打ち上げ花火 声優。 広瀬すず声優主演映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」ネタバレ感想~モテキの大根仁脚本~

【打ち上げ花火下から見るか横から見るか】声優を一覧化!映画公開日も確認

打ち上げ花火 声優

今回は、「声優」の特に広瀬すずについて気になることを紹介していきたいと思います。 今作ではヒロインを演じますね。 俳優や歌手など幅広く活躍しているかカメレオン俳優のため、今作はどんな感じになるのか期待ですね。 数々の作品に出演してます。 今作は中学生役ですこし無理を感じますが、予告ではプロの実力を感じましたね。 こちらも実力のある女優さんのためどんな演技になるのか期待ですね。 他にも、浅沼晋太郎、豊永利行、梶裕貴、三木 眞一郎、櫻井 孝宏、根谷 美智子、飛田 展男、宮本 充、立木 文彦が声優として参加されてます。 その中でも今回、 注目したのが 「広瀬すず」です!! 声優の広瀬すずとは? Sponsored Link 広瀬すずとは? ・1998年6月19日(19歳) ・ファッションモデル、女優 ・静岡県静岡市清水区出身 人気若手女優ですよね。 映画やCMなどに引っ張りだこですよね。 ・三度目の殺人 2017年9月9日 ・先生! 2017年10月28日 ・ラプラスの魔女 2018年公開予定 公開が決まっていますよね。 3作品とも全てヒロイン!! 個人的には、広瀬すずはかなり演技力が高い女優さんの気がします。 過去の映画「怒り」での迫真の演技はかなり衝撃でした。 なんと、あの役はオーディションで勝ち取ったみたい。 広瀬すずの熱意を感じましたね。 声優の作品 ・バケモノの子(楓役) 今回は2作目みたいですね。 バケモノの子は声優初挑戦だったのですが、個人的にはかなり良かったです。 その理由は・・・ イメージに合っていたからだと思います。 また、バケモノの子で声優を担当した楓は 女子高生ということで年齢も近かったから感情移入しやすかったのかなと勝手に考えています。 しかし、今作の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はどうなのでしょうか。 中学生役ですよね。 年齢的にも感情移入するのは厳しいような気がします。 そのため、SNSではこんな意見が出ていますね。 何故なんでしょうか・・・ 微妙なわけとは? その理由が・・・ ・棒読みみたい。 ・年齢的に合っていない。 ・人気女優のキャステングに違和感。 やはり、一番多いのがイメージに合っていないという意見ではないでしょうか。 今回の広瀬すずの役は中学生。 声優とはいえ年齢的に少し無理があったのでは・・・ ましてやプロの声優ではなくて、声優挑戦2回目。 感情を込めるのは厳しかったのではないでしょうか。 個人的には 「なぜ中学生の役に広瀬すずをキャステングしたの?」と感じてしましました。 今作は「君の名。 」をプロデュースした川村元気さんの注目作品。 かなり期待では高いですよね。 そのため、余計に広瀬すず以外にもヒロイン・なずな役に合う声優さんがいたのではと感じる方が多いです。 人気のある女優さんであり、事務所一押しの女優さん。 そこが少し残念な気がします。 まとめ 映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」について書いてみましたがいかがだったでしょうか? 今回の記事をまとめると ・声優はかなり豪華。 ・広瀬すずは声優2回目の挑戦。 ・今作の広瀬すずはかなり微妙かも。

