木曜 ドラマ。 Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

木曜ドラマ (テレビ朝日)

木曜 ドラマ

概要 [ ] と並んでフジテレビの看板ドラマ枠であるが、月9がやが多いのに比べこちらは社会派ドラマやなどを扱う作品が多いのが特徴。 本枠はの「」が第一作目となるが、元々はの代表作「」などを生んだ「 」(1981年3月末に「」と枠交換の形で終了)や「」などを生んだ「 」(1981年4月に「ゴールデン洋画劇場」と枠交換の形で開始、1984年9月末に「」放送開始に伴い終了)を継承した形となる。 放送開始当初からまでは松下電器・松下電工(現:)の二社提供であり、 『ナショナル木曜劇場』の名称で放送されていた。 また、(複数スポンサー体制になってからも)番組オープニング時のタイトルバックに「木曜劇場」と表示されていたが、からそれがなくなり、頃からは「木曜劇場」と言う呼び名自体あまり使われなくなったが、正式な番組名では作品名の前に付随する。 過去に放送された代表的な作品には、1988年に放送されの代表作となった"W浅野"こと・の主演作『』や『』、その流れを継いだの『』・『』、原作の『』やと主演の『』、やなど当時の若手人気俳優を起用し若者の悩みをテーマに描いた『』、インターネット掲示板の投稿をもとにしたベストセラーをドラマ化した『』などがある。 また、木曜劇場では初めてのとなった『』(第1作は別枠)やスタイリッシュな刑事ドラマとして評判を呼んだ『』などシリーズ化される作品も数多く、『』のようにその後をスペシャルドラマとして10年間追い続けた例もある。 以降は特にが主演、やが共演した『』(2006年に続編が放送)、・主演でリメイクした『』を筆頭に、シリーズ化した『』、続編が制作された『』、・の遺作となった『』などの医療ドラマが多く放送され、いずれもヒットしている。 しかし、以降のフジテレビの低迷と相まってこの枠の平均視聴率(以下ビデオリサーチ関東地区調べ)も10月クールの『』を最後に2桁に乗らない低迷状態が続いていた。 1話ごとの視聴率でも7月クールの『』第1話で10. 2%を記録したのを最後に1桁台が続いていたが、7月クールの『』第1話で11. 7月クールの『』は第5話において、3. 8%と史上初の3%台を記録した。 さらに翌週の第6話では3. 7%を記録。 その後、10月クールの『』は第4話において3. 続編が制作される場合、多くは引き続いて本枠で放送されているが、『』や『コード・ブルー』など、第1弾を本枠で放送後に、続編を別枠で放送する作品もある(前者は枠で、後者は月9枠で放送)。 2016年10月の改編で枠がバラエティ番組枠になり、ドラマ枠が交換で火曜21時台での放送になるため22時枠の連ドラ枠は当枠のみとなった。 なお、かつては当枠の放送終了後に次の連ドラの作品予告が放送されていた。 現在は、連ドラの予告ではなく、明日のラインナップ(関東地区では「明日のフジテレビ」)の予告が流れている。 歴代平均視聴率10傑 [ ] 1 1998年 25. (制作・フジテレビドラマ制作センター、制作著作・フジテレビ) 1980年代(1984年 - ) [ ] 1984年 [ ]• (主演:、) 1985年 [ ]• (主演:)• (主演:)• (主演:)• (主演:) 1986年 [ ]• (主演:田村正和)• (主演:)• (主演:)• (主演:、) 1987年 [ ]• (主演:市毛良枝)• (主演:)• (主演:田村正和)• (主演:) 1988年 [ ]• (主演:)• (主演:)• (主演:、)ここまで『ナショナル木曜劇場』• (主演:田村正和)ここから複数スポンサー 1989年 [ ]• (主演:)- 制作・、• (主演:浅野ゆう子)• (主演:)• (主演:田村正和、古谷一行) 1990年代 [ ] 1990年 [ ]• (主演:浅野ゆう子)• (主演:)- 制作・共同テレビ• (主演:田村正和、) 1991年 [ ]• (主演:、)• (主演:)- 制作・• (主演:、)- 制作・共同テレビ• (主演:)- 制作・東映 1992年 [ ]• (主演:、、)• (主演:、)- 制作・共同テレビ• (主演:浅野ゆう子、)• (主演:)- 制作・ 1993年 [ ]• (主演:、、安田成美)• (主演:中村雅俊)• (主演:浅野温子)• (主演:浅野ゆう子) 1994年 [ ]• (主演:中村雅俊)• (主演:安田成美)• (主演:浅野温子)• (主演:)- 制作・共同テレビ 1995年 [ ]• (主演:)- 制作・アズバーズ• (主演:)• (主演:)- 