スプリット 勤務。 にっさん

ストリッパーの世界に飛び込んだ元外資系コンサルの生き様「ストリップ劇場では“飾らない自分”でいられる」 20’s type

スプリット 勤務

単にシフトということもある。 人間には睡眠や休憩が不可欠であり、1人が一定期間に働ける時間には限界がある。 例えば日本のでは、1週間について40時間を超えて労働させてはならず、原則として休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならないとされている。 一方で、警察、警備、病院、コンビニやインフラなどでは常時店舗・会社・施設等に人員を配置する必要があり、あるいはスーパーのレジなど繁忙時間に多くの人員を配置する必要がある。 毎週決まった曜日にセールをするような店であればその曜日だけ人員を増やす必要がある。 各人の労働日あるいは労働時間をずらすことでこの問題を解決する方法が取られることが多く、これを「シフト勤務」と呼んでいる。 一般の勤務と異なるので、各人の労働時間、一月や週単位の勤務日時を管理者・勤務者にわかりやすく明示するために、 シフト表というものを使う場合がある。 このシフト表を使うことにより、各曜日の日中や夜間にどの種類の業務を何人の人員で従事出来るかわかりやすく明示することが出来る。 また、このようなシフト表の作成を支援するも多々見受けられる。 12時間夜勤シフトに向かう児童(1908年、米国) シフト勤務は様々な疾患リスクを上昇させる。 ()とは、不眠症、過眠症、またはその両方を特徴とするであり、シフト勤務はこの疾患の主要な診断要素である。 さらにリスクも増加し、とりわけ男性に多い。 ローテーション勤務従事者は、そうでない人よりも脆弱である。 これは概日リズムの変化のため、夜間分泌されるの生産が阻害されることが原因とされている。 WHOによるIARC()では、「を崩すシフト勤務」をグループ2A(ヒトに対する発癌性がおそらくあるもの)と2010年に報告している。 主に、のリスクを高める可能性があるとしている。 シフト勤務はほかの種類のがん発症リスクを増加させる またシフト勤務は、 、 、、、 、 、、 、代謝障害、消化器障害、筋骨格障害、生殖器障害 の発生リスクを増加させる。 シフト勤務はまた慢性疾患を悪化させ、それには睡眠障害、消化器疾患、心臓病、高血圧、てんかん、精神障害、薬物乱用、喘息などがあり、さらにその他概日リズム改善により治療される健康状態も含まれる。 人工照明はホメオスタシスを阻害しうる。 さらにシフト勤務はリスクを増加させる。 2014年の英誌「」に発表された研究によれば、シフト勤務を10年続けた人と慢性的な認知機能障害の関連性が強いとのデータが得られたという シフト勤務の健康への影響はクロノタイプに依存し、これは労働者がどの日勤・夜勤に割り当てられるかという表である。 個々のクロノタイプがシフトタイミングと反対になる場合(たとえば日勤から夜勤へ移動)、概日リズムが阻害されるリスクが高くなる。 異なるシフトスケジュールは、シフト勤務者の健康にさまざまな影響を与える。 シフトパターンの設計は、勤務者の睡眠、食事、休憩の取り方に影響する。 シフトパターンの中には、休息を制限したり、ストレスを増やしたり、勤務者の過労を助長したり、休息中断させたり、疲労を悪化させるものも存在する。 交代勤務で働く男性のになる危険性が、日勤のみ働く男性に比べて3. 5倍、になる危険性が日勤のみ働く男性に比べて2. 8倍あるといわれている。 又、交代勤務で働いている人達にはが多い傾向があり、健康上のリスクはかなり大きい。 予防 [ ] 特に深夜にかかる交代制勤務の場合、労働者の健康のため次のような配慮をしている企業も存在する。 も参照。 深夜勤務の回数をなるべく減らす。 変則的な出勤、退社時刻の設定をなるべく避ける。 やむをえない場合は合間に充分な休日を確保する。 勤務と勤務の間の自宅での休養時間を十分取れるように勤務割を工夫し、深夜・早朝の帰宅の便を確保する。 待機時間には充分な休養が取れるような設備を準備する。 万一の場合にも十分な対処ができるような管理・設備の体制・体制を確立する。 6ヶ月以内に一度、を行い、心身の病気の早期発見に努める。 異常の所見が認められた者には、の上、勤務上の配慮を行う。 24時間勤務の後には最低でも24時間の休暇をおく。 規制 [ ] シフト勤務がに及ぼす害を軽減するために、多くの国は法的規制を設けている。 世界的にはの条約(夜業に関する条約 1990年 第171号条約)で夜業に関するが定められている(日本は未)。 EU指令では、「特別な危険、重度の肉体的、精神的緊張」を伴う夜間作業は、24時間において平均8時間までに制限している。 またEU指令では規制からの適応除外を認めており、特別規定によって、オフショアワーカー、従事者、などに適用される。 日本 [ ] 「」も参照 かつては一部 を除き、を深夜の時間帯に係る交代勤務に従事させることができなかったが(改正前の第64条の3)、(男女雇用機会均等法)等の改正を受けた1999年(平成11年)の労働基準法の改正法施行により、女性のが可能となり、多くの職種に女性の進出が進んでいる。 勤務形態は労働条件の最も基本的なものであるため、会社()側はにその内容や手続きを明らかにしなければならない。 特に法定の1日8時間、週40時間を越える労働時間を超えて勤務体制を組む必要がある場合は、を採用する、労使間で合意されたを所轄長に届けてその内容を遵守する、等の措置が必要である。 シフトプラン [ ] 勤務のことを「直」と呼ぶ場合が多く、勤務体制により次のように呼ばれる。 日勤(昼勤) : 昼間の一般的な始業・就業時間の勤務(8時~17時、8時半~17時半、9時~18時など)• 早番(早出) : 通常の日勤より早く出勤する勤務(5時~14時、6時~15時、6時半~15時半、7時~16時など)• 遅番(遅出) : 通常の日勤より遅く終業となる勤務(12時~21時、12時半~21時半、13時~22時、13時半~22時半など)• 中番 : 早番でもなく、遅番でもない勤務• 通し勤務 : 早番・日勤・遅番などを連続して勤務するもの(7時~21時、7時半~21時半、8時~22時、8時半~22時半など)この場合の休憩時間は最大の2時間となる。 16勤 : 深夜を含む16時間拘束の勤務(仮眠ありの8時間以下の労働時間の勤務をとして区別する場合がある)• 24勤 : 24時間拘束の勤務• 準夜勤 : (16時半~24時半など)• 深夜勤 : (20時~8時、0時~8時半など)• 新夜勤 : (17時20分~9時半など、のみにある勤務体系 こちらが「しんやきん」と呼ばれ、上項は「ふかやきん」と呼ばれる)• 非番 : 勤務には就かないが急な欠勤者が出た場合に備えての待機態勢。 実際には定数不足による強制的な残業となることが多い。 または休日の場合に使われることもある。 の世界では「スタンバイ」と称する。 インチキ非番 :8:00~翌朝8:00。 隔日勤務(原則としてや、の休暇はなし。 公休の設定もなし)で年のほぼ半分が休養日と謳っておきながら、休養日でも0:00~8:00までは実際に勤務しているため、実質は365日休みなしで勤務しているのと全く変わりはない。 開放非番 : 泊まり勤務明けの事。 鉄道・バスなどでは明番とされることが多い。 宿直(しゅくちょく) : 狭くは日勤と日勤との間に事業所に宿泊し緊急事態発生に備えること。 広くは24時間勤務なども含む。 宿直の業務を日中にこなすことを 日直(にっちょく)という。 当直(とうちょく) : 狭くは監視業務に従事する時間のこと。 広くは・などの官公署の24時間勤務なども含み、鉄道・バスなど交通機関での24時間勤務の場合は、非番・明番に対し 本番勤務と称されることが多い。 この場合は下記の当務と同義である。 当務(とうむ) : 当番勤務のこと。 24時間勤務の意味も持つ。 勤務と勤務との間に空白時間を設けられない事業所では、日勤に一番近い時間の勤務から、二交代制の場合1直・2直(勤)、三交代制の場合1直・2直・3直と呼ぶことも多い。 かつてのなどでは一番方・二番方・三番方と呼んでいた。 