ソフトバンクグループ株価予想。 ソフトバンクの株主優待と配当金権利確定日【株価推移と配当利回りまとめ】

【投資先も急落】どうなるソフトバンクグループ(9984)今後の株価、業績を予想

ソフトバンクグループ株価予想

com ソフトバンクといえば、携帯電話会社というイメージが強いかもしれない。 ソフトバンクは子会社であり、親会社であるソフトバンクグループ(ソフトバンクG)は現在投資事業を営んでいる。 同社の投資事業は堅調に推移しているものの、株価は5,000円に到達した後、停滞している。 今後上下どちらに抜けるのか、注目されている状態だ。 ただし2002年11月には137円にまで下落し、ITバブル崩壊も経験している。 しかしその後は徐々に上昇し、2017年には5,000円を回復した。 ITバブル崩壊後、2002年8月には137円にまで下落したソフトバンクG株だが、その後株価は右肩上がりだ。 2006年の新興市場バブル、2013年のアベノミクス相場、2016年にはソフトバンクGが投資会社となり、その後の上昇相場を経て2017年には5,000円を回復した。 その後は、一進一退の攻防が続いている。 2016年からの上昇相場に乗って5,000円を回復したソフトバンクG株だが、5,000円台が定着せず方向性が定まらない状況だ。 ペナントは頂点に近づくにつれてペナントブレイクが発生しやすくなり、そのブレイクによって再びトレンドが発生する。 株式や為替市場では、トレンドが発生した後に停滞相場が到来し、値動きが膠着するケースが多い。 ペナントは停滞相場の典型的なチャートパターンだが、高値の切り上げと安値の切り下げが進行し、拡大波動を描くこともある。 5,000円を基点に上値の切り上げと下値の切り下げが進むソフトバンクG株は、まさに拡大波動を見せており、チャートパターンとしては典型的な停滞相場と言えるだろう。 1 2012年末からのアベノミクス相場 2 投資事業へ業態転換した2016年以降 それぞれについて解説しよう。 安倍政権の経済活性化政策はアベノミクスと呼ばれ、株式市場はこれを好感し、アベノミクス相場が到来した。 2012年末より国内株式市場全体が上昇する中、ソフトバンクG株は2013年1月の1,500円台から2014年1月には4,650円まで上昇した。 多くの国内銘柄に恩恵をもたらしたアベノミクス相場だったが、ソフトバンクG株の株価は約3倍にもなったのだ。 孫社長は2006年にボーダフォンから国内携帯電話事業を1. 7兆円で買収し携帯電話事業に注力していたが、AIやシェアリングエコノミー市場の急成長を受け、10兆円ファンドを立ち上げて投資事業に注力すると宣言した。 そして2016年11月に10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)を設立、2018年12月に携帯電話事業子会社であるソフトバンク<9434>の株式を上場(IPO)した。 ソフトバンクG株はアベノミクス相場により1,500円台から4,600円台まで一気に駆け上がったが、その後2,000円台まで下落した。 2016年は概ね2,000~3,000円で取引されていたが、10兆円ファンドの設立発表とその設立を経て株価は徐々に上昇した。 株価としては2013年12月の高値4,660円が注目されていたが、2017年6月には完全にこれを上に抜け、10月には5,000円に到達した。 孫社長の経営が携帯電話事業から投資事業へシフトすると同時に、株価も上昇したかたちだ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの運営は順調であり、現在2号ファンドの設立が準備されている。 前述のように、ソフトバンクGのチャートは拡大波動を描いており、停滞相場に位置している。 よって、ソフトバンクG株は次のトレンドの発生を待っている状態だ。 ちなみに、拡大波動のチャートパターンの後にトレンドが発生する場合は、以下のようなチャートパターンを描くことが多い。 上昇と下落のいずれの場合も、拡大波動に沿ったトレンドラインを株価が抜け切るかどうかがポイントになる。 トレンドラインを上に抜ければ、ITバブル期の株価を目指す展開になるだろう。 一方トレンドラインを下に抜ければ、業態転換期の株価上昇が帳消しになる。 ちなみに、2018年12月末に下のトレンドラインにタッチした後、2019年2月に過去最大の6,000億円を上限とする自社株買いが発表され、それを機に株価は急騰した。 2019年9月時点の株価は4,000円台半ばで、上下のトレンドラインから等距離に位置している。 今後ソフトバンクGの株価が、上下のトレンドラインに対してどのような値動きを見せるかが注目される。 携帯電話事業は、事業子会社であり株式公開済のソフトバンクが行っている。 米国株式市場の上昇もあって同社の投資事業は堅調に推移しており、ビジョンファンドの2号ファンドも設立準備中だ。 しかし、投資事業は利益の振れ幅が大きい事業だ。 孫社長の投資に対する目利き力を金融市場は評価しているが、孫社長といえども百発百中ではない。 よって今後の決算では、投資が失敗した案件によって大きな損失を計上する可能性もある。 投資事業への転換によって利益の振れ幅が大きくなった同社の決算を、株価がどのように折り込んでいくかについても、今後のソフトバンクG株を予想するうえでのポイントとなる。 100株単位で取引される銘柄なので、最低投資金額は46万1,600円だ。 ソフトバンクG株の購入にあたって、比較的手数料を抑えられる証券会社は以下のとおりだ。 ・DMM. com証券またはライブスター証券を利用すれば、手数料は最安で194円だ。 以下、GMOクリック証券の260円、SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券270円、岡三オンライン証券378円と続く。 なお、SBIネオモバイル証券やLINE証券を利用することで、1株単位(4,616円)で購入することもできる。 ITバブル期ほどではないが、アベノミクス相場以前に1,500円前後だったソフトバンクG株は、現在は当時の約3倍の株価水準だ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの設立を機に、投資事業に舵を切った孫社長率いるソフトバンクGは、これまで投資事業で満足のいく実績を出してきた。 しかし米中貿易摩擦を契機に世界の景気動向にも停滞感が生じており、米国の株式市場も頭打ちとなりつつある。 その中で、ソフトバンクG株も停滞に甘んじている状況だ。 今後は、現在拡大波動を描いている停滞相場を上下どちらに抜けるのか、そのタイミングと方向が注目される。 (ZUU online 編集部).

