フォト ショップ 背景 色。 わずか10秒っ!Photoshopで部分的に色を変えたいときの【色の置き換え】の使い方&動画解説ダイジェスト

「フォト」背景の色を変更する方法<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

フォト ショップ 背景 色

2014-12-28 フォトショップで画像の背景を透明にする方法と保存形式 今回はフォトショップで背景を透明にする方法と、 透明な背景の状態のまま保存できる形式についてご紹介したいと思います。 それでは今回はこちらの画像からDVDのパッケージの背景を透明にしたいと思います。 まず、フォトショップで透明な状態を表す表示はこのような 白とグレーの千鳥格子が透明の状態です。 つまり最終的にこういった状態になればOKです。 では早速やってみたいと思うので この形状に選択範囲を作り選択を反転させました。 しかし、ただ選択範囲を作り削除しただけではこのように背景色になるだけで透明にはなってくれません… それは、このレイヤーが背景になっているからです。 こちらを「右クリック」して「背景をレイヤーに」をクリックします。 (もしくは背景レイヤーをダブルクリックでもOKです) するとこのようなウィンドウがでますので「OK」をクリックします。 すると「背景」から「レイヤー」に変わりました。 これで透明な状態を作ることが出来る状態になりました。 では再び、DVDの形状に選択範囲を作り反転し、背景部分の選択に切り替えて 選択範囲を削除すると。。。 このように背景を透明にすることができました! さて次は、この透明な状態のまま保存する方法ですが、 それには透明を維持できる形式で保存しましょう。 その形式は… ・gif形式 (圧縮されて軽い画像、色が256色しか使えない、レイヤーは保存できない) ・ping形式 (圧縮されて軽い画像、jpgのように沢山の色で透明も表現できる、レイヤーは保存できない) ・PSD形式 (非圧縮でキレイだがデータ量が重い、レイヤーを保存できる) ・tif形式 (非圧縮でキレイだがデータ量が重い、レイヤーを保存できる) こちらの形式で保存すればOKです。 写真などでよく使われるjpg形式では透明な状態を保存できません。 以上が、フォトショップで画像の背景を透明にする方法と保存形式になります。 また、人物などを簡単に切り取る方法もこちらでご紹介していますので ぜひ試してみてくださいね。 まとめ ・グレーの千鳥格子が透明の状態 ・背景をレイヤーに変えてから透明にしたい部分を切り取る ・保存形式は透明を意地できる形式で保存する.

次の

フォトショップで色の置き換えをマスターする5つの鉄板テクニック【保存版】

フォト ショップ 背景 色

塗りつぶしを行う場所の指定は、選択範囲など様々な方法で細かく設定できるからね。 まずは基本の使い方から見ていこう。 塗りつぶしツールを使う Photoshopの左のメニューから「塗りつぶしツール」を選択します。 その時はグラデーションツールのアイコンを右クリックしてから「塗りつぶしツール」を選びます。 カンバス上の、塗りつぶしたい場所でクリックします。 クリックした部分と同じ色の部分が塗りつぶされます。 カンバスに何も描かれていない場合は全体が範囲となります。 選択範囲を作成している場合、その範囲内でのみ塗りつぶしを行うことができます。 不透明度を調整する 続いて、不透明度を調整する方法を紹介します。 塗りつぶしツールを選択したあと「不透明度」のスライダーを動かすか、数値を入力することで変えることができます。 塗りつぶしの際には「通常」「乗算」「覆い焼き」などの属性を上のオプションから選択することができます。 下の図は、左の色で全体を塗りつぶした後、右半分に選択範囲を作成し「乗算」モードのグレーで塗りつぶした場合です。 「許容値」ではクリックした場所とどれだけ近い色の部分に塗りつぶしを反映させるかを調整することができます。 下は元になる画像の上に「乗算」で青色を設定し、「許容値50」で右下の部分をクリックした場合です。 同じ条件で「許容値120」にした場合です。 先ほどより塗りつぶしの範囲が広くなっているのがわかりますね。 Photoshopのさまざまな合成機能を使って、画像の一部を木目調にすることができます。 今回は、画像から新しくパターンを作成し塗りつぶしツールで使用する方法と、木目テクスチャ用の画像をオブジェクトにそのまま貼り付ける方法の2つを紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 大石ゆかり 田島メンター!!床とか壁に使われるような、木目っぽい表現の画像を作りたいんですが…… 田島悠介 ブラシツールを使う手もあるけれど、範囲が大きい場合は写真などの素材を利用するのがいいかもしれないね。 