ハンターライト9系。 【荒野行動】ゴールデンクルーザー登場!ハンターライト3系・第一級警戒も

モンスターハンター2解析情報 武器一覧【ライトボウガン】

ハンターライト9系

またガイドへの糸絡みを自動的に解除するKガイドを搭載。 さらにリングはオールSiCリング仕様で、PEライン使用時も快適なロッドワークが可能。 このクラスでは初となるバチ抜け対応の極軟メガトップを搭載したモデル(86LL-Sのみ)もラインナップ。 ベテランをも納得させるスペックを備えたクラス以上の実力派シリーズ。 出典:ダイワ ブランクスはブレーディングX採用でねじれに強く、トルクがあります。 ガイド周りはステンレスフレームのKガイド+オールSiCリングガイドと、トラブル少なく快適にPEラインを使える仕様になっています。 出典:釣具のポイント さらに、バチ抜け対応の極軟メガトップというソリッドティップを備えたモデルもラインナップされ、対シーバスロッドシリーズとして高い完成度を誇ります。 特にオールSiCガイドリングというスペックは他にありません。 さすが、こだわりの強いアングラーが多いシーバスゲーム用のシリーズ…と言ったところでしょうか。 搭載機能 メガトップ採用は86LL-Sです。 こちらのモデルは春のバチ抜けパターンや、軽めのジグヘッドを用いた繊細な釣りで活躍してくれるでしょう。 ブレーディングXは全モデルで採用となっています。 これにより細径で柔軟、ハイテーパーな穂先を作ることが可能となっている。 カーボン素材特有の手に響く感度はもとより、穂先に表れる視覚的感度も大幅に向上。 出典:ダイワ ラインナップ 全9モデルのラインナップとなっています。 シーバスゲームはもちろん、モデルによってはサーフゲームやライトショアジギングを始めとした他のルアーゲームも十分こなせるスペックを備えています。 出典:ダイワ 以下は全ラインナップのスペック一覧です。 主なスペックをピックアップしています。 横が画面から切れる方はスクロールしてご覧ください。 品名 全長 (m) 自重 (g) 先径 (mm) 元径 (mm) ルアー 重量 (g) ライン メーカー 希望本体 価格(円) ナイロン (lb. ) PE (号) 86LL-S 2. 59 135 1. 2 (1. 1) 11. 4 (10. 9) 3-15 4-12 0. 4-1. 0 15,800 90L 2. 74 140 1. 8 (1. 7) 12. 4 (11. 8) 5-28 6-12 0. 5-1. 2 16,300 86ML 2. 59 140 1. 9 (1. 8) 11. 9 (11. 5) 7-35 8-16 0. 6-1. 5 16,300 90ML 2. 74 145 1. 9 (1. 8) 12. 4 (12. 0) 7-35 8-16 0. 6-1. 5 16,800 96ML 2. 89 150 1. 9 (1. 7) 13. 4 (13. 0) 7-35 8-16 0. 6-1. 5 17,300 100ML 3. 05 170 1. 9 (1. 7) 14. 1 (13. 5) 7-40 8-16 0. 6-1. 5 17,800 90M 2. 74 155 2. 3 (2. 2) 12. 9 (12. 4) 10-50 10-20 0. 8-2. 0 17,300 96M 2. 89 175 2. 3 (2. 2) 13. 9 (13. 3) 10-50 10-20 0. 8-2. 0 17,800 100MH 3. 05 195 2. 5 (2. 2) 14. 9 (14. 5) 12-60 12-25 1. 0-2. 出典:ダイワ シーバスハンターXの魅力 シーバスハンターXは、シーバス専用ロッドではありますが、その基本スペックの高さゆえに、シーバス以外にもサーフゲーム、ハードロックフィッシュゲーム、ライトショアジギングなど、幅広くこなせる汎用性を備えています。 86ML、90MLあたりは、近年流行りのスーパーライトショアジギングにもピッタリではないでしょうか。 【関連記事】 そして、そんなロッドが1万円台前半で手に入るということが最大の魅力だと思います。 シーバスゲームを基本にしながら、さまざまなルアーゲームをこなせることで、釣りの幅を広げていくことが出来ます。 まさに、ルアーゲーム入門者から中級者への階段を登っていく方に相応しいロッドです。 オールSiCリング採用ということで、いわゆる完全な入門者用ロッドとは一線を画していますので、長く付き合っていくことができるでしょう。 サブロッドとしても優秀と思います。 もちろん、サビキ釣りやちょい投げなどでも活躍してくれます。 まさにお値打ち価格でオールラウンドに長く付き合っていけるロッド。 それがシーバスハンターXです。 さいごに 出典:ダイワ シーバスハンターXは、入門者がルアーゲームを本気でするなら、最初に買う1本としておすすめしたいロッドです。 同じダイワでもルアーニストなど、シーバスハンターXよりも価格的に安いシリーズが存在することも確かです。 【関連記事】 ルアーニストもコスパは良いロッドです。 が、釣りを始めたばかりの時は満足できるものの、本気で釣りをしていく中では、どうしても物足りない感がでてきやすいものです。 シーバスハンターXは、オールSiCガイドリング搭載など、本格的なルアーゲームを楽しむ上での最低限のスペックを備えていますから、一度購入すれば長く付き合っていけるシリーズです。 長い目で、先を見据えてロッドを選ぶなら、是非シーバスハンターXをご検討ください! 【関連記事】ライバルはシマノのムーンショット!•

次の

ハンターハンターのオーラ系統診断をやってみよう!

ハンターライト9系

ライトクリスタルの使い道 アイテムとしての使い道 「ライトクリスタル」は主に武器や防具など装備の素材として使います。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

【ハンターハンター】特質系能力者キャラ一覧まとめ

ハンターライト9系

ライトクリスタルの使い道 アイテムとしての使い道 「ライトクリスタル」は主に武器や防具など装備の素材として使います。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の