イチジク の 甘露煮。 いちじくの甘露煮のカロリーは?

きょうの料理・いちじく・料理研究家(柳原尚之)さんのレシピ

イチジク の 甘露煮

所要時間: 60分以上 カテゴリー:、 山形の庄内では、イチジクの甘露煮はごはんのおかずです 昔から、秋になると、近所の家々からイチジクを煮る匂いが漂ってきます。 イチジクを砂糖と酢少々で長時間煮る「いちじくの甘露煮」は、お菓子ではなく、ごはんのおかずという食べ方でした。 毎年、大きな鍋でたっぷり煮てはカメに詰め、秋から冬にかけての保存食にしていました。 ふっくら柔らかく煮上げる家もあれば、飴状手前まで煮詰める家もあったりと、煮加減は様々でした。 我が家は飴手前まで煮上げる派で、時々煮すぎて、ほぼ飴になってしまい、噛むたびに歯にくっつくなんてこともありました。 それでも、甘くてシコシコのイチジクを、白いごはんの上にのせて食べるのがたまらなく好きでした。 お弁当にはいつも入っていました。 今回は、山形県庄内地方に伝わる、いちじくの甘露煮の作り方を紹介します。 今風に少しあっさり味に仕上げました。 使ったのは日本いちじくの、少し若い果実です。 いちじくの甘露煮の材料( 作りやすい分量) 合計で1~2時間煮込む。 ふっくらにしたい場合は1時間強で止める。 シコシコにしたい場合は、焦げやすいので注意しながら1時間30分~2時間煮る。 画像は1時間煮た鍋の中。 今日は1時間40分煮て完成とした。 ガイドのワンポイントアドバイス 完熟1歩手前のいちじくを使うのが特徴です。 ヘタの部分もシコシコおいしいので、ヘタは浅く切り取ります。 一度に長時間とれないときは、1回火を止めて用を足してから続きを煮ます。 冷めてから密閉容器に詰めて冷蔵すれば、かなり長持ちします。 我が家ではごはんのおかずですが、ジャム代わりにパンにのせても、ヨーグルトをかけてもおいしく食べられます。 残ったシロップは、次回煮るときに使いまわすこともできます。

次の

イチジクの甘露煮の虜になり、イチジク農家に転身

イチジク の 甘露煮

イチジクの苗木を持つ塩路ゆか氏 お茶、お酒やワイン、ヨーグルト、クリームとの相性もいい「いちじく蜜煮」 2年目にして1600個のイチジクを収穫 イチジクにもさまざまな種類が 稲作にも挑戦。 2011年5月からです。 東京で、フリーランスのデザイナーとして働いていました。 友人のお母さんが埼玉までイチジクを育てていて、彼女が作るイチジクの甘露煮の大ファンだったんです。 ぎゅっと詰まった甘さとねっとりとした食感、でも後味はさっぱり。 生のイチジクとはまた別のおいしさでした。 ところが、お母さんが高齢になられて、そろそろイチジクの甘露煮を作るのがむずかしくなってきたので、「何とかしなくちゃ」と、後継者として名乗りを上げました。 でも、何から手を付けていいかわからなかったので、東京都が主催している起業セミナーに参加したり、ネットで見つけた起業支援団体の講座を受けたりして勉強しました。 それまで私は、イチジクを仕入れて加工して売ることしか考えていませんでしたが、この講座に出て、「自分で栽培するのもあり」ということに気がついたんです。 仕入れて売る場合、販売価格を高くしないと儲けは薄い。 でも、自分でイチジクを栽培すれば、生の果実を売ることもできるし、かたちが悪いものはジャムにするとか、煮汁からも何か作れるかもしれないし、幅が広がり、無駄もなくなります。 そうなれば価格も抑えられると。 イチジクだけでなく野菜も含めて、何かを育てて実りを得るということが魅力的。 とてもリアルで充実感があります。 また、作物を育てるだけでなく、パッケージや売り方まで自分で手がけることができるのは楽しいですね。 やらずに後悔するより、やって後悔するほうがマシと考えるほうなので、不安よりも楽しみのほうが大きかったです。 東京での仕事は今でも少し続けています。 インターネットのおかげで東京にいる必要性がなくなったことは大きいですね。 偶然にも、彼も農業に興味を持っていたようで、二つ返事でOKでした。 不動産屋さんに通って探しましたが、家を借りると、農業に対する本気度が低いと見られて土地を借りるのがむずかしいと言われました。 家を建てるか買うかすれば、空いている耕地はあると。 そこで、家を建てることにしたんです。 初期投資は、土地の購入と家の建築費を含めて1700万円ほど。 耕地面積は一部借りていますが、それも含めて3300平方メートルくらい。 耕地の約4割をイチジクの栽培に当てています。 2年目の去年は10万円ほど。 できた分で試作品を作ったり、知り合いへの手みやげ等にしたので。 収穫量は1600個で、そのまま商品化して売れれば30万円くらいにはなったと思います。 今年のイチジクの収穫量は7000個が目標。 5年後には、農業からの年収を300万円くらいにしたいです。 小売価格は、イチジクの大きさによって3個または4個入り600円です。 販売ルートはまだ確立していません。 朝市に出店してみたり、Yahoo! オークションに定価で出してみたりしました。 バーやカフェに卸したり、自分でサイトを立ち上げて販売することも考えていますが、まだどうするか決めかねています。 トマトは売りたいですね。 いろんな種類があって楽しいし、自分も好きだし。 見たことのない種類を見つけると、つい植えてみたくなります。 去年植えてヒットしたのは、「カーボロネロ」という黒キャベツ。 おいしいし収穫がしやすいし、あまり売られていません。 こういう作物をどれだけ見つけられるかは重要だと思います。 農業は世話した分、結果になって返ってきます。 実がなる、というのはとてもわかりやすい。 安全な食べ物と規則正しい生活のおかげで健康になりました。 でも、自然相手だとおおらかな気持ちになれるのか、ストレスにならないのが不思議です。 人間関係のほうがストレスになりますね。 知らないことを知るのは、みんな面白いんだと思います。 そのまま食べてもいいし、お茶、紅茶、お酒やワインにもよく合います。 半生状態なので、ヨーグルトや生クリームを添えて食べるのもお勧め。 パウンドケーキなどのお菓子の材料にもなります。 課題は耕地をどう増やすか。 農地法の制約などがあって、素人には土地を借りるのがむずかしいんです。 夢は、もちろん、イチジク屋として生計を立てること。 パティスリーなどとコラボができたら楽しいですね。 そのためには、まず安定的に収穫できるようになることが目標。 無農薬で作っているので、その点はセールスポイントになります。 買ってくださった方の中に、無農薬でないと体が受け付けないという方がいて、とても喜んでもらえました。 そう言われると、こちらもうれしいです。