24時間制 [ ] 工場で装置を24時間連続で動かせば、昼間の8時間だけ装置を動かすのに比べて生産量は3倍となる。 また、製鉄業のように装置を止めることができない場合もある。 そのために使われる24時間制シフト勤務は、大きく分けて8時間勤務の「三交替(Three-shift system)」、12時間勤務の「二交替」、24時間勤務の「一交替」の3種類がある。 いずれの制度でも、拘束時間の途中に1時間程度の休憩が設けられていることが多い。 三組三交替制 [ ] 三組三交替制は、24時間体制で業務を続けるためによく使われる方法である。 1日を8時間ごとに区切り、第1直(昼勤)を午前6時から午後2時、第2直(前夜勤)を午後2時から午後10時、第3直(夜勤)を午後10時から翌朝6時まで働かせる方法である。 各労働者に休暇日を設ける必要があるため、3組では1月を通して休業日無く業務を続けることはできない。 週に休暇日を2日設け、1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は40時間、労働時間は35時間である。 労働者をA組、B組、C組の3組に分けた場合の例を次に示す。 勤務時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 日 月 06:00~14:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組 14:00~22:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組 22:00~06:00 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組 四組三交替制 [ ] 三組三交替制よりも1組増やして、休業日を無くす方法である。 勤務パターンを切り替える日を4つの組でずらすことにより、休業日無く24時間操業を続けることができる。 各個人の勤務パターンは、3直、3直、3直、休暇日、2直、2直、2直、休暇日、1直、1直、1直、休暇日のように、3日勤務、1日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 で採用されている。 労働者をA組、B組、C組、D組の4組に分けた場合の例を次に示す。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 06:00~14:00 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 14:00~22:00 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 22:00~06:00 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組 休暇日 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組 4日勤務4日休暇二交替制 [ ] 4日勤務4日休暇二交替制(4on 4 off shift)は、で多く見られる勤務体系である。 三交替制に比べて勤務パターンの変更頻度が少なくなるが、1日あたりの労働時間が長くなるため、重労働には向かない。 各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 07:00~19:00 A A A A C C C C B B B B D D D D A 19:00~7:00 B B B B D D D D A A A A C C C C B 2日昼勤2日夜勤4日休暇制 [ ] 2日昼勤2日夜勤4日休暇制(Two days, two nights, four off)は、が採用している方法である。 各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 07:00~19:00 A組 B組 C組 D組 A組 19:00~7:00 D組 A組 B組 C組 D組 休暇日 BC CD DA AB BC 大陸シフト [ ] 大陸シフト(Continental shift)はヨーロッパでよく見られる制度である。 1週間は7日であるため、7日で回るローテーションとして考えられた。 勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わる。 各労働者にとっては9日または10日毎の勤務パターン変更となる。 全体で見ると、28日間毎に同じパターンが繰り返される。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 06:00~14:00 A組 A組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 14:00~22:00 D組 D組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 22:00~06:00 C組 C組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 休暇日 B組 B組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組 7日-2週間制 [ ] 7日-2週間制(7-day fortnight shift)では、4組二交替の一種である。 アメリカのテレビ局や法執行機関 ()で使われることが多い。 大陸シフトと同様に、勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わり、28日間毎に同じパターンが繰り返される。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 08:00~20:00 A組 A組 C組 C組 B組 B組 B組 D組 D組 20:00~08:00 B組 B組 D組 D組 A組 A組 A組 C組 C組 休暇日 CD CD AB AB CD CD CD AB AB デュポン式12時間ローテーション制 [ ] デュポン式12時間ローテーション制(DuPont 12 Hour Rotating Shift)は4組二交替の一種である。 この制度では、月に1回、7日連続の休みが与えられる。 アメリカの製造業で広く見られる方式である。 名前の通り、の製造部門で初採用された。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日 昼勤務 乙乙乙丙丙丙丙甲甲甲乙乙乙乙丁丁丁甲甲甲甲丙丙丙丁丁丁丁 夜勤務 甲甲甲甲乙乙乙丁丁丁丁甲甲甲丙丙丙丙丁丁丁乙乙乙乙丙丙丙 休暇日 丙丙丙乙甲甲甲乙乙乙甲丁丁丁甲甲甲丁丙丙丙丁丁丁丙乙乙乙 長期休暇 丁丁丁丁丁丁丁丙丙丙丙丙丙丙乙乙乙乙乙乙乙甲甲甲甲甲甲甲 7日8時間ローテーション制 [ ] 7日8時間ローテーション制(Seven Day Eight Hour Rotating Shift)は4組三交替の一種である。 7日間働いた後、1~4日の休暇が与えられる。 連続休暇があるのが特徴である。 かつてはアメリカ合衆国西部の製紙業で多く見られたが、4日勤務4日休暇二交替制に置き換わりつつある。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日 07:00~15:00 甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁 15:00~23:00 乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙 23:00~07:00 丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙 休暇日 丁丁丁丁丙丙乙甲甲甲甲丁丁丙乙乙乙乙甲甲丁丙丙丙丙乙乙甲 24時間制以外 [ ] 4日勤務2日休日制 [ ] 4日勤務2日休日制(Four on, two off)では、12時間勤務を4日、休日を2日の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は56時間、労働時間は51時間20分である。 