何か問題がありましたらご連絡ください 敬語。 「何かありましたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

「ありましたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

何か問題がありましたらご連絡ください 敬語

「お知らせ」は「知らせの内容や伝えること、通知」を意味しており、「ご連絡」と同じような意味になります。 しかし、「ご連絡」は口語や書き言葉の両方で使いますが、「お知らせ」は書き言葉で使うことがほとんどです。 また「お知らせください」は「教えてください」という意味として捉えることができます。 例えば、ビジネスでは打ち合わせの日時などを知りたいので連絡をして欲しい場合などに使用します。 「お知らせください」は「お」がついて丁寧語となりますが、「ください」という口調が強い印象を与えてしまうので、目上の人への敬語としては好ましくありません。 この場合は「お知らせいただきたく存じます」などとしましょう。 お返事ください 「ご連絡ください」はビジネスの会話ではそのまま使っても間違いではなく、そこまで失礼にはあたりません。 親しい間柄の人には問題ないでしょう。 会話は声や態度からも人の敬意を感じることができるので、言葉だけに意識がとらわれません。 しかしときに「ご連絡ください」の「ください」という言葉が相手にとって強い口調のような印象に感じてしまう場合があります。 そこでビジネスにおいては、強引ではなく待っているという事を伝えるように表現するとやわらかい印象になります。 例えば「ご連絡お待ちしております」のようにすると、相手に強いることにならず失礼になりません。 できれば目上の人には「ご連絡お待ちしております」や「ご連絡お願いします」と言った方が印象が良くなります。 メール.

次の

目上に「ご指摘ください」は失礼?意味・言い換え敬語・ビジネス例文

何か問題がありましたらご連絡ください 敬語

「何かございましたら」の「何か」の意味は質問を含みます。 何かございましたらの何かは、具体的なものを指すわけではないのですが、ある程度カテゴリは限定されています。 そのため、「何かございましたら」と言われた時、あるいは「何かございましたら」と声をかける時には、物事を想定して話を進めていくのです。 その際に「何か」は質問のカテゴリを指す可能性が非常に高いと言えるでしょう。 何故なら、あるサービスを受けてそのように言われた時の問い合わせ内容には絶対に質問が入ってくるからです。 何も聞きたいことがなく、不明点が一切ない状況であれば、そのような言葉はフィードバックされないことでしょう。 客側の要望には「分からないことをもう一度聞きたい」という内容が含まれているからこそ、このような言葉がかけられるようになったのです。 しかしながら「何かございましたら」の何かは決して質問だけを指す言葉ではないのです。 「何かございましたら」の「何か」の意味は意見を含む 「何かございましたら」の「何か」の意味は、意見も含みます。 サービスを受けたり商品を購入した際に「何かございましたら」と言われますが、その際に自分の意見があることが少なくありません。 そういった自己主張を極力控えるのが日本人の美学ではありますが、こういった場合にはどうしても言いたくなることがあるのです。 そういった心境において「何かございましたら」と言ってもらうことで、気軽に意見を言いやすくなります。 「何かございましたら」という表現には日本人の真心も含まれているのです。 社交辞令のようになっている表現ではありますが、相手の意見を聞くことはとても大切なことですので、積極的に活用したい表現になります。 「何かございましたら」の「何か」の相談は質問を含む 「何かございましたら」の「何か」の相談は相談の意味も含みます。 何かを打ち明けて相談することはよほど壁のない人間関係でないと難しいかと思います。 たとえ相談することができたとしても、本音で相談できる内容は限られてくることでしょう。 そのため、相手を気遣う意味でこの表現はとても気持ちが伝わる表現と言えます。 真心を伝えるのはありきたりな表現では難しいのですが、この「何かございましたら」という表現については誰にでもパッと言える表現ではないので、もしもこの表現をさりげなく使うことが出来れば、相手に真心が伝わることでしょう。 差し出がましくならないように使うことで、相手が心を開きやすくなる効果もあります。 「何かございましたら」の「何か」の意味は要望を含む 何かございましたらの敬語の種類として「何かございましたらご連絡ください」があります。 「何かございましたらご連絡ください」という表現は、何か企業からサービスを受ける時にはよく聞かれる言葉になります。 店員さんや相手方のオペレーターから、優しくこのような言葉をかけられると、信頼して任せられるものです。 また、ビジネスにおいて得意先や取引先に対してもこのような言葉をかけることがあります。 ビジネスにおける「何かございましたらご連絡ください」は常套句であり、経験を積んだビジネスマンであれば誰でも使うありきたりな言葉でありながら、その言葉が持つ安心感は非常に大きいと言えます。 自然に使いたい言葉です。 これは「何かございましたらご連絡ください」にビジネス感を持たせた敬語の一種だと説明ができます。 「何かございましたらご連絡ください」と言われるよりも相手に対して丁寧な感じが伝わります。 「何かございましたらご連絡ください」自体が敬語であると言えますが、「何かございましたらご連絡ください」という表現を少し変えるだけでその敬語のニュアンスが高まって来るので、状況に応じて使い分けられるようにしておくと、ビジネスパーソンとして、周囲から尊敬が集められる立ち回りができることでしょう。 何かを相手に説明し、この辺で話を終わらせたいなと思った時に、「何かございましたらご連絡ください」と言うと、非常にスムーズに流れを中断させることができます。 また何かに対してワンクッション置きたい時にも効果的です。 「何かございましたらご連絡ください」と言われれば相手方も「とりあえず話は終わったのかな」と認識ができますし「これで話は終わりです」「以上です」などと話を切られるよりも改めてまた機会を持ちましょうという前向きなニュアンスも伝わります。 ビジネスの場で締めの言葉としてこれ以上ふさわしいものはないでしょう。 例えばブティックでお客様が何かを探している時に「何かございましたら気軽にお声がけくださいませ」と言われれば、何か聞きたいことがあるタイミングで声をかけやすくなることでしょう。 また、声をかける側もお客様に対してどう言葉をかけていいのかを迷う時にも、この言葉をかけておけば、お客様が安心するという、使う側にとってもありがたい事情があります。 ありきたりな言葉であっても心を込めて相手に声をかけることで、相手に対しての気遣いやおもてなしは伝わるものなのです。 何か進展があった時に相手から連絡が欲しいと思った時に「何かございましたらご連絡ください」と言っておくと、相手から連絡が来やすくなりますので、そういった要望がある場合には是非言っておきたい表現になります。 ここまで紹介した表現は相手への気遣いや親切心が込められている言葉ですが、こういった使い方も決して打算的な使い方ではありません。 何故なら相手から連絡をもらうことで、さらに相手のためになる気遣いができるからです。 ここで紹介している使い方も決して打算的なものではないということを認識しておきましょう。 「何かありましたら」と比べると「何かございましたら」の方がより丁寧な敬語表現だと言えます。 しかし改めて「何かございましたら」を使うことで相手と見えない壁ができる場合もありますので「何かありましたら」と比較してどちらが適切かを考えていく必要があります。 「何かございましたらご連絡ください」をビジネスの場で生かそう! 「何かございましたらご連絡ください」という表現は相手への最大限の敬意を何とか伝えたい時に有効な表現です。 事務的に言うか、それとも心を込めて言うかでも相手への伝わり方がガラッと変わりますので、使うシーンや抑揚にも気を付けると、この言葉をきっかけに相手と円滑なコミュニケーションを取れるようになります。 日本語の表現には「何かございましたらご連絡ください」に代表されるように、相手へのおもてなしの心が込められた言葉がたくさんありますので、是非「何かございましたらご連絡ください」に限らず、綺麗な日本語をどんどん身に付けていってくださいね!•

