自動車保険 レンタカー特約。 知っておくと安心!オプションのレンタカー保険が必要な理由

レンタカー等諸費用アシスト

自動車保険 レンタカー特約

ソニー損保:レンタカー特約(代車特約)とは? 正式名称は「事故時レンタカー費用特約」と呼びます。 しかし、一般的にはレンタカー特約、代車特約、レンタカー費用特約、代車費用特約などと呼ぶことが多いと思います。 車両保険に加入する際、この特約を付けるか付けないかを選択できます。 レンタカー特約(代車特約)を付けた場合、年間保険料は3500円~5500円ほどアップします。 もちろん等級、年齢条件等の諸条件により保険料は変わってきますが、いくつかのパターンで試算したところ、だいたい上記の幅に収まります。 レンタカー特約(車両特約)の補償内容を下記にまとめておきます。 ソニー損保:車両保険の特約「事故時レンタカー費用特約」の補償内容• 補償の対象になる人は 契約車両の所有者です。 車両保険の支払い対象となる事故により、契約車両が使用不能となり、レンタカーを利用した場合に保険金を支払います。 レンタカーを利用した最初の日が、事故日の翌日から起算して6ヵ月以内の日である場合に限ります。 利用できるのは 30日間までです。 具体的には、「契約車両の代替自動車を新たに取得した日」「修理した契約車両が手元に戻ってきた日」または「レンタカーを利用した最初の日からその日を含めて30日後の日」のいずれか早い日までにレンタカーを利用した日数とします。 利用できるレンタカーの日額は 5000円・7000円・10000円・15000円・20000円の中から選択できます。 利用できるレンタカーとは、道路運送法第80条第1項に基づき業として有償で貸し渡すことの許可を受けた自家用自動車に限ります。 友人・知人から借りた車をレンタカーとみなすことはできません• 事故時レンタカー費用特約は車両保険の特約なので、 車両保険を付帯する契約にしか付けられません。 事故時レンタカー費用特約のみを使ってもノンフリート等級には影響しません。 この特約は事故が原因で車を修理している期間に利用できる特約であり、 故障した車の修理中には利用できません。 契約車両が自力で走行できる場合で、その損傷を修理しないときには、この特約は利用できません。 この機会に同じ条件で見積もり試算した場合の他社の保険料を確認しておくといいと思います。 保険料の安い会社3社をチェックしておけば、今の契約が満期になる際に継続するか乗り換えるか判断材料になりますから。 ソニー損保:レンタカー特約(代車特約)が必要な人と必要でない人 言うまでもないことですが、レンタカー特約(代車特約)は無いよりあったほうがいい特約です。 あれば事故で車が修理中でもレンタカーで代用できるので、普段の生活をそのまま送れます。 けれども、そもそもソニー損保の自動車保険に入った理由の1つは、できるだけ保険料を節約するため、という人が多いはずです。 レンタカー特約(代車特約)を付けると年間保険料が3500円~5500円ほどアップします。 これをどう考えるか、ということになると思います。 あなたの生活を振り返った時、1日も車が欠かせない生活を送っているのであれば、たとえ保険料がアップしてでも、迷いなくレンタカー特約(代車特約)を付けるべきでしょう。 しかし、車が他にもある、毎日車は使わない、バス・電車など公共交通機関で何とかなる、といった状況なら、レンタカー特約(代車特約)はあえて付ける必要はないと思います。 なお、以前でしたら、事故で車をディーラーや修理工場に預けると、無料で代車を出してくれていたものです。 今でも無料の代車を用意しているディーラーや修理工場もありますが、経費節減のために、以前より用意している代車の数が少ないので、混み合う場合は用意できないケースも珍しくありません。 ところで、あなたは車が事故にあったり故障したりした場合、特定のディーラーなり修理工場を指定しますか? もしも特に懇意にしている業者さんがないのであれば、ソニー損保が提携している修理工場(全国約420箇所)を利用すれば数多くの特典があり、その特典の1つに「代車無料」があります。 ここまでこのページでご案内しているのは車両保険の特約であるレンタカー特約(代車特約)です。 もう一つは、ロードサービスの中の1つであるレンタカー費用サポートです。 みなさんがこの2つを混同しないよう、以下にまとめてみました。 レンタカー特約(代車特約)• 車両保険の特約で、追加保険料を支払って付帯している場合だけ利用できます。 車両保険の特約なので、車両保険の支払い対象になる事故のときにしか使えません。 利用できるレンタカーの日額は 5000円・7000円・10000円・15000円・20000円の中から選択できます。 利用できるのは 30日間までです。 レンタカー費用サポート• ロードサービスのいくつかあるサービスのうちの1つです。 ロードサービスはソニー損保の自動車保険すべての契約に自動セットされているので、ソニー損保契約者のすべての人がレンタカー費用サポートを受けられます。 外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となった場合に、現場から自宅・目的地に向かうためのレンタカー費用を支払います。 24時間までのレンタカー費用(契約車両と同等クラス以下)の基本料金を支払います。 24時間以内の利用であれば、外出先から自宅(もしくは目的地)近くのレンタカー会社営業所に返却した場合の「乗捨て料」も支払います。 距離によるサービスの利用制限はありません。 しかしロードサービスのレンタカー費用サポートを利用できるのはその1回(24時間)のみです。 その後、修理工場で車を修理するあいだどうしても車が必要な場合は、車両保険の特約であるレンタカー特約(代車特約)に入っていないとレンタカーを使うことはできません。 この2つは異なる内容なのでご注意ください。 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 さて、7月ですね。 新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。 怖いです。 わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。 手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。 完全に病気です。 楽しいです。 泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。 いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。 ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。 ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。 手洗い病は当分のあいだ続きそうです。 こんなことしかできません。

