マネージャー は 大変。 芸能マネージャーの仕事は楽しいだけじゃない!芸能界はやっぱり厳しい。

芸能マネージャーの仕事で嬉しかったことや大変だったことのエピソードを教えてください【質問・疑問・相談

マネージャー は 大変

マネージャーは自己犠牲でするものではないです。 仕事の内容で他人の世話をしているように見えたり、自分を犠牲にしているように見えるかもしれませんが違います。 また 我慢をする、無理をすることも違います。 マネージャー自身こそ、楽に楽しくできるように工夫していかないといけません。 もちろん仕事上で踏ん張り所や頑張る所もあると思いますが、無理するとはまた別です。 いかに手間を省き楽にしていくことで 仕事のモチベーションも保て、仕事が楽になれば多くの仕事ができるようになります。 マネージャーが無理・我慢をしてピリピリ、イライラしていれば自然とチームにも影響が出ます。 特に悪い影響はすぐに伝わります。 なので犠牲ではなく自分のためも線引きしたり、自分も大切にしながらマネージャーをしましょう。 スルーする力やストレス発散方法を身に付ける 伝えた6つ中でも1番大切にしてもらいたいのは 1つ目の見返り・女子として扱い・感謝・評価を求めないことです。 地味・目立たない・お金が出ないという環境で続けながらマネージャーとして成果を出すためには 自分で立てた目標を達成していく、自分の目標に向かって進んでいくことがポイントになります。 他人に見返りや感謝など求めずにコツコツと自分の目標に集中して、マネージャーの仕事に取り組んで欲しいです。 最後に 6年間マネージャーをして辞めた今だからこそ思うことばかりです。 裏方から見てもしっかりしているチームのマネージャー・強豪校のマネージャーはこれらがしっかりできていました。 自分を犠牲にすることなく、たくさん楽しんでマネージャーをして下さいね。