制作・共同テレビ• (主演:鈴木保奈美、) 1996年 [ ]• (主演:)• (主演:中井貴一、田中美佐子)- 原作・(刊)• (主演:浅野温子、)- 制作・共同テレビ• (主演:安田成美、) 1997年 [ ]• (主演:、)- 制作・共同テレビ• (主演:)• (主演:、玉置浩二)- 制作・共同テレビ• (主演:、) 1998年 [ ]• (主演:、)- 制作・共同テレビ• (主演:、)- 原作・柴門ふみ(小学館刊)• (主演:)- 制作・共同テレビ• (主演:、) 1999年 [ ]• (主演:柳葉敏郎)- 原作・(刊)、制作・共同テレビ• (主演:鈴木京香)• (主演:岸谷五朗)- 原作・鈴木光司(KADOKAWA角川ホラー文庫刊)、制作・共同テレビ• (主演:) 2000年代 [ ] 2000年 [ ]• (主演:)- 制作・共同テレビ• (主演:)• (主演:役所広司)- 制作・• (主演:唐沢寿明、) 2001年 [ ]• (主演:、)原作・(原作)、(作画)、(監修)(刊)• (主演:長瀬智也)• (主演:真田広之)- 原作・柴門ふみ(出版社不詳)• (主演:、)- 制作・共同テレビ 2002年 [ ]• (主演:深津絵里)- 制作・共同テレビ• (主演:長瀬智也)- 原作・『』より(刊)• (主演:、常盤貴子、財前直見、)- 原作・(出版社不詳)、制作・共同テレビ• (主演:) 2003年 [ ]• (主演:、)• (主演:長瀬智也)• (主演:唐沢寿明、江口洋介) - 原作・(刊)、制作・共同テレビ 2004年 [ ]• (主演:)• (主演:)- 原作・『』より(KADOKAWA刊)• (主演:松下由樹)- 制作・東映 2005年 [ ]• (主演:、) - 制作・• (主演:草彅剛)• (主演:、)- 原作・中野独人(新潮社刊)• (主演:)- 制作・東映 2006年 [ ]• (主演:唐沢寿明)- 原作・柴門ふみ(小学館ビッグコミックス刊)• (主演:)- 原作・(原作)、吉村美恵(医療監修)、(作画)(小学館ビッグコミックス刊)• (主演:)- 原作・(新潮社新潮文庫刊)• (主演:二宮和也) - 制作・FCC• (主演:)• (主演:伊東美咲、)- 原作・(講談社イブニングKC刊)• (主演:坂口憲二)- 原作・永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 2008年 [ ]• (主演:)- 原作・(刊)、制作・共同テレビ• (主演:)• (主演:)• (主演:中井貴一) 2009年 [ ]• (主演:、)• (主演:天海祐希)• (主演:草彅剛)• (主演:唐沢寿明)- 原作・山崎豊子(新潮社新潮文庫刊) 2010年代 [ ] 2010年 [ ]• (主演:、)• (主演:天海祐希)• (主演:坂口憲二)- 原作・永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 2011年 [ ]• (主演:)• 第2シリーズ(主演:天海祐希)• (主演:瑛太、)• (主演:、菅野美穂) 2012年 [ ]• (主演:、中井貴一)• (主演:天海祐希、、)• (週代わり主演。 ストーリーテラー・中井貴一、一部作品で外部プロダクションが制作協力)- 原作・(刊)• (主演:菅野美穂、天海祐希) 2013年 [ ]• (主演:瑛太)• (主演:)• (主演:織田裕二)• (主演:草彅剛) 2014年 [ ]• (主演:坂口憲二)- 原作・永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊)• (主演:小泉今日子、中井貴一)• (主演:)• (主演:、) 2015年 [ ]• (主演:)• (主演:)• (主演:)- 原作・(講談社刊)• (主演:篠原涼子) 2016年 [ ]• (主演:) - 原作:(刊)• (主演:松下奈緒) - 原作:(刊)• (主演:松嶋菜々子)• (主演:天海祐希) 2017年 [ ]• (主演:) - 原作:、古賀史健(刊)• (主演:) - 原作:(掲載)• (主演:真木よう子) - 原作:(刊)• (主演:、) - 原作:(小学館ビッグコミックス刊) 2018年 [ ]• (主演:深田恭子、)• (主演:) - 原作:• (主演:) - 原作:韓国ドラマ『グッド・ドクター』• (主演:) - 原作: 2019年 [ ]• (主演:)• (主演:、) - 原作:• (主演:深田恭子) - 原作:• (主演:、)- 原作: 2020年代 [ ] 2020年 [ ]• (主演:松下奈緒)• (主演:石原さとみ)- 原作:(原作)、(医療原案)、『』連載• 第2シリーズ(主演:深田恭子) - 原作:横関大 2021年 [ ]• (主演:) - 原作:韓国ドラマ『知ってるワイフ』 ネット局・基幹時間 [ ] 作品によって初回及び最終回は放送枠が拡大される。 