皇 學 館 大学 まな ば。 皇學館大学の人物一覧

皇學館大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

皇 學 館 大学 まな ば

皇學館大学は、伊勢の神宮における長い神道研究の伝統を源流としていますが、明治15年、神宮祭主久邇宮朝彦親王の令達によって、神宮の学問所である林崎文庫に開設された「皇學館」を直接の起源としています。 明治33年に神宮祭主の賀陽宮邦憲王からいただいた令旨には、わが国の歴史に根差した道義と学問とを学び、実際の社会の中で実践して、文明の発展に貢献するという、まさしく本学の建学の精神が記されています。 以来130年以上が経ちましたが、その根本精神は、現在も皇學館大学の中に脈々と受け継がれています。 近年、教育学部や現代日本社会学部などを設置し、変化する日本社会と国際環境のありように対応しながらも、この本学の原点は揺らぎません。 それはすなわち、神道を根幹として、平和で豊かな、誇りにあふれた国家社会を築こうと努めてこられた祖先の歩みに敬意を払い、そこから生み出された独自性に富む思想・倫理・道徳・歴史・文化を継承し、その実現に努力することを目標として、教育と研究を推進していくことです。 創立明治15年。 本学園は神宮の学問所・林崎文庫に創設された「皇學館」を発祥としています。 昭和15年には勅令をもって神宮皇學館大學官制公布され、文部省所管の官立大学となりました。 今日までのあゆみの中で昭和21年に廃校という苦難を背負いながらも、昭和37年に新制の大学として再興。 吉田茂氏をはじめ首相経験者が総長を務め、平成24年には創立130年・再興50年の周年記念を迎えました。 緑あふれるキャンパスに一歩足を踏み入れると、そこには国の登録有形文化財(建造物)に登録された「記念館」や歴史的に貴重な文献・文化史料を豊富に集めた「神道博物館」、広く日本の歴史研究に必要な史料を活字化し編集する「史料編纂所」など、日本の歴史と文化を究明するための数多くのの施設が並んでいます。 また武道や茶道・雅楽など、日本の伝統や文化を実際に体験できる科目も充実しており、『日本のこころ』を未来へ伝える人材育成の環境が整っているのも皇學館大学の魅力です。 また、本学は学術的な神道研究をベースに、日本の学問をあらゆる角度から追及し続けることができるため、4年間で神職階位が取得できる全国でも数少ない大学です 本学は昭和37年に新制大学として再興以来、教員免許課程認定校として三重県をはじめ、 全国の小学校、中学校、高等学校、幼稚園等の教育界に約6,000人の卒業生を送り出し、地元教育界を中心に大きな役割を果たしてきました。 また、3学部 文学部・教育学部・現代日本社会学部 において教員免許状を取得できるのも特色の一つです。 本学では、1年次から進路講演会やセミナー、個人面接などを開催し、社会や業界を研究すると同時に、就職に関する意識を高めます。 その後、学生一人ひとりの希望に合わせ「就職支援」「教職支援」「神職養成」の3つの部署で専門スタッフがきめ細かくフォロー。 3・4年次にはグループ面接・個人面接指導や、企業に提出するエントリーシートの添削指導、就職活動直前対策などを行い、実践的な就職支援活動を展開。 また、公務員、教員をめざす学生を積極的に支援するため、専門学校「大原学園」と連携し対策講座を開講。 キャンパス内で効率よく安価に学習することが可能です。 本学は、「わが国民族の歴史と伝統に基づく文化を究明し、洋の東西に通ずる道義の確立を図り、祖国愛の精神を教育培養するとともに、社会有為の人材を育成すること」(学則第1条)を教育目的とします。 本学は、各学位の教育課程を修め、次の資質・能力を修得した者に学士の学位を授与します。 1.わが国の歴史と伝統・文化を深く理解し、それを基盤として、異なる歴史と伝統・文化を持つさまざまな世界をも尊重することができる。 2.神道精神に基づく高い倫理観と寛容な精神を備えている。 3.社会において必要とされる知識・技能と、課題解決のための思考力・判断力・表現力等の汎用的な能力を備えている。 4.生涯にわたり学び続ける意欲を持ち、主体的に考え、自ら積極的に行動することができる。 5.地域・職域等社会の様々な領域において、身につけたコミュニケーション能力を用いて他者と協働し、中核的存在として貢献できる。 6.専攻する専門領域における基礎的かつ体系的な知識・技能を身につけるとともに、それを実社会において活用することができる。 本学での学修に必要とされる目的意識・意欲・基礎学力とは、次の4つを言います。 1.高等学校までの教育課程で必要とされた「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力等の能力」、「主体的に学習に取り組む態度」を修得していること。 2.高等学校までの教科の履修内容のうち、特に「国語総合」と「英語」について、聞く・話す・読む・書くというコミュニケーション能力の基礎的な内容を身につけていること。 3.自らの生まれ育った地域社会や日本、また日本を取り巻く世界の話題について、これまで学んできた知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、自らの考えを他者に説明することができること。 4.本学で志望する学部・学科での学修や経験を、地域社会、日本国内あるいは海外で生かしたいという目的と意欲を備えていること。

