ポケモン パーティ構築例。 【ポケモンUSUM】初心者向け「パーティ・構築の組み方」まとめ! 勝ち筋、基本選出、相性補完を意識しよう!

『これまでとは一味違う』8世代型対面構築の編成術

ポケモン パーティ構築例

2、7世代までの対面構築 パーティ内での役割として ・行動保証 ・受け ・崩し が重要と言われてきました。 順に解説していきます。 行動保証とは相手に対して一回以上動ける保証を持ったのことです。 例を挙げますと襷、頑丈、スカーフなどによる高いS、チョッキなどによる高い耐久、先制技を持ったです。 この役割を持ったで固めるのがこの構築の基本になります。 受けとは相手を後だしから受けて流す、または後攻とんぼ返りやなどの盤面操作技によりこちらのエースを安全に着地させるのことです。 なぜ対面構築にこのようながいるかというと、この構築は交代をあまりしないという性質上、初手が非常に重要です。 ただ行動保証を持ったばかり並べたら初手で出し負けた時に一気に不利になります。 初手での出し負けをカバーするために受けがいるわけです。 これに該当するは一体で十分です。 この役割を持ったが一体以上いなければ相手の受けポケに対応ができません。 これらのを入れたパーティがこれまで高い成績を出してきました。 6世代で言えばガブガルゲンボルトバシャ 受けは、崩しはガルーラ、など 7世代ではガルランドゲッコの並び 受けはランド、崩しはガルーラ です。 3、8世代での変更点 対面構築において一番変わったことは当たり前ですがックス 以下DM です。 これによる具体的な対戦への影響は大きいところでは三点です。 一つはDMエースという枠が生まれたことです。 これまで対面構築は積みポケがいませんでした。 崩しを除く なぜならそんなひまがあるなら殴れ!!って構築だからです。 しかしDMの登場により相手を殴りながら積んでいくことが可能になりました。 これにより対面構築なのに積んでいって相手のパーティを崩壊させるという積み構築的な動きができるようになりました。 二つめは受けの重要度が下がったことです。 ここは賛否両論あると思う 2の項目でも記した通り受けというのは出し負けをカバーするために存在しました。 しかしDMにより初手の出し負けをカバーできる状況が多くなりました。 たとえば初手でこちら弱点保険ドラパルト、相手としましょう。 これは初手の出し負けを補っておつりがくるレベルです。 しかもDMターンもあと1ターン残っているという有利状況っぷり。 この場合受けを選出していたらほぼほぼ腐ります。 だから重要度が低いです。 三つめは崩しの概念の変化です。 これに関してはDMだけでなく廃止やラキグライなどの受け回しポケのリストラも大きいですが、これまで崩しというのは基本積み技必須でした。 いま流行りのが良い例です。 これにより崩し枠が前より自由になりました。 論者とも言う。 8世代環境ではである。 4、具体的なパーティの組み方 では結局どうパーティを組めばいいかを役割別に説明していきます。 行動保証枠 対面構築という以上ここは前と変わらず確定です。 どんなが該当するかは2の項目で軽く説明しましたが持ち物別に具体的な例をあげます。 一回以上動ける確率が高いことを行動保証が高いと表現しています。 