労働時間が長いため、ほとんどを座って勤務する監視員などにしか向かない。 時間 土 日 月 火 水 木 金 07:00~19:00 勤務 勤務 勤務 勤務 休日 休日 勤務 分割シフト [ ] 分割シフト(Split shift)は、輸送、ホテル、病院勤務などに務める配膳業者の勤務によく使われる。 昼食を用意するための10時~14時、夕食を用意するための17時~21時が労働時間となる。 7日間あたりの拘束時間、労働時間ともに40時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 10:00~14:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇 14:00~17:00 休憩 休憩 休憩 休憩 休憩 休暇 休暇 17:00~21:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇 早番・遅番制 [ ] 早番・遅番制(Earlies and lates)は電話応対、コンビニエンスストア、保育、でよく用いられる。 早番と遅番の勤務時間の一部を重複させることも多い。 時間 月 火 水 木 金 土 日 08:00~16:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業日 休業日 15:00~23:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業日 休業日 2交代制の問題 [ ] 人員の不足または人件費()を少しでも抑えようとする(増員できない)あまり、2交代制(が12時間以上の勤務)のみになり、3交代を取り入れない場合もままある。 24時間態勢で稼働するや、業などにて 交代勤務を取り入れて勤務する場合、現場によっては3交代ではなく2交代のシフトしか取り入れず、 実働時間と休憩時間を合わせた拘束時間が12時間になる場合もあるため、極めて不規則な生活となり、体調を崩しやすくなる。 例1:「9:00~21:00」「21:00~9:00」のように、実働時間と休憩時間を合わせたが12時間もある(実働時間は10時間〜10時間30分程度)。 「自宅から勤務先までの通勤時間」および「終業〜帰宅するまでの所要時間」も加算すれば、実質の拘束時間はもっと長くなり、「終業〜次の勤務までの空き時間」が12時間を下回るため、帰宅後すぐ睡眠を取らないと次の勤務に耐えられなくなる。 例2:18:00~翌朝09:00。 通勤時間も含めると、自宅にいる時間が数時間。 残業等が発生するとさらにその時間は短くなる。 産業による特徴 [ ] 24時間切れ目なく業務が続く業種 [ ] 民間企業による場合 の、石油化学や製紙メーカーの大型梳紙機など、停止や再稼動に非常に手間と時間がかかる大型機械を使うでは・も問わず24時間の連続運転を行っている。 これらの業種では一般に1日を8時間ごとに分けた『三交代勤務』 を採用している。 また、自動制御の信頼性の向上や対策により労働密度を下げて『2交代勤務』や『宿直勤務』に変更しを行う動きもある。 24時間営業を行うやなどでは、勤務時間は個人の状況に応じて細かく設定している。 また、コンビニで販売するや惣菜を製造する食品工場でも、連動して24時間操業が行われるため、交代勤務を行っている。 では宿泊者に対するサービスや安全の確保を行うため、深夜でも多くの職種で切れ目なく勤務が必要になる。 ビジネスホテルによっては、受付など一部の業務を深夜時間帯から朝まで閉鎖する(いわゆる)ところもある。 や入院患者のいるでは、は日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制、・・検査部門は宿直勤務が多い。 24時間連続で稼働する業務には、遠洋航海する・・なども含まれる。 軍艦では乗員を半分に分けて担当を決めた「半舷」という交代勤務を取り、寄港地での休暇も「半舷上陸」が主体である。 商船では、出入港時は総員配置、その他の場合は大型商船の場合は、0 - 4時・4 - 8時・8 - 12時・12 - 16時・16時 - 20時・20時 - 0時の4時間勤務2回当直を行う(例:0 - 4時直の後は、12 - 16時直)。 公務員による場合 ・()・(特にの監視や勤務、の待機要員)・()のようなも、いつ発生するかわからない事件・事故・災害にも迅速に対応しなければならないため、24時間切れ目のないよう待機ないし監視する任務に当たっている。 (空港ではなく航空交通管制部 )も、24時間切れ目なく業務が行われている(日本に発着する飛行機以外にも、日本の領空を通過する、国外の航空機に対する航空路管理や位置報告受付などの管制業務もあるため)。 早朝から深夜まで業務が継続する業種 [ ] ・・などの機関のように、早朝から深夜まで継続して動きつづけている業種では、早出・遅出など勤務時間を細かく設定して切れ目のないサービスを提供し、またバス・タクシーなどでは、安全対策や入庫・出庫処理のため、24時間切れ目のない宿直勤務となっていることが多い。 また、やなどの通信・物流機関も同様で、郵便収集は早朝に始まり、配達は夜間にまで及ぶ。 特に中継機関は深夜も絶え間なく、郵便物あるいは小荷物が区分けされて、それぞれ配送されている。 一般に中継輸送は道路混雑を回避出来る深夜~早朝に行われることが多い。 待機を伴う業務 [ ] や()、の施設警備部門(警備請負先施設の)や部門では、いつ発生するかもしれない火事・事故・事件に備えて、当番者が深夜も含めた24時間待機(および執務)の体制をとっている。 自動制御やフェイルセーフ対策が充実した無人運転が可能な工場でも、深夜稼動時間帯に、万一の事故があった時の連絡要員の確保的な意味合いで、宿直者を待機させる場合が多い。 年中無休で継続する業務 [ ] や、などの娯楽や全般では、(風営法)や各地のにより、24時間営業が禁止されている場合もあるが、「」の営業までは禁止していないため、・・・も休まず、毎日決まった時間に営業する店舗もある(例 : 10時〜19時のは毎日開店しているなど)。 業務時間が断続的な場合 [ ] たとえば、毎日読むには朝刊と夕刊があるが、これは12時間ごとに執筆・編集され、印刷・配送される。 印刷業務では、朝刊は21時から3時、夕刊では10時から15時の間に仕事が集中している。 これは一人の人間が毎日できる仕事ではないため種々の交代勤務体制が取られている(では1本社に4人の編集長がおり毎日交代している)。 もっとも、本社や支局など取材部門では、事件取材に対応する必要がない限り、深夜から早朝までは宿直員は仮眠をとる場合が多い。 大規模な設備投資を要する製造業 [ ] 製造業では、商品ので投資を早期に回収する目的から、交代勤務により工場、設備を長時間稼働させることが多い。 例えば自動車の組み立てラインでは、早番6:00〜15:00、遅番15:00〜24:00のような連続2交代勤務が一般的である。 連続2交代制の利点として、深夜勤務手当を節約できること、需要の変動をで吸収できることがあげられる。 あくまでも経済性を目的とした交代勤務であるため、生産量に応じた勤務体制の変更がしばしば行われる。 水道・ガス・電力会社 [ ]• 指令部門 : 4直2交代制、5直3交代制などが行われている。 補修部門 : 宿直体制が多い。 コンピュータの運用業務 [ ] (、のなど)による大規模な業務では、業務時間外のやシステムの監視・保守・トラブル対応などで、交代勤務を行うことがある。 放送局 [ ] では、毎日6人のアナウンサー 局アナ が、では、毎日1人ないし2人の局アナが男女関係なくそれぞれ交替で局に泊まり込み、夜間において重大な事件・事故・災害などの発生時に、をいち早く放送できるようにしている。 NHKは「」が放送されている時間帯に、報道特別番組の演習を毎晩行っている。 これは、緊急事態発生時に全局員が対応できるようにするためである。 