インスタアーカイブ。 インスタグラムのアーカイブ投稿とは?消えた投稿はどこに移動した!?意味・利点やアーカイブの仕方・見方・元に戻す方法や「いいね」まで総まとめ【Instagram】

インスタのアーカイブから戻す方法!元に戻す時の注意点も解説|アプリ村

インスタアーカイブ

ちなみに、アーカイブとは「保管所」とか「書庫」という意味の言葉です。 インスタには2017年5月に新機能として追加されて、だいぶおなじみになってきました。 アーカイブでおしゃれにタイムラインを整えることができるわけですね! インスタグラムのアーカイブ投稿の仕方・見方・タイムラインへ元に戻すやり方 それでは、実際にアーカイブしてみましょう! インスタグラムの「アーカイブ」のやり方を紹介していきますね。 投稿をアーカイブするやり方 まずは、「 投稿をアーカイブするやり方」です。 インスタグラムを開き、 お目当ての投稿を表示してください。 表示したら、 右上の点が3つ並んでいるマークをタップします。 メニューが出てくるので、 「アーカイブに移動」をタップしてください。 はい、これだけでok! もう投稿はアーカイブされて タイムラインからは非表示になりました。 誰かにいいねされることもありませんよ。 ちなみに、アーカイブされた投稿は 「」に引っ掛からなくなりますよ。 絶対にいいねが押されない方法とも言えますね。 「アーカイブしたらいいねが消える」ということはありません。 もし消えたとしたら可能性はインスタの不具合ですね。 それは・・・どうしようもないです。 「ストーリーズ・アーカイブ」って? 実は通常の投稿だけじゃなく、「」もアーカイブされるって知ってましたか!? アーカイブの画面で、 「アーカイブv」のマークをタップしてみてください。 なんと以下のように「ストーリーズ」と「投稿」が選べるんですよ。 「ストーリーズ」をタップすると・・・ じゃじゃん!これまでがずらーっと並んでいるんです。 つまり 24時間を過ぎても自分だけはずっと見られるってことなんですよ! なにげにすごい機能ですよね。 もしストーリーズを自動的にアーカイブしたくない場合は、以下のように進んで設定すると解除できますよ。 アーカイブの中の投稿をタップして表示してください。 表示したら、 右上の点が3つ並んでいるマークをタップします。 すると、メニューが出てくるので、 「プロフィールに表示」をタップしてください。 はい、これだけでok!あっという間にアーカイブからこんにちは! 投稿はアーカイブからタイムラインへ戻りました。 ちなみに、 投稿は元の位置(日付・日時)にそのまま再表示されます。 現在の時間で最新の投稿としてタイムラインへ戻るのではなく、元々あった場所にグイッと挿入されて完全に元通りになりますよ! 何日後でも結果は同じです。 いつでもアーカイブからタイムラインに戻せますので、元に戻すタイミングは自分の好きなときでokですよ。 たまにバグ(?)でうまく移動しないことがあるようなので、そんな時はやスマホ自体をして再チャレンジしてみてくださいね。 まとめ:いいねが少ない場合もどうぞ いや~アーカイブ。 難しいことは何もないので、恐るるに足らずですね! 投稿してからアーカイブするまで何日おくかも人それぞれの好みですよ。 さいごに、今回の「アーカイブ」のポイントをまとめて並べておきますね。 アーカイブは「非表示化」と思えばok!• 投稿は削除されず、保存されて残っているので、いつでも復活ok!• アーカイブされた投稿は、検索に引っかからなくなる• アーカイブしても、「いいね!」の数やコメントはそのまま残る• アーカイブを解除すると、最新投稿の位置・時間ではなく、元の投稿位置・日時に戻る アーカイブで「あぁぁぁぁ!やってもうたぁーーー!!」みたいな取り返しのつかない失敗は何も起こらないですよ。 いいねが極端に少ない投稿をアーカイブしたり、ちょっと他の投稿と比べて浮いてるものをアーカイブしたり。 活用の仕方はいろいろあります。

