妙です。 どのエキスも強力ですが、まずは、火力を安定して出すために赤エキス強化を継続的に行うようにするのが大切です。 何色のエキスを採取できるかはモンスターに猟虫を当てたときの部位によって異なります。 採取できるエキスの色もモンスターによって異なるため、各モンスターの部位ごとの採取できる色を覚えるのが理想です。 が、そんなに覚えるのも大変ですので、はじめて操虫棍を使うときは、基本となる赤エキスは基本的に頭部から採取できる、ということだけまずは覚えておくといいでしょう。 使用数を増やしていくうちに部位ごとの採取色を少しずつ覚えていけばいいと思います。 【3】基本的な立ち回り 攻撃力を最大限に発揮するためには、常にモンスターから赤エキスを採取し、攻撃力を強化し続けましょう。 自身で攻撃することももちろんですが、猟虫をしっかり飛ばし、モンスターからエキスを回収し続けながら戦う必要があります。 赤エキスはいつでも発動くらいの気分ですが、他の色も隙あらばどんどん虫に集めてもらい、複合効果も狙って発動させていきましょう。 また、操虫棍はセルフジャンプ攻撃が行え、乗りダウンが狙える武器です。 その個性を生かすため、ジャンプ攻撃も細めに行い、乗りダウンも狙うようにしましょう。 ジャンプができることや、白エキスによって抜刀時の移動速度が全武器中でも最速になることから、非常に軽快な立ち回りのできる武器です。 華麗にモンスターの攻撃を躱して翻弄しつつ、自身を強化しながら戦っていくという立ち回りが魅力の武器です。 【4】マルチプレイでの注意点 自身の攻撃は範囲が狭いため、味方を吹き飛ばすという心配はあまりありません。 得意のジャンプ攻撃で乗りダウンを狙い、味方が戦いやすい状況を作りましょう。 もちろん、ジャンプ攻撃だけでは火力が足りないので、ただただジャンプ攻撃をしているだけでは真価は発揮できません。 自身もパーティ火力の向上に貢献できるよう、エキスで自らを強化し、通常攻撃も随所で行っていきましょう。 以上、操虫棍の特徴と立ち回りについてでした。 覚える点が多い武器ですが、一通り知識を頭に入れて使っていけば、見た目に反して高い攻撃力を発揮することができます。 猟虫も育てなければならず大変ですが、その手間に見合うだけのポテンシャルは秘めています。 はじめて使うプレイヤーも、しっかり練習を重ねれば知識も技術もついてくるので、情報を得ながら操虫棍独特の狩りに順応していくといいでしょう。 カテゴリー• 344• 105• 8 アーカイブ•

次の

そう ちゅう こん スキル

そう ちゅう こん 使い方

操虫棍 操虫棍は移動速度が早い武器で、なおかつ段差がなくても跳躍することができるトリッキーな武器となっています。 また猟虫という特殊な虫を使役しており、猟虫で遠距離から攻撃することも可能です。 さらに敵からエキスを採取することができ、自身を強化することができます。 エキスですが、下記のように4種類あります。 スポンサードリンク エキスの種類 下記の4種類があり、それぞれ各色で効果時間と効果が異なります。 エキスを回収できる場所 リオレウスを参照 赤エキス:主に大型モンスター頭部分を攻撃することで回収可能 白エキス:主に大型モンスターの翼部分などを攻撃することで採取可能 橙エキス:大型モンスターの背中や足などの部分で採取可能 緑エキス:大型モンスターの尻尾部分から採取可能 なお小型のモンスターからもエキスを回収することができます。 エキスの効果 赤エキス:手数など攻撃系が強化 白エキス:移動速度など移動系が強化 橙エキス:防御力など防御系が強化 緑エキス:体力が微回復 白エキス+赤エキス:攻撃力が強化 白エキス+橙エキス:防御力が強化され、攻撃の仰け反りに耐性 白エキス+赤エキス+橙エキス:白赤+白橙の効果とさらに攻撃力が向上 攻撃の基本操作やコンボ 攻撃の種類、コンボなどについて少し紹介します。 距離もでるため技の出し始めに使いやすいです。 操虫 印当て R2ボタン 6. エキスを採取する方法として、 エキス採取と 虫寄せで採取できます。 エキスを採取することでプレイヤーの各パラメーターを強化することができます。 特に赤エキスは攻撃に必須なので回収しましょう。 赤エキスは主に大型モンスターの顔から採取できます。 操虫 印弾 L2ボタン+R2ボタン 5,8. 印当て、 印弾で猟虫が敵に粉塵を撒き散らし敵にマーキングすることができます。 猟虫はマーキングした対象周辺にまとわりつき攻撃を続けます。 またプレイヤーが攻撃するとマーキングした 粉塵部分が爆発し、猟虫固有属性のダメージを与えます。 印当ては攻撃の最後に使うとどのコンボにも使えて、さらに近接攻撃なので狙った場所に攻撃でき使いやすい感触です。 猟虫にはスタミナがあり、スタミナがなくなるとハンターの元に帰ってきます。 スタミナが満タンのうちは、常に飛ばしておくのが良さそうです。 重要操虫棍の生命線の空中攻撃です。 飛行しているモンスターに有効で、空中戦を繰り広げることができます。 飛んでいる敵に有効な攻撃はなかなか近接武器にはないので、対空中戦に使えます。 スポンサードリンク 強化エキス後のコンボ 1. 手数が増えるのでついつい夢中で攻撃してしまい、砥石を使う頻度が増えることが不便ですかね。 リオレウスなど常に飛んでいるモンスターにも閃光玉を使用せずに攻撃できます。 ジャンプ鉄人 ジャンプ中ににのけぞらなくなるので、ジャンプ攻撃をより使用しやすくなります。 匠 砥石高速化 操虫棍は1発あたりの攻撃力は低く、手数の戦いとなるので、切れ味の維持に必要なスキルです。 乗り名人 モンスターに乗りやすくなり、味方を援護しやすくなります。 風圧耐性 飛んでるモンスターにも攻撃できるということで、風圧を無効化するのも有用なスキルだと考えています。 操虫棍は移動速度が速く、攻撃も早いので非常に使いやすい武器です。 エキスを使い自身を強化することができ、猟虫もカスタマイズできるので、武器を選択すると同時に猟虫を選択するのも楽しいです。 また操虫棍は空中戦に強く、飛行しているモンスターにもダメージが与えやすいです。 さらにモンスターに飛び乗ることで味方を援護できます。 特に味方がピンチの時に颯爽と助けることができれば、連携を楽しむこともできます。 特に空中で攻撃できるのは大きなメリットで、味方が全て近接装備の場合、味方同士で殴りあうデメリットを減らすことができます。 みなさんも操虫棍を使ってみてはいかがでしょうか。 もうちょっと使いこなせたら追記しようと思います。 スポンサードリンク.

