トリコモナス 腟炎。 妊娠中のトリコモナス膣炎

トリコモナス|性病について|山の手クリニック

トリコモナス 腟炎

腟だけでなく、尿道、膀胱(ぼうこう)などにも感染し、、、などを合併することもあります。 トリコモナス腟炎は性感染症の一つであり、感染経路はおもに性行為によります。 それ以外に衣類、タオル、浴槽などを介しての感染もあるため、性行為だけとはいえません。 感染後、約3週間で症状が発現しますが、50%は症状のない無症候性です。 症状としては、悪臭が強く膿(のう)性で泡沫状のおりものの増加、外陰部そう痒(よう)感、刺激感などがあります。 腟壁の発赤、子宮頸部の点状出血斑をみとめることもあります。 診断方法としては、腟分泌物や尿沈さ(尿を遠心分離機にかけて沈殿する成分を調べる)を直接検鏡(顕微鏡で調べること)して、運動するトリコモナス原虫をみとめれば、確定診断となります。 これで陰性の場合には、専用の培地を用いた培養検査をおこなうこともあります。 治療は、腟洗浄のあと、メトロニダゾールやチニダゾールの内服薬か腟錠のいずれか、もしくは双方の併用投与を10日間続けておこないます。 トリコモナスは性行為によってパートナーに感染しますので、治療は必ずパートナーも同時期に同期間おこないます。 男性の場合は、内服薬のみとなります。 治療期間中は、ピンポン感染(治ってもパートナーからまたうつってしまうこと)防止のために性行為にあたってはコンドームを使用するか、性行為は避けるようにします。 【参照】性感染症:.

次の

トリコモナス腟炎の症状,原因と治療の病院を探す

トリコモナス 腟炎

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 「トリコモナス膣炎」という病気をご存知ですか?カンジダやクラミジアと比べると聞き慣れないかもしれませんが、気をつけたい性感染症の一つです。 今回はトリコモナス膣炎について、原因や症状、検査・治療法などをご説明します。 トリコモナス膣炎とは? トリコモナス膣炎とは、トリコモナスという原虫が膣内で増殖して起こる性感染症です。 トリコモナスが女性の膣内に侵入すると、粘膜に寄生して、膣の表面で分泌されるグリコーゲンを吸収します。 その結果、膣内のバランスを保っている乳酸菌が減少してしまいます。 通常、乳酸菌によってグリコーゲンが分解され、乳酸に変換されることで、膣内は酸性に保たれています。 トリコモナス膣炎は性行為以外でも発症する? トリコモナス膣炎は、主に性行為を通じて発症する病気です。 ただし、トリコモナスは寄生している人の体外に出ても、水のある場所であればしばらくの間生存できます。 トリコモナス膣炎の症状は? 女性の場合、性交渉を通じてトリコモナスに感染すると、3日~1ヶ月の間で発症し、膣内が炎症を起こします。 おりものが悪臭を発し、黄色や淡い灰色で、泡だった状態になるのが特徴です。 また、排尿時や性交時に痛みを感じることもあり、尿道や膀胱にも炎症を合併する可能性があります。 さらに、膣だけでなく外陰部に炎症が起きると、外陰部の腫れや痛み、かゆみ、ただれなどが現れることもあります。 症状の強さには個人差がありますが、おりものの異常やデリケートゾーンのかゆみを感じたら、そのまま放置せず、早めに婦人科で検査を受けるようにしましょう。 関連記事 トリコモナス膣炎の治療方法は? トリコモナス膣炎は、薬物療法が基本です。 一般的に、メトロニダゾールやチニダゾールなどトリコモナスの繁殖を抑制する薬が処方されます。 経口薬(飲み薬)による治療が基本ですが、原則として妊娠中の場合は、膣錠を使用します。 妊娠の可能性がある場合は、検査のときに必ず医師に伝えてください。 なお、なかなか治らない場合や再発した場合は、経口薬と膣錠を併用することもあります。 トリコモナス膣炎の薬を使うときの注意点は? トリコモナス膣炎の治療薬を投与しているときに飲酒すると、腹痛、嘔吐、潮紅(全身の赤み)などの副作用が起こることがあります。 メトロニダゾールやチニダゾールの投与期間中や、投与を終えてから3日間はお酒を控えましょう。 トリコモナス膣炎かも?と思ったらすぐに病院へ 通常、おりものは透明か白っぽい色をしていますが、黄色や淡い灰色で泡立っている、臭いがきついといった異常がある場合、トリコモナス膣炎の可能性があります。 デリケートゾーンのかゆみで気づく人もいるかもしれません。 パートナーにうつしてしまう前に、なるべく早く婦人科を受診しましょう。 トリコモナス膣炎は、きちんと治療すれば問題なく治る病気です。 ただし、薬の力でデリケートゾーンのかゆみなどの症状が治まってからも、膣内に原虫が残っている可能性があります。 自覚症状がなくなっても自己判断で薬の服用を止めたりせず、医師の指示通り最後まで治療を続けましょう。