まれに放送枠を前倒しし、21:00スタートの形式をとる場合もある。 加盟28局が同時ネットで放送している他、海外でもFCI が、この枠のドラマの大部分を数ヶ月遅れで放送している。 また青森県においては、において、基本的に平日午後の『I』枠にて放送している。 なお、『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』、『電車男』の2作品は同時期の火曜9時枠の作品が以前青森テレビで放映された関係から、それらとの交換として(日本テレビ系列)で放映された。 岩手県においては、岩手めんこいテレビ開局以前は(日本テレビ系列)で、高知県においては、高知さんさんテレビ開局以前は(日本テレビ系列)でそれぞれ遅れネットで放送された。 また、山口県では、1991年~1993年の間、(放送時点では日本テレビ系列・テレビ朝日系列)で、木曜深夜25:00〜25:55に放送されていた。 また以前にが平日午後の再放送枠で集中放送していた。 山梨県でもが青森テレビと同様、平日午前の再放送枠などにおいて集中放送している。 山形県において、かつてフジテレビ系列だったは1989年9月まで・制作『』をスポンサードネットで放送しており、枠としては1989年10月から1993年3月まで同時ネットしていたものの、ネット保障外だったため内容は他のフジテレビ系列局から1週遅れであり、提供もローカルスポンサーを集めて放送していた。 なお、山形テレビの以降は、日本テレビ系列のには移行されず 、フジテレビ系の番組の引き受け先となったTBS系列のにて番組販売されたかどうかは不明であるが、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(秋田テレビ・福島テレビ・新潟総合テレビ・仙台放送)を受信できた場合は引き続き視聴可能だった。 では、この枠ではを1990年3月まで遅れネットで放送していた時期(現在は火曜22時枠で放送している関西テレビ制作のバラエティ番組枠を差し替える形で放送)は月曜 - 金曜の14時の『UMK奥様劇場』枠で遅れネットにて放送していたが、同年4月以降は同時ネットで放送している。 これにより、1993年10月以降はフジテレビ系列全局での同時ネットを達成したことになった。 木曜劇場ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 (CX) 木曜劇場 制作局 木曜 22:00 - 22:54 (uhb) (mit) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (FTB) (THK) (KTV) (TSK) (OHK) (TSS) (EBC) (KSS) (TNC) (STS) (KTN) (TKU) (TOS) フジテレビ系列 (UMK) フジテレビ系列 (KTS) (OTV) オープニング [ ]• 番組開始当初は「ナショナル劇場」(TBS)などと同様、中央の光からが現れるタイトルバック にのせ、「明るいナショナル」(作詞・作曲:三木鶏郎)が歌われていた。 複数社提供となった1985年10月からはオープニングは廃止された。 脚注 [ ]• 2019年11月8日. 2019年11月8日閲覧。 9月までは「月9」の予告だったが、2010年10月 - 2011年3月までは日曜の「」の予告、4月 - 2014年9月までは「」の予告(ただし、10月 - 2014年3月は「」の予告)、2014年10月 - 3月までは「月9」の予告、2015年4月 - 2016年3月までは「土ドラ」の予告、2016年4月 - 2017年9月までは「」の予告。 このような流れは『月9』も同様である。 系列のでも再放送されたことがあった。 この作品以降による制作。 フジテレビ開局45周年記念ドラマとして放送• 当初は4月14日に放送を開始する予定だったが、に伴う放送の影響で、開始が1週繰り下がった。 サンケイスポーツ. 2016年11月29日. 2016年11月29日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年1月25日. 2017年1月25日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年5月24日. 2017年5月24日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年7月31日. 2017年7月31日閲覧。 