サマナー ズ ウォー ペルナ。 サマナー ズ ウォー パンダ 水

2体目でも欲しいモンスターランキング☆

サマナー ズ ウォー ペルナ

ラグドール 今期は頼りきりになってしまいました。 ステータス的には26番体力のラグが強いと思います。 いずれは30000に。 ルーンは吸血意志。 2ndピック安定でした。 赤帯では光闇純五キャラがポンポンでてくるので、ラグドール持ちの人はすべて覚えておき、1stピックでとるなどは必須でした。 風パンダ 1stピック要員でした。 レイドの大切さを教えてくれたキャラです。 体力が1000違うだけでも勝敗に影響していたと思います。 いずれは25000に。 アメリア 2ndピック要員。 風パンラグドールを支えるキャラでした。 暴走意志推奨です。 抵抗を確保したうえでプレイングが安定していると特に対ギアナ戦を勝ち抜けます。 (体力速度攻撃的中が最強クラスのギアナは少ないため) 他の馬と同じように馬モードになって、再暴走を狙う動きが爆弾系に対して非常に強かったです。 また、抵抗を振るメリットとしては対ダイアナエトナの剥がしに対しても防御バフが残りやすくて強かったですね。 いずれは100に。 ヘレナ ラストピック要員。 人気爆発中の彼女。 4番はクリ率ルーンです。 余りがちなクリダメ3跳ねのルーンを有効活用出来ているという意味でもお気に入りです。 後半にかけてラカンの代わりに使用率が高くなりましたが、速度パーティーとガニ軸風火パーティーをメタれるのが強かったです。 カミラ ラストピック要員。 こいつがいなければ赤はいけなかったと思います。 ペルナ水パン構成など高体力な相手やザイロスを主軸とした速度パーティーに連れていくと安定しました。 赤にいくためには速度パーティーに対しての対策をしっかりとる必要があるので、アリーナ防衛で使われる耐久キャラをいくつか育てておく必要性があります。 アイリス 2ndピック要員。 絶望意志にしています。 個人的にアイリスはワリーナでは絶望意志だと思ってます。 アイリスの良いところはピックを読まれなくするところです。 雨師相手にエトナからだすと火で警戒されますが、アイリスからだすことによって、メタがないまま剥がし2体揃えることができたのがよかったです。 あとは個人的に苦手なハトホルに対しての回答が今回は沈黙でした。 ダイアナ 2nd、ラストピック要員。 ピックするタイミングが難しいキャラでした。 水パンバステト雨師あたりに対してはエトナと合わせてピックすることでほぼ勝てる自信があったので、警戒させないような工夫と先にダイアナをとられないようにする必要がありました。 火力にかなり振っているため、盾割りつきの相手に2万くらいはでます。 速度パに対してヘレナカミラと合わせて持っていくこともあり、短期決戦では体力型のキャラは問題なく強いということがわかります。 エトナ 2nd3rdピック要員。 クリダメ型にしているおかげで勝てたことも多かったですが、ペルナの1暴走ですぐ落とされるので耐久がもっとあったほうがいいと思います。 クリダメ型にして一番良かったと思ったことは、水パン元姫に対して回復される前に落としきるという対処ができることでした。 水パン元姫パを使う人は風水にピックがよりがちなので、エトナダイアナの火力を高くして対処する方法はおすすめです。 ラキュニ 3rdピック要員。 主に相手にダイアナ、エトナピックされたとき。 ピック率は少なかったですが、出したときの勝率はかなり高かった印象です。 テサリオン 2ndピック要員。 暴走反撃です。 ステータスはかなり強いと思いますが、慣れていなかったせいで出したときの勝率が悪く、活躍したとは言い難いです。 おそらくラカンのほうが活躍したかもしれない。 現在レート1922なので、赤1とれるかどうかというところですが、このまま様子見で行きたいと思います。 ちなみに個人的なボーダー予想は1916です。

