安田 章 大 アイライロ。 安田章大

安田章大

安田 章 大 アイライロ

まだ、実らない恋なのでしょう。 「僕だけの君になれ」という歌詞に、自分のものにしたいのにできないもどかしさが滲んでいますね。 大好きな人に「好き」と伝えることは、なぜこんなにも難しいのでしょうか。 言葉で伝えられないから歯がゆく、ため息で愛を伝えようとしているところがかわいらしいです。 悩ましいため息の、その吐息に、恋心をしたためる…なんともオシャレな歌詞ですね。 伝えたいのは、たった5文字。 「アイシテル」とカタカナで表記することで、単なる愛の告白ではなく「僕」と「君」をつなぐ、魔法の呪文のようにも聞こえます。 この呪文は、2人が愛をつなぐまでは「僕」を苦しめる、不思議な言葉です。 「愛色目」という言葉に、ドキっとしますね。 好きな人がこちらを見ている、その時の目。 ツヤっぽく、色気のある目線が目に浮かびます。 長い髪が風になびき、そこから漂う香りまで感じられるような、色香溢れる歌詞が見事ですね。 彼女の色香に誘われて振り向き、視線がぶつかると、胸が締め付けられるように苦しくなるのでしょう。 そこにあるのは、甘いトキメキではなく、心や身体を締め付ける痛みです。 ---------------- ココロの声 カラダの叫び 伝えられないのは 僕ココロ弱虫? ハチ切れそうな恋の痛みに耐えながら、愛しい人へ思いを届けようとする必死さが、胸に迫ります。 抱きしめ合う仲なのに「アイシテル」が言えない関係。 「僕だけの君に」できない関係。 「僕」と「君」の関係は、どうやら一筋縄ではいかないようです。 四六時中、愛しい人のことばかり考えていても、行き着く先は心の迷路です。 手に入れたい愛も、独りよがりのまま、出口を探してさまよっているのでしょう。 たまらず叫び出しても、救いはありません。 ただ「アイシテル」の言葉を飲み込みながら「君」に熱い視線を送るだけ。 どうやら「君」は、自分のまとった色香で「僕」を誘惑する存在のようです。 その色気は無防備ではなく、どこかもてあそぶような、小悪魔的なものさえ感じますね。 手に入れることはできない苦しみ。 だからこそ「僕」は、耐えきれず叫び出すのです。 絞り出すような安田のシャウトが、苦しい心の内を表しているようで、引き込まれるフレーズです。 「君」と「愛」を求めてあえぐ声は、まさしく魂の叫びなのです。 ほとばしる愛の大きさ、思いの強さがにじみ出した歌詞ですね。 「僕ココロ君色」という歌詞の通り「僕」のココロは愛しい「君色」に染め上げられています。 寝ても覚めても、頭の中には「君」がいるのでしょう。 安田の造語は、どこまでもロマンチックで美しいですね。 「愛色」という言葉の響きに、愛する人から伝わってくる体温や鼓動まで感じます。 「君」がいないなら、もうダメになってしまうほどに深く愛し「君」を求める「僕」。 「もう離さない」という言葉の裏には「君」にも同じ様に愛してほしいという、切実な願いが滲んでいるようです。 「君」にとっての一番でありたい、かけがえのない人になりたい。 「僕」にとって「君」は、ずっと前から特別な人なのでしょう。 なのに、「君」はいつまでも振り向いてくれず、じらされてばかり。 男心をもてあそぶような、小悪魔的な女性像が目に浮かびます。 そんな女性をなんとか振り向かせようと必死になっている姿が切なく、可愛らしくも見えますね。 好きな人の前では、かっこよくプロポーズすることも、リードすることもできない。 ただ、さりげない仕草に感情をかき回され、翻弄されるばかりです。 そんな情けない姿を、愛おしくさえ思えるように描き出すのが安田章大です。 ---------------- Ah- 愛したいと思うのは 僕君の自由で Ah- 愛されたいと願うのは 僕の勝手なんだ 愛した僕の負けなのか? 愛された君の勝ちなのか? 君の都合の僕なのか? 愛する、愛さないは「君」の自由で「僕」の願いが聞き届けられるかどうかは「君」にかかっている。 何から何まで「君」に翻弄されるばかりの「僕」ですが、思い通りにならない「君」のすべてを「アイシテル」のです。 底なしの愛にはまり込んでしまった男の恋心。 その愚かさや切なさを、安田章大は見事に歌い上げました。 愛しても届かない辛さ、悩める心情を「愛裸色」「愛色目」「愛色」と、独自のセンスで表現するところがさすがです。 安田章大の生み出す楽曲の世界観を楽しみたい人は、ぜひ他の楽曲もチェックしてみてください。 TEXT 岡野ケイ.