次の

【モンハンクロス攻略】操虫棍(そうちゅうこん)の特徴と操作方法【MHX】|ゲームエイト

そう ちゅう こん 使い方

スポンサーリンク ギルドスタイル MH4Gとの違い モーション自体はほぼ変更ないが、 大半のモーション値が低下し、エキス強化に調整が施された。 また、エキスのアイコンの下に 猟虫のスタミナがゲージとなって可視化された。 も変わっており、MH4シリーズに比べると分かりやすくなっている。 詳しくはリンク先をご覧ください。 も書いてるよ。 モーション値は約1~2割落とされており、 赤白強化での攻撃力1. 2倍、3色で1. 25倍の強化も大分抑えられ、 攻撃力5~15程度上昇と言った具合になっている。 また、MH4と同じく自力でいつでもジャンプできるが、 MHXでは乗りの蓄積量が下がっているため、簡単に乗ることは出来なくなった。 他の武器でもエリアルスタイルなら自由にジャンプ攻撃を行えるため、セルフジャンプは操虫棍の専売特許ではなくなった。 全体的に弱体化しているが、 そもそもMH4、4Gの操虫棍が強すぎたと言える。 (片手剣並の機動力を持ちながら、スラアク近い火力を出すようなものだった。 ) 今作の調整は弱体化というより、やっと他の武器種と似たようなDPSに落ち着いた、と言えるだろう。 操虫棍・ギルドの使い方? 使い方自体はMH4Gとあまり変わらない。 MH4シリーズでも一緒だったが、 基本的に 赤エキスを取らないと、手数がかなり少なく弱い。 どのモンスターのどの部位から赤エキスが取れるかは覚えておきたい。 基本的に 頭が赤エキスなのは、MHXでもあまり変わらない。 ダブルアップによる攻撃力1. 2倍のような、極端な火力増加はしなくなったので、 最低限赤エキスがあれば何とか戦える。 ただしパーティでは妨害されないために橙エキスも欲しい。 狩技が2個装備できるので、 メジャーなところは 「蟲纏い」+「飛翔蟲斬破」のセットだろうか? 蟲纏いの持続中に「飛翔蟲斬破」を撃つことで、蟲纏い終了と引き換えに強烈なダメージを叩き出せる。 トリプルアップ延長効果で 135秒も持続する。 ギルドならもう一つ狩技も装備できるが、ここはお好きなように。 隙が少なく威力もそこそこ高い。 印弾は斜め下に向かって飛ぶ。 跳躍した方向とは関係なく、印弾を発射した時点でカメラの方へ軽く後退して着地する。 慣性を無視した奇妙な動きだが、上手く使えば回避手段として活用できるモーションである。 ストライカースタイル ギルドとの違い ゲーム内の説明では「ギルドスタイルから一部削ったモーション」と記載されているが、 実際には一部どころか全く別物といえるくらい、操作方法が変わっている。 詳しくはを見ていただきたい。 大まかな操作方法として、 【A】ボタンは操虫のみ割り振られており、通常攻撃は全て【X】で行う仕様になった。 要は 【X】を連打するだけでコンボになる。 (三段)二段斬りがやや癖があって当て辛い気がする。 操虫棍・ストライカーの使い方? MH4シリーズの操虫棍で慣れてしまっている人は、こちらの操作には違和感があると思う。 しかしMHXから操虫棍を始める人にとっては、操作自体は単純で分かりやすいようだ。 従来の操虫棍って、ある程度慣れないと操作が分かりづらいですからね。 従来に操作に慣れているとまず押してしまうだろうw ストライカーの場合、【A】を押し続けるだけで「猟虫溜め」ができる。 