ホトトギス。 ホトトギスとは|ヤサシイエンゲイ

ホトトギスとは

ホトトギス

鳴き声こそ違うものの、遠くから見る姿はカッコウと同様の姿かたちをしているので間違える人も多いですが、その違いの判断材料として、体の大きさや胸の模様、それに飛び方でホトトギスとカッコウの違いを区別することができるのです。 ただし、ホトトギスは警戒心が強いので間近でじっくりと観察するのは難しいかもしれません。 【ホトトギスの特徴】 ホトトギスの大きさは全長28cmになります。 翼開長(羽を広げた状態)は全長46cmにもなり、ヒヨドリよりも少し大きくてハトよりも少し小さくなります。 模様は、頭から背中にかけて青灰色をしており、翼や尾羽は黒褐色、それにお腹の黒い横斑や黄色いアイリングはホトトギスの特徴的な模様となっております。 オスとメスに模様の違いはほとんどありませんが、鳴き声は少し異なるので、鳴き声でオスかメスか分かる人もおります。 【ホトトギスの由来】 ホトトギスを漢字で明記すると「時鳥」となります。 その名前の由来としては、鳴き声からによるもので「ホトホト」と聞こえる鳴き声がホトトギスの由来となっていると考えられています。 ホトトギスの「ス」については、カラスやウイグスの「ス」と同じで小鳥類を表す接尾語としてつけられたようです。 ただ、漢字で「時鳥」と明記することから、「時(とき)」と関連されることで「ホトトギス」と名付けられたという説もあります。 しかし、ホトトギスの仲間が「ホトホト」と鳴くことを示した文献が残っている為、「ホトトギス」の由来は鳴き声である「ホトホト」からくることが有力であると考えられております。 江戸時代以降はホトトギスの鳴き声の表現が「ホトホト」よりも「ホンゾンカケダカ」、「テッペンカケタカ」といった具合に変化し、戦後は「トッキョキョカキョク」などと表現するようになったことから、今では名前の由来が鳴き声からきているものだと解りにくくなっています。 【警戒心の強さ】 ホトトギスは警戒心が強いので間近で観察することが難しい場合が多いです。 その為、遠くから見るとカッコウと間違える人も多いですが、大きさや模様がカッコウとは若干異なるので、よく観察してみるとその違いを確認することができるでしょう。 このように野生のホトトギスの場合は警戒心が強いので、観察することや写真を収めることが難しくなりますが、近年ではカメラやレンズ、望遠鏡の性能が高まり、遠くからでも綺麗に撮影することや観察することが可能になりました。 しかし、こうした技術の進歩に伴って野鳥撮影を趣味とする人が増えた半面、最近ではそうした人たちのマナーの悪さも問題となっているのです。 野生のホトトギスを観察、撮影する際は最低限以下のマナーを守って楽しむようにしましょう。 < 野鳥撮影のマナー > ・巣には近づき過ぎない ・野鳥を追い回す事はしない ・珍しい や人気の鳥が生息する場所をSNS等に公開しない ・観察、撮影する際は注意の人に配慮する ・餌付けなど環境改変しない(人の手を加えない) ・ゴミのポイ捨てはしない ・ストロボ(人工照明)の使用を控える 以上の項目は最低限のマナーとなります。 最近ではカメラや一眼レフの需要が高まり、写真を取ることを趣味とする人が増えたので、こうしたマナーを知らずに野鳥を撮影する人が増えました。 マナー違反は野鳥の撮影を楽しむ人の気持ちを害するだけでなく、自然環境にも悪影響を与えてしまいます。 そのようなことが続いてしまうと本来であれば渡来してくる場所に姿を見せなくなってしまったり、環境が変わることによって自然の生態系に変化を与えてしまう可能性も出てくるのです。 多くの人が自然を守り、現行と変わらぬ自然を維持していくことが野鳥にとっても野鳥撮影をする人にとっても好ましい状況となります。 その為にもマナーを守る必要があるのです。 