大石ゆかり 素材が用意できたら、次はどうしたらいいんですか~? 田島悠介 木目の写真を実際に画面に適用させる方法として、パターンによる塗りつぶしの方法とテクスチャを使った方法のふたつを見てみよう。 パターン作成から塗りつぶしツールを使う方法 写真などの一部から新規にパターンを作成し、それを塗りつぶしツールを使って画像に適用させる方法です。 素材にする木目の画像を開いた状態で左のメニューから選択範囲作成アイコンを右クリックし、「長方形選択ツール」を選びます。 パターンとして使用したい部分を選択してください。 選択範囲が作成された状態で「編集」をクリックします。 さらに「パターンを定義」を選択します。 これでパターン作成のダイアログが表示されます。 今回は「木目」と名前をつけて「OK」をクリックしました。 次に木目調にしたい画像を開き、パターンを適用させたい部分を自動選択ツールなどで範囲作成しましょう。 左のメニューから「塗りつぶしツール」を選択します。 塗りつぶしの種類を「パターン」に変更し、先ほど作成した「木目」を選択してください。 選択範囲の中でクリックして塗りつぶします。 これで作成したパターンが画像に適用されました。 1つ目の方法は以上です。 田島悠介 パターンによる塗りつぶしを利用した方法だよ。 大石ゆかり 塗りつぶしツールにはこんな使い方もあったんですね! 田島悠介 このようにパターンは自分でいくつでも追加できるので、使いたい素材や表現方法があったら普段からストックしておくといいかもしれないね。 テクスチャ用画像をオブジェクトに適用させる方法 木目画像をオブジェクトの形に直貼りしていく方法です。 まず、適用させたい木目の画像を用意します。 今回はこちらの画像を例として使用します。 次に、木目調にしたい画像を用意します。 適用させる部分以外は透明の状態になっています。 テクスチャに使用する画像のレイヤーを上に、適用させたいオブジェクトのレイヤーを下に配置します。 この時、オブジェクトがテクスチャのレイヤーからはみ出している場合は拡大縮小などで調整します テクスチャに使う木目画像のレイヤーを選択した状態で、オブジェクトのレイヤーを下図の赤丸の部分へドラッグしてください。 これでオブジェクトに木目の画像が適用されました。 さらに下にレイヤーを追加し、白で塗りつぶした状態にしました。 透過の部分は下レイヤーの状態が反映されます。 今回の記事は以上です。 田島悠介 テクスチャを使用した方法では、元の木目画像の向きや大きさなどを変えることで色々違った表現をすることができるよ。 大石ゆかり シルエットに画像を適用させるだけで、こんなに雰囲気が変わるんですね。 田島悠介 パターンやテクスチャに使用する画像は、著作権に関する問題がないように自分で撮ったものやフリー素材などを使おうね。 大石ゆかり はい!気をつけます! さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopでレイヤーマスクを描画する方法も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop Photoshopでは文字を簡単に加工することができます。 そのうち今回は、選択範囲作成機能とブラシツールを使用して、画像や文字をクレヨン風に加工する方法をご紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 田島悠介 色々方法があるけれど、今回は選択範囲とブラシツールを使ってみよう。 大石ゆかり 文字から選択範囲が作れるんですか~? 田島悠介 簡単な手順で、文字の形そのままの範囲を作成できるよ。 まずはそこからやってみよう。 事前準備 まず、テキストツールを使用して文字を入力します。 このファイルでは、白で塗りつぶしたレイヤーの上にテキストのレイヤーを作成しています。 選択範囲を作成する クレヨン風に加工する場所を、選択範囲で指定します。 自動選択を使う場合 テキストを入力したレイヤーを右クリックし、「テキストをラスタライズ」を選択します。 次に左のツールから選択範囲アイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選びます。 上のオプション内の「隣接」にチェックが入っている場合は外します。 ここでキャンバス上の、文字以外の適当な場所でクリックします。 文字以外の全ての部分が選択されました。 「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選びます。 これで、文字の部分だけが選択された状態になりました。 文字レイヤーの上に加工用のレイヤーを新規に作成し、それを選択した状態にします。 先ほど文字を入力し、ラスタライズしたレイヤーは非表示にします。 