襷 エースバーン、インテレオン、、、、、ゲンガー、ジョー、、、モルペコなど 襷枠は確定です。 ほかのアイテムに比べて高い行動保証に加え、相手のDMターンを2ターン消費できると入れない理由がありません。 高いSとAまたはC、広い技範囲、先制技を持っているが適しています。 スカーフ 、ドラパルト、、、ガラル、ドラパルト、エーフィなど 襷枠ほどではないですが入れておいて損はないかなとおもいます。 DMによりスカーフで拘っちゃっても撃ち分けができるのでデメリットが少ないからです。 スカーフ込みでドラパルトを抜けるS、高いAまたはCを持つが適正です。 例外 、頑丈など 基本的にはアイテムを持ってはじめて高い行動保証を持てるのですが、こいつらは例外で特性により高い行動保証をもっています。 特にの化けの皮はステロでも潰れないのでとにかく強いです。 なにもかんがえずにいれましょう。 はそこそこのAと先制技を覚えるので例外に加えましたが、ほど強くないです。 これ以外にもたくさん行動保証を持つは存在しますが、相対的に行動保証性が低いので書きません。 文字で定義するなら「スカーフでない自分以上のSを持つの技を基本一発耐える」に当てはまるかどうかを基準に考えていけば間違いないです。 受け枠 3の項目で記した通り重要度が低いので入れなきゃいけないということはないです。 環境や自分のパーティに合わせて入れるべきか考えましょう。 、アーマーガア辺りは特性により相手のDMに強く、とんぼ返りも覚えるので悪くないです。 崩し枠 3の項目で記した通りこの枠は前より自由になっています。 ですのでいまだに研究が必要な枠であり、特にこれだ!!というはいません。 強いていうなら、悪巧み搭載、、、辺りでしょうか。 DMエース枠 8世代で新たに加わった枠です。 前のメガ枠に近いかもしれません。 ここも研究段階ですので自分の好きなを入れるのもありかもしれません。 具体的にどんながDMエースになるのかというと、「DM前提の技構成や持ち物であり、DM技により自身の能力ランクを上げ相手のを壊滅させることができる」です。 あくまでDM前提なのでパーティに1体多くても2体までが目安です。 またこの枠は必須ではありません。 これらを意識してパーティを組みましょう。 例えば僕がマスターランク瞬間世界一を記録したパーティだと エースバーン 襷 行動保証枠 ドラパルト 弱保 DMエース枠兼崩し枠 チョッキ 行動保証枠 スカーフ 行動保証枠 珠 行動保証枠兼崩し枠 ゴツメ 受け枠 となります。 最後にちょっとした留意点をここに記します。 ・とアーマーガアに強いをパーティに二体以上入れる。 ・天然ヌオーを突破できるを用意する。 ・環境の積みアタッカーに対してストッパー、もしくは処理ルートを考えておく。 ・状態異常への対応策を考えておく。 でダイフェアリーうてば状態異常を無効化できる点も注意 ・DMエースを起用する場合、基本DMしないを必ず2体以上入れておく。 例えば襷枠はDMとは相性は悪いのでこれに当てはまる ここまで見てくださってありがとうございます。 拙い文章になってしまいましたが、皆様のパーティ作りの一助になれば幸いです。 始めたので興味があれば覗いてみてください。 SYRVAN.