次の

続けるうえでマネージャーに大切なこと

マネージャー は 大変

選手が練習・試合に集中できるようにサポート 手助け すること• 選手が練習や試合に集中できる環境を整えること• チームや選手の勝利できるようにサポート これに当てはまるならどのような仕事をしてもOKです。 ただ チームや先輩達で決められた仕事があるので、まずはその仕事をしっかりと取り組み理解していくことが先です。 その中で自分で気づいたこと、出来ることを見つけたら先輩・監督に相談してやってみて下さい! 選手やチームのためにたくさん観察して動いて、たくさん仕事を見つけて下さい。 色々の視点から見ていけば仕事はたくさんありますよ。 また、仕事がどのように役立っているのかを短くですが入れています。 『仕事だから』『みんなやっているから』 と仕事をするのではなく『この仕事は選手やチームのどんなように役立つのか』を考えて仕事をすることで仕事へのモチベーションアップにもつながります。 大きく役立つことだけが仕事ではありません。 選手が1秒でも長く休憩が取れるよう、選手が試合をする体力を使わないようにするなどでも十分にチームに貢献しています。 なので『仕事をしても意味がないかもと』勝手に決めずにまずはしてみて下さい。 意外なことが役立つことも多いですよ。 休憩してから選手がやるのと用意してあるとでは、練習中の疲れ方は違ってきます。 後輩・控えが休憩時間を使って準備することはなくなります。 地味だけど大切な仕事。 当たり前のように使えること、使える状態になることで選手にとっては気持ちよく練習に取り組めます。 マネージャーがしっかりと代役をすることで監督やチーム関係者からのチーム評価は高くなります。 またケガしてからの対応では動揺が生まれて冷静な対応ができない状態にもなります。 処置や対応が早ければ関係者や審判・役員からは早く対応できるチームほど、しっかりしたチームと思われるようになります。 選手でやれよと思う・・・ 部室は始まりと終わりの場所は綺麗な方がいいスタート・いい切り替えがしやすいと思います。 かなり地味で目立たない仕事ですが、一歩間違えれば選手のケガにも繋がります。 小さい石や小さい段差など小さなことでバランスを崩してケガすることも多いです。 もしバランスを崩して転んだとしても、そこに石があればケガもひどくことだってあります。 おろそかにできない仕事です。 スコアは分析・見直すときなどに活用されるので責任ある大切な仕事です。 医務室・保健室があるにしても応急処理ができるのとでは、その後の対応も変わってきます。 テーピングも出来るなら出来た方がいいです。 テーピングは自分でもできますがかなり大変です。 テーピングが出来る人がいれば試合途中にケガをしても『対応できる人がいる』と選手・チームとしてもさらに精神的な支えにもなれます。 選手だけでするよりも練習に集中できること、選手の休憩時間の確保などに繋がります。 これは競技や練習自体を理解していないとできない出来ないものです。 マネージャーの動き次第では練習の流れに支障をきたすので、責任ある大切な仕事です。 多くの人が集まる場所ではマネージャーの行動次第でチームの影響にも関わってくる重要な仕事です。 失礼があれば「あのチームのマネージャーは・・・」となるのでしっかり対応をしていきましょう。 日陰・日向、試合が見やすい場所、アップ場所に近い・遠い、ほどよく視界が隠れる場所など条件によって選手の待機時間・移動時間も変わってきます。 良いチームはやっぱりいい場所にテントや場所取りしてあるところが多いです。 強豪校ならすげに定位置として暗黙の了解で決まっていることもあるので、どういう場所に場所取りしているかを参考にしてみるといいですよ。 ユニフォームに不備があれば場合によっては試合に出れないこともあるのでマネージャーが管理することで安心して試合に臨めることにも繋がります。 試合当日は選手が試合に集中するため、また試合をスムーズに進めるためにも大事な仕事。 出来る選手もいますが忘れる・遅れる・勘違いしている選手が本当に多いです。 なので2重に確認できることで忘れ防止を防げます。 試合の出場にも関わることなのでマネージャーがしっかり確認したいことろです。 これができるマネージャーがいれば最高です。 勝利をサポートするだけでなく選手並みに大切な存在になります。 選手もある程度はわかっていますが、数字で表すことではっきりとしたことがわかるので助かるものです。 情報収集も選手の練習時間を削ることがないし、試合の勝敗・その試合の内容などもわかるのでチームにとって一切無駄になることはありません。 ポイント 最後に仕事をするうえでのポイントを3つご紹介しますね。 基本的な環境作りの仕事こそきちんとする 基本的な環境作りの仕事は慣れてくるとつい手を抜きがちです。 でも何事にも基本は大事です。 毎日しているから・・・と手を抜けばすぐに表れるため、言われなくてもバレてます。 最悪の形では選手から不満が生まれ、直接言われます。 基本的な部分だからこそ、当たり前のようにすることは本当に大切です。 周りのことを知り・勉強 マネージャーはサポート側になります。 サポートするためには自分から周りのことを知っていくことが大切です。 選手やチームを知らないとサポートすることはできません。 マネージャーだから向こうから来てくれると思っていたらダメです。 自分から行動してやっていきましょう! 行動して工夫・改善 仕事は固定された仕事だけではありません。 人相手なので 状況によっては柔軟な対応が求められることが多いです。 なので柔軟に対応できるようにまずは自分の身近なことや自分の仕事から工夫・改善してもっといいサポートができるように励んでいきましょう。