このような状態になります。 作業用パスを使う場合 テキストを入力したレイヤー この方法ではラスタライズしません を右クリックし、「作業用パスを作成」を選択します。 「パス」のタブを選択し、「作業用パス」レイヤーを右クリックして「選択範囲を作成」を選びます。 さらに「レイヤー」タブをクリックするとレイヤーの画面に戻ります。 その後は自動選択を使った時と同様に、文字のレイヤーを非表示にして新規レイヤーを作成してください。 (この方法の場合、後からテキストを編集して選択範囲を作成し直すことができます) 田島悠介 作業用パスを使うとテキストをラスタライズする必要がない上にあとから編集できるので、こっちの方が便利かもしれないね。 大石ゆかり 文字の部分だけ、いい感じに選択できました! 田島悠介 それではブラシツールを使って実際に塗りつぶしていってみよう。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中選択範囲内をクレヨン風に加工 作成された範囲内で作業していきます。 左のメニューから「ブラシツール」を選択します。 ブラシの種類から「チョーク」を選択します。 文字の形に作成された選択範囲の中をドラッグして塗っていきます。 あまり塗りつぶしすぎないようにすると、クレヨン風に仕上がります。 なお、先ほど白一色にしていた下のレイヤーを写真にした場合はこの画像のようになります。 このように、完全に塗りつぶされていない透明の部分には背景の状態が適用されています。 また、画像からでも同様の手順で選択範囲を作成し、クレヨン風に加工することも可能です。 今回の記事は以上です。 ぜひ自分でも試してみてください。 田島悠介 ブラシツールを使うときは、あまり全部塗りつぶしきってしまわない方が雰囲気が出ていいと思うよ。 大石ゆかり 文字だけでなく、図形などにも応用できていいですね。 田島悠介 シェイプや文字とブラシツールを組み合わせるだけでも、こんな風に手描きのイラスト風画像を簡単に作ることができるので色々試してみよう。 大石ゆかり 分かりました。 ありがとうございます! さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで写真をモノクロにする方法も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop Photoshopでは、オブジェや人物、文字などの画像に影をつけることができます。 今回は初心者向けに2つの作り方をご紹介します。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 しかも影はあとからいくらでも編集可能なんだ。 大石ゆかり 具体的にはどうやるんですか~? 田島悠介 今回はふたつのやり方で影をつけてみよう。 レイヤースタイルの「ドロップシャドウ」を使う方法と、塗りつぶし+自由変形で影を作る方法だよ。 目次 今回は下記の2つの方法を順番にご紹介します。 ドロップシャドウを使って影を付ける 塗りつぶしと自由変形を使って影を付ける 事前準備 今回はこの画像をサンプルとして使用します。 どのような写真でも同じですのでご用意ください。 このファイルでは白一色の背景レイヤーの上に、看板の絵のまわりが透過状態 何も描かれていない状態 のレイヤーを作成しています。 この看板に影を付けてみたいと思います。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中ドロップシャドウを使って影を付ける レイヤースタイルのひとつ「ドロップシャドウ」を使用する方法です。 影を付けるものが描かれているレイヤー ここではレイヤー0 が選択されていることを確認します。 レイヤーの下のメニューから「レイヤースタイルを追加」をクリックします。 「ドロップシャドウ」を選択します。 ここで各項目を設定します。 描画モード:「乗算」に設定します。 不透明度:影の濃さに関係します。 ここでは50%に設定しています。 角度:影の方向に関係します。 距離:オブジェと影の間の距離です。 ここでは50pxに設定しています。 スプレッド:数値が高いほど輪郭がくっきりした影になります。 サイズ:影の大きさです。 数値を変更するとプレビューが反映されるので、それを見ながら調整すると便利です。 「OK」を押すと影が作成されます。 完成です。 今度は、別の方法を試してみましょう。 田島悠介 レイヤースタイルを使った方法は手軽にできる上に、影の色や不透明度、角度や距離など必要な設定をまとめて行えるので便利だよ。 大石ゆかり 思ったより簡単に作成できちゃいました。 田島悠介 しかも後からいつでもレイヤーパレットから該当の「ドロップシャドウ」をダブルクリックすれば設定が変えられるんだ。 