次の

お車の補償|自動車保険・一般用|三井住友海上

自動車保険 レンタカー特約

自動車保険には、「レンタカー費用特約」は必要です! レンタカー費用特約は、事故やその他の理由で修理をする時に、レンタカーを借りる費用を補償してくれる特約です。 自分のクルマの修理期間中に利用する場合があるように、自分の過失で相手方のクルマを修理する場合、修理期間中、相手に対してレンタカー(または代車)費用を補償する必要があります。 先日、駐車場に止めておいた愛車に、となりのクルマのドアが当たり、愛車のボディが凹んでしまいました。 ドアを当てられた直後に、私がクルマに戻ってきたので、現場をおさえることができ、相手方と話し警察に連絡。 ちなみに、事故直後に保険会社に電話したところ、無人駐車かどうかを聞かれました。 それ以外の場合は状況により過失割合が変わってくるそうです。 たとえば、クルマに乗っていてエンジンをかけていなくてもドアを開けっ放しだったところに、となりのクルマのドアがぶつかってきたケースなど。 クルマの修理期間は 1週間。 その間、私はレンタカーを借りていました。 修理が完了し、修理工場へ愛車をとりに整備工場へ。 整備工場の担当者からも、レンタカー使用料は意外と高いので、「レンタカー費用特約」には入っていた方が良いとのアドバイス。 レンタカー費用特約のメモ レンタカー費用特約は、保険会社によって「代車費用特約」とか「レンタカー費用補償特約」とか、いろいろな呼び方がありますが、事故などでクルマを修理をする際にレンタカーを借りる費用を補償してくれる、いざというときに役立つ特約です。 一般的には、事故の場合、最長で 30日を限度に保証してくれる保険会社が多いようです。 もし、レンタカー費用特約をつけずに自分の過失で相手方がレンタカーを借りた場合、その費用はすべて自腹ということになってしまいます。 レンタカーはハイブリッド車 チョット気分を変えて・・・ レンタカーは、ホンダ GRACE(グレイス)。 ハイブリッド車です。 乗り心地は、まずまず。 ハイブリッド車特有のトルクフルなモーター駆動の反応の速さは心地よかったですね。 自動車保険の特約で意外と盲点になりそうな「レンタカー費用特約」! 一度、自動車保険の補償内容をチェックしてみることをおススメします。