次の

今期WAで活躍したキャラトップ10

サマナー ズ ウォー ペルナ

ワリーナどうしたらいいですか?とか質問されることがあって、 それだったらもう20個ぐらいの構成の中から自分にできそうなのを真似してみるのも手だと思ったので紹介します。 ワリーナのパーティーを考える上での出発点は 「相手のキャラ1体をどう倒すか」これが非常に大事。 1体倒せば同じように4体倒せばいい シェノン、ラキュニ・・みたいな耐久系を並べても勝ち筋がない。 逆もしかり、相手がアタッカー+耐久3構成なら アタッカーさえ落とてしまえばよろしく。 ゆえにスタートラインとなります。 構成に関しては基本的に3~4体で紹介します。 (編成は5体で考えるのが一般的ですが思考停止的なやり方はおすすめしません。 大体のパーティーは数体でプランが決まるというのと残り1体は工夫してこそ) 下記クリックで好きな項目に移動• 免疫ない相手にはスキル2で盾割りができるし、 重要なのはバステト、攻撃バフをつけ防御デバフでダメージレース優位を狙える 色々と応用が利くパーティで +水パンダ、+オーディンで敵をガンガン削ってもよし +タブロ:速度バフでガロの火力上がった状態で倒すのもよし 火アークを先にするメリット、バステトを先にするメリット両方あると思います。 しかし、この3体自体火力があるわけではないのでジュノなどで簡単に耐えきられやすい欠点を持ち合わせてます。 強みは蚩尤による速度リーダー、素の速度の速いトリトンで上をほぼ確実にとれる点。 ティアナやギアナを用いたパーティーは速度の上限がどうしてもあるので、 その手のパーティーに対するカウンター策として有効です。 +エトナ、水猿などで火力を出しながらコントロールしていく構成は今後流行る可能性があります +タブロなどで2速度リーダー構成にしても強いと思います。 赤3帯で使われるのはこの派生形で闇仙人を採用した形とアシマを採用した形です。 暴走にするメリットですが、ジャミールにおいては火力でダメ押しができる 水パンはスキル2で全体剥がしを狙えてそのあとのタブロの全体デバフにつなげやすいといったところです。 ラグドールは添えるだけです。 しいてラグドール軸で使うのであれば暴走攻撃型にするとかです。 有効な場面 @シャイナ、ヴェラード、ラキとか 全体攻撃キャラに対してだすと全員分クリでゲージあがるので最大60%あがります @上とりパ 上とってルシェンとかしてくる速度パに有効 不利な場面 @単体火力 ペルナ、ダフニス、オベロン等 ラグドールは攻撃を受けて最後までラグドールが生きていないと効果発動しません。 (全体以外)なのでラグドールを速攻で落とされるとしんどいです。 あとこっちに火力がいないときのヴェルデ、フランもしんどいです ラグドール抜きで十分戦える仕組みを作ることが大事です!.

次の

ペルナのルーンは暴走!引率や異界でも大活躍!対策は?

サマナー ズ ウォー ペルナ

ラグドール 今期は頼りきりになってしまいました。 ステータス的には26番体力のラグが強いと思います。 いずれは30000に。 ルーンは吸血意志。 2ndピック安定でした。 赤帯では光闇純五キャラがポンポンでてくるので、ラグドール持ちの人はすべて覚えておき、1stピックでとるなどは必須でした。 風パンダ 1stピック要員でした。 レイドの大切さを教えてくれたキャラです。 体力が1000違うだけでも勝敗に影響していたと思います。 いずれは25000に。 アメリア 2ndピック要員。 風パンラグドールを支えるキャラでした。 暴走意志推奨です。 抵抗を確保したうえでプレイングが安定していると特に対ギアナ戦を勝ち抜けます。 (体力速度攻撃的中が最強クラスのギアナは少ないため) 他の馬と同じように馬モードになって、再暴走を狙う動きが爆弾系に対して非常に強かったです。 また、抵抗を振るメリットとしては対ダイアナエトナの剥がしに対しても防御バフが残りやすくて強かったですね。 いずれは100に。 ヘレナ ラストピック要員。 人気爆発中の彼女。 4番はクリ率ルーンです。 余りがちなクリダメ3跳ねのルーンを有効活用出来ているという意味でもお気に入りです。 後半にかけてラカンの代わりに使用率が高くなりましたが、速度パーティーとガニ軸風火パーティーをメタれるのが強かったです。 カミラ ラストピック要員。 こいつがいなければ赤はいけなかったと思います。 ペルナ水パン構成など高体力な相手やザイロスを主軸とした速度パーティーに連れていくと安定しました。 赤にいくためには速度パーティーに対しての対策をしっかりとる必要があるので、アリーナ防衛で使われる耐久キャラをいくつか育てておく必要性があります。 アイリス 2ndピック要員。 絶望意志にしています。 個人的にアイリスはワリーナでは絶望意志だと思ってます。 アイリスの良いところはピックを読まれなくするところです。 雨師相手にエトナからだすと火で警戒されますが、アイリスからだすことによって、メタがないまま剥がし2体揃えることができたのがよかったです。 あとは個人的に苦手なハトホルに対しての回答が今回は沈黙でした。 ダイアナ 2nd、ラストピック要員。 ピックするタイミングが難しいキャラでした。 水パンバステト雨師あたりに対してはエトナと合わせてピックすることでほぼ勝てる自信があったので、警戒させないような工夫と先にダイアナをとられないようにする必要がありました。 火力にかなり振っているため、盾割りつきの相手に2万くらいはでます。 速度パに対してヘレナカミラと合わせて持っていくこともあり、短期決戦では体力型のキャラは問題なく強いということがわかります。 エトナ 2nd3rdピック要員。 クリダメ型にしているおかげで勝てたことも多かったですが、ペルナの1暴走ですぐ落とされるので耐久がもっとあったほうがいいと思います。 クリダメ型にして一番良かったと思ったことは、水パン元姫に対して回復される前に落としきるという対処ができることでした。 水パン元姫パを使う人は風水にピックがよりがちなので、エトナダイアナの火力を高くして対処する方法はおすすめです。 ラキュニ 3rdピック要員。 主に相手にダイアナ、エトナピックされたとき。 ピック率は少なかったですが、出したときの勝率はかなり高かった印象です。 テサリオン 2ndピック要員。 暴走反撃です。 ステータスはかなり強いと思いますが、慣れていなかったせいで出したときの勝率が悪く、活躍したとは言い難いです。 おそらくラカンのほうが活躍したかもしれない。 現在レート1922なので、赤1とれるかどうかというところですが、このまま様子見で行きたいと思います。 ちなみに個人的なボーダー予想は1916です。

次の