また、昨今ではほとんどの民間放送局は24時間放送を実施しているため、宿直はのみならずや、各部門の一般社員も深夜の番組送出や放送機器の保守点検・工事や緊急事態に備えるため、毎日数人が交替で局に泊まり込んでいる。 さらに万一停電に陥っても放送が出し続けられるよう、ほとんどの局が装置や非常用・送信機(と本社との回線断絶対策)を備えている。 特に、はの発生時における情報源として最も重要な役割を果たすので、万一停電に陥っても確実に放送ができるようにされている。 なお、の場合は、人数が少ないことから宿直勤務制度を実施せず、代わりに早番・遅番交替制で対応している局が多い。 局アナが行う宿直の仕事は通常「夜間から翌朝にかけて放送されるやの定時を伝えること」である。 宿直制度を実施している局にはたいてい仮眠室があり、局アナの場合は「夜間の最終定時ニュース終了から翌朝一番の定時ニュース開始まで」の数時間、仮眠をとることができる(実際はこの時間を利用して雑用を片づける局員も多い)。 ただし、この間に大事件・大事故・大災害がひとたび発生すれば宿直のスタッフは徹夜で慌ただしく対応することになる。 さらに、それらの規模によっては日勤のスタッフにも非常招集がかかる場合が多い。 小売業 [ ] は一般に午前10時~午後8時頃までの営業、は午前10時~午後9時頃、店舗により午後11時頃まで営業している社もあることから早番・遅番・通し、3種類の勤務体制となる。 やをはじめとする24時間営業の店舗は夜勤・深夜勤の勤務体制がある。 さらにやなどによる従業員が多い店舗では一人あたりの就労時間が短くなることが多いため、早番・遅番の勤務が午前勤・午後勤・夕勤とさらに細かく設定されていることも多い。 注釈、出典 [ ]• ; Blackhall, Karen; Roberts, Ian 2010. The Cochrane Database of Systematic Reviews 5 : CD008508. Yong, Gan 2014. Occupational and Environmental Medicine 72 Online First : 72—78. 2014年8月11日閲覧。. 2012年8月2日. NIOSH: Workplace Safety and Health Medscape and NIOSH. ; Kroenke, C. ; Laden, F. ; Pukkala, E. ; Schernhammer, E. 2005. European Journal of Cancer 41 13 : 2023—2032. 、2010年、(IARC)、2016年7月18日閲覧• 2008-04-11 at the. WNPR, Connecticut Public Radio. Connecticut Public Radio, WNPR. 2007年11月30日閲覧。 Parent, M. ; El-Zein, M. ; Rousseau, M. ; Pintos, J. ; Siemiatycki, J. 2012. American Journal of Epidemiology 176 9 : 751—759. Beck, E. ; Sieber, W. ; Trejo, R. 2005. American Family Physician 71 4 : 717—724. Vyas MV; Garg AX; Iansavichus AV; Costella J; Donner A; Laugsand LE; Janszky I; Mrkobrada M et al. July 2012. British Medical Journal Clinical Research Edition 345: e4800. Fido A; Ghali A 2008. Med Princ Pract 17 6 : 453—7. Erren, Thomas C. ; Herbst, Christine; Koch, Melissa S; Fritschi, Lin; Foster, Russell G; Driscoll, Tim R; Costa, Giovanni; Sallinen, Mikael et al. 2013. The Cochrane Library. Navara KJ, Nelson RJ 2007 [ ]. Pineal Res. 2007; 43:215—224• AFPBB News 2014-11-4• Adan A, Archer SN, Hidlago MP, Di Milia L, Natale V, Randler C 2012 Circadian typology: A comprehensive review. Chronobiol Int, 29 9 , 1153-1175. doi:10. 2012. 719971• 2016年2月3日閲覧。 The Cochrane Database of Systematic Reviews 8: CD009776. 改正前に「女子の健康及び福祉に有害でない業務」として女性の深夜業務が認められていた例として、航空機の(昭和27年9月20日基発675号)、女子の女子管理人(昭和27年9月20日基発675号)、の撮影の業務(昭和61年3月20日基発151号)、放送番組の制作の業務(昭和61年3月20日基発151号)等。 昭和63年3月14日基発第150号・婦発第47号でこの用語を使用。 www. acas. org. www. acas. org. 一般に「三交代」といえば、24時間勤務で当直 - 明け - 休みを繰り返す体系。 空港は騒音問題があるため、緊急時と一部の海上飛行場を除き、22時から翌日7時まで閉鎖され離着陸はできない。 関連文献 [ ]• Knutsson, A. , Jonsson, B. 1986 'Increased risk of ischaemic heart disease in shift workers'. , 2 8498 , 89—92. Burr, Douglas Scott 2009 'The Schedule Book', ''. 関連項目 [ ]•

次の

【コロナ対策】みずほ銀、中国銀がスプリットオペレーション。感染対策急ピッチ

スプリット 勤務

以下のような対策を状況に応じて組み合わせていくべきです。 これらは常に有効な策となる訳ではなく、国内外の感染症拡大状況や従業員の状況を踏まえて判断することが求められます。 (1)出張・渡航禁止• (発生地域に応じて)海外駐在員(家族含む)、海外出張者の帰国命令• 従業員の渡航履歴の収集、新たな海外渡航の禁止• 不要不急の出張禁止(国内含む) (2)従業員・家族への注意喚起・健康管理• 従業員への注意喚起、マスク着用、咳エチケット、手洗い・うがいの徹底• 事務所内の換気、清掃・消毒等の徹底、ポスター等の掲示• 備蓄品の確認、不足備蓄品の追加購入• 健康状態の報告ルート、感染者発生時の対応手続きの確認• 感染者・濃厚接触者の管理と、出社停止措置(14日間など)• <感染拡大後>従業員や訪問者が職場に入る前の問診、検温、記録取得等の開始• <感染拡大後>訪問スペースの入口や立ち入れる場所、立ち入る人数制限の開始 (3)セミナー・研修・会議・会合の制限• セミナー、研修、集会、会議等の延期・中止・禁止(電話会議システム・テレビ会議システム、メール等の代替手段を活用。 参加予定人数による制約も検討)• 懇親会・接待等の延期・中止 (2)サプライチェーンの見直し• サプライチェーンにかかわる取引先・調達先などからの情報収集・支援• 感染拡大地域、または罹患者が多数発生している工場・取引先の、他地域への切替(代替生産、サプライヤーの切替など)• 在庫の積み増し(国内発生期から小康期までの2~3ヵ月分程度)• フレックスタイム・時差出勤の実施• 出社が不要な業務については、原則リモートワーク(在宅勤務)• 座席(間隔をあけ、非対面式とする)の見直し、フリーアドレス制の導入 【リモートワークを実施できない場合】 リモートワークの環境をすぐに準備できない場合は以下のような対応をしている例もあります。 時差出勤やシフト制の導入• All rights reserved. All rights reserved.