通常攻撃は全て【X】で行うため、【A】を押しながら【X】を押していくことで、攻撃しつつ猟虫溜めが出来る。 印弾は斜め下に向かって飛ぶ。 跳躍した方向とは関係なく、印弾を発射した時点でカメラの方へ軽く後退して着地する。 慣性を無視した奇妙な動きだが、上手く使えば回避手段として活用できるモーションである。 この攻撃は、連続で【A】で猟虫発射すると3回目で回転攻撃になる。  スポンサーリンク エリアルスタイル ギルドとの違い 元から段差を利用せずにジャンプできる操虫棍だが、 エリアルではジャンプ攻撃により特化した形になっている。 通常のジャンプは 外野フライの如く仰角60度くらいの放物線を描いてゆっくり飛ぶが、 エリアルの場合は センターライナーのような仰角30度くらいの超遠距離ジャンプに差し替わる。 突進で遠くへ走って行ったモンスターに急接近したり、逆に広範囲系の攻撃の予備動作中に離脱目的で使ったりも出来る。 さらにジャンプ攻撃は、赤エキス無しの状態で2Hit(他スタイルの赤エキス状態の攻撃)するようになる。 赤エキス強化時は、 何度も回転して複数回Hitする。 最大で4Hitくらいだが、大体3Hit程。 (後方ジャンプを上手く当てると4Hitする場合も!) その分乗り蓄積値も多く溜まるのでMH4シリーズに負けないくらい乗ることが出来る。 出来なくなるアクションは、 抜刀時の飛び込み斬りだけ。 殆ど変らないので、慣れやすいスタイルである。 操虫棍・エリアルの使い方? 元々ジャンプ攻撃が得意な操虫棍だが、エリアルでは更に特化した形になる。 接近戦では踏みつけ跳躍からのジャンプ斬り、遠距離時はセルフジャンプで一気に距離を詰められるので、乗りは得意。 セルフジャンプは遠くまで飛ぶ上、他スタイルのジャンプよりも出が速いので、 予備動作の長い広範囲攻撃をジャンプで離脱するという回避方法も可能。 隙が少なく威力もそこそこ高い。 印弾は斜め下に向かって飛ぶ。 跳躍した方向とは関係なく、印弾を発射した時点でカメラの方へ軽く後退して着地する。 慣性を無視した奇妙な動きだが、上手く使えば回避手段として活用できるモーションである。 自然に戻ってくるのを待つしかない。 ジャスト回避成功時は、ダッシュ中に【X】で「 猟虫同時斬り」が出来る。 これは飛び込み斬りのようなモーションで攻撃しつつ、同時に当てた部位のエキスを奪えると言うもの。 もう一つは【A】で 飛燕斬りの2Hit目だけの判定を持つ攻撃が行える。 操虫棍・ブシドーの使い方? 操虫を1回行う度に、一旦引き寄せないといけないため、通常のエキス回収は他スタイルより難しい。 一方でジャスト回避をすれば、即座にエキス回収…出来そうだが、これも当てた部位によって取れるエキスは当然変わるので、欲しいエキスの部位を正確に狙う必要がある。 どちらも、いつでも狙える訳ではなく、上級者向けのスタイルかも知れない。 隙が少なく威力もそこそこ高い。 印弾は斜め下に向かって飛ぶ。 跳躍した方向とは関係なく、印弾を発射した時点でカメラの方へ軽く後退して着地する。 慣性を無視した奇妙な動きだが、上手く使えば回避手段として活用できるモーションである。 印弾 0 爆弾の起爆に使える。 操虫 22 ダメージは猟虫パワーに依存 スタン値16(打撃系猟虫のみ) 操虫回転攻撃(溜め撃ち) 60 ダメージは猟虫パワーに依存。 属性ダメージ1. 飛燕斬り(2Hit目のみ) 35 ジャスト回避後【A】で出せる 赤エキス強化時 .

次の