次の

【剣盾】ポケモンパーティ構築

ポケモン パーティ構築例

シングル初心者にオススメするパーティ構築まとめ ポケモン対戦は、一定のメソッドのもと、正しい積み重ねの後にようやくそこそこのレベルに到達するものです。 ポケモンの動かし方を学ぶには、ポケモンのメジャーな組み合わせを使用するのがオススメです。 完成されているが故に扱いやすく、ポケモンの動きを覚えたり、対戦に慣れることができます。 有名な組み合わせで初心者でも扱いやすい 構築を集めてみました。 全体的には 積み構築が多めです。 理由としては、勝ち筋が明確なので運用しやすいのが理由です。 一方、受けループなど 環境に合わせてパーティー構築が必要なものは排除しています。 1:カバルドン+リザードン リザードンXと組む場合は、ステルスロック撒き+あくびでメガリザXがつるぎのまい・ニトロチャージを積み機会を作ります。 カバルドンは基点作りのため 初手に起用してあげましょう。 メガリザYと組む時は、メガリザYの苦手な霊獣ランドロス・バンギラスなどの攻撃を耐える物理受けとして採用します。 メガリザYが不利な対面の時に使用するため、交代先として起用してあげましょう。 カバルドン自体にかなり耐久力があるため一撃死することが少ないです。 草・水タイプのポケモンとの対面を除けば、基本的には回復が間に合います。 カバルドン自体が起点作りや数値受けできるポケモンとして他のポケモン(メガルカリオ・メガボーマンダ・ドリュウズなど)と組み合わせやすいので、育てておいて損のないポケモンの1匹です。 オススメ記事: 2. カバルドン+メガルカリオ カバルドンでステルスロックを撒いた後に 欠伸・吠えるで起点を作った後に、メガルカリオで全抜きします。 使い方がシンプルゆえに扱いやすいです。 勝つためのストーリーが簡単なので初心者でも高い勝率を誇ることが可能です。 シーズン11の環境では、苦手な先制技持ちのポケモン(ファイアロー・マリルリ)が少なくなってきているため扱いやすいです。 ルカリオを特殊と物理の1:1で存在するため、相手は数値受けできるポケモンを準備しづらいのも魅力。 格闘・鋼を半減できる ギルガルド・メガリザードンYといったポケモンはどうしても突破できないため 3体目にはこれらに強いポケモンを準備したい。 オススメ記事: オススメ記事: 3. サザンドラ+ギルガルド サザンドラ+ギルガルドの相性補完が素晴らしく、2体の組み合わせですべてのタイプを半減できます。 それならこの2匹でサイクルを回せば最強や! となるわけでなく 苦手なポケモンもたくさん存在し メガミミロップ、ガブリアス、メガバシャーモ、マンムー、ウルガモス、メガリザードンXなどは サザンガルドはあっさり殺られる。 一方で、有利なポケモンを対面させて ダメージレースを有利に進める サイクル戦の基礎が詰まっているためオススメの並びです。 どんな構築でも比較的採用しやすく、この2体を入れるだけで勝率が安定するはず。 よくある構築は、 サザンガルド+マリルリ+メガフシギバナを採用します。 4体の役割としては、 サザンドラ:メインアタッカー、草・電気・水・ゴーストキラー ギルガルド:ガブリアス・メガガルーラ対策 マリルリ:カイリュー、ウルガモス、ファイアロー、マンムー、メガバシャーモ、メガリザードンX、ヒードラン対策 メガフシギバナ:エルフーン、耐久ポケモン対策 オススメ記事: オススメ記事: オススメ記事: 4. バンギラス+ドリュウズ+ボーマンダ(バンドリマンダ構築) 電磁波撒きのポケモンで積みエースを止める環境(化身ボルト・ジャローダ・クレッフィの流行)の中で 光り輝くパーティーがバンドリマンダ構築。 ひと昔前に流行ったのですが、最近見る機会が増えました。 勝ち筋は非常にわかりやすく、 バンギラス+ドリュウズで無双。 これらの苦手な格闘が来たら、メガボーマンダで戦う! 砂化のドリュウズは多くの場合先制できる+ステルスロック・砂ダメで一貫性を作れているため、いつ敵を殴るかの判断が重要になります。 ポイントはいかに有利対面に持ち込み、 ドリュウズでつるぎのまいをするタイミングの見極めがすべてです。 メガボーマンダは特殊型が多く、 バンギラスは、脱出ボタンよりも さらさらいわを採用し エースのドリュウズの動けるターン数を多くするのが最近の流行り。 ドリュウズの積みの機会を作りやすくするためにカバルドンを使うプレイヤーもいますが、ファイアロー・メガボーマンダに強いバンギラスの方が扱いやすいです。 第五世代のカバドリュを知っている人からしたら、意外かもしれません。 