次の

「何かありましたら」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

何か問題がありましたらご連絡ください 敬語

「ご連絡いたします」は謙譲語「いたします」はひらがなが適切 自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現も良く目にします。 ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。 「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。 その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。 しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。 そのため、使っても問題ありません。 厳密に言えば 「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 次に、「いたします」と「致します」漢字とひらがなの違いについて、話し言葉である場合には同じですが、 ひらがなの「いたす」は、「する」の謙譲語で補助動詞です。 一方、 漢字表記での「致す」は「届くようにする、至らす」という意味があり、動詞として使われます。 このため、「ご連絡いたします」は「ご連絡」の補助動詞として「するの謙譲語のいたす」が付くため、ひらがな表記となります。 漢字表記は「私の不徳の致すところ」といったように動詞として使う場合に使用します。 その他の「ご連絡」を用いた表現 ここからは「ご連絡」を用いた表現が適切かどうかや、誰にどのように用いるかなどの具体的な例をあげて説明をします。 「ご連絡させていただきます」は間違い 「させていただく」相手から許可をもらうときの表現です。 しかし、基本的には連絡をすることに許可をとる必要がないため間違いとなります。 また文法的には、「ご連絡」=謙譲語、「させて」=使役の助動詞、「いただく」=「もらう」の謙譲語、となり、二重敬語になります。 この場合には「ご連絡いたします」という表現で問題ありません。 「ご連絡申しあげます」は正しい敬語 「ご連絡いたします」よりも丁寧な表現として使うことができます。 敬語表現として「ご〜申し上げる」は問題ないため、使用できます。 「ご連絡差し上げます」は使わない方がよい この言葉は謙譲語の表現ではありますが、「差し上げる」という言葉の響きが上から目線であまり良い印象を与えないため、使わないほうがよいとされています。 もし使っていいか迷う場面があった場合には、「ご連絡いたします」もしくは、「ご連絡申し上げます」という表現を使う方が無難です。 ビジネスシーンやメールで使える「ご連絡」の例文集 ここでは、ビジネスシーンやメールで使える「ご連絡」の例文集を紹介していきます。 以下例文です。 「この度はお電話をいただき誠にありがとうございます。 本日いただいた質問に関しましては、回答をまとめ次第、こちらからご連絡を差しあげますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 」 相手に連絡をお願いする場合の例文集 次は、相手に連絡をお願いする場合の例文集を紹介していきます。 このケースの場合には、相手に連絡を催促したい時であるため、相手にはできるだけ不快感を与えないように丁寧な言葉を選ぶことが大切です。 たとえ、悪気がなかったとしても、相手側にきつい印象や失礼な印象を与えてしまうということはよくあるので、ぜひそのポイントに注意をして相手に連絡ができるようになりましょう。 また、催促に関してはこちらも参考になります。

次の