大石ゆかり 便利ですね! 田島悠介 それではもうひとつの方法も試してみよう。 こちらは元画像そのものの情報から影を作成して、それを自由に変形するんだ。 塗りつぶしと自由変形を使って影を付ける 選択範囲と塗りつぶしで影のレイヤーを新しく作成し、自由変形やぼかしなどで影の形に整える方法です。 まず、看板の部分をクイック選択ツール・自動選択ツールなどで選択します。 レイヤーを新しく1つ追加します。 ここでは「レイヤー2」としています。 「編集」から「塗りつぶし」を選択します。 使用を「ブラック」・描画モードを「通常」・不透明度を「100%」にして「OK」を押します。 シルエットの部分が黒く塗りつぶされた状態になります。 このレイヤーを影として使用します。 レイヤーの属性を「乗算」にし、不透明度を50%にします。 影のレイヤーと本体のレイヤー ここではレイヤー2とレイヤー0 を入れ替えます。 「編集」から「自由変形」を選択します。 影を作りたい方向に移動させます。 移動を反映させた状態です。 ぼかし ガウス の「半径」の項目を設定します。 ここでは6. 0pixelとしています。 「OK」をクリックして完成です。 出来上がった影をさらに自由変形することも可能です。 角度・位置などを変更して色々な方向からの影に調整することができます。 これで完成です。 まずは自分で簡単な方法から試してみてください。 田島悠介 影そのものにフィルター効果をかけたり、周りのオブジェクトに合わせて変形したりしたい場合は塗りつぶしと自由変形を使った方法がやりやすいかもしれないね。 大石ゆかり 逆にシンプルな影の場合はドロップシャドウが便利そうですね。 田島悠介 どちらの方法でも影はあとから編集できるので、とりあえず作成してみて全体を見ながら調整してみよう。 大石ゆかり はい!ありがとうございました! さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで写真をイラスト風にする方法も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop Photoshopは、選択範囲の機能を使って、写真の四隅を角丸に加工することが可能です。 今回は初心者向けにその方法を解説します。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 選択範囲を使用した方法 クリッピングマスクを使用した方法 大石ゆかり 田島メンター!!画像の四隅を丸い角にしたいのですが、何か方法はありますか~? 田島悠介 角丸は、選択範囲を変形させることで簡単に作成できるよ。 大石ゆかり 選択範囲ってあとから変形したりできるんですか? 田島悠介 拡大縮小の他にも、色々な編集機能があるんだ。 実際にやってみよう。 選択範囲を使用した方法 今回はサンプルとしてこの画像を使用します。 まず、角丸にする対象の画像が背景レイヤーの場合は通常のレイヤーに変換する必要があります。 レイヤーパレット内で編集するレイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択します。 レイヤー名を入力し、「OK」を押します。 ここでは「レイヤー0」としています。 カラー・描画モード・不透明度などは変更する必要はありません 先ほど設定した名前の通常レイヤーに変換されます。 この作業をするのは「背景レイヤー」のままだと画像の一部を切り抜いたときに透過の処理ができないためです。 角丸に切り取った後のバックを白色にする場合は背景レイヤーのままでOKです。 左のツールアイコンの選択範囲ツールを右クリックし、「長方形選択ツール」を選びます。 全てを選択、あるいは角丸の形で切り抜きたい部分を選択します。 今回は以下の部分を選択しています。 上下左右の縁の幅を揃えたい場合はグリッドを表示させると便利です。 「半径」の数値を入力します。 ここの数字が大きいほど角が丸くなり、小さいほど普通の直角に近くなります。 入力後「OK」を押すと、下のように選択範囲の形が変更されます。 四隅が角丸の形になっていることが確認できます。 田島悠介 選択範囲を見るとどんな形になってるかな? 大石ゆかり ちゃんと角が丸くなってますね! 田島悠介 ここまできたらあとはこの形に沿って切り抜くだけだね。 次の手順に移ってみよう。 「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。 これで枠内以外の縁の部分が選択されることになります。 このように四隅が角丸になった状態で、最初に選択した部分が切り抜かれます。 あとは「選択範囲」から「選択を解除」をクリックして完成です。 角丸で切り抜かれた部分以外の場所は透過の状態 何も描かれていない状態 になります。 