次の

映画「打ち上げ花火」感想、声優など

打ち上げ花火 声優

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』といえば、オリジナルは岩井俊二監督が93年にテレビドラマ『Ifもしも』の一編として手がけた、夏休みのとある1日を切り取った青春ドラマである。 50分に満たない短いドラマ作品でありながら、その後の岩井作品のテイストを決定づけた一本だ。 そんな同作が、アニメ映画として現代に蘇ると聞いたときに、最も不安視していたのは、如何にしてこの映画を蘇らせるかではなく、いかにしてヒロインのなずなを蘇らせるかという点であった。 なずなという存在は、女子が男子よりも先に大人になって行く小学校高学年ごろの第二次性徴期の中で、まだ精神的な成長だけがわずかに追いついてこない、ほんの一瞬を切り出した特殊なキャラクターなのである。 オリジナル版でなずなを演じたのは当時まだデビュー間もなかった奥菜恵だ。 撮影時には13歳だっただろうか、実年齢と同じ年頃だからこそ演じられる少女像を好演し、まだまだ幼い少年たちをリードする。 プールサイドで寝そべる姿から漂う色気と、浴衣姿で家を訪ねてくる場面での可愛らしさとのギャップ。 そして、クライマックスのプールシーンでの「また、二学期にね」という些細なセリフ一つで夏の終わりと小さな恋の終わりを予感させる、永遠に記憶に焼きつくほどの存在だった。 今回の映画では、なずなをはじめとした主人公たちの設定が中学生に変更された。 それでも変わらず幼すぎる男子たちを横目に、なずなという少女は一歩も二歩も先に進んでいき、大人になろうとして背伸びを続ける。 オリジナル同様にプールサイドで寝そべる彼女(水着姿になっていることで、印象がまったく違って見えるのだが)、駅のトイレで着替えた際に見せる、メイクをしっかりと施して16歳ぐらいに見える姿。 ビジュアルは「<物語>シリーズ」の戦場ヶ原ひたぎを彷彿とさせる、クールで落ち着き払った姿。 そこに、広瀬すずの独特なトーンの高い声質とあどけなさが残る喋りが重なる。 アニメ的には不釣り合いな組み合わせが、このキャラクターの特殊性を巧みに表現しているのだ。 彼女の声を務めた広瀬すずといえば、2年前に細田守の『バケモノの子』でも、主人公を支える真面目な女子高生の声を演じた。 実写における映像演技については、すでに高い評価を獲得しており、多くの映画人から厚い信頼が寄せられている。 それだけでなく、彼女より若いティーン世代(今回の『打ち上げ花火〜』の登場人物ぐらいの世代を中心として)からは憧れの存在として広く認知されているのだ。 それゆえ、この役に広瀬をキャスティングするという選択自体は、至極自然なことであろう。 映像演技の場では世代随一の安定感を誇り、スター性もある。 ただそれだけではなく、この映画を通して彼女をひとつ上のステップに昇華させようという思惑が窺える。 声だけで演技を組み立てるというのは至難の技である。 もちろん、実写演技においても声、つまり台詞読みによる表現は、その一部であることは間違いない。 表情が良くても台詞読みが下手ならば下手な役者と言われてしまうし、台詞読みは上手いが表情も動作もどうしようもないというのは、あまり見かけないが考えるだけで致命的だ。

次の

打ち上げ花火下から見るか横から見るかの菅田将暉は声優が下手?