次の

AAP(家庭用総合自動車保険)

自動車保険 レンタカー特約

このページの目次 CLOSE• 任意保険会社によっては、ナンバープレートの平仮名が 「わ」、「れ」いずれかのレンタカーを借りられた場合にのみレンタカー特約が有効といった細則がありますので注意が必要です。 また、事故日から30日が限度なのか、レンタカーを借りられた日から30日か、 同じ30日限度でもカウントの仕方が任意保険会社によって違いがあるのです。 例えばマイカー通勤中に交通事故に遭い、ご自身の車は大破し廃車、 ご自身はケガをして、車に乗れるようになったのが事故日から40日後。 ケガも治って、マイカー通勤しなければならない時に、事故日から30日をカウントするタイプのレンタカー特約であればまったく役には立ちませんね。 この場合、 レンタカーを借りた日から30日のカウントがなされる任意保険会社のレンタカー特約を選ぶ必要があります。 交通事故に遭ってから効力を発揮するレンタカー特約ですから、契約する時やレンタカー特約を実際に使うときは注意が必要です。 レンタカー特約は必要な特約のように思われがちですが、実際はどうでしょうか。 例えば、事故した車を修理する先が各自動車メーカーのディーラーの場合。 ディーラーは独自でサービス代車を無料で貸出しています。 あなたが交通事故に遭遇してしまい、あなたの愛車を修理している間や、愛車が廃車になった際などに効果を発揮するレンタカー特約。 レンタカー特約を付帯すると、交通事故日を起算日とし30日限度、もしくは修理工場入庫日を起算日としそれ以後30日を限度とする場合のいずれかで付保額に応じてレンタカーを借りた際にその費用を任意保険会社が負担してくれます。 車両保険の特約として設定がなされていますので、あなたの愛車に車両保険を付帯されない場合はレンタカー特約も付帯することはできません。 高額な保険料である車両保険にレンタカー特約も付帯するわけですから、必然的にあなたの保険料は高くなります。 交通事故に遭遇した際は、あなたの任意自動車保険会社、もしくは相手方の任意自動車保険会社から提携工場の紹介がなされます。 任意自動車保険会社の提携工場で愛車を修理する場合は修理をしている間の代わりの自動車(=代車)を無料で貸し出してもらえます。 提携工場で修理をするかしないかはあなたの判断次第ですが、あなたが提携工場で愛車を修理する場合は代車を無料で貸し出してもらえるのでレンタカー特約は必要ないでしょう。 また、あなたがいつも愛車のメンテナンスに出すカーディーラーはいかがでしょうか。 無料で代車を貸してくれるのではないでしょうか。 このようにレンタカー特約がなくても任意自動車保険会社の提携工場による無料代車貸し出しサービスや、あなたの頼りにしている修理工場で代車を無料で貸し出している場合があります。 あなたが愛車を購入した店舗や、日々の点検、車検等で常連や顔馴染みであればほぼ間違いなく無料で代車を借りることができるでしょう。 またカーディーラー以外の修理工場についても同様で、無料でサービス代車を備えている修理工場が数多く存在します。 一方、任意自動車保険会社の提携工場はどうでしょうか。 任意自動車保険会社の提携工場は一般的に、普段からディーラーの板金塗装を請け負っている修理工場が多く、設備が整っており、豊富な実績や経験、歴史のある老舗の修理工場がその大半を占めているので、初めて愛車を修理依頼するのにも安心です。 さらに、 事故車の引き取りや、修理後の納車も無料で行うほか、修理には永久保証がつくのが一般的です。 ですから、修理技術の面においても、任意保険会社の提携工場であれば任せて安心できます。 レンタカー特約は、その補償内容やメリットの割に付帯すると 保険料が意外なほど高くなるのが一般的です。 ディーラーや、修理工場、もしくは任意保険会社の提携工場による代車無料サービスがあることを踏まえて、レンタカー費用補償特約が本当に必要かどうかを検討しましょう。 提携工場の無料代車が借りれずレンタカー特約が必要なこともある あなたが交通事故に遭遇し愛車を修理する場合は、任意自動車保険会社の提携工場での無料代車貸し出しサービスや、あなたの懇意の修理工場の無料代車を借りれば問題ないでしょう。 