実際には夏よりも若干早めの時期にホトトギスが渡来してくるため、ホトトギスを目撃すると「夏」を感じる人も少なくないでしょう。 食べるものは主に「蛾の幼虫」や「昆虫」となり、中でも「毛虫」は好むのでホトトギスは肉食性になります。 【ホトトギスの生態】 ホトトギスは自分で産んだ卵を育てることなく飛び去ってしまいます。 その間どうするのかというと、ウグイスなど他の小鳥がホトトギスの卵を育てるのです。 このことを、托卵(たくらん)といい、ホトトギスは卵を産みつけた後は自分で育てることなく、その巣の親に任せてしまうのです。 ホトトギス以外にもカッコウ、ツツドリ、ジュウイチが托卵をしますが、これらはすべてカッコウ科になります。 しかし、ウグイスなど他の小鳥も卵を産みつけられることを容認しているのではなく、ホトトギスやカッコウのように托卵する鳥に対して威嚇するのです。 それだけではなく、托卵したことに気付いた場合は卵を取り除いたり、巣を放棄したりと激しい抵抗を行うこともあるのです。 それに、他の巣に違う鳥の卵が入るので模様が似ているようで違いがあります。 そうした少しの違いに気付く親鳥も多いので、決して托卵が成功する確率は高くはないのです。 日本では昔からカッコウやホトトギスは親しみがある鳥として知られていますが、実はこうした習性を持つことは意外と知られていないのが実情です。 その後は、違う親鳥に育てられたカッコウやホトトギスも大きく成長して巣立ちを迎えることになりますが、別の親鳥に育てられたカッコウやホトトギスもまた卵を産むようになると同じように托卵するようになるのです。 このような不思議な習性をホトトギスは持っているのです。 【ホトトギスの生息地】 ホトトギスの生息地は、中国南部、インド、マダガスカル、アフリカ東部と広い範囲に分布しており、インドから中国で越冬するホトトギスが日本へ渡来してきます。 日本では九州以北で繁殖を行いますが、北海道の南部でも少数生息します。 ただ、本州では確認されることが多いですが、北海道と九州では少ないので観察や撮影したい人であれば見つけることが難しいのかもしれません。 林の周辺や藪のある場所、それに草原に生息しているので、こうした場所をチェックすることで渡来時期であれば比較的簡単に見つけることができるかもしれません。 【ホトトギスの鳴き声】 その鳴き声としては、「キョ、キョ、キョキョキョキョ」と良く通る声で大きく鳴くので鳴き声が遠くまで響き渡ります。 オスとメスで鳴き方が異なりますが、オスの場合は4節目に独特なアクセントがあるので分かりやすいかもしれません。 メスの場合は、テンポの早い鳴き声で「ピピピピ」と鳴き、これはカッコウやツツドリよりも高くてテンポが早いので違いが明瞭であるかと思います。 遠くから見る姿はカッコウやツツドリと似ていますが、上記のような鳴き声の違いがあるので、遠くからでもすぐに分かるのではないでしょうか。 【ホトトギスの天敵】 ホトトギスにおける危険性といえば、渡来の際にハヤブサやワシ、コンドルといった猛禽類に襲われることがあります。 しかし、そのリスク以上に恐ろしい事は「餓死」となり、 を取ることができずに死に至ることもしばしばあるので、天敵から襲われる以上のリスクが「食」にあるといえるのではないでしょうか。 それに、天下統一と関わりのある三人の武将の性格を象徴とした句は「ホトトギス」を更に身近な存在に近づけたものであるといえます。 【戦国武将とホトトギス】 織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 豊臣秀吉「鳴かぬなら鳴かしてみせようホトトギス」 徳川家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」 こちらは、小学校の社会で勉強する句になるので、この句から「ホトトギス」に興味や関心を持つ人も少なくありません。 