サンケイスポーツ. 2017年11月9日. 2017年11月9日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2019年5月10日. 2019年6月1日閲覧。 サンケイスポーツ. 産経デジタル: p. 2020年2月5日. 2020年2月5日閲覧。 Fujisankei Communications International Inc. の主要数州で主に(付近では地上波)現地局の放送枠を通じ放送を行っているフジテレビの現地法人。 放送日時は州により異なる。 2009年2月時点までに放送された最新のドラマは「風のガーデン」。 ただし、『合い言葉は勇気』から『優しい時間』までの一部の作品と『不毛地帯』、『医龍-Team Medical Dragon-3』、『外交官 黒田康作』は月9枠を中心に放送していた土曜13時枠(この放送枠で放送された作品はフジテレビから9日遅れの放送だった。 )と「ドラマストリートI」枠での放送が交互に繰り替えされた• ただし2009年3月までは月曜24:40〜25:35に放送されていた。 山形放送は、山形テレビのに協力したとみなしたことから、山形テレビのネットチェンジ以降、 (以降の作品)を含むフジテレビ系の番組のを例外(など)を除き拒否されていた。 2019年9月までは新潟総合テレビ。 2004年9月までの社名は愛媛放送。 Nマーク表示後は、上段に「ナショナル木曜劇場」下段に「提供 松下電器・松下電工」を全てで表示していた。 関連項目 [ ]• 系 木曜22:00 - 22:54 前番組 番組名 次番組.

次の

2020年木曜ドラマ情報一覧!新ドラマのキャスト・あらすじも掲載!

木曜 ドラマ

概要 [ ] に木曜22時台から木曜21時台に移動してきた「」枠が、をもって終了。 そして木曜21時台は海外ドラマ『』が開始されたが、3か月後のより木曜22時台に移動。 そして元々ドラマ枠であった木曜22時台と入れ替わる形で、木曜21時台のドラマ枠が再開されることになった。 10月からは 「木曜9時の女」と題し、1か月半ずつの短編を放送、そしてよりリニューアルして 木曜ドラマと称して、1クールごとの作品を放送するようになったが、1985年10月の新設に伴い、それまで水曜22時台に放送していた「」がこの時間に移動、「木曜ドラマ」はいったん幕を閉じる。 「」終了後の4月より、10月から月曜21時台に放送されていた「」という1〜3回ごとの短編シリーズ枠を引き継ぐ形で、 「ドラマ21」が開始。 1987年10月 - は1〜3回ごとの短編シリーズの「気ままな女シリーズ」、1988年4月 - 9月は特にシリーズ名はなく『』などに代表される1作品1か月前後のバラエティに富んだドラマ群を放送。 そして1988年10月からは「」と題し、各作品実在の街をテーマとする作品を放送。 1月までのロングランとなった。 その後、通常のドラマ枠へと転向。 1月からは主に『』や『』などに代表されるミステリーものの作品に路線変更、一時期は視聴率は高かったものの以降は視聴率が下がりだして来た。 4月に再度リニューアルし、ミステリー作品の頻度を抑え恋愛ものやホームドラマなどの一般的なドラマを主軸に変更。 『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』などのヒット作も生まれたが、それら以外は、関東地区での平均視聴率が1桁のドラマが多かった。 の『』の打ち切り以降は、人気を博した『菊次郎とさき』の新シリーズや枠で人気を博した『』の第4シリーズを放送しても、前作や深夜時代よりもかなり数字を落とす結果となった。 以降は『』、『』など全話2桁を保つ作品から、『 Season2』や『』など平均が一桁台の作品もあるなど、作品によってばらつきがあった。 番宣PR内ではタイトル名に加え「木曜ドラマ」の表示も出しているが、本放送中はオープニングタイトルでタイトル名のみ表示し、「木曜ドラマ」の表示は出さない。 これは2016年度まで、ANNフルネット24局における放送日の2日後の同じ時刻に、福井放送で遅れネットを行っていたからである。 2000年4月から2001年9月まで『』のに伴い20:54 - 21:48の編成をとっていた(『アナザヘヴン〜eclipse〜』から『氷点2001』までがこれに該当)。 それ以降は21時台のフライングスタート編成が廃止され、元の時間に戻っている。 