次の

皇學館大學と國學院大學

皇 學 館 大学 まな ば

創立者 [ ]• 神宮皇學館・神宮皇學館大學 [ ] 総裁 [ ]• (3月 - 8月) - 歴代館長・学長 [ ]• 第1代: (4月 - 8月) - 神宮• 第2代: (3月 - 6月) - 神宮• 第3代: (1898年6月 - 1903年8月) - 神宮大宮司• 第6代: (1913年9月6日 - 4月) -• 第7代: (1918年5月 - 2月) -• 第8代: (1919年6月 - 3月) -• 第11代: (1940年4月 - 8月) - 教授 主な出身者 [ ]• 本科7(総長・教授・教授)• 本科19(教授・教授・教授)• 本科28(神宮皇學館教授・教授・)• 本科32(名誉教授・教授)• 本科39(事務総長・・皇學館大学総長)• 本科40(・)• 本科40(神宮禰宜・神社本庁総長・皇學館大学理事長)• 本科42(・)• 本科47(詩人・小説家・教授)• 普通科11(・・名誉教授)• 予科2学部4(・神社庁長・元宮司)• 予科3(皇學館大学学長・皇學館大学名誉教授)• 専門部2(宮司・・学校法人皇學館常任)• 専門部3(学長・秋田大学名誉教授・名誉館長)• 研究科()• (教授・教授)• (八坂神社宮司・名誉宮司・皇學館大学名誉教授) 皇學館大学 [ ] 歴代総長 [ ]• 第1代: 4月 - 10月 (第45・48-51代)• 第2代: 4月 - 8月 内閣総理大臣(第56・57代)• 第3代: 9月 -2月 宮司・神社本庁事務総長 歴代理事長 [ ]• 第1代: 1962年4月 - 10月 宮司・宮司・熱田神宮名誉宮司• 第2代: 1964年6月 - 5月 元・元(1期)・元(3期)• 第3代: 1980年6月 - 8月 第10代長・元衆議院議員(8期)・元• 第4代: 1982年8月 - 1990年8月• 第5代: 1990年8月 - 8月• 第6代: 1998年8月 - 8月 皇學館大学名誉教授・学校法人皇學館顧問• 第7代: 2001年8月 - 8月 学事顧問 [ ]• - 名誉教授• - 名誉宮司、東京帝国大学教授• - 京都大学名誉教授・教授・京都産業大学教授• - 台北帝国大学教授・教授・法政大学教授• - 所長・学長• - 皇學館大学名誉教授・元教授 現職教員 [ ] 文学部 [ ] 神道学科 [ ]• 教授 - 日本古代、• 教授 - 、• 教授 - 神道史、• 特別教授 - 神道史、日本学• 教授 - 神道史、神道思想史 国文学科 [ ]• 教授 - 、国語学• 教授 - 日本語学• 教授 - 日本文学• 教授 - 日本文学• 准教授 -• 准教授 - 平安文学• 准教授 - 、現代文学 国史学科 [ ]• 特別教授 - 生活史、制度史• 教授 - 日本史• 教授 - 日本中世史、荘園史、• 教授 - 日本近代史、外交史• 教授 - 日本思想史• 准教授 - 日本近代史、地方行政史 コミュニケーション学科 [ ]• 教授 - 、• 教授 - 英語教育学 教育学部 [ ] 教育学科 [ ]• 教授 - 社会科、環境世界史学、国際理解教育• 准教授 - 教育 現代日本社会学部 [ ] 現代日本社会学科 [ ]• 教授 - 、、公務員制度• 教授 - 政治制度、、政治文化評論• 教授 - 日本古代文学• 准教授 - 、 文学研究科 [ ] 神道学専攻 [ ]• 教授 - 日本古代文化史、神道史• 教授 - 宗教学、仏教学• 特別教授 - 神道史• 特別教授 - 宗教学、社会学、神社祭祀研究• 教授 - 政治制度、政教関係、政治文化評論• 教授 - 日本古代文学• 教授 - 神道史• 教授 - 神道史、神道思想史 国文学専攻 [ ]• 教授 - 上代文学、国語学• 教授 - 日本語学• 教授 - 日本近代文学• 教授 - 日本中世文学 国史学専攻 [ ]• 教授 - 日本古代史• 特別教授 - 大名生活史、華族制度史• 教授 - 日本古代史• 教授 - 日本中世史、荘園史• 教授 - 日本古代史、文化法制史• 教授 - 日本近代史• 教授 - 日本思想史 教育学研究科 [ ] 教育学専攻 [ ]• 教授 - 社会科教育学、環境世界史学、国際理解教育 専攻科 [ ] 神道学専攻科 [ ]• 教授 - 宗教学、仏教学• 教授 - 日本古代文化史、神道史• 特別教授 - 神道史• 教授 - 憲法学• 教授 - 