エクス ヴァル キ ランダー。 【ガンプラ】SDBD:R エクスヴァルキランダー レビュー

SDBD:R エクスヴァルキランダー レビュー

エクス ヴァル キ ランダー

SDBD エクスヴァルキランダー レビュー SDBDシリーズでキット化されたエクスヴァルキランダー。 価格は1,430円です。 付属品はGNランチャーデバイス、GNフレアーデバイス、GNガンシールドカスタム、 GNグリップダガー、GNガンブレードが2本付属します。 右下にあるのは余剰パーツとなるヴァルキランダーアゴ部分のパーツです。 シールは今回も多め。 ヴァルキランダーを聖獣クアドルンの姿をモチーフにしてさらに改修を加えて作ったというエクスヴァルキランダー。 こちらの姿はドラゴンフュージョンモードとなります。 この呼名はノーマルのヴァルキランダーと変わらないようです。 は赤と金がメインカラーでしたが今回は白と金のカラーリングとなり 髪の毛のようなコードなどは青になっているためより高貴さのあるカラーリングに変化。 多くのパーツはヴァルキランダーと共通ですが一部に新規パーツによって変更が加えられています。 特に背面のウイングはレジェンドウイングというGNガンブレードも合体させた翼になっているのが特徴的です。 キットの関節構造はヴァルキランダーのものが使われているのでポリキャップは レジェンドBBなどに使われているPCー303とPC-7。 機体の配色ですが細かい所の多くがシール頼みなものの 成形色の白は普通のホワイトとパールホワイトの2色が使われていて独特の透明感があります。 もちろん装甲を外して素体のエクスヴァルキランダーにする事も可能です。 頭部アップ。 頬などは青色に変わり、アンテナもより複雑な形状になっています。 またアゴパーツがクリアレッドになっているのも特徴的です。 後頭部のコードは青色になっていますが作りはヴァルキランダーと変わりなし。 耳部分の赤ラインはシールで補います。 ヴァルキランダーと同様にバイザーが収納されていて目線も回転させる事で瞳なしの状態にする事もできます。 バイザーはクリアグリーンからクリアレッドに変わっていました。 胴体は胸部のクリアパーツがクリアレッドに変更されています。 またフロントアーマーの形状が変化していますが色分けは省略されていて、中央の赤色はシールです。 バックパックのアームはヴァルキランダーと基本的に同じ作りでウイングはBJで保持します。 クアドルンのウイングをモチーフにしたレジェンドウイング。 ウイングはGNガンブレードを取り付ける事で大きさが増します。 こちらも細かい丸モールドなどは全てシールでの再現です。 腕部はヴァルキランダーと変わりなし。 手首も白色で肘可動もあり。 肩のラインは丸モールドはシールあり。 脚部は足首の追加装甲以外はヴァルキランダーと同じなので膝可動はありません。 膝のコンデンサ状の丸モールドや足首のラインの配色は再現されていませんがシールあり。 足首の装甲は形状が変わりました。 足裏はほぼ肉抜きで3mm穴があります。 続いて各武装の紹介です。 武装は流用されている物もあれば新規もあります。 こちらは新規で一番コンパクトなGNグリップダガー。 1パーツで再現されています。 続いて一部新規となるGNガンシールドカスタム。 こちらは竜の頭部やグリップの形状が変わりました。 竜の目や額、シールドのフチなどは色が足りませんがシールあり。 こちらは新規武器のGNガンブレード。 左右のウイングに装着されています。 どちらも1パーツで丸モールドはシールがありますが、一部金塗装が必要です。 可動範囲はとほぼ同じでした。 ブレードは連結させる事でGNツインガンブレードという武器になります。 さらにグリップダガー&シールドと合体させる事でGNエクスバリスターという大型の武装に 説明書を読むと胸部のエネルギー吸入口「ダゴンズ・ジョー」から追加エネルギーを供給し 貫通力の高いエネルギーアローを発射するようです。 ボリュームのある武器ですが特に保持には困りません。 ただ干渉しやすいのでちょっと取り回し辛い所はあります。 続いて流用のGNフレアーデバイス。 こちらはヴァルキランダーのものと色違いです。 ヴァルキランダーと違い、グリップパーツが無いです。 ただ説明書には書かれていませんでしたがGNグリップダガーを代わりに使って手持ち武装にする事ができます。 GNランチャーデバイス。 こちらはGNグリップダガーをグリップにして保持します。 もちろんフレアーとランチャーを合体させてGNメガフレアーデバイスにする事も変わらずできます。 流用なのでこちらも銃口は埋まっています。 気になる場合は穴を開けても良いかも。 ウイングはヴァルキランダー同様後ろ側に倒せるので結構動きが付けられました。 また今回はポリキャップも青色になっています。 と並べて。 ツノがより豪華になりカラーも大きく変わりました。 ドラゴンフュージョンモードでも。 ウイングや足首、フロントアーマーの形状変化はありますが共通部位も多いです。 続いてエクスガンドラゴンモードへの変形。 ギミック自体はヴァルキランダーとほぼ同じです。 まずは頭部のバイザーを下ろし瞳なしの目にしたら腕を回転させ、 ウイング基部と足に取り付けていた装甲を組み合わせて腕に被せます。 ヘルメットにはフレアーデバイスとシールドの頭部パーツで作った頭を装着。 後はウイングパーツやランチャーとシールド、グリップダガーなどで作った尻尾を 胴体に取り付けます。 最後は尻尾にGNガンブレードを取り付けて完成です。 エクスガンドラゴンモード。 組んでみたら瞳のシールがないと寂しかったので後から貼りました。 大部分のパーツの配置などはガンドラゴンと変わっていませんが 頭部やウイングなどの形状が変わっているので意外と別物に見えます。 また腕となるパーツが無いのも特徴的です。 意外と簡素な変形ですが上手くドラゴン型になっていますね。 可動範囲はこちらも特に変わらず首は上下スイングのみですが口は開閉可能。 尻尾は胴体などの可動を生かしてひねったりできますし、足も結構開けます。 スタンドは胸パーツを外せば3mm穴があるのでそちらを使います。 ガンドラゴンと並べて。 翼が小型化され、尻尾に剣がないためややコンパクトになった印象です。 素体がほぼ同じなのでも一応装着可能でした。 以上SDBD エクスヴァルキランダー レビューでした。 共通のパーツも多いですが、目立つパーツには変更が加えられ カラーリングも高貴さがある白と青のカラーリングになり印象はヴァルキランダーから大きく変わりました。 また白も普通の白とパールホワイトが使われているため独特の透明感もあります。 ギミックは基本的にヴァルキランダーから引き継がれた物が多いですが 今回はGNエクスバリスターという新たな合体武器が増えているためより様々な武装を持たせて飾る事ができます。 エクスドラゴンモードへの変形も相変わらずダイナミックに形状が変わるので触っていて楽しいキットですね。