次の

【投資先も急落】どうなるソフトバンクグループ(9984)今後の株価、業績を予想

ソフトバンクグループ株価予想

DiDi• Y!Mobile• Y!モバイル• Yモバイル• Whiz• SynchRoid• SUPER FRIDAY• SoftBank Air• PhotoVision• PayPay• HELLO CYCLING• BigDog• Atlas• App Pass• 自然でんき• 福岡ソフトバンクホークス• 白戸次郎• 白戸家• 孫正義• 孫の二条の兵法• 学割先生• ワイモバイル• レジ フォー ペッパー• リトルドッグ• ラジーブ・ミスラ• ホワイトプラン• ホワイトクラウド• ペッパー• ペイペイ• フォトビジョン• ビッグドッグ• パーソナルカラダサポート• ハローサイクリング• チーター• タダ学割• ソフトバンク・ビジョン・ファンド• ソフトバンクでんき• スポナビライブ• スポット• シンクロイド• ギガモンスター• ウィズ• アトラス• アップパス• みんな家族割• みまもりGPS• みまもりケータイ• みまもりカメラ• かんたんスマホ• お父さん犬• おとくライン• おうち割• おうちのでんわ• おうちでんき• Pepper• ソフトバンクグループのみんかぶ目標株価は「5,271円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 3,403円 、証券アナリストによる予想では【強気買い】 予想株価 6,744円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 4,389円 と判断されています。 ソフトバンクグループは、【iPad関連、IoT、アリババ関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【投資先も急落】どうなるソフトバンクグループ(9984)今後の株価、業績を予想

