茎 歌詞。 【歌詞】【和訳】茎

assets.pnconnect.porternovelli.com: 茎 (STEM)~大名遊ビ編~: 音楽

茎 歌詞

本来の表記は「 加爾基 精液 栗ノ花 」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 週間1位 (2週連続、)• 2003年3月度月間2位 (オリコン)• 2003年度年間28位 (オリコン)• ダブル・プラチナ() アルバム 年表 (2002年) 加爾基 精液 栗ノ花 (2003年) (2007年) 『加爾基 精液 栗ノ花』収録の 目次• 概要 [ ] 本作は、・による活動休止を経た椎名林檎が、前作「」から約3年ぶりに発売した3枚目のである。 『勝訴ストリップ』発売の際、椎名は3枚目のアルバムタイトルを「 不思議・猥雑・エキセントリック」とつけ、全編でで製作してリリースするつもりだった。 「加爾基 精液 栗ノ花」というタイトルの由来は、スタッフとの雑談中にある二名のスタッフの「って臭いよね? 」「いやのの臭いとも聞くよ」というやりとりを聞き、言葉の語感が綺麗だと感じ、タイトルに採用したという 引用エラー: タグに対応する タグが不足しています封入。 制作の背景 [ ] 本作は、や、、といったスタンダードなに加え、や、、、そしてや、やといった、やといったからさまざまな生活ノイズまでをも含めた音がされた実験的なアルバムとなっている。 当時、引退しようと思っていた椎名は「その場のセッションだけでOKというアルバムを2枚作ったので、やめる前にもう少し楽器の音色や録音技術、その他いろいろな方法を使ったものを一枚くらい作ろう(と思って作った)」と語っている。 ほぼ彼女のセルフプロダクションによって作られ 、過去2枚のアルバムより長い、約1年の製作期間をかけて製作された。 演奏者と曲を信じてアレンジを固めずに自由なセッションで作った1枚目の「」と2枚目の「勝訴ストリップ」に対し、本作はプレイヤーに惚れてその場の空気をパッケージ化するそれまでのやり方を排除するのがテーマの、録音技術に特化した作品である。 そのため、については、それまでの椎名の作品ほとんどに関わってきた兼であるではなく、『勝訴ストリップ』でもエンジニアを務めたのが椎名とともに担当している。 また「やつつけ仕事」およびその他収録曲のオーケストラパートに関しては、カバーアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』の「森パクトディスク」で編曲を担当したが編曲している。 演奏のダイナミズムや快楽をなるべく排除する方法を取ったため、それまでのアルバムでの「バンド演奏による」というレコーディングスタイルではなく、シンプルなバンドサウンドではやり切れない楽曲を集め、の演奏やなどをふんだんに用いてで制作された。 予算を気にしながら製作した椎名は、節約のために自身が所有すると安価な録音機材と作曲・編集ソフトを用いて大まかなアレンジを井上と交換しながらしていったという。 レコーディング前の打ち合わせでは演奏者に椎名によって几帳面に書かれたスコアが手渡された。 「生でやってるとあり得ないレコーディングの魅力」を追求するべく、井上とともに「生楽器と電子音が共存する方法」を模索しながら椎名の自宅にてレコーディング作業を開始。 民族楽器など単品の楽器は自宅の一室で録音し、ストリングスなど大人数を要する物は別々の部屋で同時収録した。 録音の際は「的体験」をしたいという椎名の要望で、わざわざの旅館の一室を借りて機材を持ち込んで木造和室で歌入れを行った。 詞世界に関しては、「歌詞だけで成立させるつもりはなく、どうしても必要な重要なフレーズなどは音でそこに突っ込みを入れているつもりなので、歌詞だけを読んでも行間につじつまがなかったりとかすることも多い」と語っている。 「輪廻」がアルバムを貫くテーマであり、故意に古めかしい表現を用いて歌詞表記全体の時間軸をあえて現代ではないところに設定したのも、輪廻の普遍性をより際立たせたいという意図もあった。 プロモーション [ ] 発売直前の2003年2月21日「」の「」のコーナーに出演。 と対談し、「茎 (STEM)」を披露した。 3月26日には「ニュースステーション」でと対談、編曲の「歌舞伎町の女王」と「茎(STEM)」を披露した。 本作のは「」を使った国内版・海外版全6種類が製作されたが 、CM上ではタイトルの代わりに「椎名林檎 三発目自作アルバム」というナレーションと発売日の告知のみをした。 また、当時のランキングを紹介するなどでもタイトルを言わず、「椎名林檎新アルバム」とのみ紹介されることもあった。 収録曲 [ ] 各曲解説 [ ] 壱、宗教(伍分捌秒) 椎名が一人のとして感じたのイメージを表現した曲。 本人の演奏するの音色から始まり、から付近のバンドによるハードな演奏、サビはオーケストラの演奏になっている。 なお、バンドパートは椎名、オーケストラパートは森俊之が編曲している。 