次の

安田章大のセンスが光る「アイライロ」男の切ない恋心?歌詞の意味とは

安田 章 大 アイライロ

まだ、実らない恋なのでしょう。 「僕だけの君になれ」という歌詞に、自分のものにしたいのにできないもどかしさが滲んでいますね。 大好きな人に「好き」と伝えることは、なぜこんなにも難しいのでしょうか。 言葉で伝えられないから歯がゆく、ため息で愛を伝えようとしているところがかわいらしいです。 悩ましいため息の、その吐息に、恋心をしたためる…なんともオシャレな歌詞ですね。 伝えたいのは、たった5文字。 「アイシテル」とカタカナで表記することで、単なる愛の告白ではなく「僕」と「君」をつなぐ、魔法の呪文のようにも聞こえます。 この呪文は、2人が愛をつなぐまでは「僕」を苦しめる、不思議な言葉です。 「愛色目」という言葉に、ドキっとしますね。 好きな人がこちらを見ている、その時の目。 ツヤっぽく、色気のある目線が目に浮かびます。 長い髪が風になびき、そこから漂う香りまで感じられるような、色香溢れる歌詞が見事ですね。 彼女の色香に誘われて振り向き、視線がぶつかると、胸が締め付けられるように苦しくなるのでしょう。 そこにあるのは、甘いトキメキではなく、心や身体を締め付ける痛みです。 ---------------- ココロの声 カラダの叫び 伝えられないのは 僕ココロ弱虫? ハチ切れそうな恋の痛みに耐えながら、愛しい人へ思いを届けようとする必死さが、胸に迫ります。 抱きしめ合う仲なのに「アイシテル」が言えない関係。 「僕だけの君に」できない関係。 「僕」と「君」の関係は、どうやら一筋縄ではいかないようです。 四六時中、愛しい人のことばかり考えていても、行き着く先は心の迷路です。 手に入れたい愛も、独りよがりのまま、出口を探してさまよっているのでしょう。 たまらず叫び出しても、救いはありません。 ただ「アイシテル」の言葉を飲み込みながら「君」に熱い視線を送るだけ。 どうやら「君」は、自分のまとった色香で「僕」を誘惑する存在のようです。 その色気は無防備ではなく、どこかもてあそぶような、小悪魔的なものさえ感じますね。 手に入れることはできない苦しみ。 だからこそ「僕」は、耐えきれず叫び出すのです。 絞り出すような安田のシャウトが、苦しい心の内を表しているようで、引き込まれるフレーズです。 「君」と「愛」を求めてあえぐ声は、まさしく魂の叫びなのです。 ほとばしる愛の大きさ、思いの強さがにじみ出した歌詞ですね。 「僕ココロ君色」という歌詞の通り「僕」のココロは愛しい「君色」に染め上げられています。 寝ても覚めても、頭の中には「君」がいるのでしょう。 安田の造語は、どこまでもロマンチックで美しいですね。 「愛色」という言葉の響きに、愛する人から伝わってくる体温や鼓動まで感じます。 「君」がいないなら、もうダメになってしまうほどに深く愛し「君」を求める「僕」。 「もう離さない」という言葉の裏には「君」にも同じ様に愛してほしいという、切実な願いが滲んでいるようです。 「君」にとっての一番でありたい、かけがえのない人になりたい。 「僕」にとって「君」は、ずっと前から特別な人なのでしょう。 なのに、「君」はいつまでも振り向いてくれず、じらされてばかり。 男心をもてあそぶような、小悪魔的な女性像が目に浮かびます。 そんな女性をなんとか振り向かせようと必死になっている姿が切なく、可愛らしくも見えますね。 好きな人の前では、かっこよくプロポーズすることも、リードすることもできない。 ただ、さりげない仕草に感情をかき回され、翻弄されるばかりです。 そんな情けない姿を、愛おしくさえ思えるように描き出すのが安田章大です。 ---------------- Ah- 愛したいと思うのは 僕君の自由で Ah- 愛されたいと願うのは 僕の勝手なんだ 愛した僕の負けなのか? 愛された君の勝ちなのか? 君の都合の僕なのか? 愛する、愛さないは「君」の自由で「僕」の願いが聞き届けられるかどうかは「君」にかかっている。 何から何まで「君」に翻弄されるばかりの「僕」ですが、思い通りにならない「君」のすべてを「アイシテル」のです。 底なしの愛にはまり込んでしまった男の恋心。 その愚かさや切なさを、安田章大は見事に歌い上げました。 愛しても届かない辛さ、悩める心情を「愛裸色」「愛色目」「愛色」と、独自のセンスで表現するところがさすがです。 安田章大の生み出す楽曲の世界観を楽しみたい人は、ぜひ他の楽曲もチェックしてみてください。 TEXT 岡野ケイ.

