相撲協会 ツイッター。 日本相撲協会の公式ツイッター、もう何をツイートしても大炎上の模様wwwwwwwwww: GOSSIP速報

【国技コラボ】日本相撲協会 × あつ森!協会公式が「あつまれ大相撲」

相撲協会 ツイッター

関連キーワード• 朝日新聞紙面に掲載されている用語解説から関連するものをお届けします• 日本相撲協会の懲戒処分 (2010年06月29日 朝刊) 除名、解雇、番付降下、出場停止、減俸、譴責(けんせき)の6種類。 除名には理事会、評議員会で、それぞれ4分の3以上の賛成による特別決議が必要で、退職金は支給しない。 解雇以下の処分は理事会の過半数の賛成で決められる。 解雇は退職金が出るが、理事会決議で支払いを停止できる。 日本相撲協会顧問の現金授受問題 (2014年08月30日 朝刊) 遊技機器に力士の肖像を使う契約を巡り、協会の50代の男性顧問が、パチンコ業者と協会を仲介した人物から現金を受け取っている動画がネット上に流れて発覚した。 顧問が帯封つきの現金500万円を紙袋から取りだし、袋に戻す様子などが映っている。 協会の危機管理委は、顧問は別の日にも1200万円を受け取ったが、いずれも別の人物を通じて返却したと認定した。 顧問に現金をわたした人物は朝日新聞の取材に「金は返してもらっていない」と答えている。 週刊現代の八百長疑惑報道 (2008年10月04日 朝刊) 「横綱・朝青龍の八百長を告発する!」など、07年2月から3回にわたって大相撲の八百長疑惑を報じた。 「『下位力士から一番80万円で星を買っている』との重大証言」(07年2月3日号)など、朝青龍が優勝した06年九州場所や07年初場所などで八百長が行われていたと書いた。 日本相撲協会や記事で名指しされた力士らが発行元の講談社などを相手取り、損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴訟を起こした。

次の

日本相撲協会に関するトピックス:朝日新聞デジタル

相撲協会 ツイッター

テレ朝に貴乃花親方出演!相撲協会の出禁とツイッターの炎上って? 相撲協会の理事選から幾日経ち 貴乃花親方擁護の声が高まる中、 またしても相撲協会が やらかしたのである。 事の発端はテレ朝の特番に貴乃花親方が 出演し、放映された事でテレ朝が 相撲協会に出禁にとなってしまった事が 原因なのだが、あまりにも理不尽な為、 ツイッター等で 炎上騒動になっているのである。 テレ朝が相撲協会に出禁となった理由は 無断で相撲協会員の映像を使用した為、 という事なのだが、貴乃花親方が テレ朝に出演する事は 聞いていなかったのだろうか。 また、今回の相撲協会のテレ朝出禁事件 を受けて、ツイッターが炎上するという 不名誉な炎上が 続いてしまったわけである。 順を追って説明すると、貴乃花親方が テレ朝に出演したのだ。 その際、テレ朝は相撲協会広報部に 必要な書類を 申請していなかったのである。 相撲協会は著作権の侵害の為 大激怒となったのだ。 激オコな相撲協会は、角界に蔓延る 暴力をなくすため 「暴力問題再発防止検討委員会」を 発足し、その記者会見を開いたのだが テレ朝の出禁を発表したのである。 テレ朝の特番が放送された時点で ツイッターは炎上気味だったのだが このテレ朝出禁を発表後 ツイッターは大炎上となったのである。 相撲協会 都合の悪い報道にはすぐに抗議文を出すのに、回答を求めると無視なんだ。 — 堕天使 mSS5cYKEpbYXIxB 2018年2月7日 また、テレビ業界に詳しい人によると テレ朝が書類を申請しなかった理由の 1つとして、事前に申請する事で、 相撲協会から許可が降りない事を 鑑みたのではないかという意見も 出ているのである。 スポンサード・リンク 相撲協会と貴乃花親方の真相にツイッター炎上!? 相撲協会が貴乃花親方の出演に対し テレ朝を出禁にした事で ツイッターが炎上しているのだが 貴乃花親方はテレ朝の特番で どんな発言をしたのだろうか。 相撲協会が怒りでテレ朝を 出禁にするほどの内容が 気になる人も多いだろう。 だが、相撲協会が怒っているのは テレ朝の特番で貴乃花親方が話した内容 ではなく、書類を出さずに相撲協会員の 映像を流したという肖像権の侵害の為 だというのだ。 これには、炎上中のツイッターでも テレ朝に対して ただの八つ当たりではないか といった声も多く出ているのである。 貴ノ岩、やっぱり頭蓋骨(側頭骨)骨折でしたね。 高野利雄(元検事)が率いる相撲協会の危機管理委員会の所業は、公益財団法人のものと思えない。 pic. twitter. このテレ朝の特番により 相撲協会の更なる闇が世間へと 暴露された事になっただろう。

次の

【あつ森】日本相撲協会が土俵・廻しのマイデザインを公開!おとしあなのタネで相撲取りしよう!

相撲協会 ツイッター

またしても物議をかもす一件が露わになった。 8日に行われた大相撲富士山静岡場所。 この巡業中に行われた「ちびっこ相撲」に、女子児童への参加が認められなかったことが複数メディアの報道により明らかとなった。 昨年までは女子児童の参加も認められていたちびっこ相撲。 力士が土俵上で子供たちに稽古をつけるこのプログラムには、当然今年も何人かの女子児童が参加する予定だった。 しかし、協会側から今年の参加を見送るよう要請があり、結局土俵に女子児童が上がることは無かったという。 これを受け、ネット上では「楽しみにしてた女の子がかわいそう」、 「舞鶴の一件の後付け対応だろこれ」、「去年よくて今年ダメは協会の基準がブレ過ぎ」といった協会への批判の声が多く挙がっている。 こうした状況が続く中、協会が運営する公式ツイッターへの返信欄も批判の声一色に染め上げられている。 「日本相撲協会公式」という名前で開設されている協会の公式ツイッターが直近でツイートをしたのは、12日の午後3時過ぎ。 気になるその内容だが、 御嶽海と逸ノ城が来場者との握手会に対応している様子を写した写真と共に、春巡業に関する情報を発信している普通の内容だ。 しかし、このツイートには確認時点で146件の返信がされているが、ツイート内容に対してまともに返信をしているのはわずか数件のみ。 その他は全てツイート内容に関係の無い協会への批判の声が占めているという少々異常な状況が展開されている。 2018年4月13日 17時30分 リアルライブ•

次の