次の

とりあえず新作キットを組んでみる#64 SDBD:R026「エクスヴァルキランダー」&SDBD:R007「ヴァルキランダー」&HGBD:R018「アヴァランチレックスバスター」

エクス ヴァル キ ランダー

エクスヴァルキランダー 外国語表記 EX VALKYLANDER 登場作品 デザイナー 寺島慎也 スペック 愛称 モルジアーナ 分類• 聖竜機化神 セントドラゴンチェンジャー エクスガンドラゴンモード時• 聖機竜化士 セントメタルチェンジャー エクスヴァルキランダー時• 聖神竜合士 セントゴッドクロスファイター 竜合身 ドラゴンフュージョンモード時 全高 12. 8m エクスヴァルキランダー時 ダイバーによる独自設定 本体重量 32. 7t エクスヴァルキランダー時 ダイバーによる独自設定 装甲材質 プラスチック 原型機 改修 パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ 所属 ダイバー パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ 目次• 概要 [ ] がをベースにカスタムビルドした機体。 惑星で出会った聖獣の姿をモチーフに大幅に改修されている。 ベース機と同様に3形態への変形機構はそのままに、パルウィーズ自身のビルダー能力の向上も相まって想定以上のパワーアップを果たしている。 背部のスワンウイングはクアドルンの翼をモチーフとしたレジェンドウイングに強化されている。 武装はGNガンブレードやGNグリップダガーが追加された他、GNガンシールドが強化されている。 また、これらの武装を組み合わせることでGNエクスバリスターとなる。 登場作品と操縦者 [ ] 現時点では未登場。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 ガンドラゴンモード、ヴァルキランダー、竜合身モードの各形態に変形可能。 武装・必殺攻撃 [ ] GNガンブレード 本機専用に新造された一対の巨大な双剣。 連結することでGNツインガンブレードとなる。 非使用時には背部のレジェンドウイングにマウントされる。 GNガンシールドカスタム GNガンシールドを改修したシールド。 強度が向上した他、他武装との連結機能が追加されている。 GNグリップダガー 鋭い切れ味を持つ短剣。 様々な装備との合体機能を持つ。 GNフレアーデバイス 収束ビームを放つ携行火器。 グリップにはGNグリップダガーが使用される。 ガンドラゴンモードでは口部を構成する。 GNランチャーデバイス 拡散ビームを放つ携行火器。 グリップにはGNグリップダガーが使用される。 ガンドラゴンモードでは尾の一部を構成する。 GNメガフレアーデバイス フレアーデバイスとランチャーデバイスを合体させて使用する大型火器。 グリップにGNグリップダガーが使用されている以外変わりはない。 GNエクスバリスター GNガンシールドカスタム、GNガンブレード、GNグリップダガーを組み合わせた大型弩砲。 胸部のエネルギー吸気口「ダゴンズ・ジョー」から追加したエネルギーをグリップダガーにチャージ。 後頭部の冷却器官「クーリング・コード」の全力稼働と共に貫通力の高いエネルギーアローを発射する。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 原型機。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]•