ただ、こちらの句については本人が詠んだものかは不明となりますが、三人の性格や生き方、天下統一との関わり方を分かりやすく表現しているものだと思います。 織田信長は短期さを、徳川家康は才知を、徳川家康は忍耐力を、それぞれ表現しているのです。 【正岡子規とホトトギス】 正岡子規の「子規」とはホトトギスの事を指しております。 当時の不治の病として知られていた「結核」を患った正岡子規は、まだ22歳という若さで自分自身に死が迫っている事を覚悟しました。 自らが喀血(かっけつ)したことをホトトギスと重ねて、数十もの句を一晩で作り、そして俳号を「子規」としたのです。 ホトトギスは「鳴いて血を吐く」といわれるように、口の中が赤いことから鳴くと血を吐いているように見えます。 こうした状況を理解してから改めて「正岡子規」ときくと、その背景や生き方がみえてくる気がします。 しかし、ホトトギスは1892年(昭和25年)の狩猟規制によってツル、ツバメ、キツツキ、ムクドリらとともに保護鳥獣として指定されたことや鳥獣保護法の改正によって飼育が出来ない状況となりました。 これは、人間と野鳥の共存を目指す人にとって「野生鳥獣は地球の財産」として考えられており、様々な生態系を存続させる動きがあるからです。 従って、ホトトギスは飼育することが出来ないとされていますが、場合によっては保護を余儀なくするホトトギスもいる可能性があります。 【ホトトギスを保護した際は早急に連絡を】 ケガなどを負っているからといってホトトギスを自宅で保護すると「捕獲」や「不正飼育」として捉えられる場合があるので、速やかに各都道府県にある「鳥獣保護課」に連絡してその後の対応を仰いで下さい。 実際に などの野鳥を不正に飼育した容疑で家宅捜査(鳥獣保護法違反)をされた人もいるので、仮に善意だとしてもその行動が認められないケースもあるのです。 万が一、そうした行動が「無断保護」や「不正飼育」といった場合は「6ヵ月以下の懲役」または「50万円以下の罰金」となり、許可を得ることなく捕獲した場合は「1年以下の懲役」または「100万円以下の罰金」となり、とても重い罪にとわれます。 こうしたトラブルを避ける為にも保護をした際には速やかに各都道府県の「鳥獣保護課」へご連絡してください。 【感染症から守る】 わたしたちがホトトギスなど野鳥を保護することも鳥獣保護法で禁止されているのは野鳥だけでなく、人間を守る為でもあるのです。 これは、野鳥が病気を患っていた場合や鳥インフルエンザから私たちを守る目的も含まれており、必ずしも感染を引き起こすわけではありませんが、こうした感染症や流行を防ぐ為にも保護をした際には速やかに「鳥獣保護課」へ連絡するようにして下さい。 人によってはこれまでのイメージを一変させる内容もあるのかもしれません。 その中で興味が湧き、実際に観察してみたりカメラに収めたいという人も出てくると思いますが、前述した通りその際は最低限のマナーを守るようにして下さい。 最近ではカメラや一眼レフの性能が向上したこともあり、間近で観察するだけではなく、写真に収めることが昔と比べて簡単にもなりました。 こうした背景があるからこそ「ホトトギス」が一層身近なものとなり、愛着が湧く人も多いですが、同時にマナーを守らない人が増加している報告もあります。 単に「マナー違反」といっても、それは写真を撮る人だけの問題ではないのです。 もちろんホトトギスにも影響が及びますが、自然を破壊する行為にも繋がり、生態系を変化させてしまう可能性もあることを忘れてはいけません。 ホトトギスに興味・関心が湧くことは素晴らしいことではありますが、きちんと最低限のマナーを守った上で楽しむようにして下さい。