透過の部分は下にレイヤーを新規作成し、塗りつぶしや画像を入れるとそれが反映されます。 田島悠介 「半径」の数値によって形が変わるのを覚えておこう。 大きければ大きいほど丸い形になるんだ。 大石ゆかり 形の関係上、どうしても透過の部分ができてしまいますね。 田島悠介 角丸の外を残したい場合は、選択範囲から切り抜きではなく塗りつぶしを使うこともできるからね。 大石ゆかり なるほど、ありがとうございます! [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中クリッピングマスクを使用した方法 続いて、クリッピングマスクを使って写真を角丸にする方法です。 今回はサンプルとしてこの画像を使用します。 選択範囲から写真を角丸にした時と同じく角丸にする対象の画像が背景レイヤーの場合は通常のレイヤーに変換する必要がありますので、レイヤーパレット内で編集するレイヤーを右クリックし「背景からレイヤーへ」を選択します。 レイヤー名を入力し、「OK」を押します。 ここでは「レイヤー0」としています。 カラー・描画モード・不透明度などは変更する必要はありません すると、画像レイヤーの名前が「レイヤー0」に変換されて通常レイヤーになります。 次に、画面左のツールパレットから「角丸長方形ツール」を選択します。 「角丸長方形ツール」を選択した状態で、写真の上で切り抜きたいサイズにドラッグし角丸長方形を作ります。 ドラッグすると属性ツールが開きますので、角丸のサイズを4辺ともに「40px」に調整します。 次に、クリッピングマスクを作成するために角丸長方形のレイヤーを写真レイヤーの下に移動します。 そして写真レイヤーの上で右クリックで開くメニューから「クリッピングマスクを作成」を選びます。 すると、写真が先ほど作成した角丸長方形の形に切り抜かれます。 背景は透過になっているので写真の後ろに塗りつぶしレイヤーを配置したりして、自由に加工することができます。 今回の記事は以上です。 田島悠介 選択範囲を使用した方法とクリッピングマスクを使用した方法、どちらの方法も使えるようになっておくといいよ。 大石ゆかり どちらの方法で作業してもいいんですか〜? 田島悠介 色々なやり方があるから、自分に合うやり方を見つけていくのがいいと思うよ。 大石ゆかり なるほど、ありがとうございます! もっとPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで画像を左右反転にする方法も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop Photoshopで鉛筆風のイラストを描く方法を初心者向けに解説した記事です。 Photoshopでは、「選択範囲」機能と「ペンツール」を使用することで鉛筆風の効果をつけることができます。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 大石ゆかり 田島メンター!!Photoshopを使って鉛筆で描いたような雰囲気のイラストを入れたいんですが、どうしたらいいんですか~? 田島悠介 Photoshopの「ブラシツール」にはデフォルトで鉛筆っぽい表現をするブラシがあるので、それを使うのがいいかもしれないね。 大石ゆかり できれば簡単に、それっぽくしたいんですが…… 田島悠介 そんなときは写真や画像から選択範囲を作成するという手もあるよ。 実際にやってみようか。 Photoshopで鉛筆風のイラストを描く 今回は例としてこの画像を使用します。 背景に白で塗りつぶした「レイヤー1」があり、その上に鉛筆風に加工したいオブジェクトがある「レイヤー2」があります。 レイヤー2では、加工する対象の部分以外は透過の状態(何も描かれていない状態)になっています。 まず、鉛筆風に加工するオブジェクトのあるレイヤーを選択しましょう。 左のメニューの選択範囲ツールアイコンを右クリックし、「自動選択ツール」を選びます。 上のオプションで「隣接」のチェックを外してから、背景の適当なところでクリックしてください。 お菓子のシルエット以外の部分が選択されました。 上メニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。 これで加工したい部分が選択されました。 対象によっては「自動選択ツール」などを使用してもOKです。 ここでは「レイヤー3」としています。 次に、シルエットのあるレイヤー2を非表示にしてください。 図のように選択範囲だけが表示された状態になりました。 田島悠介 これで下準備は完了だよ。 大石ゆかり 鉛筆ブラシでの描画を適用させる範囲を、先に作ってしまうんですね! 田島悠介 用意ができたら、ブラシツールから「鉛筆」を使って描きこんでいこう。 