血液 クレンジング オゾン。 美容医療!美魔女に人気の血液クレンジング(オゾン療法)の危険性

美容や健康に効果的!?オゾン療法血液クレンジングとは

血液 クレンジング オゾン

血液クレンジング(自己血オゾン療法) 自己血オゾン療法は、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、エイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。 オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダードな治療法なのです。 自己血オゾン療法は、まず、左右どちらかの腕から、100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。 採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにもっとも効果のある量のオゾンを正確に投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。 そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び、体内に戻します。 これだけでも脳と目にも酸素がいきわたり、視界が明るくなり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。 実は、自己血オゾン療法 は、エイジングの効果ももちろんの事、保険診療の治療では改善しない更年期等の症状や冷え性、肩こり、頭痛、腰痛等に大きな効果が期待できる治療法です。 血液クレンジングの働き、期待できる効果 血管内が拡張し、赤血球(ヘモグロビン)がより多くの酸素を運ぶようになるよう、血管と血液に働きかけます。 また、活性酸素を分解する酵素を増加させます。 それにより、抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待できます。 体内の酸素化 血液クレンジング後の赤血球は、末梢で酸素を離しやすくなり、体の各部位に酸素が供給されます。 特に普段、酸素が行き渡らない虚血部位での酸素化がとても良くなります。 そのため全身の疲れ、筋肉の疲れが改善され、ダメージを受けた筋肉の修復を促します。 また乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化を防ぎます。 血液流動性の改善による末梢循環の改善 手足の血液の循環を改善します。 治療の最中から脳と目にも酸素が行き渡り、視界が明るくなり、また冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感する方が多いです。 免疫機能の向上 オゾンが白血球の単球や顆粒球などに反応し、インターフェロンなどのサイトカインの産生を促し免疫機能を活性化する。 体内の免疫機能、デトックス機能が活性化され病気にかかりにくい体質に改善します。 アンチエイジング効果 細胞の若返りを促進します。 細胞の呼吸を正常化する。 活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ。 各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する。 また細胞活性化、細胞内ATP上昇、抗酸化力上昇などの効果もあり、アンチエイジングとして使用されています。 しかし、細胞の新陳代謝に合わせて点滴を行うことで、元気で強い健康的な細胞が増えていきます。 そのため、回数を重ねるとより高い効果が期待できるところが、この点滴の特長です。 当院では、症状にもよりますが、月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 血液クレンジングの流れ 1. 医師の診察 現在の身体の状態・病歴など、医師がじっくりと診察いたします。 検査 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 専用ボトルに採血 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 100~150ccの血液を採血します。 静脈血のため、血液は暗い色をしています。 医療用オゾンを注入 医療用オゾンを血液と混ぜ合わせます。 すると血液は酸素濃度が上がり、鮮やかな赤色に変化します。 血液を体内に戻す 医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します。 この段階で、指先がポカポカしたり、視界がクリアになるのを体感する方もいらっしゃいます。 点滴の所要時間は、約30分です 6. 継続 月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。 患者様の安全のために (治療のリスクと副作用について) オゾンによる副作用 治療を始めたばかりの段階では、血流が改善されることで 温泉に長く入った時のように 体全体がだるく感じる場合があります。 時間とともに回復していきます。 オゾン療法 自己血オゾン療法 では、現在まで大きな副作用が報告されておりません。 しかしながら、基礎代謝が亢進しますので、コントロールされていない甲状腺機能亢進症の方は治療を受けることはできません。 また、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症の方は溶血性貧血を起こす可能性がありますので、禁忌です。 そのため、治療前にG6PD検査を初回に行ないます。 本治療に使用する同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。 日本では未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 添付文書によると下記以外にも副作用が指摘されています。 添付文書をご確認をお願いいたします。 自己血オゾン療法について 自己血オゾン療法についての詳細は、をご参照ください。

次の

血液クレンジング(オゾン療法)の危険性

血液 クレンジング オゾン

血液クレンジングにはさまざまな議論がありますが、美容整形を中心に 取り扱いしていることを考えると、根拠のある施術と言えるでしょう。 芸能人が愛用していることを考えても、実感度の高い施術であるとうかがえます。 血液クレンジングの根拠は細胞の活性化にあり、施術して間もなく 身体が軽くなるという人が多いです。 人間の体調は血液の質に左右される部分が大きく、 血液がキレイだと病気になりにくいのです。 血液クレンジングの作用は血液の色からもわかり、黒ずんだ状態から 血液本来の赤みが強調される色に変化する状況が 美容整形の公式ホームページで紹介されています。 血液クレンジングは医師が行っているケースが多いことからも、 根拠のある施術だと判断できるしょう。 医師が受けているケースが多いことからも安全性の高さがわかりますし、 利用する患者さんも身体が楽になった、肌の状態がキレイになったなどと答えています。 もし意味のない施術であれば、多くのクリニックが血液クレンジングを導入することはありえません。 全身の細胞に活力を届ける役割のある血液の質を変えるわけですから、 身体と美容によいのは間違いありません。 短期間で体質を根本から変えたい人におすすめします。 血液を健康にしたい人に最適 オゾン療法の研究によると、オゾン療法を導入しているクリニックは150を超えると発表されています。 美容系のクリニックで導入しているケースが多く、これは血液の正常化が美容につながるためです。 血液に関して深く考えることは少ないかもしれませんが、全身に栄養を運搬している大切な物質です。 細胞は栄養がなくては活動ができず、栄養不足になれば肌状態にも反映してきます。 安定した肌質を実現するためにも、オゾン療法を受けるメリットは非常に大きいです。 研究では免疫力強化やアンチエイジングに役立つとあります。 癌を予防したい人、身体の内側からキレイになりたい人などに適しています。 オゾン療法と言えば女性が受けるイメージが強いかもしれませんが、男性からの人気も高くなってきました。 血液はクルマに例えるならオイルに相当するので、定期的にオゾン療法でキレイにしておくのが好ましいです。 汚れてドロドロの状態になると巡りが悪化するので、身体の冷えを招くことが少なくありません。 冷えは万病のもとになりえますし、肌にもデメリットしかないのです。 体調不良や肌荒れなどが継続している人は、血液を健康にする対策がおすすめです。