次の

ホトトギス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ホトトギス

ホトトギスは、紫色の斑点模様が特徴の花を咲かせる秋の野草。 斑点模様を鳥のホトトギスの胸毛の模様にたとえて、こう呼ばれるようになりました。 漢字では杜鵑草と表記します。 元禄時代から親しまれてきたホトトギスですが、さまざまな種類があり多彩な花色・形が楽しめることが特徴。 一般的なホトトギスの花は、白地に紫色の斑点が入りますが、黄色い花を咲かせる種類もいくつかあります。 花の形は、杯形の「ホトトギス形」と釣鐘形の「ジョウロウホトトギス形」に分かれています。 本種はホトトギス形です。 杯形は上向きに、釣鐘型は下向きに花が咲きます。 種類によって、全く異なる姿を楽しめるのもホトトギスの不思議な魅力ですね。 ホトトギスは日本列島に幅広く自生していますが、園芸植物としても人気があります。 日陰でも育つ秋の花として親しまれているホトトギスは、適度な湿り気がある場所で良く生育します。 ホトトギスを育てるときは、半日陰で少々湿り気のある場所が適しています。 春は日に当て、梅雨を過ぎたら明るい日陰で管理するようにしましょう。 また、ホトトギスは種類によっては、暑さに弱い物もあるで注意してください。 葉焼けを起こしやすいので、夏場は直射日光が当たる場所を避けましょう。 ホトトギスは、鉢植えでも地植えでも楽しめます。 草丈は40㎝~1mほどになります。 ホトトギスの水やり ホトトギスは湿り気を好むので、春から秋は毎日水やりします。 乾燥したり、強い日差しに当たると、葉焼けを起こしてしまうことがあるため、夏場は葉水で過湿してもよいでしょう。 ホトトギスの肥料 ホトトギスを植え付けるときに、緩効性肥料を元肥として施します。 10月と4月には、株元に固形肥料で追肥しましょう。 5月ごろまでの生育期には、週に1回液肥を与えてください。 釣鐘形の花を付けるジョウロウホトトギスです。 花が下向きに咲きます。 上品な花姿が上臈(女官)を連想させるとして、この名が付きました。 四国・九州に多く分布しているので、トサジョウロウホトトギスとも呼ばれています。 茎には毛が生えており、葉は光沢があって細長い形をしているのが特徴。 ジョウロウホトトギスの仲間には、よく似た姿のキイジョウロウホトトギスなどがあります。 ホトトギスの花言葉 ホトトギスの花言葉は、「永遠にあなたのもの」「秘められた恋」です。 ホトトギスの花を育ててみよう! ユリ科ホトトギス属のホトトギスは、花が美しい秋の野草として人気。 別名ユテンソウ(油点草)とも呼びます。 これは、若葉に油の染みのような斑点が入ることから名づけられました。 主に東南アジアに分布するホトトギスは、日本を中心に広がっていることから、日本原産の植物とされています。 日本のホトトギスは、主に太平洋側に自生しています。 半日陰~日陰の湿り気のある斜面やがけ、岩場が生息地。 全国に分布しているものから、一部地域にのみ自生する種類もあります。 現在日本列島に自生しているホトトギスの仲間は、日本固有種も含め、なんと約10種類も。 9月から10月の開花シーズンになったら、野生のホトトギスを探してみてください。 運が良ければ珍しい種類に出会えるかもしれません。 さまざまな種類があるホトトギスですが、どれも花色や花姿がさまざまでユニーク。 種類によって個性があって、面白いですよね。 異なる品種の栽培にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。 耐陰性がある、秋に咲く花をお探しの方はぜひホトトギスを育ててみてくださいね。