次の

勤怠管理システム|TeamSpirit(チームスピリット)

スプリット 勤務

単にシフトということもある。 人間には睡眠や休憩が不可欠であり、1人が一定期間に働ける時間には限界がある。 例えば日本のでは、1週間について40時間を超えて労働させてはならず、原則として休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならないとされている。 一方で、警察、警備、病院、コンビニやインフラなどでは常時店舗・会社・施設等に人員を配置する必要があり、あるいはスーパーのレジなど繁忙時間に多くの人員を配置する必要がある。 毎週決まった曜日にセールをするような店であればその曜日だけ人員を増やす必要がある。 各人の労働日あるいは労働時間をずらすことでこの問題を解決する方法が取られることが多く、これを「シフト勤務」と呼んでいる。 一般の勤務と異なるので、各人の労働時間、一月や週単位の勤務日時を管理者・勤務者にわかりやすく明示するために、 シフト表というものを使う場合がある。 このシフト表を使うことにより、各曜日の日中や夜間にどの種類の業務を何人の人員で従事出来るかわかりやすく明示することが出来る。 また、このようなシフト表の作成を支援するも多々見受けられる。 12時間夜勤シフトに向かう児童(1908年、米国) シフト勤務は様々な疾患リスクを上昇させる。 ()とは、不眠症、過眠症、またはその両方を特徴とするであり、シフト勤務はこの疾患の主要な診断要素である。 さらにリスクも増加し、とりわけ男性に多い。 ローテーション勤務従事者は、そうでない人よりも脆弱である。 これは概日リズムの変化のため、夜間分泌されるの生産が阻害されることが原因とされている。 WHOによるIARC()では、「を崩すシフト勤務」をグループ2A(ヒトに対する発癌性がおそらくあるもの)と2010年に報告している。 主に、のリスクを高める可能性があるとしている。 シフト勤務はほかの種類のがん発症リスクを増加させる またシフト勤務は、 、 、、、 、 、、 、代謝障害、消化器障害、筋骨格障害、生殖器障害 の発生リスクを増加させる。 シフト勤務はまた慢性疾患を悪化させ、それには睡眠障害、消化器疾患、心臓病、高血圧、てんかん、精神障害、薬物乱用、喘息などがあり、さらにその他概日リズム改善により治療される健康状態も含まれる。 人工照明はホメオスタシスを阻害しうる。 さらにシフト勤務はリスクを増加させる。 2014年の英誌「」に発表された研究によれば、シフト勤務を10年続けた人と慢性的な認知機能障害の関連性が強いとのデータが得られたという シフト勤務の健康への影響はクロノタイプに依存し、これは労働者がどの日勤・夜勤に割り当てられるかという表である。 個々のクロノタイプがシフトタイミングと反対になる場合(たとえば日勤から夜勤へ移動)、概日リズムが阻害されるリスクが高くなる。 異なるシフトスケジュールは、シフト勤務者の健康にさまざまな影響を与える。 シフトパターンの設計は、勤務者の睡眠、食事、休憩の取り方に影響する。 シフトパターンの中には、休息を制限したり、ストレスを増やしたり、勤務者の過労を助長したり、休息中断させたり、疲労を悪化させるものも存在する。 交代勤務で働く男性のになる危険性が、日勤のみ働く男性に比べて3. 5倍、になる危険性が日勤のみ働く男性に比べて2. 8倍あるといわれている。 又、交代勤務で働いている人達にはが多い傾向があり、健康上のリスクはかなり大きい。 予防 [ ] 特に深夜にかかる交代制勤務の場合、労働者の健康のため次のような配慮をしている企業も存在する。 も参照。 深夜勤務の回数をなるべく減らす。 変則的な出勤、退社時刻の設定をなるべく避ける。 やむをえない場合は合間に充分な休日を確保する。 勤務と勤務の間の自宅での休養時間を十分取れるように勤務割を工夫し、深夜・早朝の帰宅の便を確保する。 待機時間には充分な休養が取れるような設備を準備する。 万一の場合にも十分な対処ができるような管理・設備の体制・体制を確立する。 6ヶ月以内に一度、を行い、心身の病気の早期発見に努める。 異常の所見が認められた者には、の上、勤務上の配慮を行う。 24時間勤務の後には最低でも24時間の休暇をおく。 規制 [ ] シフト勤務がに及ぼす害を軽減するために、多くの国は法的規制を設けている。 世界的にはの条約(夜業に関する条約 1990年 第171号条約)で夜業に関するが定められている(日本は未)。 EU指令では、「特別な危険、重度の肉体的、精神的緊張」を伴う夜間作業は、24時間において平均8時間までに制限している。 またEU指令では規制からの適応除外を認めており、特別規定によって、オフショアワーカー、従事者、などに適用される。 日本 [ ] 「」も参照 かつては一部 を除き、を深夜の時間帯に係る交代勤務に従事させることができなかったが(改正前の第64条の3)、(男女雇用機会均等法)等の改正を受けた1999年(平成11年)の労働基準法の改正法施行により、女性のが可能となり、多くの職種に女性の進出が進んでいる。 勤務形態は労働条件の最も基本的なものであるため、会社()側はにその内容や手続きを明らかにしなければならない。 特に法定の1日8時間、週40時間を越える労働時間を超えて勤務体制を組む必要がある場合は、を採用する、労使間で合意されたを所轄長に届けてその内容を遵守する、等の措置が必要である。 シフトプラン [ ] 勤務のことを「直」と呼ぶ場合が多く、勤務体制により次のように呼ばれる。 日勤(昼勤) : 昼間の一般的な始業・就業時間の勤務(8時~17時、8時半~17時半、9時~18時など)• 早番(早出) : 通常の日勤より早く出勤する勤務(5時~14時、6時~15時、6時半~15時半、7時~16時など)• 遅番(遅出) : 通常の日勤より遅く終業となる勤務(12時~21時、12時半~21時半、13時~22時、13時半~22時半など)• 中番 : 早番でもなく、遅番でもない勤務• 通し勤務 : 早番・日勤・遅番などを連続して勤務するもの(7時~21時、7時半~21時半、8時~22時、8時半~22時半など)この場合の休憩時間は最大の2時間となる。 16勤 : 深夜を含む16時間拘束の勤務(仮眠ありの8時間以下の労働時間の勤務をとして区別する場合がある)• 24勤 : 24時間拘束の勤務• 準夜勤 : (16時半~24時半など)• 深夜勤 : (20時~8時、0時~8時半など)• 新夜勤 : (17時20分~9時半など、のみにある勤務体系 こちらが「しんやきん」と呼ばれ、上項は「ふかやきん」と呼ばれる)• 非番 : 勤務には就かないが急な欠勤者が出た場合に備えての待機態勢。 実際には定数不足による強制的な残業となることが多い。 または休日の場合に使われることもある。 の世界では「スタンバイ」と称する。 インチキ非番 :8:00~翌朝8:00。 隔日勤務(原則としてや、の休暇はなし。 公休の設定もなし)で年のほぼ半分が休養日と謳っておきながら、休養日でも0:00~8:00までは実際に勤務しているため、実質は365日休みなしで勤務しているのと全く変わりはない。 開放非番 : 泊まり勤務明けの事。 鉄道・バスなどでは明番とされることが多い。 宿直(しゅくちょく) : 狭くは日勤と日勤との間に事業所に宿泊し緊急事態発生に備えること。 広くは24時間勤務なども含む。 宿直の業務を日中にこなすことを 日直(にっちょく)という。 当直(とうちょく) : 狭くは監視業務に従事する時間のこと。 広くは・などの官公署の24時間勤務なども含み、鉄道・バスなど交通機関での24時間勤務の場合は、非番・明番に対し 本番勤務と称されることが多い。 