直後番組『』への接続は、原則としてクロスプログラム(放送内容紹介)・ステブレ入りだったが、2013年度から『』と同じ接続形式に変更した。 詳細は「」を参照• 複数シリーズ作品• ( - 、6シリーズ継続)主演-• ( - 、3シリーズ継続)主演-• ( - 、2シリーズ継続)主演-• シリーズ終了• (2011年-2015年、全3シリーズ)主演-• (2010年・2011年、全2シリーズ)主演-• (2003年-2009年、全4シリーズ)主演-• 1982年- 全作品 特徴 [ ]• 2004年から2010年にかけて所属のとが主演するドラマを1クールずつ放送することが恒例になっていた。 また、原作のサスペンス作品「黒革の手帖」「けものみち」「わるいやつら」が製作され、いずれも米倉が主演していた。 米倉に関しては2012年以後も10-12月度のドラマで連続して主演している。 深夜帯の金曜ナイトドラマ枠で放送された作品がこの枠に進出するケースがあり、『TRICK』、『特命係長 只野仁』、『』などがそれにあたる。 『TRICK』は高視聴率を得たが、後者の2作は深夜放送時よりも数字を落としている。 外部制作会社との共同制作を取る作品が大半を占める。 1990年代中盤からは自社制作の作品も増えているが、そのほとんどで制作会社が協力扱いとなっている。 通常1クールは12話前後を指すが、2004年頃から徐々に放送話数が減り始め、2007年頃から全8~9回が定着している。 特に4月・10月・1月改編のときの作品が、期首・期末特別番組編成やスポーツ中継などの影響から、その月の下旬以後の放送開始となることも多いためである。 ただし、『ドクターX〜外科医 大門未知子〜』の第3〜5シリーズや『アイムホーム』、『スペシャリスト』、『緊急取調室』の第3シリーズのように全10~11回まで放送されることもある。 2010年〜2012年、毎年7月第3週に「」・大会初日の場合、「」「」と共に休止している。 作品紹介 [ ] 1980年代前半 [ ] 1982年• 1983年• 1984年• 1980年代後半 [ ] 1985年• 1987年• 1988年• 1989年• 1990年代前半 [ ] 1990年• 1991年• (主演:)• (主演:)• 七人の女弁護士II(主演:賀来千香子) 1992年• (原作: 主演:)• (主演:)• (第1シリーズ)(主演:)• 〜愛の旅立ち〜(主演:) 1993年• 七人の女弁護士III(主演:賀来千香子)• (主演:)• 法医学教室の事件ファイル(第2シリーズ)(主演:名取裕子)• (主演:) 1994年• (主演:植木等)• (主演:、)• (主演:沢口靖子)• (主演:) 1990年代後半 [ ] 1995年• (第1シリーズ)(原作:・ 主演:)• (主演:)• (主演:)• (主演:) 1996年• 味いちもんめ(第2シリーズ)(原作:あべ善太・倉田よしみ 主演:中居正広)• (主演:、)• (主演:)• (主演:萩原健一) 1997年• (原作:・ 主演:)• (主演:)• (主演:)• (主演:) 1998年• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:、)• (主演:)• (主演:) 1999年• (主演:賀来千賀子)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:) 2000年代前半 [ ] 2000年• (原作: 主演:)• (原作:・ 主演:)• (主演:、仲村トオル)• (主演:) 2001年• (主演:東山紀之)• (原作: 主演:中谷美紀)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:) 2002年• (主演:)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:鶴田真由、)• (原作: 主演:、) 2003年• (主演:)• (原作: 主演:)• (第1シリーズ)(原作: 主演:、)• (主演:、) 2004年• (原作: 主演:)• (原作:・ 主演:財前直見)• (原作: 主演:、)• (原作: 主演:) 2000年代後半 [ ] 2005年• (原作: 主演:深田恭子)• (原作: 主演:上戸彩)• 菊次郎とさき(第2シリーズ)(原作:ビートたけし 主演:陣内孝則、室井滋)• (主演:) 2006年• (原作:松本清張 主演:米倉涼子、仲村トオル)• (第1シリーズ)(主演:)• (原作: 主演:上戸彩)• (原作: 主演:、) 2007年• (原作: 主演:仲間由紀恵)• (主演:上戸彩)• 