次の

安田章大彼女は一般人?体調不良で女子医大に行った理由とは!

安田 章 大 アイライロ

来歴 [ ]• 9月、の(当時)のファンであった姉が勝手に履歴書を送る。 本人は乗り気ではなかったが「どうせ受からんから行くだけ行ってきたら?」という母親の言葉に反抗しオーディションを受け、に入所。 同期に、 、がいる。 時代は主に関西ジャニーズJr. の中心であった渋谷すばる、、のバックで活躍し、同期メンバーで組まれたユニット「 」にも参加。 後に、丸山隆平らと共に「 」というバンド形式のユニットを結成し、ギタリストて活動。 WESTではリーダーも務めていた。 にが結成され 、2004年9月22日、「」でCDデビュー。 12月13日 - 15日ににてソロコンサートを行った。 2月10日 - 26日まで一人舞台『818』を公演。 一人五役に挑戦した。 3月16日 - 4月19日、主演舞台『』を・で公演。 7月9日 - 8月1日、主演舞台『トラストいかねぇ』を東京・大阪で公演。 7月期のドラマ『』で連続ドラマ単独主演。 11月 - 映画『』で単独初主演。 2月上旬、の一つである「」を患い、腫瘍摘出の手術を受ける。 公表されたのは。 2018年に立ちくらみで転倒し、背中と腰に全治3か月の骨折を負う。 に行われたメンバーのの脱退についての会見を欠席し、理由は「打撲」と説明されていたが、実際は骨折していた。 このことが公表されたのも、上記脳腫瘍手術を明らかにしたのと同じ7月2日。 人物 [ ]• に興味を持ち、2011年3月に手話検定3級を取得した。 ダイビングが趣味で、小型船舶免許1級を所持している。 ダイビングは2009年にCカードを取得、以降2011年11月時点でダイビング本数は150本。 レスキュー・ダイバーのライセンスも持っており、ダイブマスターを目指している。 グループのツアーをはじめ、様々な場でグッズのデザインをしている。 村上信五のキャラクター「バブーンマン」の衣装デザインも安田である。 動物好き。 小さい頃は将来、絵描きや動物園の飼育員になりたかった。 時代には「やめたい」と悩んだこともあったが、ファンレターに励まされ思いとどまったという。 当時はファンから直接手紙を受け取る場が設けられており、雨の日でもファンが待ってくれていることに「ありがたいなって。 ぬくもりがめっちゃ伝わってきました」と語っている。 お客さんが入らへんのわかってて(舞台を)やらせてくれた」、「踏ん張れたのは、上3人(横山、渋谷、村上)が引っ張ってくれた事が大きい」と話している。 のグループ脱退に関して、動揺があったと同時に、グループに戻ってこられるように自分たちが大きくなろうと思い活動していたこと、一方で、「ほんまに戻ってくると思っていたけど、もしそうならなかった時のことを考えると怖くて、結局、内のことについて自分からは事務所の人に一度も聞けなかった」と心境を明かしている。 エピソード [ ]• でのコンサート中、村上のソロ曲()でダンスに付いていた際に脇のステージから落ちたことがある。 その様子は2作目のDVD『』にも収録されている。 同じくでリハーサル中に、ダンスをしている際にに誤って落下。 下で見ていたの上に落ちたが、2人とも大きな怪我はなかった。 10月3日に体調不良を訴え、A型に感染していることが発覚。 4日には、6日にはもA型インフルエンザに感染しており、6日に行われたドラマ「」の記者会見にW主演の安田と大倉が欠席し、主演がいないまま会見が行われた。 9日の「」の収録から復帰した。 同年8月にもがのメンバーとして出演したの直後にと共に、11月にはが誕生日の直後にインフルエンザに感染している。 音楽活動 [ ]• 2012年には「今後やってみたいこと」としてジャニーズのグループへの楽曲提供を挙げていたが 、2019年には関西ジャニーズJr. に自らが作曲した楽曲「My dreams」 や「Can't stop」を提供した。 出演 [ ] グループの活動は、、の項目を参照 テレビドラマ [ ]• (1999年4月9日 - 2000年9月30日、) - 城之内章大 役• 「アフリカより」(1999年)• 第10回「記憶からの使者〜よみがえる過去の恐怖!! 