打ち上げ花火 声優

伊藤かな恵の楽曲「」とは異なります。 ダブル・プラチナ(、) チャート最高順位• 週間1位(通算2週、)• 登場回数141週(BillboardJAPAN Hot 100)• 2017年度年間3位()• 2018年度年間4位()• 2019年度年間21位()• 週間1位(11週連続、通算17週、Billboard Japan Hot Animation)• 2017年度年間1位(Billboard Japan Hot animation)• 2018年度年間1位(Billboard Japan Hot animation)• 2019年度年間2位(Billboard Japan Hot animation)• 9位() ミュージックビデオ - シングル 年表 拝啓グッバイさようなら (2017年) 打上花火 (2017年) (2017年) シングル 年表 (2017年) 打上花火 (2017年) (2018年) 「 打上花火」(うちあげはなび)は、のの楽曲。 楽曲は監督の『』の主題歌に起用された。 この楽曲は複数の音楽批評家から肯定的な評価を与えられた。 ある批評家は同じくアニメーション映画の主題歌に起用された「」に次ぐアンセムと評価した。 また、総合シングルチャート及びでは首位を獲得し楽曲は商業的にも成功を収めた。 特にHot Animationでは連続首位記録を塗り替え、年間チャートも2年連続で制した。 による認定では、音楽配信でゴールド認定を受けている。 付随するミュージックビデオは、映画のオリジナルシーンを多数使用したフルサイズのアニメーション版と、打ち上げ花火や彩り豊かな夏の風景が、歌うDAOKOに投影されている実写によるショートバージョンの2種類存在する。 」以来約1年ぶりのシングル。 初回限定盤と通常盤の2形態で発売された。 前作、前々作は3形態発売だったため、2形態は初となった。 なお、通常盤には、初回限定盤には収録されていない「Cinderella step」が収録されている。 批評家の反応 [ ] 「打上花火」は、複数の音楽批評家から肯定的評価を与えられた。 洋楽・邦楽『Skream! 』の諏佐美友は、「切ないピアノの旋律と、ブレスの効いたきれいなウィスパー・ヴォイスで、夏の夜に咲く打上花火の美しく儚い様子が表現されている。 」とコメントし。 総合カルチャーサイト『Real Sound』の森朋之は、この曲は間違いなく、DAOKOにとって大きなターニングポイントになるだろうと宣言。 音楽的には「美しく、繊細なピアノのフレーズから始まるこの曲は、クラシカルなストリングスと先鋭的なエレクトロが混ざり合うトラックのなかで、DAOKOと米津が<はっと息を飲めば/消えちゃいそうな光が/きっとまだ 胸に住んでいた>と声を合わせるミディアムバラード」だとコメント。 映画のストーリーとしっかりと重なった歌詞、普遍的な魅力を備えたメロディ、斬新な手触りのサウンドメイクが絶妙なバランスで共存するこの曲は、2016年の「」()に続き、2017年を象徴する楽曲になる可能性をたっぷり秘めていると森は断言した。 のウェブサイト「RO69」のも「前前前世」に続くアンセムと評価し、「特にサビの普遍的な名曲っぷりがヤバい。 」とコメント。 RO69の古河晋は、幻想的なDAOKOの歌声と心の奥に秘めたザラつきをいつになく剥き出した米津の声のコントラストは、映画の主人公の同じ思春期にいながらの成熟度のズレとリンクしているとも感じたとコメント。 メロディやサウンドに関しても、気だるさと焦燥感の狭間で命が燃えているような、まさに打上花火のような時間感覚が見事に表現されていると評価した。 チャート成績 [ ] 総合シングルチャートでは、2017年8月21日付けのチャートで3位で初登場。 翌週8月28日付けで、前週に引き続きダウンロード、ストリーミング、動画再生で1位、ラジオ2位、シングルセールス11位のポイントが後押しとなって2位に上昇。 特に動画再生では480万回超をマークし、長らく首位を守っていた「TT」に200万回の大差をつけて1位になった。 9月4日付けで、前週に引き続きダウンロード、ストリーミング、動画再生数で1位となり、総合首位を獲得した。 特に動画再生回数では、日本国内において週間約747. 4万回を記録し、2位のTWICE「TT」の約246. 7万回にトリプル・スコアの大差をつけた。 その後もロングヒットを続け、ラジオ以外の他指標では概ね横ばいの高ポイントをバランス良く獲得し、10月2日付けで首位に返り咲いた。 のアニメソングチャートでは、2017年8月21日付けで初登場首位を獲得。 とダウンロードの2指標で圧倒的な高ポイントを獲得した。 Billboard Japanは、映画公開後のリスナーの獲得と、次週以降加算されるセールス・ポイントが伸びれば楽曲の勢いが加速する可能性も十分考えられると指摘した。 CDセールス・ポイントが加わった8月28日付けでも首位を獲得。 先週から総合ポイントを3倍伸ばしラジオの再生回数、ダウンロード、動画の再生回数、Twitter、ストリーミングの5指標で首位を獲得し、デジタル領域での強さを見せた。 また、セールスは4位、ルックアップは3位とフィジカル領域でも上位につけた。 その後、10月8日付けまで8週連続で首位を記録。 これにより、2016年に大ヒットを記録した「」の同チャート連続首位記録に並んだ。 翌週以降も連続首位記録を更新し続け、12週目に「」に抜かれるまで11週連続で首位を獲得した。 