次の

芸能人マネージャーで一番大変なところを経験者10人に聞いてみた

マネージャー は 大変

ページの目次• 大学の部活のマネージャーの仕事は男女で役割が違う マナージャーの仕事は、男子マネージャーと女子マネージャーですることに違いがあります。 男子マネージャーは、部の根幹になります。 メインの仕事として、六大学同士をつないだり、外部と交渉をしたりします。 そのため、男子マネージャーは、部にとってとても大切な仕事をすることになります。 また、合宿やOP戦を手配することも、男子マネージャーの大切な仕事のひとつです。 一方、女子マネージャーは、会計や広報などの仕事をします。 そして、それぞれ自分が分担された仕事を、責任を持ってしっかりとこなします。 リーグ戦があるときは、チケットを販売したり、写真を撮ったりします。 OP戦があるときは、審判の接待をしたり、写真を撮ったりします。 合宿があるときは、洗濯をしたり、食事の用意をしたりします。 それから、女性のマネージャーは、部活の練習が始まる前に、飲み物を用意したり、部室を掃除したりして、選手が練習に取り組みやすい環境を作ります。 大学の方が本格的?高校マネージャーの仕事との違いを比較 高校と大学のマネージャーの仕事は、違いがあります。 メインの仕事は、試合時のスコア ・お茶、アイシングの準備 ・道具の片付け・トス投げ ・合宿のときの食事の用意と洗濯、などです。 また、大学では、様々な書類を書く仕事もあるのですが、高校ではめったにありません。 私は、マネージャーの経験がないし、野球のルールもあまり知らなかったのですが、それでもやっていっています。 スコアは、練習すればできるようになります。 マネージャーのデメリットは、選手がダラダラして練習をしているときに、自分がここで何をしているんだろう、と思うことがあることです。 選手のモチベーションが低いときは、自分が空回りしているように感じるのです。 それはさておき、強豪校でなければ、マネージャーになりたいという気持ちがあれば、野球部のマネージャーはこなせるはずです。 ちなみに、部室の掃除は、マネージャーの暗黙の了解の仕事です。 私の部では、私以外は誰も掃除をしません。 大学の部活のマネージャーの仕事は大変だがメリットもある マネージャーの仕事は、はっきり言って大変な仕事です。 特に強豪校のマネージャーの場合、土曜日も日曜日も休みはありません。 また、遠征代のお金もかかってしまいます。 そして、経理もしないといけません。 高校のマネージャーの仕事も、雑用や管理などで大変な仕事ではあるのですが、実際には、大学のマネージャーのほうが、大変だと思います。 マネージャーになると、周りからは男好きだと思われることもあります。 しかし、何年もマネージャーの仕事をするには、かなりの気力がないとできないでしょう。 サークルはお遊びっぽいところがありますが、部活は結果を残す必要があるので、かなり対象的になります。 私は主さんにやる気があるのなら、マネージャーになることをおすすめします。 マネージャーの仕事をすることによって、人間関係などの勉強ができます。 また、就職するときに、マネージャーを4年間こなした、という経験は、絶対に就職に有利になると思います。 大学の部活のマネージャーの割合とマネージャー仕事が重要な理由 大学の体育会の場合、主務が男性というのは、よくあることです。 決して珍しいことではありません。 強豪校の場合は、ほとんどの主務は、男性だと思います。 マネージャの仕事は、練習試合をセッティングしたりマネージャー会議へ出席したりする渉外の仕事や、チームをまとめて動かすことなど、とても大変な仕事になります。 高校の場合は、これらの仕事は、監督などがしてくれるので、マネージャーがする必要はありません。 そのため、高校のマネージャーの仕事は、雑用みたいなところがあります。 しかし、大学のマネージャーの場合は、これらのことも学生がメインでする必要があります。 そして、その中心にチーフマネージャーである主務がいるのです。 チームをまとめて動かすために、一番関係している仕事になります。 そのため、高校生のときから、マネージャーをしていることは、素晴らしいことになります。 全然格好悪いことはないので、胸を張って堂々と、マネージャーの仕事をしてくださいね。 強豪校のマネージャーは中間管理職?マネージャー仕事の実際 強豪高校のマネージャは、企業でたとえると、中間管理職のようなものです。 どうしてかというと、監督と部員の間に存在するからです。 そして、監督の補佐として、野球部をまとめて動かします。 時には厳しく時には優しいマネージャーの姿勢は、素晴らしいです。 監督はグランドで、レギュラーの選手に重点を置いています。 しかし、グランドには、レギュラーやベンチ入りしていない部員がかなりいます。 マネージャーは、監督の目が届かないところを察知して、指示、判断、処理をします。 このようなマネージャーの存在は、そのチームのレベルを外側から高めるのです。 私が高校1年生だったとき、3年生の男性マネージャーがいました。 そのマネージャーの行動は、とても素晴らしいものでした。 入学したばかりで、右も左もわからない私でさえ、そのマネージャーに感心して、「高校野球部のマネージャーはすごい!」 とびっくりしたことは、今でも忘れることができない思い出です。 関連記事はこちら.

次の