オススメ記事: 5. 相性補完が非常に良い組み合わせで、完成された構築だと評価されることが多い。 弱点としては、メガバシャーモミラー、剣の舞ファイアロー、化身ボルトロスなどがいる。 今の環境だと苦手なポケモンが多いため 一定の数しかいないが環境によっては再ブレイクすると思います。 オススメ記事: 6. メガガルーラ+ガブリアス 2体の圧倒的火力で相手の物理受けに受けさせない強力な構築です。 PGLでは使用率1位のガブリアス・2位のメガガルーラをただ並べただけと思うかもしれませんが、という立派な戦術です。 圧倒的な火力と高い汎用性から初心者でも扱いやすいです。 メガガルーラがパーティにいると、ゴツメ持ちをほいほいします。 そういったポケモンに鉢巻ガブリアスが非常に強いです。 相手の構築にも依存しにくく、汎用性が高い組み合わせです。 メガガルーラ・ガブリアスの裏に、数値受け+ヒーラーとしてクレセリアを合わせた、ガルガブクレセの並びはレートで最もみる機会が多いと思います。 シーズン8で最終レート:2309達成した構築にも使用されています。 オススメ記事: 7. 化身ボルトロス+霊獣ランドロス 耐久ベースの化身ボルトロス(HBベース)、耐久ベースの霊獣ランドロス(HDベース の とんぼルチェンでエースに繋げ、相手に高火力を押し付ける構築です。 ボルトランドコントロールスタンというかっこいい名称がつけられている。 エースには、火力が高いメガガルーラ、メガバシャーモが使用されることが多いです。 選出とプレイングが勝率に大きな影響を与えるため、相手をよく観察する訓練になります。 ボルトランドをクッションにしてエースを降臨させていくのが快感です。 厳選難易度が高いのがネック。 オススメ記事: 8. メガクチートは特性:ちからもちによる高い火力で 相手をねじ伏せます。 3体目には、ポリゴン2を採用することが多いです。 ポリゴン2は トリックルーム要因として起用されます。 オススメ記事: オススメ記事: 9. ジャローダ+オニゴーリ 不遇の単色タイプである、草と氷が強特性で相手をなぎ倒すという綺麗な並びです。 ジャローダが麻痺撒きによる起点作りを行い、オニゴーリが特性:ムラっ気で能力を上昇させます。 元オニゴリストのレンカイさんは、ムラっけに入門する人には、後攻ボルトチェンジで起点を作る水ロトムとの組み合わせをオススメしています。 オススメ記事: 10. 化身ボルトロス+メガゲンガー PGLの上位のメガガルーラ・ガブリアス・ゲンガーに強いのが、化身ボルトロス+メガゲンガーの並びです。 メガゲンガーが、鬼火と気合玉をしっかり当ててくれさえすれば・・・・。 化身ボルトロスで 電磁波を撒き、メガゲンガーの身代わり+祟り目で全抜きを目指します。 使用率の高いポケモンの多くを2体で見れるので扱いやすいです。 ギャラドス+ナットレイ+メガライボルト ギャラナットのタイプ相性の良さを生かしサイクルを回します。 ギャラドスのゴツメダメージ、ナットレイの宿り木の種、ステルスロックの定数で戦うことが特長です。 どちらも耐久力のあるポケモンのため、少々選択肢を間違っても挽回できるのが売り。 一方でどちらも自己再生などの回復技を覚えないので、高火力ポケモンのゴリ押しには弱め。 最近は、天敵のきあいだま持ちボルトロスが増えているため、世知辛い。 3体目には、メガライボルトが採用されることが多く ギャライボルトナットという噛みやすい名前が付けられている。 役割としては、 ギャラドス:威嚇撒き+物理受け メガライボルト:威嚇撒き+エース ナットレイ:特殊受け が一般的。 威嚇撒きが2体いることで ナットレイが物理アタッカーの前でも宿り木の種を撒きやすいです。 オススメ記事: 12. メガガルーラ+ファイアロー パーティーに攻めの成分が足りないと感じたら、とりあえず組み込むと良い対面構築の基本形。 メガガルーラの苦手な格闘タイプに対して、ファイアローが強いという並び。 オススメ記事: オススメ記事: まとめ 自分で使ってみた結果、 経験知を排除できる+自分の勝ち筋を相手に押し付けることのできる構築をなるべく選んでみました。 勝ち筋を押し付けることで読み合いを排除しやすくなるため、とりあえず勝てる! というパーティーを作ることができます。 後は実践で覚えていくだけで大丈夫。 細かい努力値調整や運用の仕方は、オススメ記事のリンク先に詳しいのでそちらを是非読んでみてください。 ピックアップした構築はよくレートで見かけるので、敵として対面した時にどう対策すれば良いかのヒントになるでしょう。