」(2000年9月10日、)• (2003年5月 - 7月、) - 中ノ島達人 役• (2006年11月23日、テレビ東京) - 昇平 役• 第5話(2008年8月9日、日本テレビ) - 山田幹夫 役• (2009年10月 - 12月、) - 砂村多駒 役• Second Story(2009年11月20日 - 12月4日、) - 主演・鈴木淳 役(丸山隆平とダブル主演)• (2011年8月20日、日本テレビ) - 清水弘樹 役• 新春スペシャルドラマ・(2012年1月3日、フジテレビ) - 白石浩太 役• (2012年4月-6月、TBS)-安田章大 本人 役• (2012年7月19日 - 9月27日、) - 主演・ヨシオ 役• (2013年1月18日 - 3月22日、TBS) - 高橋良幸 役• (2013年7月12日 - 9月20日、TBS)- 大竹昇(しょう) 役• 第2シリーズ(2014年4月22日 - 6月24日、TBS)• 第5話(2016年2月10日、フジテレビ) - 小早川洋行 役 映画 [ ]• (2012年7月28日公開、)- 主演・安原俊 ブルーレンジャー 役• (2013年11月2日公開、)- 主演・天童義美 役• (2014年7月26日公開、東宝)- 安原俊 ブルーレンジャー 役• (2016年4月29日公開) - 佐々部悟 役 舞台 [ ]• ) - 田崎太一役• (2017年5月 - 6月、、) - 主演・海鹿耕治 役• (2008年4月15日 - 、テレビ東京)• (2014年4月4日、2014年4月11日、テレビ東京)• 「」の後続番組 CM [ ]• 「放送開始40周年記念」Ver. (、1999年) - 錦戸亮との共演• 「スタイルフリー」(2011年 - )• 「熱くなった後に篇」(2013年4月29日 - )丸山隆平、錦戸亮との共演• 大阪メトロポリス OMPタワー(2013年7月26日 - (関西地区限定))村上信五、錦戸亮との共演• Wii U (使用キャラクターは、) 作品 [ ] 楽曲制作 [ ] 作詞・作曲 [ ] 曲名 収録CD 作品コード 備考 わたし鏡 2nd Full Album 『』 ソロ曲 それぞれの君と 未収録 ソロ曲 アイライロ 3rd Full Album 『』 ソロ曲 Snow White 13th Single 『』 詞曲共に錦戸との共作 TOPOP 4th Full Album 『』 ソロ曲 『って!!!!!!! 』 4th Full Album 『』 作詞は大倉との共作 Eightopop!!!!!!! 18th Single 『』 Dye D? への楽曲提供 My Story 43rd Single 『』 作詞は大倉 脚注 [ ] []• CDJournal. 2018年1月2日閲覧。 2016年9月閲覧。 ただし、丸山はこの時点で2回目のオーディションを受けており、1回目のときは同じオーディションにがいた。 だったころ〜」より。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年7月2日. 2018年7月2日閲覧。 2011年6月11日『日刊スポーツ saturdayジャニーズ』より• 2011年11月号『月刊ダイバー』より [ ]• DVD『』Bパッケージ特典映像• Real Sound. 2020年4月30日閲覧。 dmenu映画. NTTドコモ 2019年3月14日. 2019年4月13日時点のよりアーカイブ。 2020年4月30日閲覧。 ORICON STYLE 2016年1月29日. 2016年1月29日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年9月2日. 2015年9月4日閲覧。 音楽ナタリー. 2018年9月22日. 2018年9月22日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2019年7月8日. 2019年10月6日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の