菊次郎とさき(第3シリーズ)(原作:ビートたけし 主演:陣内孝則、室井滋)• (主演:渡哲也) 2008年• (第1シリーズ)(主演:米倉涼子)• 7人の女弁護士(第2シリーズ)(主演:釈由美子)• (原作: 主演:永作博美)• (主演:) 2009年• (4thシーズン)(原作: 主演:)• (原作:松本清張 主演:)• (主演:)• 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2(主演:米倉涼子) 2010年代前半 [ ] 2010年• (原作: 主演:)• (主演:黒木瞳、高橋克典、斉藤由貴、)• (主演:)• (主演:米倉涼子) 2011年• (主演:)• (原作: 主演:)• (主演:)• (第1シリーズ)(主演:) 2012年• (第2シリーズ)(主演:)• (第1シリーズ)(主演:米倉涼子) 2013年• (主演:、)• (第2シリーズ)(主演:沢村一樹)• (第2シリーズ)(主演:米倉涼子) 2014年• (第1シリーズ)(主演:)• (第3シリーズ)(主演:米倉涼子) 2010年代後半 [ ] 2015年• (第3シリーズ)(主演:沢村一樹)• (主演:)• (主演:)• (第4シリーズ)(主演:米倉涼子) 2017年• (主演:)• (第2シーズン) (主演:天海祐希)• (原作:松本清張 主演:武井咲)• (第5シリーズ)(主演:米倉涼子) 2018年• (第1章)(主演:木村拓哉)• (原作: 主演:)• (原作: 主演:)• (主演:米倉涼子) 2019年• (主演:)• (第3シーズン)(主演:天海祐希)• (第6シリーズ)(主演:米倉涼子) 2020年代前半 [ ] 2020年• (主演:、)• (第2章)(主演:木村拓哉) ネット局と放送時間 [ ] 現在のネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 (EX) 木曜 21:00 - 21:54 制作局 (HTB) 同時ネット (ABA) (IAT) (KHB) (AAB) (YTS) (KFB) (UX) (abn) (SATV) (HAB) (NBN) (ABC) (HOME) (yab) (KSB) (eat) (KBC) (NCC) (KAB) (OAB) (KKB) (QAB) (UMK) テレビ朝日系列 月曜 22:00 - 22:54 遅れネット (FBC) テレビ朝日系列 土曜 21:00 - 21:54 過去のネット局 [ ] 系列は当時の系列。 放送対象地域 放送局 系列 備考 青森県 (RAB) 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 青森朝日放送開局まで 山形県 (YBC) 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 山形テレビのテレビ朝日系列 ネットチェンジまで (YBS) 日本テレビ系列 2001年3月まで (KNB) ・ (BSS) 2015年9月まで (JRT) 日本テレビ系列 2004年3月まで (RKC) (MRT) TBS系列 2009年3月まで 系列外ネット局について [ ]• では4月から月曜22時 - 22時54分に遅れネットしていたが、4月の改編により10月以来38年半(前身で4月放送開始の「」から起算すると、ちょうど40年)にわたってのを同時ネットで放送していた土曜21時 - 21時54分に移動し、遅れ幅を縮めるも、遅れネット日時を変えた。 さらに、後続の同日22時台にはも3日遅れでネットしているため、22時54分までの約2時間にわたりこの2枠が一体化される構成となった。 初回や最終回等の時間拡大時には、日本テレビの編成次第で土曜昼に前倒しして放送されることがある。 またこれを応用して月曜日22時台放送時代には、初回を中心に土曜日または日曜日の午後時間帯に前倒しして放送したり、作品によっては通常の54分ものであっても、日曜日の16時台に10日遅れで振り替え放送したこともあった。 同局での放送分に関しては一時期、エンドカードを使用していたことがあったが、「だめんず・うぉ〜か〜」の途中で一度は廃止されたものの、「特命係長 只野仁(4thシーズン)」から約2年ぶりに復活した(後続の水曜刑事ドラマでも継続中)。 1995年まではテレビ朝日の日曜20時枠の遅れ放送をしていたが、「」開始に伴い番組枠が変更された。 これにより、前述した土曜21時をまたぐスペシャル番組放送時の対応が、改編期以外でも発生しやすくなった。 