次の

【ガンプラ】SDBD:R ヴァルキランダー レビュー

エクス ヴァル キ ランダー

ヴァルキランダー 外国語表記 VALKYLANDER 登場作品 デザイナー 寺島慎也 スペック 愛称 モルジアーナ 分類• 竜機化神 ドラゴンチェンジャー ガンドラゴンモード時• 機竜化士 メタルチェンジャー ヴァルキランダー時• 神竜合士 ゴッドクロスファイター 竜合身 ドラゴンフュージョンモード時 全高 12. 0m ヴァルキランダー時 ダイバーによる独自設定 本体重量 29. 2t ヴァルキランダー時 ダイバーによる独自設定 装甲材質 プラスチック ビルダー パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ 所属 ダイバー パトリック・アレクサンドル・レオナール・アルジェ 目次• 概要 [ ] の。 のSDガンプラをベースに「シリーズ」をモチーフに取り入れビルドされている。 胸部エネルギー吸気口「ダゴンズ・ジョー」に加え、髪の毛状の冷却機関「クーリング・コード」など、ガンドランダーシリーズのキャラクターが持つ意匠とのデザインが組み合わさっているのが特徴。 ドラゴンタイプのガンドラゴンモード、ガンホーンが特徴的な戦士タイプのヴァルキランダー、背中に翼を生やした竜合身モードの3形態への変形機構が組み込まれ、多彩な攻撃が可能な機体となっている。 ガンドラゴンモードは正式名称として「スカーレットガンドラゴン」と名付けられており、本来は本機の最強形態として運用される予定であった。 しかし、パルウィーズの心の傷が原因で飛行能力を封印したままこれを通常状態として運用していた。 後に彼が自身でトラウマの壁を乗り越えた事で真の力を開放し、パワーアップを果たした。 登場作品と操縦者 [ ] 第1話から登場。 序盤はパルヴィーズが初心者だった事もあり、誤射や無駄弾が目立ち、ピンチに陥る事も度々あった。 しかし、第5話にてトラウマを克服した事で能力をフルに引き出せるようになったため、次第にチームとの連携が取れるようになり目覚しい活躍を見せるようになる。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 ガンドラゴンモード、ヴァルキランダー、竜合身モードの各形態に変形可能。 武装・必殺攻撃 [ ] GNガンソード 宝剣をかたどった近接武装。 非使用時にはGNガンシールドに収納される。 ガンドラゴンモード時にはテールブレードとして機能する。 GNガンシールド 宝盾をかたどったシールド。 ガンドラゴンモード時にはフェイスパーツと尾の一部を構成する。 GNフレアーデバイス 収束ビームを放つ携行火器。 ガンドラゴンモードでは口部を構成する。 GNランチャーデバイス 拡散ビームを放つ携行火器。 ガンドラゴンモードでは尾の一部を構成する。 GNメガフレアーデバイス フレアーデバイスとランチャーデバイスを合体させて使用する大型火器。 使用する際は胸部のエネルギー吸気口から追加エネルギーを供給、髪の毛状の冷却器官を全力稼働させて使用する。 真の力を開放した際にパワーアップした。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] ベース機。 SDガンダムのキットを使用している。 シリーズ 本機のモチーフ。 似通った外見や設定を持つやなどが該当すると思われる。 本機にアヴァランチレックスバスターを装備させた状態。 本機を強化した機体。 余談 [ ]• 長い黒髪を生やした容姿を持つ本機だが、作画監督の阿部宗孝氏のツイートで「 男の娘」である事が明かされている。 頭部のひさしの部分もまつ毛をイメージしているとの事。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]•

次の