次の

ホトトギス属

ホトトギス

スポンサーリンク ホトトギスの鳴き声は夜中ではなく明け方が多い ホトトギスの鳴き声は小さい体に反してかなり声量があり、とても甲高い鳴き声です。 また夜は鎮まる鳥が多いですがホトトギスには関係なく夜も鳴く習性があります。 今の日本ですと夜は家族でテレビを見ていたりするので外の音というのはほとんど聞こえませんし気にもなりませんが、確かにキャンプなどへ出かけると夜に鳥の鳴き声が聞こえる事がありました。 あれはホトトギスだったのかもしれませんね。 大昔のテレビもないような時代の日本人もきっとホトトギスの鳴き声をよく聞いていたのでしょう。 ホトトギスは夜中鳴き続けるわけではなく夜中の3時ころから日の出までの間によく鳴くと言われています。 時々「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ」と言った声を出しますが、これがホトトギスが普段出す鳴き声でメスはこの鳴き方しかしません。 どうしてホトトギスの鳴き声は夜中から朝方にかけて聞こえるの? 繁殖の季節になると特に夜に鳴き声が聞こえる事が増えてくると思います。 ホトトギスだけでなくウグイスの声も聞こえる事があるでしょう。 ホトトギスは体も鳩くらいの大きさがありますから小鳥に比べると鳴き声も大きく、よく響くのかもしれませんね。 普段は心地よい鳥の声も夜中にうるさく聞こえるのは眠りも妨げられますし、あまり激しいと悩みの種にもなってしまうでしょう。 鳥が元気に鳴き声を上げるのは主にオスの方でメスはおとなしいです。 オスはパートナーを探し気を惹きつけるためにアピールして鳴きます。 そうしてパートナーを見つける事が出来れば鳴き声もおさまりますが、見つからない時にはパートナーを求めて昼夜関係なく鳴き続ける事でしょう。 夜に聞こえる鳴き声を聞くとわかる通り必至に呼んでいる様に鳴いていますよね。 広い自然界でパートナーを見つけ繁殖し、子孫を残すことは簡単な事ではないのです。 夜中に鳴き声をだすホトトギスの生態 ホトトギスの繁殖の時期は春から夏の短い期間ですので、ホトトギスも必死に鳴きます。 そのため、この時期の夜鳴きの激しさに慣れていない人は驚くでしょう。 自然界では5月に巣立ったヒナは6月には自立する時期を迎えるなど成長も早く体も大人とさほど変わりのない姿へとなります。 ホトトギスは全長28センチほどで鳩くらいの大きさの鳥で、見た目はカッコウに似ている渡り鳥です。 春になると東南アジアから日本へ繁殖のために毎年同じ場所へ飛来し林の周辺の藪や草原を好み暮らしています。 そして卵を産み無事に繁殖を終え、秋になるとまた温かい地域へと渡り冬を過ごすのです。 日本国内では九州から北の地域で繁殖し、北海道では南の一部の地域でしか見る事が出来ないそう。 渡り鳥は小さな体でも本能だけで数千キロを飛び続け海を越えてくるのですからものすごいスタミナを持っていますし、本当に神秘的な生き物ですよね。 ホトトギス科の鳥は托卵をする事で有名です ホトトギスは自分で産んだ卵を他の鳥に温め孵化させてもらう「托卵」という習性を持つ鳥です。 主にウグイスなどが卵を育て、ホトトギスは卵を産み付けたら飛び去って行ってしまうのです。 ホトトギスの他にも托卵をする鳥がいますがすべてカッコウの仲間になります。 ウグイスなどの代理で子育てをしてくれる鳥は、他の鳥の卵と知って温めているわけではありません。 托卵しようとしている時には威嚇もしますし自分の卵ではないと気づいた時はそれを排除しようともします。 ウグイスの卵とホトトギスの卵は確かに一見そっくりです。 色は同じような茶色ですが若干ホトトギスの方が濃い茶色ですし、大きさも少し大きくウグイスの卵よりも丸みを帯びて少し大きい卵になっています。 確かに紛れ込んでしまうと見分けがつかないかもしれませんがそれでも敏感な親鳥は気づくこともあるのです。 そのため、托卵はそう簡単に成功するものではないのです。 孵化する事が成功しウグイスなどの他の鳥に育てられたホトトギスは巣から旅立ち、また大人になった時に同じように托卵をして繁殖していく不思議な習性を持っています。 鳥などの鳴き声が夜中にうるさい時の対処法 鳴き声が気になる時は、やはり耳栓を使う事が何よりも手軽です。 鳥に鳴くなと言って聞けばよいですがそんなことは不可能ですし。 最初は耳を塞いで寝るのが嫌だと感じる人もいるでしょうが、慣れればすごく快適に寝る事ができますよ。 ある程度大きな音は聞こえる事もありますが、鳥の鳴き声くらいですと気にならずに熟睡する事ができます。 キャンプに行く時も耳栓は活躍してくれます。 キャンプに行くと、普段は聞くことのないような自然界の音がたくさん聞こえてきます。 昼間は気にもならないですが、さすがに眠る時は静かな環境じゃないと眠りにつけないのではないでしょうか。 自然界では夜も音がなり響いています。 例えば鹿の甲高い鳴き声やカエル、朝方になると早朝から小鳥がさえずり始め、なかなかうるさく感じるのがカラスの声です。 快適な眠りを手に入れたい時は、耳栓を使う事で容易に解消する事ができますよ。

次の