ソフトバンクグループ株価予想

com ソフトバンクといえば、携帯電話会社というイメージが強いかもしれない。 ソフトバンクは子会社であり、親会社であるソフトバンクグループ(ソフトバンクG)は現在投資事業を営んでいる。 同社の投資事業は堅調に推移しているものの、株価は5,000円に到達した後、停滞している。 今後上下どちらに抜けるのか、注目されている状態だ。 ただし2002年11月には137円にまで下落し、ITバブル崩壊も経験している。 しかしその後は徐々に上昇し、2017年には5,000円を回復した。 ITバブル崩壊後、2002年8月には137円にまで下落したソフトバンクG株だが、その後株価は右肩上がりだ。 2006年の新興市場バブル、2013年のアベノミクス相場、2016年にはソフトバンクGが投資会社となり、その後の上昇相場を経て2017年には5,000円を回復した。 その後は、一進一退の攻防が続いている。 2016年からの上昇相場に乗って5,000円を回復したソフトバンクG株だが、5,000円台が定着せず方向性が定まらない状況だ。 ペナントは頂点に近づくにつれてペナントブレイクが発生しやすくなり、そのブレイクによって再びトレンドが発生する。 株式や為替市場では、トレンドが発生した後に停滞相場が到来し、値動きが膠着するケースが多い。 ペナントは停滞相場の典型的なチャートパターンだが、高値の切り上げと安値の切り下げが進行し、拡大波動を描くこともある。 5,000円を基点に上値の切り上げと下値の切り下げが進むソフトバンクG株は、まさに拡大波動を見せており、チャートパターンとしては典型的な停滞相場と言えるだろう。 1 2012年末からのアベノミクス相場 2 投資事業へ業態転換した2016年以降 それぞれについて解説しよう。 安倍政権の経済活性化政策はアベノミクスと呼ばれ、株式市場はこれを好感し、アベノミクス相場が到来した。 2012年末より国内株式市場全体が上昇する中、ソフトバンクG株は2013年1月の1,500円台から2014年1月には4,650円まで上昇した。 多くの国内銘柄に恩恵をもたらしたアベノミクス相場だったが、ソフトバンクG株の株価は約3倍にもなったのだ。 孫社長は2006年にボーダフォンから国内携帯電話事業を1. 7兆円で買収し携帯電話事業に注力していたが、AIやシェアリングエコノミー市場の急成長を受け、10兆円ファンドを立ち上げて投資事業に注力すると宣言した。 そして2016年11月に10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)を設立、2018年12月に携帯電話事業子会社であるソフトバンク<9434>の株式を上場(IPO)した。 ソフトバンクG株はアベノミクス相場により1,500円台から4,600円台まで一気に駆け上がったが、その後2,000円台まで下落した。 2016年は概ね2,000~3,000円で取引されていたが、10兆円ファンドの設立発表とその設立を経て株価は徐々に上昇した。 株価としては2013年12月の高値4,660円が注目されていたが、2017年6月には完全にこれを上に抜け、10月には5,000円に到達した。 孫社長の経営が携帯電話事業から投資事業へシフトすると同時に、株価も上昇したかたちだ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの運営は順調であり、現在2号ファンドの設立が準備されている。 前述のように、ソフトバンクGのチャートは拡大波動を描いており、停滞相場に位置している。 よって、ソフトバンクG株は次のトレンドの発生を待っている状態だ。 ちなみに、拡大波動のチャートパターンの後にトレンドが発生する場合は、以下のようなチャートパターンを描くことが多い。 上昇と下落のいずれの場合も、拡大波動に沿ったトレンドラインを株価が抜け切るかどうかがポイントになる。 トレンドラインを上に抜ければ、ITバブル期の株価を目指す展開になるだろう。 一方トレンドラインを下に抜ければ、業態転換期の株価上昇が帳消しになる。 ちなみに、2018年12月末に下のトレンドラインにタッチした後、2019年2月に過去最大の6,000億円を上限とする自社株買いが発表され、それを機に株価は急騰した。 2019年9月時点の株価は4,000円台半ばで、上下のトレンドラインから等距離に位置している。 今後ソフトバンクGの株価が、上下のトレンドラインに対してどのような値動きを見せるかが注目される。 携帯電話事業は、事業子会社であり株式公開済のソフトバンクが行っている。 米国株式市場の上昇もあって同社の投資事業は堅調に推移しており、ビジョンファンドの2号ファンドも設立準備中だ。 しかし、投資事業は利益の振れ幅が大きい事業だ。 孫社長の投資に対する目利き力を金融市場は評価しているが、孫社長といえども百発百中ではない。 よって今後の決算では、投資が失敗した案件によって大きな損失を計上する可能性もある。 投資事業への転換によって利益の振れ幅が大きくなった同社の決算を、株価がどのように折り込んでいくかについても、今後のソフトバンクG株を予想するうえでのポイントとなる。 100株単位で取引される銘柄なので、最低投資金額は46万1,600円だ。 ソフトバンクG株の購入にあたって、比較的手数料を抑えられる証券会社は以下のとおりだ。 ・DMM. com証券またはライブスター証券を利用すれば、手数料は最安で194円だ。 以下、GMOクリック証券の260円、SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券270円、岡三オンライン証券378円と続く。 なお、SBIネオモバイル証券やLINE証券を利用することで、1株単位(4,616円)で購入することもできる。 ITバブル期ほどではないが、アベノミクス相場以前に1,500円前後だったソフトバンクG株は、現在は当時の約3倍の株価水準だ。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドの設立を機に、投資事業に舵を切った孫社長率いるソフトバンクGは、これまで投資事業で満足のいく実績を出してきた。 しかし米中貿易摩擦を契機に世界の景気動向にも停滞感が生じており、米国の株式市場も頭打ちとなりつつある。 その中で、ソフトバンクG株も停滞に甘んじている状況だ。 今後は、現在拡大波動を描いている停滞相場を上下どちらに抜けるのか、そのタイミングと方向が注目される。 (ZUU online 編集部).

次の