先ほど作成した新規レイヤーを選択した状態で、左のメニューから「ブラシツール」を選択してください。 ブラシの種類の中から「鉛筆(木炭)」を選択し、不透明度やブラシの直径などを調整します。 選択範囲の中を塗っていきます。 途中で色などを変えても大丈夫です。 あまり塗りつぶしすぎないほうが自然な仕上がりになります。 塗りきれていない部分には下レイヤーの状態が反映されます 塗り終わったら「選択範囲」から「選択を解除」をクリックすれば完成です。 今回の記事は以上です。 田島悠介 先ほど作った選択範囲の中だけに「ブラシツール」による描画が適用されるんだ。 大石ゆかり 範囲の中をブラシで塗っただけなのに、不思議と手描きの雰囲気が出ますね。 面白いです。 田島悠介 鉛筆ツールを使う時はあまりしっかり全部を塗りつぶさず、適度に間を開けるのがそれっぽくなるコツだね。 大石ゆかり 鉛筆以外にも、色々な画材風ツールでやってみると面白そうですね。 ありがとうございます! さらにPhotoshopを使いこなしたい場合は、Photoshopで木目を描く方法も合わせてご覧ください。 [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop Photoshop初心者向けに「ペンツールの使い方」を解説する記事です。 ペンツールを使用してパスを形成すると、解像度に依存しないベクトル形式での描画が可能になります。 パスは何も描かれていない状態から作成する以外に、画像内のオブジェクトに沿って作ることも可能です。 なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。 「ブラシツール」とは何か違うんですか~? 田島悠介 「ペンツール」は「ベクトル形式 ベクター形式 」の線を作成するんだ。 「ブラシツール」だと「ラスタ形式」になるね。 大石ゆかり ベクトル形式だとどんな違いがあるんでしょう? 田島悠介 大きな特徴として「描いたあとで変形・修正ができる」「拡大しても画質が劣化しない」などがあるよ。 操作方法が少し独特なので、ひとつずつ実践してみよう。 ペンツールでパスを作成する 左のペンツールのアイコンを右クリックし、一番上の「ペンツール」を選択します。 実際に使ってみましょう。 直線を描画する カンバス内でクリックするとアンカーポイントが追加されていきます。 ポイントとポイントを繋ぐことで直線が作成されます。 曲線を描画する アンカーポイントとハンドルを使用することでベジェ曲線を引くことが可能です。 始点と終点が同じ位置にあるものをクローズドパスと言い、下のように始点と終点が別の位置にあるものをオープンパスと言います。 作成したパスから描画・塗りつぶしなどをおこなう 線が引けたら塗りつぶしも行ってみましょう。 線での描画・塗りつぶし・選択範囲作成 パスを作成した状態で右クリックするとメニューが表示されます。 ここではパスに沿って指定の色で描画したり、パスの範囲を塗りつぶしたり、選択範囲を作成したりすることができます。 カスタムシェイプを定義する また、ここで「カスタムシェイプを定義」を選択すると描画したパスをカスタムシェイプとして登録することができます。 一度登録したシェイプはいつでも「カスタムシェイプツール」メニューから使用可能です。 大石ゆかり ベクトル形式の画像データを作成したり、それを素材にしたりもできるんですね。 他にはどんな使い方があるんですか? 田島悠介 ペンツールは画像の切り抜きや加工にも利用することができるんだ。 次の例を見てみようか。 [PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中フリーフォームペンツールとマグネットで写真からパスを作成 最後に、フリーフォームペンツールを使用した便利なパスの作成方法です。 ペンツールのアイコンを右クリックし「フリーフォームペンツール」を選択します。 次に、上のオプションの「マグネット」にチェックを入れます。 写真内で選択したい部分の輪郭の一部をクリックし、そのままポインタを動かしてみましょう。 途中でアンカーポイントを作成するためにクリックなどをする必要はありません。 このように画像に対応して自動でパスが作成されます。 写真内のあるオブジェクトを切り抜いたり、その形に添ってベクトルデータの描画を作成したい時に使えます。 今回の記事は以上です。 ペンツールを使った線の描き方をさらに学びたい場合は、Photoshopを使ってベジェ曲線を描く方法も合わせてご覧ください。 田島悠介 フリーフォームペンツールは「ブラシツール」のような感覚で使用できるので、細かい調整を行いたいところで使ってみるといいかもしれないね。 大石ゆかり こんなきれいに切り取れるんですね。 田島悠介 画像内のコントラストがはっきりしていなくて、自動選択ツールなどで対象物を切り取れないときはペンツールを使うことも考えてみよう。 大石ゆかり はい!ありがとうございます! [お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。 現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。 Photoshop.