この場合は下記の当務と同義である。 当務(とうむ) : 当番勤務のこと。 24時間勤務の意味も持つ。 勤務と勤務との間に空白時間を設けられない事業所では、日勤に一番近い時間の勤務から、二交代制の場合1直・2直(勤)、三交代制の場合1直・2直・3直と呼ぶことも多い。 かつてのなどでは一番方・二番方・三番方と呼んでいた。 24時間制 [ ] 工場で装置を24時間連続で動かせば、昼間の8時間だけ装置を動かすのに比べて生産量は3倍となる。 また、製鉄業のように装置を止めることができない場合もある。 そのために使われる24時間制シフト勤務は、大きく分けて8時間勤務の「三交替(Three-shift system)」、12時間勤務の「二交替」、24時間勤務の「一交替」の3種類がある。 いずれの制度でも、拘束時間の途中に1時間程度の休憩が設けられていることが多い。 三組三交替制 [ ] 三組三交替制は、24時間体制で業務を続けるためによく使われる方法である。 1日を8時間ごとに区切り、第1直(昼勤)を午前6時から午後2時、第2直(前夜勤)を午後2時から午後10時、第3直(夜勤)を午後10時から翌朝6時まで働かせる方法である。 各労働者に休暇日を設ける必要があるため、3組では1月を通して休業日無く業務を続けることはできない。 週に休暇日を2日設け、1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は40時間、労働時間は35時間である。 労働者をA組、B組、C組の3組に分けた場合の例を次に示す。 勤務時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 日 月 06:00~14:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組 14:00~22:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業 休業 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組 22:00~06:00 C組 C組 C組 C組 C組 休業 休業 A組 A組 A組 A組 A組 休業 休業 B組 四組三交替制 [ ] 三組三交替制よりも1組増やして、休業日を無くす方法である。 勤務パターンを切り替える日を4つの組でずらすことにより、休業日無く24時間操業を続けることができる。 各個人の勤務パターンは、3直、3直、3直、休暇日、2直、2直、2直、休暇日、1直、1直、1直、休暇日のように、3日勤務、1日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 で採用されている。 労働者をA組、B組、C組、D組の4組に分けた場合の例を次に示す。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 06:00~14:00 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 14:00~22:00 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 22:00~06:00 C組 D組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 C組 休暇日 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組 C組 B組 A組 D組 4日勤務4日休暇二交替制 [ ] 4日勤務4日休暇二交替制(4on 4 off shift)は、で多く見られる勤務体系である。 三交替制に比べて勤務パターンの変更頻度が少なくなるが、1日あたりの労働時間が長くなるため、重労働には向かない。 各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 木 金 土 日 月 火 水 07:00~19:00 A A A A C C C C B B B B D D D D A 19:00~7:00 B B B B D D D D A A A A C C C C B 2日昼勤2日夜勤4日休暇制 [ ] 2日昼勤2日夜勤4日休暇制(Two days, two nights, four off)は、が採用している方法である。 各個人の勤務パターンは、4日勤務、4日休暇の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 07:00~19:00 A組 B組 C組 D組 A組 19:00~7:00 D組 A組 B組 C組 D組 休暇日 BC CD DA AB BC 大陸シフト [ ] 大陸シフト(Continental shift)はヨーロッパでよく見られる制度である。 1週間は7日であるため、7日で回るローテーションとして考えられた。 勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わる。 各労働者にとっては9日または10日毎の勤務パターン変更となる。 全体で見ると、28日間毎に同じパターンが繰り返される。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 06:00~14:00 A組 A組 B組 B組 C組 C組 C組 D組 D組 14:00~22:00 D組 D組 A組 A組 B組 B組 B組 C組 C組 22:00~06:00 C組 C組 D組 D組 A組 A組 A組 B組 B組 休暇日 B組 B組 C組 C組 D組 D組 D組 A組 A組 7日-2週間制 [ ] 7日-2週間制(7-day fortnight shift)では、4組二交替の一種である。 アメリカのテレビ局や法執行機関 ()で使われることが多い。 大陸シフトと同様に、勤務パターンが2日-2日-3日の間隔で切り替わり、28日間毎に同じパターンが繰り返される。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 月 火 08:00~20:00 A組 A組 C組 C組 B組 B組 B組 D組 D組 20:00~08:00 B組 B組 D組 D組 A組 A組 A組 C組 C組 休暇日 CD CD AB AB CD CD CD AB AB デュポン式12時間ローテーション制 [ ] デュポン式12時間ローテーション制(DuPont 12 Hour Rotating Shift)は4組二交替の一種である。 この制度では、月に1回、7日連続の休みが与えられる。 アメリカの製造業で広く見られる方式である。 名前の通り、の製造部門で初採用された。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は38. 5時間である。 時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日 昼勤務 乙乙乙丙丙丙丙甲甲甲乙乙乙乙丁丁丁甲甲甲甲丙丙丙丁丁丁丁 夜勤務 甲甲甲甲乙乙乙丁丁丁丁甲甲甲丙丙丙丙丁丁丁乙乙乙乙丙丙丙 休暇日 丙丙丙乙甲甲甲乙乙乙甲丁丁丁甲甲甲丁丙丙丙丁丁丁丙乙乙乙 長期休暇 丁丁丁丁丁丁丁丙丙丙丙丙丙丙乙乙乙乙乙乙乙甲甲甲甲甲甲甲 7日8時間ローテーション制 [ ] 7日8時間ローテーション制(Seven Day Eight Hour Rotating Shift)は4組三交替の一種である。 