政教関係、近代神道、教育問題• 教授 - 神道史• 教授 - 神道史、神道思想史 附属図書館 [ ]• 教授 - 神道史 教育開発センター [ ]• 教授 - 日本語学 研究開発推進センター [ ] 神道研究所 [ ] 史料編纂所 [ ]• 教授 - 日本古代史 佐川記念神道博物館 [ ]• 教授 - 上代文学、国語学 特別招聘教授 [ ]• 特別招聘教授 -弓馬術礼法三十一世宗家• 特別招聘教授 -相談役• 特別招聘教授 -• 特別招聘教授 -教授 元教員 [ ]• (在任1962-1964) 教授 - 日本思想史• (在任1962-1976) 教授 - 神道史• (在任1962-1978) 教授 -• (在任1962-1980) 教授 - 日本思想史• (在任1962-1989) 教授 - 神道史、御用掛• (在任1963-1971) 兼任教授 - 独文学• (在任1963-1974) 兼任教授 - 上代文学• (在任1964-1986) 教授 - 日本思想史• (在任1965-1968) 兼任教授 - 上代文学、名誉教授• (在任1966-1977) 教授 - 日本文学• (在任1966-1975) 助教授 - 日本、教授• (在任1967-1974) 教授 - 東洋史• (在任1967-2014)教授 - 神道、、現名誉教授• (在任1969-2010) 教授 - 日本古代史、現名誉教授• (在任1973-1983) 教授 - 日本近世文学、京都大学名誉教授• (在任1975-1993) 教授 -• (在任1976-1979) 助教授 - 岐阜県地域史• (在任1976-1980) 専任講師 - 、特任教授• (在任1976-2007) 教授 - 英文学• (在任1976-2011) 教授 - 子ども家庭、• (在任1977-2006) 教授 - 日本中世史、現名誉教授• (在任1978-2017) 教授 - 日本、日本古代史、神宮史、現名誉教授• (在任1980-1990) 助教授 - スポーツ、教授• (在任1980-1993) 助教授 - 家庭科教育、教授• (在任1983-1987) 教授 - 中国哲学• (在任1983-1988) 教授 - 日本文学• (在任1984-2006) 教授 - 、教育、現名誉教授• (在任1984-2012) 教授 - 神道史、神道祭祀• (在任1986-2010) 教授 - 日本近世文学• (在任1987-2013) 教授 - 神道史、現名誉教授• (在任1989-1997) 助教授 - 日本近代政治史、調査官• (在任1990-1992) 教授 - 政治思想史、名誉教授• (在任1991-2009) 教授 - 日本中世文学、国語教育• (在任1994-1999) 教授 - ギリシア哲学、名誉教授• (在任1995-2017) 教授 - 学芸史、、• (在任1997-2013)教授 - 、社会事業史、仏教社会福祉学• (在任1998-2002) 教授 - 神道学、名誉教授• (在任1998-2007) 教授 - 国際社会福祉論、福祉政策論、現名誉教授• (在任1998-2014) 教授 - 政治哲学、政治思想、経済思想• (在任2000-2004) 教授 - 日本中世文学、名誉教授• (在任2000-2014) 教授 - 、、• (在任2001-2007) 特任教授 - 、日本史(政治史・文化史)、名誉教授• (在任2002-2010) 教授 - 史、史、論、教授・代表• (在任2003-2010) 特任教授 - 、、名誉教授• (在任2004-2010) 特任教授 - 宗教学、神道文化論、宮司・京都大学名誉教授• (在任2005-2010) 教授 - 論• (在任2006-2014) 教授 - 知識社会学、理論社会学、現代社会論、教授• (在任2010-2018) 特別招聘教授 - 、 財 主な出身者 [ ]• 1967卒 - 、皇學館大学名誉教授• 1972卒 - 、宮司・宮司、理事• 1976卒 - 神道学者、神職、宮司、教授• 1983卒 - 、神職、宮司、歴史学者、館長• 1984卒 - 、皇學館大学• - 落語家• 2006卒 - 歴史学者、、• 2009中退 - 元・指導者• 院文 - 神道学者、2代• 文 - ()、椿会館館長• 専- 、• 文 - タレント(元オフィス ブレス ユー所属)• - 神職、宮司、元禰宜 外部リンク [ ].