次の

インスタライブのアーカイブ保存や動画を録画する方法

インスタアーカイブ

2018年5月21日 2020年4月1日 Instagram(以下:インスタ)には1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能があり、テレビの生放送のように今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信ができます。 インスタライブで配信したものは、ストーリーにシェアすることで24時間公開されます。 ですが、せっかく頑張って撮影したライブ配信。 たったの24時間後に消えてしまうのって、すごくもったいないですよね。 また、誰かのインスタライブのリプレイを後から見たいと思った時も同様で、24時間で消えてしまうのはなんだか寂しい気もします。 そこでこの記事では、インスタライブの保存方法について詳しく解説していきます!自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので、ぜひチェックしてみてくださいね。 もくじ• インスタライブはアーカイブに自動で保存されない まず結論からお話すると、インスタライブは配信後ストーリーにシェアしても 自然アーカイブに残らない仕様になっているので注意しましょう。 一方ストーリーであれば投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存され、いつでも再度確認することができるのです。 インスタライブは自然に残らない、一方 ストーリーは自然に残すことができる、まずはこれらの違いについて頭に入れておきましょう。 ハイライトにまとめることができない ちなみにインスタライブの場合はハイライト機能も使えません。 リアルタイム配信であるため、制限が多いのですね。 「保存する」からカメラロールに保存 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 自分のライブ配信を保存し忘れたら後から保存できる? ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかった場合は、 ライブ動画はそのまま消えてしまうということになります。 こうなってしまうと 後から保存することは不可能になります。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、配信時間に都合の合わないフォロワーはたくさん居るはずです。 なので、 せめてストーリーにシェアして事前にリプライを表示させるのをおすすめします。 リプライ動画には再生ボタンがつく 「保存する」をタップし忘れたとしても、ストーリーにシェアする作業を確実に行っておけば24時間いつでもリプレイできます。 さらに、後述の画面録画を使って自分の配信のリプレイを録画すれば、バックアップとして保存することも可能になるんですよ。 他人のインスタライブのリプレイを保存する方法 さて、自分のインスタライブが保存できることが分かりましたが、他の人のインスタライブは保存できるのでしょうか? iOS(iPhone・iPad)の場合は画面録画機能で 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いので、配信者はストーリーにシェアして24時間リプレイを見ることができるようにしているケースがありますよね。 ですが、 残念ながらそのリプレイはインスタアプリからでは保存できない仕様です。 インスタのアプリではデフォルトでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 とは言え、インスタアプリではなく スマホにある画面録画機能を使えば、他人のインスタライブでも保存できます。 画面録画アプリを使う 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像の「画面録画」アプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 他の人のライブを見逃したら後から保存できる? 残念ながら他の人のライブ配信を見逃した場合、そしてその人が ストーリーにリプライ動画をシェアしていない場合は、後から保存することができません。 しかしそれがもしも友達の配信だったなら、 ライブ配信動画を端末に保存している可能性がありますので「もう1回見たい!」という希望を伝えてみましょう! PCからではインスタライブを保存できない 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、 インスタライブ自体を見ることができません。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 番外編:インスタの各種保存機能の使い方をチェック 最後にインスタのデフォルト機能でできる、さまざまな保存機能の使い方をチェックしましょう。 自分のストーリーズを保存する方法 インスタの自分のストーリーを保存する方法については、以下の記事をご覧ください。 自分のハイライトを保存する方法 自分がハイライトにまとめた動画を保存する方法をご紹介します。 