この曲はに行った全国ツアー「」の中にできた。 当時のサポートメンバー所有のに内蔵されていたの音色がきれいだったことから作られた。 歌詞中の「振り向くべからず」と「色彩」は「カラーズ」、「覚悟を極めろ」と「芳醇」は「メロウ」というがで繋がっている。 本作収録曲では唯一椎名によって歌われたことが無いが、「」にてとして披露された。 貳、ドツペルゲンガー(參分肆拾陸秒) プログラミングが多用されている曲で、過去に発表された曲をして収録したで演奏されている。 なおサンプリングされた楽曲は以下の通り。 なお逆再生でサンプリングされた楽曲は以下の通り。 參、迷彩(參分肆拾肆秒) 先行シングル「」にカップリング曲として収録されている「迷彩〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜」のアレンジの異なるアルバム・バージョン。 アレンジはとが混在したようなものになっている。 なおこの曲と「意識」のギターを弾いているのは後のの2代目の。 にはミュージシャンの浮雲、、、、イベンターの佃篤英、女優の故、EMIのディレクター山口一樹が出演している。 発売のとの共同作品である4枚目のアルバム『』にも斎藤ネコのアレンジにより収録されている。 発売のベストアルバム『』にも収録されている。 肆、おだいじに(參分壱秒) 椎名のピアノと井上雨迩のギターによる曲。 製作時には最初、となどが入っていたが、椎名曰く「おかしいアレンジ」になってしまったのでピアノとギターでの編成に変更。 伍、やつつけ仕事(伍分捌秒) 2000年のツアー「」で初披露され、3枚組シングル集「」に収録された「やっつけ仕事」のアルバムバージョン。 タイトルは「やっつけ仕事」から「やつつけ仕事」と変更された。 この曲の編曲は森俊之が担当しており、椎名曰く「」風とのこと。 冒頭のの取材風のやり取りの音声部分は、ライブ音源で製作した「やっつけ仕事」の(ミュージック・ビデオ集「」収録)の冒頭部分である。 また同じく冒頭部分で流れるの吸引音は兄であるプレゼントの製の掃除機による音。 「宗教」同様、このバージョンが椎名により披露されたことは無いが、「椎名林檎 生 林檎博'08 〜10周年記念祭〜」ではインストとして披露された。 陸、茎(參分伍拾秒) 先行シングル「茎(STEM)〜大名遊ビ編〜」の表題曲のアレンジ違いで歌詞が日本語のアルバムバージョン。 本作の中心となる曲として、アルバムでも真ん中に据えられている。 またアナログ盤には歌詞が英語の「茎(ステム)」を収録(参照)。 この曲は当初「性」というタイトルで製作されており、のころにはすでに完成していた。 ので一時期精神的に不安に陥り、そのときの心情などを交えた現在の歌詞に書き変えて収録された。 なおタイトルの意味は「」であるが性的な意味ではなく、種族存続などのことを意味する。 漆、とりこし苦労(貳分參拾陸秒) 「やつつけ仕事」との対の曲で、タイトルは「 -ぐろう」と読む。 この曲は民族楽器がふんだんに使用されていたが、編集作業で必要のない音をだいぶ削ったとのこと。 この曲にも浮雲が「口リヅム」というで参加している。 捌、おこのみで(伍分肆拾伍秒) 「おだいじに」との対の曲。 この曲では椎名の曲では珍しく電子ドラムが使用されている。 またピアノにも工夫し、「」 を使用している。 アウトロが次の曲「意識」のイントロと繋がっている。 また間奏の車内放送と思しきアナウンスは太田有美によるもの。 玖、意識(貳分肆拾伍秒) 「迷彩」との対の曲で先行シングル「茎(STEM)〜大名遊ビ編〜」収録の「意識〜戦後最大級ノ暴風圏内歌唱〜」のアレンジの異なるアルバムバージョン。 この曲のアレンジに関して、椎名は井上雨迩と相当議論をしたとのこと。 椎名は「を入れたアレンジにしたい」と提言したが、井上雨迩が「を入れると今までの「椎名林檎」のアレンジと一緒だから1本の演奏にしよう」と反対したという。 最終的には椎名の要望通りギターが入ったアレンジとなった。 発売のとの共同作品である4枚目のアルバム『』にも斎藤ネコのアレンジにより収録されている。 拾、ポルターガイスト(參分肆拾壱秒) 「ドツペルゲンガー」との対の曲。 1番はの演奏で2番からオーケストラによる演奏。 会議中にスタッフとの雑談であるスタッフが「聴くとついCDを買いたくなる」と発言したことから、全体的にワルツ調のアレンジが施されている。 イントロの電車との音はのものであり、歌詞も「小田急線の途中というストーリー」であることが当時のインタビューで語られている。 また、踏切の音の収録の行きと帰りで、「ドツペルゲンガー」で用いられているバスの音も録られたという。 この曲も「平成風俗」にて斎藤ネコのアレンジにより収録され、そちらは全編による演奏となっている。 拾壱、葬列(伍分拾貳秒) この曲は椎名が16歳のときにはできあがっており、1作目のアルバム「」に収録しようか迷った際にの亀田誠治に相談したところ、「迷うならいい機会まで取っておきなさい」と助言され、本作まで取っておいたという。 なお歌詞に関しては深い意味はないとのこと。 