しかし、あなたの愛車が丸々盗難(全部盗難)に遭遇したり、あなたの愛車が交通事故で全損になってしまったりして、修理ができなくなった場合はどうでしょうか。 任意自動車保険会社の提携工場による無料代車貸し出しサービスは 愛車の修理が前提条件です。 あなたが愛車を修理しないのに、あなたの懇意にしている修理工場からは無料で代車を借りる事が出来るでしょうか。 このようなリスクに対してどのように向き合うのかが、レンタカー特約を付帯される上でポイントになります。 あなたの愛車が丸々盗難に遭ってしまった場合、任意自動車保険会社から車両保険金の支払いまでにかかる期間は通常で2週間〜1か月前後かかりますし、場合によってはそれ以上に時間がかかる場合もあります。 また、あなたの愛車が全損になって新しい愛車を選びに行く為にも何らかの交通手段が必要になります。 ディーラーや中古車屋さんは大通りに面した場所にあるケースが多いため公共交通機関での新しい愛車探しは不便かもしれません。 その間、愛車がない状態であなたの生活は大丈夫でしょうか。 レンタカー特約を付帯している人はこんな人• レンタカー特約の日額限度額をいくらに設定していいかわからない。 そもそもレンタカーを借りると高額になりそうで不安。 自己負担が出たらどうしよう。 日額5,000円は高いの?安いの? レンタカー特約でレンタカーを貸出す際、レンタカー会社は 通常料金で貸し出すことはなく、大抵はレンタカー特約の特別料金(損保料金と言います)で貸し出します。 例えば大手レンタカー会社でトヨタヴィッツを24時間借りると6,000円(税込)〜7,000円(税込)程が相場ですが、損保料金だと税込日額4,500円くらいの料金になります。 下記に可能な範囲の損保料金をまとめましたのでレンタカー特約の日額限度額を設定する為の参考にしてみてください。 車種区分 レンタカー特約の特別料金目安(損保料金) 軽自動車(タント等) 税込3,780円前後 コンパクト(ヴィッツ等) 税込4,500円前後 コンパクトHV(アクア等) 税込5,500円前後 普通車HV(プリウス等) 税込7,560円前後 小型ワゴン(シエンタ等) 税込6,800円前後 中型ワゴン(ヴォクシー等) 税込10,800円前後 大型ワゴン(アルファード等) 税込16,200円前後 あくまで2019年1月時点での西日本地区の参考相場見本であり、これらが元でトラブルに発展しても当サイトは一切責任を負いかねるとともに、これらについてのお問合せについても一切ご回答致しかねますのでご了承ください。 明確なレンタカー特約の日額限度額の設定については各任意自動車保険会社にご相談されることをお勧めします。 また、当サイトで三井ダイレクトでレンタカー特約について日額限度額の条件を変えて見積もりをとってみました。 日額限度額に対しての保険料の値上がり幅に注目してください。 ちなみに、三井ダイレクトのレンタカー特約は日額限度額が5,000円、7,000円、10,000円の3種類の商品設定でした。 見積もり条件 保険料年額(税込) レンタカー特約付帯なしとの差額(税込) 一つ下の日額限度額との差額(税込) レンタカー特約付帯なし 49,750円/年 - - 日額限度額5,000円 55,820円/年 6,070円/年 - 日額限度額7,000円 59,050円/年 9,300円/年 3,230円/年 日額限度額10,000円 63,890円/年 14,140円/年 4,840円/年 例えばマイカーがプリウスの場合で、同じプリウスをレンタカー特約で借りたい場合はレンタカー特約の日額限度額は10,000円を設定しなくては実現は難しそうです。 でも少し小さいハイブリッドのアクアで問題ないのであれば、レンタカー特約の日額限度額は7,000円の設定で賄えそうです。 実際にレンタカー特約を使用する実務としては、任意自動車保険会社の担当者とディーラー等修理工場の担当者とで、契約者のレンタカー特約の日額限度額や限度日数等の情報交換を行います。 