次の

皇學館大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

皇 學 館 大学 まな ば

皇學館大學と國學院大學 初めて質問させていただきます 私は現在京都市内の某大学に通う3回生です 現在仏教を学んでいますが最近どうしても神道を学びたいと言う気持ちが強くなってきます そして出来るならそれを仕事にしたいとも考えるようになりました 養成所等の情報も知りましたが やはり専門的なことを学びたいので編入などを考えており、現在皇學館と國學院の二校のみが神道系の学校であると知りました ネットなどで情報を仕入れておりますが今ひとつ自分が欲しい内容が見つけられません そこでお聞きしたいのですが 1、仏教関係から神道関係への改宗?は可能 もしくは受け入れられる でしょうか 2、編入では神職の資格などはもらえないのでしょうか 3、両大学のメリットやデメリットなどがあれば、お教え願いたいと思います よろしくお願いします 皇學館大学は、1882年に神宮祭主であった久邇宮朝彦親王の令旨によって林崎文庫に設置された官立の「神宮皇學館」を母体として1962年に設立された大学です。 1946年 GHQが出したいわゆる神道指令により神宮皇學館大學は廃学処分となりました。 1962年に皇學館大学として復興されました。 皇學館大學は、沿革上、伊勢の神宮及びその事務所である「神宮司庁」とは密接な関係があります。 「明階」の階位を取得するためには、『「明階」検定合格「正階」授与』の後、更に神宮、神社、神社本庁及び神社庁に職員として2年間以上在職し、神社本庁の定めた各種研修を4日間以上受講しなければなりません。 この点は皇學館大学も國學院大學も同様で、学部卒業では、正階の階位が授与されます。 明階の階位の取得には無試験検定資格を得ますが、実務経験が必要となります。 1、國學院大學は「皇典講究所」として設立され、幾多の変遷を経て 現在に至ります。 2、文学、史学、法学の3本柱をたてようとしたのですが、諸事情から 法学部は分離独立し、現在の日本大学法学部の淵源となりました。 3、都立戸山高校もその源流が、ここにありました。 4、現在は文学部、法学部、経済学部に加え、新しい3つの学部があります。 5、そのうちの1つが文学部神道学科を拡充した神道文化学部です。 6、伝統的に神職の子弟が多いのですが、比較文化の観点を求めて 門をたたく学生もいます。 7、比較宗教の専門家の教授の著書やゼミの輪読指定図書を読んでみたら いかがですか。 8、全国に数万ある神社の総本山である宗教法人神社本庁とは 双生児のような関係にあります。 9、神職は下から直階(ちょっかい)、権正階(ごんせいかい)、正階(せいかい)、明階(めいかい)、浄階(じょうかい) の5つの階位(かいい)がらあり、神道文化学部を卒業すれば明階が得られるはずです。 10、伊勢の神宮皇學館との違いは、詳しい方の回答を待ちましょう。

次の