ペプシ 自販機。 自動販売機のクレームについてです。本日午前中に自動販売機でペプシを購入。購入...

【全あたり♡】ペプシ買ってケンタッキーフライドチキン当たる♪

ペプシ 自販機

自動販売機のクレームについてです。 本日午前中に自動販売機でペプシを購入。購入後ペプシということだけを確認し即座にバッグに入れ五分ほどかけて100m先の祖母宅に届けま した。 バッグを開けてびっくり!缶に5~6㎜の亀裂が入っておりバッグびしょびしょ、携帯水没の大惨事でした。 バッグは分厚いキャンバス地、2歳児と一緒のため気付くのが遅れました。 すぐ自動販売機に書いてあるお問い合わせ先に連絡した所土日祝日は開いてなくペプシ記載のお客様サービスも通じませんでした。 携帯は完璧に故障し只今代替機です。 保証にはいっていたので5000円で新しい携帯と交換になったのですがその5000円は請求可能なのでしょうか?ネットで調べましたがあまり事例がないようで…そもそも自動販売機位の衝撃で缶に亀裂って入るのでしょうか。 もちろんバッグの中に鋭いものが入っていた訳でなく、タオル、着替え、携帯、財布、内ポケットに鍵位なものです。 衝撃も与えておりません。 まず、その缶をあまりいじらないで置いててください。 炭酸類によるアルミ缶劣化はよくあることなのです。 ですが、それが「内から破裂したのか、外から危害を受けたのか」が正確でない以上、一論では語れませんが。 まず、缶記載にある消費期限などみてください。 あと、絶対乱雑に扱わないでください。 出来れば、かばん自体そのままがいいでしょう。 中身も。 携帯は変えないといけないだろうけど。 その状態を維持された上で、明日ペプシに問い合わせされてください。 この事例、アメリカではあったみたいですしね。 ただ、そのときの状況は、自販機に入れる際に乱雑に扱ったことが原因。 とされてます。 これが果たしてどうなるかはわかりませんが。 ただ、缶の状態を調べ、自販機内部を調べれば痕跡は出るはずなんですよ。 漏れてるのなら、自販機内部でも漏れてるはずです。 あと、もう一度、その自販機で同じものを買いに行かれてください。 無駄かもしれませんが、他にも同じ状態の缶が出てくれば、動かぬ証拠になりますので。 ただ、物的証拠を残すために、従来なら相応な方を同伴でするのが正当なんですが、休日の今では、それも果たせそうにないですしね。 ですので、ムービーなどで買うシーンから撮ってみてください。 それで同じような缶が出てくれば十分証拠になります。

次の

自動販売機

ペプシ 自販機

自動販売機は特定省エネ機器に指定されています。 トップランナー方式に従って、省エネを図っています。 必要な部分だけ、こまめに設定して冷却・加温(局部冷却・加温システム) 冷蔵庫のように庫内全部を冷やすのではなく、部分的にもうすぐ売れる商品だけ冷やすことで電力消費を減らす機能です。 どのくらいの部分を冷やせばいいのかは、マイコンが売れ行きにより判断します。 省エネのカギはエネルギーのロスを減らすこと!(真空断熱材の使用) 温かさや冷たさを逃がさないで、商品をいかに効率よく温めたり、冷やしたりしていくかが省エネのポイントです。 SUNTORYブルーベンダーには、保温効率の高い真空断熱材(ウレタンなどを真空パックし金属フィルムなどで覆ったもの)を使用することにより、一度ためた熱や冷気を逃がさず効率よくエネルギーを使っています。 照明は24時間つけっぱなしではありません。 (自動点滅と調光) 自販機は自動的に照明(蛍光灯)をつけたり消したりしています。 野外のものは周りの明るさを感知するセンサーで、屋内のものは営業時間やビルの閉館時間などに合わせたタイマーによってコントロールされています。 また、蛍光灯自体もインバーターによって調光し、消費電力を低減できるようになっています。 電力ピークの夏場は冷却運転をストップ(ピークカット機能) 夏場(7月1日~9月30日)の午前中に商品をしっかり冷やして、電力ピーク時(午後1時~4時)に冷却をストップ。 省エネ効果と共に、ピーク時の消費電力量低減効果もあります。

次の

【全あたり♡】ペプシ買ってケンタッキーフライドチキン当たる♪

ペプシ 自販機

自動販売機は特定省エネ機器に指定されています。 トップランナー方式に従って、省エネを図っています。 必要な部分だけ、こまめに設定して冷却・加温(局部冷却・加温システム) 冷蔵庫のように庫内全部を冷やすのではなく、部分的にもうすぐ売れる商品だけ冷やすことで電力消費を減らす機能です。 どのくらいの部分を冷やせばいいのかは、マイコンが売れ行きにより判断します。 省エネのカギはエネルギーのロスを減らすこと!(真空断熱材の使用) 温かさや冷たさを逃がさないで、商品をいかに効率よく温めたり、冷やしたりしていくかが省エネのポイントです。 SUNTORYブルーベンダーには、保温効率の高い真空断熱材(ウレタンなどを真空パックし金属フィルムなどで覆ったもの)を使用することにより、一度ためた熱や冷気を逃がさず効率よくエネルギーを使っています。 照明は24時間つけっぱなしではありません。 (自動点滅と調光) 自販機は自動的に照明(蛍光灯)をつけたり消したりしています。 野外のものは周りの明るさを感知するセンサーで、屋内のものは営業時間やビルの閉館時間などに合わせたタイマーによってコントロールされています。 また、蛍光灯自体もインバーターによって調光し、消費電力を低減できるようになっています。 電力ピークの夏場は冷却運転をストップ(ピークカット機能) 夏場(7月1日~9月30日)の午前中に商品をしっかり冷やして、電力ピーク時(午後1時~4時)に冷却をストップ。 省エネ効果と共に、ピーク時の消費電力量低減効果もあります。

次の