ではからまでは水曜20:00 - 20:54に、2014年からまでは水曜21:00 - 21:54に、2015年4月から9月までは月曜19:00 - 19:54に、それ以前は一部の作品を除き平日午後のアフタヌーンセレクト枠で放送していた。 10月の開局まではで日曜22時 - 22時54分に放送していた。 そのため「」(現在の「」相当枠)は土曜17時30分に遅れネットした。 は、レギュラー放送打ち切り後は作品の放映権をに移行したが、それ以降は前作を「」で放送した作品に限って編成された。 テレビ宮崎でレギュラーで放送を開始してからは、前作を金曜ナイトドラマで放送した作品は、当枠で編成されなくなった。 ではスポンサードネットによる月曜22:00 - 22:54での遅れネットを2017年4月から開始した(それまでは一部作品について宮崎放送と分け合う形で放送していた)。 なお、6分間のミニ番組を挟んで放送される後続番組「」は初回もしくは最終回の拡大版が生じた場合、時差ネットでの放送を行う場合がある。 ではネットチェンジする前の1993年3月まで、金曜22:00 - 22:54での放送だった。 なおは山形テレビでの放送で火曜21:02 - 22:54までの放送で火曜ロードショーとして放送された。 備考 [ ]• 『』の2時間スペシャルが21時をまたいで放送されるときは本番組は休止となるが、この場合でも21時台のスポンサー枠はそのまま本番組のスポンサーとなる。 の中継が延長された場合、直後の22時台番組が報道番組 である関係上、番組が休止になるケースがある。 1994年10月には「」が、1998年10月には「」が、2004年10月には「」が、2006年10月には「」が放送を休止した。 さらに2008年の「」、2018年11月1日の「」も放送を休止した。 「黒革の手帖」が休止された時はテレビ朝日への抗議が殺到したが、それ以外についてはほとんど抗議はなかったという。 放送の『』は、直前の『』中継がぎりぎりの21:00まで伸びたため(通常は20:57:55まで、この後5秒ジャンクション)、珍しいレス開始となった。 関連項目 [ ]• 注釈 [ ]• ただし2001年10月から2002年9月までの間(『』 - 『』)は、20:54 - 21:00に番組内容を紹介されるが存在していた。 ただし米倉は2007年「」に関しては当枠でなく ABC との共同制作枠「」での放送だった。 この作品から・・・がネット開始。 この作品をもってがネット打ち切り。 2004年度はテレビ朝日開局45周年企画というサブタイトルが付けられている。 この作品をもって・がネット打ち切り。 これより開始。 この作品を最後に福井放送における放送枠が月曜22時枠から土曜21時枠に移動。 この作品以降、福井放送における放送枠が土曜21時枠に移動し、かつ同局後続枠のと実質上一体化されるようになる。 3rdシーズンまでは枠で放送された。 season1は金曜ナイトドラマ枠で放送された。 第1シリーズは枠で放送された。 第3シリーズより再び、水曜刑事ドラマ枠で放送し、第4シリーズ以降、木曜ミステリー枠で放送している。 ここからが月曜22時枠での遅れネットを開始。 スポーツニッポン新聞社. 2018年8月29日. 2018年8月29日閲覧。 サンケイスポーツ. 2018年11月28日閲覧。 2018年3月15日(2017年度最終放送日)までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。 2017年4月24日(テレビ朝日2017年4月20日放送分)から開始。 同年3月27日で途中打ち切りとした『月曜プライム』(『』の改題・遅れネット)の後番組の1つとして放送。 それに伴い引き換えに捻出された土曜ドラマは、スポンサードネットのまま土曜16時台に遅れネットに移行、同時にも新設。 ただし、同時間帯に山梨放送・四国放送・高知放送もネットしていた頃は、ネットスポンサーへの配慮から本枠の放送が優先されていた。 このため福井放送も含め、日本テレビのスペシャル番組については1時間再編集版が裏送りされた。 本枠の放送ストックがない場合も、テレビ朝日が穴埋め特番(主に1話完結のドラマ番組)を裏送りしたこともあった。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2017年1月16日. 2017年1月16日閲覧。 2015年3月まで日本テレビ系列における22時30分 - 23時30分の枠はローカルセールス枠になっており、一部または全部について自主編成を行う局があった。 外部リンク [ ]• 21:00 - 21:54枠 前番組 番組名 次番組.