次の

いちじくレシピ|イチジク甘露煮の作り方: イチジク好きの,いちじくレシピ,食べ方.無花果の育て方,栽培方法

イチジク の 甘露煮

いちじく いちじく 漢字:無花果、映日果と書く。 クワ科イチジク属の落葉高木で原産地はアラビア南部でまたの名を不老長寿の果物とも呼ばれている。 6千年以上からメソポタミアで栽培されていたことが知られている。 また1万1千年以上前の炭化した実が出土していつことから、イチジクが世界最古の栽培されている植物でだった可能性が高い。 と言われている。 日本のは、江戸時代初期にペルシャから中国を経て、長崎に伝来したと伝えられている。 初めは、薬樹として使われていたが、時間が経つにつれ、果実の甘味から、生食用として食するようになり、挿し木で用意に増やせることも手伝って、手間のかからない果樹として一般家庭の庭に植えられて広まった。 果実には、果糖、ブドウ糖、蛋白質、ビタミン類、カリウム、ペクチンなどが含まれていて、糖分が多いので、とても甘い味がする。 愛知県は国内生産の約20%も出荷していて、日本一の生産地。 安城市から碧南市までの西三河地区はそのなかでも一段と生産量が多い。 スポンサーリンク 料理研究家:柳原尚之 出典: 1979年生まれ 東京都港区赤坂出身 東京農業大学農学部醸造学科卒 江戸時代文化文政期におこった「近茶料理(近茶流)」を継ぐ家に生まれ、大学在学中は発酵食品学を学ぶ。 醸造学の中でも特に酢酸菌・しょう油に造詣が深い。 大学卒業後、小豆島のしょう油会社「マルキン忠勇」の研究員として勤務。 その後、オランダ船籍の帆船「スワンファンマッカム号」にてキッチンをつとめた。 現在は、父・近茶流宗家柳原一成とともに、東京・赤坂にある「柳原料理教室」にて、日本料理、茶懐石の研究指導に当たる。 2009年から2013年までの5年間、東大寺の「修二会(お水取り)」で、「練行衆」に料理をつくる「院士(いんじ)」をつとめた。 いちじくジャム 出典: 材料: いちじくの皮をむいやつ 600g 砂糖 100g レモン汁 大さじ5 これみるとほぼ、甘露煮と同じ感じですね。 このように、定番は甘い物が上位に来ますが、ご飯に合ういちじく料理とは?それ今日見て、実際に作って食べてみようっと。 いちじくは軸を切り落とし、皮ごと八つ割りにする。 鶏肉は皮側を下にして置き、厚みを切り開いて均一にし、塩少々をふる。 いちじく約1コ分 鶏肉の大きさによって加減する を鶏肉の中央に並べる。 手前から巻いていちじくを包み、たこ糸を巻いて形を整える。 鍋に湯1. 5リットルを沸かし、番茶の茶葉をお茶やだらし用パック 不織布タイプ に入れてしばらく煮出す。 湯が色づいたら、1の鶏肉を入れて中火で20分間ゆでる。 つけ汁の材料を混ぜて砂糖を溶かし、ジッパー付き保存袋に入れる。 2が温かいうちに袋に入れ、10分間以上おく。 Aは混ぜ合わせておく。 鶏肉はたこ糸を取って1センチ厚さに切り、器に盛る。 残りのいちじくは好みで刻み、Aとともに添える。 残ったつけ汁を回しかけ、練りがらしを添えて完成。 いちじくは軸を少し切り落とし、皮ごと一口大に切る。 白あえ衣をつくる。 鍋に豆乳を入れ、クリームチーズをちぎって加え、弱火にかける。 木べらでかき回し、チーズがある程度溶けたら、砂糖、酢、 塩を加えて混ぜる。 豆腐をくずして加え、混ぜながら温める。 火にかけるので、豆腐は水きりしなくてもよい。 2にいちじくを加え、いちじくをつぶさないようにやさしく混ぜる。 白あえ衣が全体にからんだら、火を止めて完成。 出典:いちじくの豆乳チーズ白あえ 皆さん、これ見て不老長寿の食材と言われるいちじくを食べて、夏を乗り切ってくださいね。

次の