ご連絡いただけると幸いです。 「幸いです」の意味ビジネスメールで使える言い回しは?

ご検討のうえ、ご連絡頂けると助かります・・・って文章として...

ご連絡いただけると幸いです

「ご連絡いたします」は二重敬語? 「ご連絡いたします」は、二重敬語だから誤用なのでは?と考える人もいますが、結論をいうと「ご連絡いたします」の 謙譲表現「ご連絡」と「いたす」はそれぞれ独立しているため二重敬語ではありません。 二重敬語の定義は同じ種類の敬語を続けて使用することです。 ベテラン社員にとっては常識でも、使い方がイマイチよくわからない、使うタイミングに悩むこともあるでしょう。 そんな悩みを解消すべく、ここからは シチュエーションごとに使える「ご連絡いたします」の例文をご紹介します。 ・ご連絡いたします=連絡するね。 ・ご連絡差し上げます=連絡してあげるね。 こうして見比べると、「ご連絡差し上げます」は相手からの押しつけに感じますよね? 「ご連絡差し上げます」と敬語表現に言い換えたとしても、「連絡してあげるね」との意味になるため、上から目線と不快に感じる人も少なくありません。 むしろ丁寧な言葉になる分、相手の怒りを買うリスクが高くなります。 「ご連絡いたします」と「ご連絡差し上げます」の使い分け 使い分けとしては、こちらが相手に連絡することを伝える際には「ご連絡いたします」を。 相手に連絡をすることができなかった際の謝罪や、相手の対応に感謝するときには「ご連絡差し上げます」ではなく、「ご連絡差し上げる」に言い換えて使用しましょう。 ・I will email you the results after checking the documents. ・We will contact you againg after reviewing the matter whithin our company. ・I will contact you regarding the answer to your question from the other day. ・I will contact you regarding the consultation from the other day. 「ご連絡いたします」をビジネスシーンで正しく使おう! 「ご連絡いたします」は仕事やプライベートを問わず、あらゆる場所で使用される言葉です。 ビジネスシーンで正しく使いこなして、円滑にコミュニケーションを図りましょう!.

次の

ご検討のうえ、ご連絡頂けると助かります・・・って文章として...

ご連絡いただけると幸いです

A ベストアンサー このような場合には、急ぐ理由を明記するのが良いでしょう。 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 : 「仕事をしていることに関しては」察することができる、という意図で、「で」よりも「は」を使うほうが自然です。 「一生懸命仕事をしていることに関しては察することができるのだが、催促はしたい」という意図を表わすことができます。 「彼が貧乏なのは知っているが、わたしも金持ちではないので援助はできない」という表現と同じです。 また、「こと」が重複する場合、主格としての「こと」は「の」に置き換えることができます。 (重複してなくても置き換えることはできますが、「こと」のほうが自然な場合もあります) 「お母さんの手伝いをすることは良いことです」を、「お母さんの手伝いをするのは良いことです」とすると日本語らしい自然な表現になります。 2. >あまりにも催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。 : 「あまりにも」は形容動詞扱いになるため「申し訳ない」に係ります。 「非常に申し訳ないと思う」という意味になってしまうので、おそらくですが意図した文意とは異なることでしょう。 「催促する」に係るためには、副詞として「あまり」を使う必要があります。 goo. 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 Q 営業のアシスタント業務を行っています。 代理でメールを送信する場合について教えてください。 添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。 今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしいです)」 ・・・のような、ちょっと相手の都合とかを気にした、遠慮も入った、そんな意味が含まれていると思います。 それに対して 「教えていただければ幸いです」 というのは、できれば教えてください。 教えていただければうれしいです、 ということをストレートに表現していると思います。 >具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。 (例1) いつも忙しそうにしているAさんと、どうしても分からないことを教えてもらいたいBさんがいるとします。 Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです」 (教えてもらったら、うれしいです) Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いですが・・・」 (お忙しいようですので、無理でしたらよろしいのですが、もしできれば教えていただきたいです・・・) といった感じでしょうか。 しかし、上の例の場合はあまり差はないと思ってもいいでしょう。 (例2) 息子の帰りを心配している母親に、近所の奥さんが話をしている。 近所の奥さん「息子さん、すぐに帰ってきますよ」 母親「そうだといいんですが・・・」 (そうだといいんだけれども、そうじゃなかったら、どうしよう) といった、心配な気持ちが「が・・」に表れています。 このように、文末の「が」には、いろいろな意味があると思います。 ご参考になればうれしいです。 (これも、ご参考になればうれしいのですが、とかの言い方もありますよね) ご参考になればうれしいのですが、だと、参考になればうれしいけれども、 もしも参考にならなかったらごめんなさいね、というちょっと遠慮した気持ちを表せます。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしい... A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた).

次の

「ご連絡いただければ幸いです」の意味と使い方・例文・返信方法

ご連絡いただけると幸いです

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の