その後、米津がアルバム『』を発売したことやDAOKOが同年12月にアルバムを発売することを発表したことから楽曲への注目度が再び高まってダウンロードポイントを伸ばし、11月13日付で首位に返り咲いた。 Billboard Japanが、2017年10月9日付けより公表を開始したストリーミングチャートで1位、ダウンロードチャートで3位を記録。 では、2017年8月28日付けで初登場及び最高9位を記録した。 収録曲 [ ]• は、日本国内の動画ランキング「国内年間トップトレンド2017」音楽部門にて単独1位を獲得した 、同映画のオリジナルシーンを多数使用したフルサイズのアニメーション版と、打ち上げ花火や彩り豊かな夏の風景が、歌うDAOKOに投影されている実写によるショートバージョンの2種類存在する。 また、ショートバージョンの監督は佐伯雄一郎が務めた で、ビデオは2017年8月16日に公開された。 後に米津が『』の収録曲でしている。 Forever Friends [4:08]• 表題曲が主題歌になっている同映画の挿入歌に起用された。 ミュージックビデオは、原作ドラマを担当したが監督を務めており、当時のドラマの撮影場所であるでが行われた。 Cinderella step [4:02]• 初回限定盤DVD内容 [ ]• INTRO• 高い壁には幾千のドア• かけてあげる• ミュージック• FASHION• BOY• Fog• Interlude• ダイスキ with TeddyLoid• さみしいかみさま• feat. ShibuyaK• もしも僕らがGAMEの主役で• BANG! OUTRO スタッフ [ ] 打上花火• エグゼクティブプロデューサー:川村元気• プロデュース:米津玄師• 作詞&作曲:米津玄師• 編曲:米津玄師&田中準人• サウンドプロデュース:浦本雅史 Soi. Ltd• レコーディング&ミックス:浦本雅史 Soi. Ltd• マスタリング: Ted Jensen Stering Sound• ボーカル: DAOKO、米津玄師• ギター:真壁陽平• ドラム:堀正輝 ARDBECK• ピアノ:横山裕章• Strings :室屋光一郎 Forever Friends• 神前暁:Piano, Programming• 伊丹雅博:Guitar• 渡辺等:Bass• 西條貴人、熊井優:Horn• 今野均ストリングス:Strings 音楽ゲームへの収録 [ ]• コナミアミューズメントのアーケードゲーム「」 festo以降および 「」 Op2以降 に本楽曲が収録されている。 脚注 [ ] []• Skream!. 2017年9月. 2017年10月4日閲覧。 Real Sound. 2017年8月15日. 2017年10月4日閲覧。 RO69. 2017年8月16日. 2017年10月4日閲覧。 RO69. 2017年8月19日. 2017年10月4日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年8月16日. 2017年9月3日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年8月23日. 2017年9月3日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年8月30日. 2017年9月3日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年9月27日. 2017年9月30日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年8月16日. 2017年10月4日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年8月23日. 2017年10月4日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年10月4日. 2017年10月4日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年10月11日. 2017年10月11日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年11月1日. 2017年11月1日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年11月8日. 2017年11月9日閲覧。 Billboard JAPAN 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2017年10月4日. 2017年10月5日閲覧。 オリコンチャート オリコン. 2017年8月23日. 2017年10月4日閲覧。 オリコンチャート オリコン. 2017年. 2017年10月4日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年6月28日. 2017年7月2日閲覧。 HUFFPOST. 2017年12月19日. 2017年12月19日閲覧。 2017年. 2017年10月7日閲覧。 2017年8月16日. 2017年10月7日閲覧。 2017年8月2日. 2017年10月7日閲覧。 2018年12月16日. 2018年12月16日閲覧。 2018年12月16日. 2018年12月16日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の