次の

インスタグラム用にフォトショップでぼかし背景を追加する方法

フォト ショップ 背景 色

A ベストアンサー イラストレーターなら。 仮に、高さ30mm程度の文字を入力>選択ツールをクリック>アピアランスパレット内の右上の三角をクリック>新規線を追加>アピアランスパレット内の「線」の文字を「塗り」の文字の下にドラッグして、上下を入れ換える>アピアランスパレット内の「塗り」をクリック>色をピンクに設定>アピアランスパレット内の「線」をクリック>色を白に設定>線パレット内の線幅を10mm・角の形状をラウンド結合>効果>スタイライズ>ぼかし>半径5mm>OK>これを別の背景の前面に置く。 この方法だと、文字を文字ツールで反転選択して効果を保ったままでの文字の編集や選択ツールで選択して書体の変更が出来ます。 A ベストアンサー 画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。 しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。 個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。 圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。 環境: Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS 1.「Web用に保存」でjpg 2.「書き出し」でjpg 3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存」でjpg 4.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「保存」でjpg 5.Photoshopに貼り付け後、「Web用に保存」でjpg 6.Photoshopに貼り付け後、「保存」からjpg 結論から言いますと、1.のIllustrator上での「Web用に保存」で最高で行った場合が、色やエッジ、文字等がきれいに感じられました。 3~6はやはりベクターからラスタ変換での劣化、jpg変換時の劣化と、2度の劣化が原因だと思います。 最初にも書いた条件の詳細が分からないので、役に立つか分かりませんが、参考までに・・・。 画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。 しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。 個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。 圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。 環境: Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS 1.「Web用に保存」でjpg 2.「書き出し」でjpg 3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存... Webデザイナーの仕事を始めたばかりの者ですが、クライアントから「A4サイズのチラシもお願い。 デザインはこれからWebに公開するものと同じでいいから」と言われまして、印刷関係の知識が全くなく困っています。 こんな簡単そうなことでも分からない自分が恥ずかしいですが、どなたか知っている方、教えていただけると大変助かります(ぺこぺこ)。 A ベストアンサー チラシというといわゆる印刷屋さんでいんさつするやつですよね。 A4サイズは横210mm 縦297mmで、そのサイズの場合350dpiの解像度を保っていないといけません。 つまり、Photoshopの表示などで言えば ------------------------------------ プリントサイズ 幅 21cm 高さ 29. 更に、カラーはCMYKに変換し、画像形式はEPSまたはTIFFとなります。 一応350dpiという事になっていますが、実際は300dpi 程解像度を持っていれば印刷には耐えられるでしょう。 今思いついたのはそんなところですね。 別に恥ずかしい事はないと思います。 Webとは全く違う世界ですから判らなくて当然かと思いますよ。

次の