7日間働いた後、1~4日の休暇が与えられる。 連続休暇があるのが特徴である。 かつてはアメリカ合衆国西部の製紙業で多く見られたが、4日勤務4日休暇二交替制に置き換わりつつある。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は42時間、労働時間は36時間45分である。 時間 月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日月火水木金土日 07:00~15:00 甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁 15:00~23:00 乙乙乙乙乙乙丙丙丙丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙 23:00~07:00 丙丙丙丙丁丁丁丁丁丁丁甲甲甲甲甲甲甲乙乙乙乙乙乙乙丙丙丙 休暇日 丁丁丁丁丙丙乙甲甲甲甲丁丁丙乙乙乙乙甲甲丁丙丙丙丙乙乙甲 24時間制以外 [ ] 4日勤務2日休日制 [ ] 4日勤務2日休日制(Four on, two off)では、12時間勤務を4日、休日を2日の繰り返しとなる。 1勤務日あたり1時間の休憩を与えた場合、7日間あたりの拘束時間は56時間、労働時間は51時間20分である。 労働時間が長いため、ほとんどを座って勤務する監視員などにしか向かない。 時間 土 日 月 火 水 木 金 07:00~19:00 勤務 勤務 勤務 勤務 休日 休日 勤務 分割シフト [ ] 分割シフト(Split shift)は、輸送、ホテル、病院勤務などに務める配膳業者の勤務によく使われる。 昼食を用意するための10時~14時、夕食を用意するための17時~21時が労働時間となる。 7日間あたりの拘束時間、労働時間ともに40時間である。 時間 月 火 水 木 金 土 日 10:00~14:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇 14:00~17:00 休憩 休憩 休憩 休憩 休憩 休暇 休暇 17:00~21:00 勤務 勤務 勤務 勤務 勤務 休暇 休暇 早番・遅番制 [ ] 早番・遅番制(Earlies and lates)は電話応対、コンビニエンスストア、保育、でよく用いられる。 早番と遅番の勤務時間の一部を重複させることも多い。 時間 月 火 水 木 金 土 日 08:00~16:00 A組 A組 A組 A組 A組 休業日 休業日 15:00~23:00 B組 B組 B組 B組 B組 休業日 休業日 2交代制の問題 [ ] 人員の不足または人件費()を少しでも抑えようとする(増員できない)あまり、2交代制(が12時間以上の勤務)のみになり、3交代を取り入れない場合もままある。 24時間態勢で稼働するや、業などにて 交代勤務を取り入れて勤務する場合、現場によっては3交代ではなく2交代のシフトしか取り入れず、 実働時間と休憩時間を合わせた拘束時間が12時間になる場合もあるため、極めて不規則な生活となり、体調を崩しやすくなる。 例1:「9:00~21:00」「21:00~9:00」のように、実働時間と休憩時間を合わせたが12時間もある(実働時間は10時間〜10時間30分程度)。 「自宅から勤務先までの通勤時間」および「終業〜帰宅するまでの所要時間」も加算すれば、実質の拘束時間はもっと長くなり、「終業〜次の勤務までの空き時間」が12時間を下回るため、帰宅後すぐ睡眠を取らないと次の勤務に耐えられなくなる。 例2:18:00~翌朝09:00。 通勤時間も含めると、自宅にいる時間が数時間。 残業等が発生するとさらにその時間は短くなる。 産業による特徴 [ ] 24時間切れ目なく業務が続く業種 [ ] 民間企業による場合 の、石油化学や製紙メーカーの大型梳紙機など、停止や再稼動に非常に手間と時間がかかる大型機械を使うでは・も問わず24時間の連続運転を行っている。 これらの業種では一般に1日を8時間ごとに分けた『三交代勤務』 を採用している。 また、自動制御の信頼性の向上や対策により労働密度を下げて『2交代勤務』や『宿直勤務』に変更しを行う動きもある。 24時間営業を行うやなどでは、勤務時間は個人の状況に応じて細かく設定している。 また、コンビニで販売するや惣菜を製造する食品工場でも、連動して24時間操業が行われるため、交代勤務を行っている。 では宿泊者に対するサービスや安全の確保を行うため、深夜でも多くの職種で切れ目なく勤務が必要になる。 ビジネスホテルによっては、受付など一部の業務を深夜時間帯から朝まで閉鎖する(いわゆる)ところもある。 や入院患者のいるでは、は日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制、・・検査部門は宿直勤務が多い。 24時間連続で稼働する業務には、遠洋航海する・・なども含まれる。 軍艦では乗員を半分に分けて担当を決めた「半舷」という交代勤務を取り、寄港地での休暇も「半舷上陸」が主体である。 商船では、出入港時は総員配置、その他の場合は大型商船の場合は、0 - 4時・4 - 8時・8 - 12時・12 - 16時・16時 - 20時・20時 - 0時の4時間勤務2回当直を行う(例:0 - 4時直の後は、12 - 16時直)。 公務員による場合 ・()・(特にの監視や勤務、の待機要員)・()のようなも、いつ発生するかわからない事件・事故・災害にも迅速に対応しなければならないため、24時間切れ目のないよう待機ないし監視する任務に当たっている。 (空港ではなく航空交通管制部 )も、24時間切れ目なく業務が行われている(日本に発着する飛行機以外にも、日本の領空を通過する、国外の航空機に対する航空路管理や位置報告受付などの管制業務もあるため)。 早朝から深夜まで業務が継続する業種 [ ] ・・などの機関のように、早朝から深夜まで継続して動きつづけている業種では、早出・遅出など勤務時間を細かく設定して切れ目のないサービスを提供し、またバス・タクシーなどでは、安全対策や入庫・出庫処理のため、24時間切れ目のない宿直勤務となっていることが多い。 また、やなどの通信・物流機関も同様で、郵便収集は早朝に始まり、配達は夜間にまで及ぶ。 特に中継機関は深夜も絶え間なく、郵便物あるいは小荷物が区分けされて、それぞれ配送されている。 一般に中継輸送は道路混雑を回避出来る深夜~早朝に行われることが多い。 待機を伴う業務 [ ] や()、の施設警備部門(警備請負先施設の)や部門では、いつ発生するかもしれない火事・事故・事件に備えて、当番者が深夜も含めた24時間待機(および執務)の体制をとっている。 自動制御やフェイルセーフ対策が充実した無人運転が可能な工場でも、深夜稼動時間帯に、万一の事故があった時の連絡要員の確保的な意味合いで、宿直者を待機させる場合が多い。 年中無休で継続する業務 [ ] や、などの娯楽や全般では、(風営法)や各地のにより、24時間営業が禁止されている場合もあるが、「」の営業までは禁止していないため、・・・も休まず、毎日決まった時間に営業する店舗もある(例 : 10時〜19時のは毎日開店しているなど)。 業務時間が断続的な場合 [ ] たとえば、毎日読むには朝刊と夕刊があるが、これは12時間ごとに執筆・編集され、印刷・配送される。 印刷業務では、朝刊は21時から3時、夕刊では10時から15時の間に仕事が集中している。 これは一人の人間が毎日できる仕事ではないため種々の交代勤務体制が取られている(では1本社に4人の編集長がおり毎日交代している)。 