次の

木曜ドラマ (テレビ朝日)

木曜 ドラマ

上野樹里 写真:草刈雅之 (C)oricon ME inc. 監察医である娘・朝顔(上野樹里)とベテラン刑事の父親・平(時任三郎)。 2人がさまざまな事件に向き合いながら、遺体の生きた証を探し、生きている人の心にも触れていく話題作の第2弾。 そして家族のかげなえのない日々も描き、2クール連続で送る感動のヒューマンストーリー。 【放送日】2020年夏スタート 【出演者】、、、加藤柚凪 ほか 【登場人物】 万木朝顔(上野樹里)…法医学者。 ついつい自分よりも相手のことが気になる性格。 万木平(時任三郎)…朝顔の父親で刑事。 朝顔に輪をかけて真面目な性格。 桑原真也(風間俊介)…朝顔の夫で刑事。 正義感が強く謙虚だが心配性な一面も。 【公式情報】〈〉〈〉〈〉 【予告動画】 浜辺美波 写真:RYUGO SAITO(C)oricon ME inc. / 横浜流星 写真:池本史彦 (C)ORICON NewS inc. 安藤なつみの人気コミックをドラマ化。 突然プロポーズした相手は15年前、母親を殺人犯に追い込んだ幼馴染みだった!? 憎むべき相手のはずなのに惹かれあう2人。 そして暴かれる衝撃の真実。 老舗和菓子屋を舞台に描くラブサスペンス。 【放送日】2020年8月12日 スタート 【出演者】、、、、、、、、、、、、 ほか 【登場人物】 花岡七桜(浜辺美波)…修行中の和菓子職人。 正体を隠し椿のプロポーズを受ける。 高月椿(横浜流星)…老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子。 愛情表現が苦手。 【公式情報】〈〉〈〉〈〉 【予告動画】 (C)「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」製作委員会』 原作はかっぴーの人気コミック。 毒舌&強烈なダメ出しが飛び出す痛快おしゃ家ワールド。 金荷くすき(富田望生)…おしゃ子の友人。 館壱めう江(MEGUMI)…おしゃ子の行きつけのカフェの店長。 おしゃ子の良き相談相手。 隠戸九雲(市原隼人)…おしゃ子のお目付け役&ボディーガード。 ある秘密を持っている。 【公式情報】〈〉〈〉 【予告動画】 (C)テレビ朝日 肉体派の熱血女性刑事と文字フェチの頭脳派女性刑事がバディを組み、文字を糸口に未解決事件を解決するシーズン2。 おなじみのメンバーに加え、新レギュラーキャストも参戦。 ヒットメーカーの大森美香が脚本を担当する本格刑事ドラマ。 父親譲りの体力と柔術には自信があるが熱血バカ。 鳴海理沙(鈴木京香)…文書解読係の刑事。 文章から書き手の思考を読み解く能力を持つ。 【公式情報】〈〉〈〉〈〉 【予告動画】 【木曜 後11:59】『おじさんはカワイイものがお好き。 』(読売テレビ・日本テレビ系) 主人公は眞島秀和演じる紳士的な会社員・小路三貴。 だが、彼には誰にも言えない秘密が!? それはカワイイものが好き過ぎるということ。 カワイイもの好きな同士や会社のライバル、居候する甥っ子も登場するツトムの人気コミックをドラマ化した日常系コメディー。 【放送日】2020年8月13日 スタート 【出演者】、、、藤原大祐 ほか 【登場人物】 小路三貴(眞島秀和)…仕事も出来てモテる課長。 カワイイものが好きなことは隠している。 河合ケンタ(今井翼)…カワイイもの好きを公言している独り暮らしのアートディレクター。 鳴戸渡(桐山漣)…小路の隣の課の課長。 一方的に小路をライバル視している。 仁井真純(藤原大祐)…小路の甥。 帰国子女で住居が決まるまで小路の家に居候することに。 【公式情報】〈〉〈〉〈〉 【予告動画】.

次の