次の

【ポケモンUSUM】初心者向け「パーティ・構築の組み方」まとめ! 勝ち筋、基本選出、相性補完を意識しよう!

ポケモン パーティ構築例

使いたい構築・ギミックの種類を決める 2. 主軸や勝ち筋となるポケモンを決める 3. 2で決めたポケモンと相性の良いポケモンを入れる 4. パーティ全体で苦手なポケモンを対処できるポケモンを入れる 5. 実際に対戦してポケモン、努力値を組み替えていく 管理人はまず最初に活躍させたいポケモン、構築・ギミックを決めます! 次にそのポケモンと相性補完や穴埋めに優れているポケモンで残りを埋めていきます。 まず基本として「メガシンカ」は強力なので絶対に入れましょう。 他にも準伝説のポケモンや高種族値・強特性のポケモンを惜しみなく構築に入れましょう。 他にも現環境ではタイプ相性に穴が出ないように「鋼タイプ」「地面タイプ」「フェアリータイプ」の3匹を構築に組み込むことが多くなっています。 そして始めのうちはレートで勝つのは難しいので、所謂「厨ポケ」をガンガン使って対戦に慣れることが大事です。 実際の構築例 活躍させたいポケモン:メガクチート 使いたいギミック:トリックルーム 選出誘導:キノガッサ 相性補完:ミミッキュ、マンムー、ポリゴン2(トリル始動役) 表選出:ポリゴン2、メガクチート、キノガッサorミミッキュ 裏選出:メガボーマンダ 今回はサンムーン最終シーズンで使っていた構築で解説をしていきます。 まず「メガクチート」を主軸に据え、トリル構築に決定します。 そしてトリックルームを使うことが出来る「ポリゴン2」をギミックの始動役に決定。 この2匹と相性の良い「ミミッキュ」「キノガッサ」を構築に入れます。 この時点で基本選出は完成となります。 そして基本選出では対処が出来ないパーティに対する裏選出となる「メガボーマンダ」を決定。 更にメガボーマンダと相性の良いマンムーを採用して構築は完了。 勝ち筋としてトリル展開後メガクチート、メガボーマンダの竜舞を用意しています。 今回はギミックパなのでかなり勝ち筋や動き方はわかりやすいかと思います。 ちなみにこのパーティも改修を加えており、元々はメガボーマンダではなくガブリアス、マンムーではなくアシレーヌを採用していました。 しかしガブリアスの火力不足、アシレーヌの役割不足などで現在に至ります。 このように対戦をしていく内にパーティの穴や改善点が見つかるかと思うので、その度に直していきましょう。 管理人がよく見るオススメサイト (使用率、技構成などの確認) (上位構築の確認、努力値調整の確認) (抜き調整をするときに要チェック) 自分はさんを見ることが多く、ツールや育成論などが非常に役立ちます。 また、個人ブログなどでレートごとの使用率を表示してくださっている方もいるので、情報は様々なところから集めていきましょう。 ポケモンUSUM環境で見かけられる構築の種類 ・サイクル構築 相手のポケモンに対して有利なポケモンをどんどん交換していく戦法の構築のこと。 この構築で結果を出すパーティが多く、第七世代では主流になりつつある。 ・対面構築 対面で有利を取りやすく、技の範囲と火力に優れたポケモン達でパーティを固める構築のこと。 キノガッサやゲッコウガやアーゴヨンのようなポケモンが該当。 ・積み構築 起点作りのポケモンで場を整え、強力な積み技を使って全抜きを狙う。 バシャバトン、オニゴーリなどが専用の構築も多め。 ・受けループ タイプ受け、数値受け、HPの回復ができるポケモンで相手の攻撃を受けきり、どくどくやゴツゴツメットなどで削っていく構築。 代表的なポケモンにはグライオン、ラッキー、エアームドなどがいる。 ・天候パ 天候によって発動する特性や天候の効果を活かして戦う構築。 ペリグドラ(ペリッパー&キングドラ)やカバドリュ(カバルドン&ドリュウズ)などが該当。 ・トリルパ トリックルームによる行動順を操作するパーティ。 シングルの始動役はポリゴン2、ミミッキュ、クレセリアなどが主流。

次の