それから先のレンタカー特約の使用を前提とするレンタカーの手配は、任意自動車保険会社からレンタカー会社へ直接レンタカーの手配を行う場合もあれば、修理工場の担当者が手配する場合もあり、手法はその時々によって臨機応になります。 任意自動車保険会社からレンタカー会社へ直接手配をする場合も、修理工場からレンタカー会社へ手配する場合でも、大抵の大手レンタカー会社であれば損保料金で計算された請求書が任意自動車保険会社へ送られてきます。 レンタカー特約まとめ SBI損保を運営しているSBIホールディングスが運営元。 見積可能社数 20社• 所要時間目安 5分• 利用者累計 900万人• 運営開始 2000年 SBIホールディングスだからといってSBI損保を勧めてくるわけではないのでご安心を。 SBIホールディングスは任意自動車保険以外に生命保険やペット保険の一括見積もりサービスも運営しています。 従ってサイト自体がシンプルで洗練されていて、実際に見積もりを取ってみたがストレスを感じなかったので自信をもってお勧め致します。 保険スクエアbang! 自動車保険で実際見積りを取ってみました! 基本的には選択形式なので、各項目の選択肢を選んでいくだけです。 手元に車検証があった方がスムーズに進めることができました。 時系列のスクリーンショットを掲載します。 保険スクエアbang! 自動車保険のトップページです。 あなたの車のメーカーを選んで、『見積もり依頼スタート無料』をクリックすると、次のページから見積もり入力がスタートします。 保険スクエアbang! 自動車保険の2ページ目です。 現在の自動車保険の加入状況と車種、年式を設定して次に進みます。 保険スクエアbang! 自動車保険の3ページ目です。 ここではマイカーの車検証を見ながらマイカーの型式を選択しナンバープレートを入力していきます。 Q:ナンバープレートの登録は必要なの? A:車両を登録した地域(管轄の陸運事務局)によって、保険料算定に必要な係数(地域別料率)が異なる為、見積もりをする上で必要となります。 沖縄県が最も保険料が安く、逆に最も保険料が高いのは愛知県です。 保険スクエアbang! 自動車保険の4ページ目です。 ここでは現在の等級や満期日等、現在の契約内容を選択します。 ここまでのほとんどが選択形式なので迷うことなくサクサク進む感じです。 選択が済めば次に進みます。 保険スクエアbang! 自動車保険の5ページ目です。 ここでは車の所有者を選択します。 さらに、記名被保険者を選択します。 記名被保険者とは保険の対象者のことを指します。 契約者=保険料を支払う人であって、必ずしも契約者=記名被保険者にする必要はありません。 各所選択し次に進みます。 保険スクエアbang! 自動車保険の6ページです。 ここでは運転する最年少者の年齢を選択します。 年齢条件に満たない人が運転して交通事故に遭遇した場合は保険が無効になる場合がありますので、慎重に選択しましょう。 さらに、具体的な保険内容を選択していきます。 『?説明』や『参考データ』をクリックすると別ウィンドウで該当箇所の説明や参考データが表示されるので、わからないことがあっても安心です。 選択後は次に進みます。 保険スクエアbang! 自動車保険最終ページです。 見積もり結果はウェブ上ですぐ確認することができます(右画像参照) 保険会社によっては郵送物で送られてきたり、メールで送られてきたりしますが、これらは確認画面がありますので、不要な場合は省くこともできます。 保険スクエアbang! 自動車保険の見積もり結果です。 最低保険料がSBI損保の53,110円で、最高保険料がイーデザイン損保の124,180円でした。 何とその差71,070円でした。 保険会社によってこんなにも保険料に差が出るとはかなり驚きでした。 一括見積もりやってみてよかったと思います。 なんと最安値保険料と最高値保険料の 差額が71,070円でした。 自動車保険会社によってこんなにも差が出るとは正直すごく驚きました。 あなたも保険料がいくら安くなるのか確認しましょう。

次の