「写真を保存」をタップ 「カメラロールに保存されました」という表示が出れば完了です! この記事ではインスタライブの保存についてをご紹介しました。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 保存機能や画面録画で行ったバックアップは、インスタライブだけではなく、IGTVやYouTubeなどの別のプラットフォームに再投稿することもできます。 ぜひ使ってみてくださいね。 詳細 インスタのストーリーで投稿した写真や動画は24時間で消える仕組みになっているため、ユーザーのリアルタイムに近い日常などを知ることができる便利な機能です。 しかし、ストーリー機能をさらに上回る、まさに1秒1秒がリアルタイムに配信される「インスタライブ」という機能もあります。 インスタライブではテレビの生放送のように、今この瞬間に起きていることをフォロワーに配信できるのです。 インスタライブで自分が配信したものや誰かが配信したものは、シェアすることでストーリー同様24時間公開されます。 ですが24時間後に消えてしまうのってもったいないですよね。 そこで今回は、インスタライブの保存方法について詳しく解説します。 自分のインスタライブをと他人のインスタライブとでは保存方法が違うので確認してくださいね。 自分のインスタライブをAndroidやiPhoneでの保存方法 自分が配信したインスタライブの保存は簡単です。 まずインスタアプリを起動したらストーリー投稿画面に行きましょう。 「保存する」からカメラロールに保存 ライブ動画が終了したらこの画像の画面に変わります。 右上に「保存する」とあるので、ここをタップすれば自分のカメラロールに保存できますよ。 ちなみに、ストーリーにも投稿したい場合は下の「シェアする」をタップすればOKです。 この手順はAndroidもiPhoneも同じなので、迷うことは無いでしょう。 カメラロールに保存できれば後からストーリーにシェアすることもできますね。 他人のインスタライブのリプレイを保存するには画面を録画する 他人のインスタライブの場合、時間帯によってはリアルタイムで見られないことも多いのではないでしょうか。 もし配信者がストーリーにシェアしてくれていれば、24時間の間はリプレイを見ることができます。 ですがそのリプレイはインスタアプリからでは保存できません。 インスタアプリでは他人のストーリーは保存できない仕組みになっているためです。 というものの、 インスタアプリではなくスマホにある画面録画機能を使えば他人のインスタライブでも保存できます。 少し荒技になりますが、他人のインスタライブのリプレイを録画するというやり方です。 画面録画アプリを使う Androidなど画面録画機能がないスマホの場合は外部アプリを使いましょう。 検索するといくつか画面録画アプリが出てくるのですが、上記の画像のアプリが使いやすいですよ。 ダウンロードしたら最初にやり方を説明してくれるので安心です。 PCからではインスタライブを保存できない インスタはスマホだけでなくPCからでも利用できるのですが、スマホとは違いいくつかの制限があります。 PCでできることは写真や動画の閲覧、コメント、フォローなど。 残念ながらPCではインスタストーリーの閲覧ができないので、インスタライブ自体を見ることができません。 よって、PCからだとインスタライブの保存ができないようになっています。 インスタライブを見たい場合も保存したい場合もスマホからが基本です。 インスタライブはアーカイブには保存されない インスタストーリーに投稿した写真や動画は、設定をONにしていればアーカイブに保存されますよね。 アーカイブを開けばいつでもストーリーを再度確認できるのです。 インスタライブはハイライトにも追加できない そのため、ストーリーをアルバムのようにまとめる「ハイライト機能」はインスタライブにも使えないということに。 インスタライブはリアルタイム配信であるため、制限が多いようです。 インスタライブを保存し忘れたら後から保存できるのか 自分がインスタライブを配信した場合、配信終了後は右上の「保存する」から保存できると解説しました。 では、ついうっかり「保存する」をタップするのを忘れてしまった場合、後から保存できるのか気になりますよね。 インスタライブはストーリーとは違い、アーカイブには保存されません。 よって、「保存する」をタップし忘れたら、さらに24時間のストーリーにシェアもしなかったらそのままライブ動画が消えてしまうということです。 レアリティを出したい場合には保存なし、シェアなしという手もアリかもしれませんが、せっかくなら保存したいという人がほとんどでしょう。 保存したい場合は右上の「保存する」をタップし忘れたとしても、 ストーリーにシェアは確実にやっておきましょう。 ストーリーにシェアしておけば24時間いつでもリプレイできます。 その リプレイを先ほど紹介した画面録画の方法で録画すれば、保存し忘れても後から保存が可能です。 インスタライブは制限がそれなりにありますが、ユーザーからリアルタイムにもらったコメントに答えるなど使ってみると楽しい機能です。 画面録画の方法なら「インスタライブ」ではなく「インスタストーリー」として再投稿もできます。 ぜひ使ってみてくださいね。