もっとも、本社や支局など取材部門では、事件取材に対応する必要がない限り、深夜から早朝までは宿直員は仮眠をとる場合が多い。 大規模な設備投資を要する製造業 [ ] 製造業では、商品ので投資を早期に回収する目的から、交代勤務により工場、設備を長時間稼働させることが多い。 例えば自動車の組み立てラインでは、早番6:00〜15:00、遅番15:00〜24:00のような連続2交代勤務が一般的である。 連続2交代制の利点として、深夜勤務手当を節約できること、需要の変動をで吸収できることがあげられる。 あくまでも経済性を目的とした交代勤務であるため、生産量に応じた勤務体制の変更がしばしば行われる。 水道・ガス・電力会社 [ ]• 指令部門 : 4直2交代制、5直3交代制などが行われている。 補修部門 : 宿直体制が多い。 コンピュータの運用業務 [ ] (、のなど)による大規模な業務では、業務時間外のやシステムの監視・保守・トラブル対応などで、交代勤務を行うことがある。 放送局 [ ] では、毎日6人のアナウンサー 局アナ が、では、毎日1人ないし2人の局アナが男女関係なくそれぞれ交替で局に泊まり込み、夜間において重大な事件・事故・災害などの発生時に、をいち早く放送できるようにしている。 NHKは「」が放送されている時間帯に、報道特別番組の演習を毎晩行っている。 これは、緊急事態発生時に全局員が対応できるようにするためである。 また、昨今ではほとんどの民間放送局は24時間放送を実施しているため、宿直はのみならずや、各部門の一般社員も深夜の番組送出や放送機器の保守点検・工事や緊急事態に備えるため、毎日数人が交替で局に泊まり込んでいる。 さらに万一停電に陥っても放送が出し続けられるよう、ほとんどの局が装置や非常用・送信機(と本社との回線断絶対策)を備えている。 特に、はの発生時における情報源として最も重要な役割を果たすので、万一停電に陥っても確実に放送ができるようにされている。 なお、の場合は、人数が少ないことから宿直勤務制度を実施せず、代わりに早番・遅番交替制で対応している局が多い。 局アナが行う宿直の仕事は通常「夜間から翌朝にかけて放送されるやの定時を伝えること」である。 宿直制度を実施している局にはたいてい仮眠室があり、局アナの場合は「夜間の最終定時ニュース終了から翌朝一番の定時ニュース開始まで」の数時間、仮眠をとることができる(実際はこの時間を利用して雑用を片づける局員も多い)。 ただし、この間に大事件・大事故・大災害がひとたび発生すれば宿直のスタッフは徹夜で慌ただしく対応することになる。 さらに、それらの規模によっては日勤のスタッフにも非常招集がかかる場合が多い。 小売業 [ ] は一般に午前10時~午後8時頃までの営業、は午前10時~午後9時頃、店舗により午後11時頃まで営業している社もあることから早番・遅番・通し、3種類の勤務体制となる。 やをはじめとする24時間営業の店舗は夜勤・深夜勤の勤務体制がある。 さらにやなどによる従業員が多い店舗では一人あたりの就労時間が短くなることが多いため、早番・遅番の勤務が午前勤・午後勤・夕勤とさらに細かく設定されていることも多い。 注釈、出典 [ ]• ; Blackhall, Karen; Roberts, Ian 2010. The Cochrane Database of Systematic Reviews 5 : CD008508. Yong, Gan 2014. Occupational and Environmental Medicine 72 Online First : 72—78. 2014年8月11日閲覧。. 2012年8月2日. NIOSH: Workplace Safety and Health Medscape and NIOSH. ; Kroenke, C. ; Laden, F. ; Pukkala, E. ; Schernhammer, E. 2005. European Journal of Cancer 41 13 : 2023—2032. 、2010年、(IARC)、2016年7月18日閲覧• 2008-04-11 at the. WNPR, Connecticut Public Radio. Connecticut Public Radio, WNPR. 2007年11月30日閲覧。 Parent, M. ; El-Zein, M. ; Rousseau, M. ; Pintos, J. ; Siemiatycki, J. 2012. American Journal of Epidemiology 176 9 : 751—759. Beck, E. ; Sieber, W. ; Trejo, R. 2005. American Family Physician 71 4 : 717—724. Vyas MV; Garg AX; Iansavichus AV; Costella J; Donner A; Laugsand LE; Janszky I; Mrkobrada M et al. July 2012. British Medical Journal Clinical Research Edition 345: e4800. Fido A; Ghali A 2008. Med Princ Pract 17 6 : 453—7. Erren, Thomas C. ; Herbst, Christine; Koch, Melissa S; Fritschi, Lin; Foster, Russell G; Driscoll, Tim R; Costa, Giovanni; Sallinen, Mikael et al. 2013. The Cochrane Library. Navara KJ, Nelson RJ 2007 [ ]. Pineal Res. 2007; 43:215—224• AFPBB News 2014-11-4• Adan A, Archer SN, Hidlago MP, Di Milia L, Natale V, Randler C 2012 Circadian typology: A comprehensive review. Chronobiol Int, 29 9 , 1153-1175. doi:10. 2012. 719971• 2016年2月3日閲覧。 The Cochrane Database of Systematic Reviews 8: CD009776. 改正前に「女子の健康及び福祉に有害でない業務」として女性の深夜業務が認められていた例として、航空機の(昭和27年9月20日基発675号)、女子の女子管理人(昭和27年9月20日基発675号)、の撮影の業務(昭和61年3月20日基発151号)、放送番組の制作の業務(昭和61年3月20日基発151号)等。 昭和63年3月14日基発第150号・婦発第47号でこの用語を使用。 www. acas. org. www. acas. org. 一般に「三交代」といえば、24時間勤務で当直 - 明け - 休みを繰り返す体系。 空港は騒音問題があるため、緊急時と一部の海上飛行場を除き、22時から翌日7時まで閉鎖され離着陸はできない。 関連文献 [ ]• Knutsson, A. , Jonsson, B. 1986 'Increased risk of ischaemic heart disease in shift workers'. , 2 8498 , 89—92. Burr, Douglas Scott 2009 'The Schedule Book', ''. 関連項目 [ ]•

次の