次の

トリコモナス腟炎〔とりこもなすちつえん〕|家庭の医学|時事メディカル

トリコモナス 腟炎

性感染症 STD であるトリコモナス症 膣トリコモナス は、自然治癒はしません。 チニダゾール配合の適切な の投薬によって1? 2週間で治癒する性感染症ですが、放置して治る病気ではありませんし、性行為により感染を拡大させたりすることになります。 トリコモナス症にだけでなく、性感染症の感染者はHIV エイズ 感染率も高くなるとされています。 症状が軽い、無症状だからといって、治療を先延ばしにしてしまうことは、自分のためにも、パートナーのためにも、あまり賢い選択ではありません。 トリコモナス症は、トリコモナス原虫というドリムシやゾウリムシのような微生物に寄生されることが原因で感染します。 感染ルートは主に性行為によるもので、コンドーム無しの一般的な性行為により簡単に感染してしまいます。 30代の若年層だけでなく、中高年の男女にも感染者が多いのがトリコモナス症の特徴でもあります。 一度感染してしまうと、完全に原虫の駆除をしなければ病原体であるトリコモナス原虫が死滅することはありませんし、 わずかでも生き残っていた場合は、自覚症状が無くても潜伏していますし、何度でも再発します。 パートナーが感染していて、完全にトリコモナス原虫を駆除できていない場合は、無症状であってもパートナーに感染させてしまいます。 中高年の夫婦間で、何度でも感染させあってしまうようなも少なくないのです。 は尿道や前立腺にトリコモナス原虫が寄生することによって感染し、 排尿時の不快感など尿道炎や前立腺炎などを発症します。 ただ、男性の場合は症状が無い場合も多く、本人が感染に気づかないままにパートナーである女性に感染させているケースも少なくないのです。 避妊の必要のなくなった年配夫婦の場合など、コンドーム無しで性交渉するケースも少なくないかもしれませんので、他からトリコモナス原虫に感染してきた夫から感染させられてしまう女性もいます。 夫に性感染症の症状が出ていない場合、妻がトリコモナスの症状である膣の痒みやとしても、自分の身に覚えが無ければ性感染症 STD だとは想像もしないでしょう。 女性側が発症した場合は、 膣の痒みや性交痛、魚が腐ったような悪臭を発したり、泡立ったような緑黄色のオリモノが大量に分泌されたりします。 女性が の治療を受けて完治させても、男性側が治療していないと 自然治癒はありえません 感染者のままとなり、何度でも感染させられてしまいます。 パートナーの片方がトリコモナスの感染が認められれば、パートナーも必ず感染していると考えて間違いありませんし、自然治癒はしません。 人によって症状の軽重の差が大きいため、軽い症状の場合は性感染症とは思わない人も居るでしょうし、症状が出ないまま感染しているケースも多々あります。 症状が治まったように思えたとしても、トリコモナス原虫の活動が休止しているだけで自然治癒したわけでは無いのです。 若いころに感染していたのに気付かず、女性は妊娠検査や子宮がん検診などのさいに、初めてトリコモナス感染が発覚し驚くというケースも少なくないのです。 パートナーとのもありますし、トリコモナス症に感染していると他の性感染症を併発しているケースも少なくありません。 トリコモナス感染で、HIV感染リスクが高まるというデータもあります。 自分のためにも、パートナーのためにも、同時期にそろって医療機関を受診し、チニダゾールやなどの抗生物質で投薬治療をすることが大切です。

次の