次の

インスタライブのアーカイブ保存や動画を録画する方法

インスタアーカイブ

様々な機能が盛り込まれ日々進化をするインスタグラムだが、その機能の一つアーカイブについてまとめてみた。 関連 シェアする• アーカイブとは? アーカイブの英語表記はarchiveで、その意味は「記録、保管所、公文書」などの意味があり、それらから連想できるようにアーカイブとは「投稿の保管場所」と捉えることができ、機能的なところでは自分の投稿を他の人には見えないように保管する事を指す。 インスタグラムでは自分の投稿がタイムラインやプロフィール画面に表示されるが、それらの「投稿を削除はしたくないけど、非表示にしておきたい」という場合に投稿をアーカイブに移動することでタイムラインやプロフィール画面から非表示にすることができる。 非表示にするということは、自分以外のユーザーがその投稿を見れなくなるということになる。 アーカイブは通常の投稿はもちろん、ストーリーズもアーカイブに保管することができるようになっている。 なお、アーカイブ時点でのいいね数はそのまま維持されてアーカイブされる。 いいねのアーカイブ活用 インスタグラムの投稿で人によっては気になることに「いいね」の獲得数があったりするが、アーカイブを活用すると質の高い投稿をすることができる。 例えば、投稿後の一定期間が過ぎたら「いいね」数が他の投稿と比べて少なかったらアーカイブする。 これにより、いいね数が多い投稿が残ることで質の高い投稿を興味を持って見に来た人に対して好印象を与えることができる。 カメラマンは大量の写真を撮って、その中から良かったものをチョイスして公開するのだが、それと似たような手法だ。 投稿をアーカイブする方法• プロフィール画面を開いてアーカイブに移動したい投稿を選択する。 右上のメニューアイコンをタップして表示されたメニューの アーカイブに移動を選択する。 下記のようにアーカイブに移動すると投稿が消えたようになるが、アーカイブした投稿を見るにはを参照。 3Dタッチで素早くアーカイブ 一括で投稿をアーカイブする機能はないが、iPhone 6s以降の3Dタッチに対応している端末の場合であれば、投稿詳細画面に移動することなく素早くアーカイブができるようになっている。 3Dタッチの詳しいやり方はこちら。 プロフィール画面を開いたら、アーカイブしたい 投稿を3Dタッチ。 3Dタッチは画面を押す感覚でやればOK。 Peek(ピーク)画面が表示されたら、それをそのまま 上にスワイプ。 そしたらメニューが表示されるので アーカイブに移動を選択すればOK。 アーカイブの見方• プロフィール画面を開いて画面左上の アーカイブアイコンをタップする。 アーカイブは ストリーズと 投稿が保管されているので、 画面上部のアーカイブをタップして 投稿を選択する。 後は見たい投稿をタップするだけ アーカイブから戻す方法• プロフィール画面を開いて画面左上の アーカイブアイコンをタップする。 画面上部の アーカイブをタップして、ストーリーズまたは投稿をを選択。 戻したい投稿を選択する。 投稿の右上の サブメニューアイコンをタップして表示されたメニューの プロフィールに表示を選択で完了だ。 iPhone 6s以降の3Dタッチ対応端末であれば、同様に戻す時も3Dタッチで素早くアーカイブから戻せるようになっている。 ストリーズのアーカイブ設定 先程も述べたようにストリーズもアーカイブすることができるが、ストリーズは個別に設定する必要がなく初期設定で自動でアーカイブに保存されいつでもアーカイブから閲覧することができる。 ストーリーズをアーカイブではなくカメラロールに保存することもでき、これのメリットとして以下がある。 ネットがない場所でも閲覧でき、パケット通信を抑えることができる• インスタグラムアカウントを削除する場合、スマホにバックアップする手間がいらない デメリットとして端末の容量を圧迫するということがあるが、を使えば回避できる。 手順を見てみよう ホーム画面の カメラアイコンをタップする。 カメラモードになったら 左上の設定アイコンをタップする。 最後は カメラロールに保存をオンにする。 インスタグラム使い方ガイド 初心者向け基本ガイド• ストーリー使い方ガイド• 裏技・便利な活用方法• その他のエラー・退会など•

次の