次の

血液クレンジングは「即刻禁止にすべき」…透析専門医が警鐘、有名人を利用し国民に拡散

血液 クレンジング オゾン

血液クレンジングとは? 血液クレンジングとは一体どういうものなの?失敗の確率は?料金は?さまざまな不安要素を1つずつ確認していきましょう。 大量自家血オゾン療法 オゾンガスを用いて治療を行う総称としてオゾン療法と呼び、そのうちの血液クレンジングは大量自家血オゾン療法に分類されます。 採血した100cc~200ccの血液にオゾンガスを混合させて血液がオゾン化させ、この血液を体内に戻す治療法です。 欧州では50年以上前から治療として行っています ドイツやイタリア、イギリスではオゾンの研究が盛んで、50年以上前から治療法として活躍しています。 イギリスのエリザベス女王の母は晩年オゾン療法を受け、大病を患うことなく101歳まで長生きしたことは記憶に新しいですね。 日本の医療はどちらかというとアメリカに依存しているところがあり、アメリカではオゾン療法で手法を間違い医療事故が起きたことから研究が進んでおらず、日本への導入も遅くなったようです。 いまでは医療機関のみならず美容クリニックでも血液クレンジングを行っているところがあるほど日本にも浸透してきています。 血液クレンジングはどうやって実施するの? クレンジングとは洗うことですので、血液を一体どうやって洗うのか、気になります。 注射による点滴です まずは血液を100cc~200cc採血します。 次に採血した血液にオゾンガスを混合します。 最後に点滴によってオゾンと結合した血液を体内に戻します。 点滴を行いますので30分ほど時間はかかりますが、たったこれだけです。 採血や点滴は、注射としての痛みを伴う範囲ですので、特別痛みが発生することもありません。 自身の血液をオゾン化して体内に戻します 自身の血液をいったん取り出して、オゾンガスと混ぜてオゾン化した血液をまた体内に戻す、これで一体なにがどうなるのか不思議ですよね。 実はオゾンガスは血液と混合させると反応して、活性酸素種と過酸化脂質代謝物を発生させます。 活性酸素種が赤血球・白血球・血小板に働き、血液の中にある酸素の運搬機能が活性化され改善し、カラダの隅々まで血液に乗った酸素を送り込むことができるようになり、血液をサラサラにする効果も引き出します。 血液がこれまでと違ってテキパキ働いてくれるため、新陳代謝が劇的に良くなり、元気になるというわけなのです。 病気も治る!?血液クレンジングの効果とは アンチエイジングだけでなく、糖尿病や整形領域に及んで痛みが取れたり症状が劇的に軽減したりするそうです。 高い効果が期待できそうです。 新陳代謝が非常によくなります 血液の流れが良くなりますので、これまで冷え性だった方や、肩こりやむくみが取れない方の症状が解消されます。 新陳代謝が良くなりますので手足まで暖かくなるでしょう。 疲労も回復されますので、いつもよりずっとカラダの調子がよい状態になります。 病気が引き起こすカラダの痛みやつらさを取り除いてくれます 肩こりや腰痛がひどく慢性的に痛みを伴っているかたでも、肩こりがほぼ無くなったり、腰痛や頭痛も治まったりと、カラダの隅々まで酸素が行きわたることで抹消循環も改善されます。 そのほかにも免疫機能がアップしたり細胞まで活性化するため風邪をひきにくくなったり、抗酸化力が高まりますのでアンチエイジングとしても使用されています。 とはいえ血液クレンジングを実施してはいけない症状はいくつかありますので、持病などは事前に必ず医師に申告しましょう。 高濃度のオゾンを大量に直接摂取しない限り、身体への影響は心配ないです オゾンはヒトに有毒だという認識は正しいのですが、オゾンが有毒である場合は、大量に濃度の高いオゾンを直接体内に取り込んだ時のみです。 オゾン療法はオゾンガスを血液と混合させた時点でオゾンと血液は反応し違う物質になりますので、体内に血液を戻す時にはオゾンという物質はどこにもない状態になっています。 正しい手法にて実施する限り治療用のオゾンを吸い込むことはあり得ません。 血液クレンジングの料金と頻度 ヨーロッパではがんの再発予防にも採用されている血液クレンジング。 料金は1回20,000円から30,000円します。 さらに1度や2度で治療が終了するのではなく、継続的に血液クレンジングを行うことで効果は続くそうです。 ヨーロッパと違って日本ではまだ健康保険が適用されないのは残念ですね。

次の