長らくソロのライブでは披露されなかったが、2006年に行われた東京事変のコンサート「東京事変 DOMESTIC! Virgin LINE」で演奏された後、2014年には「」でソロでもライブ初披露となった。 拾貳、映日紅の花(肆分參拾貳秒) 本作のアナログ盤にボーナス・トラック「伍周年大感謝メモリヤル単曲」として収録された楽曲。 「迷彩」「とりこし苦労」「意識」の制作にも参加している浮雲が椎名のために書き下ろした曲。 これまでにも、椎名の作品において共作曲は発表されたことはあったが 、椎名以外の人物が単独で作曲をした楽曲が発表されたのは2003年時点では本楽曲のみだった。 楽曲クレジット [ ] CD 全作詞・作曲:。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲・録音 時間 1. 「宗教」• 化猫キラー• 森俊之 3:46 3. 「迷彩」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 3:44 アナログ盤 - Side B 全作詞・作曲: 椎名林檎。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲・録音 時間 4. 「おだいじに」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 3:01 5. 「やつつけ仕事」 椎名林檎 椎名林檎 森俊之 5:08 6. 「茎(ステム)」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 3:50 アナログ盤 - Side C 全作詞・作曲: 椎名林檎。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲・録音 時間 7. 「とりこし苦労」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 2:36 8. 「おこのみで」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 5:45 9. 「意識」 椎名林檎 椎名林檎 化猫キラー 2:45 アナログ盤 - Side D 全作詞・作曲: 椎名林檎 注記を除く。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲・録音 時間 10. 「ポルターガイスト」 椎名林檎 注記を除く 椎名林檎 注記を除く 宗教 と 葬列• 栗ノ花薫オーケストラ(統率:):• :、、、、、、• 椎名林檎:、歪お琴我流、生パイプオルガン、 ドツペルゲンガー と ポルターガイスト• 栗ノ花薫オーケストラ(統率:後藤勇一郎):管弦樂• 森俊之:管弦樂アレンヂ• 井上雨迩:、電気式ベース 迷彩 と 意識• 秘密部隊(統率:椎名林檎)• :生ドラム• :電気式ベース、• 高桑英世:• 椎名林檎: おだいじに と おこのみで• 斎藤孝太郎:• 美ノ辺純子:• 大江洋館:(含ム)• 太田有美:生アナウンス• 井上雨迩:電気式ベース、電気式ギター、(ブリテック)• 椎名林檎:、、、管弦楽アレンヂ やつつけ仕事• 大奥記念オーケストラ(統率:後藤勇一郎):管弦樂• 森俊之:生ピアノ、、全仕事• 椎名林檎:、、全やつつけ とりこし苦労• 浮雲:• 森俊之:• 井上雨迩:電気式ベース、全苦労• 椎名林檎:生お琴生田流、、、、、、、生口笛、生ピアノ、生ドラム、生電気式ギター、全とりこし 茎• 女性上位記念オーケストラ:• 金原千恵子様御一行:• :生ドラム• 井上雨迩:電気式ベース• 椎名林檎:生お琴生田流、生ピアノ、全アレンヂ 映日紅の花• 林檎:ボイス• 浮雲:ギター• 雨迩:ベース 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 先行シングル『』では通常盤のみコピーコントロールCD• ただし5月に2枚組のアルバム『』を発表しているため、アルバムとしては約9ヶ月ぶりとなる。 後に放送されたによる本作の発売記念特別番組のインタビューでは、「加爾基」が「不思議」、「精液」が「猥雑」、「栗ノ花」が「エキセントリック」の役目を果たしていると語っている。 ユニット名は「 化猫キラー」。 同年5月に発売された「」に特典映像として収録されている。 「同じ曲なのに分かってもらえなかったら嫌だな」と思った椎名のアイディアで入れられた。 弦に木片やゴムなど挟んで金属的な音にしたもの。 同日に発売されたでのコンサートイベントを収録したDVD「」に付属されているCD「御宝コンパクトディスク」、2008年に発売された10周年記念アルバム『』にも収録された。 戸谷誠と共作した「メロウ」やとして発表した楽曲。 出典 [ ]• インタビュアー:早川 加奈子. bounceマガジン.. の2003年4月29日時点におけるアーカイブ。 2016年8月13日閲覧。 東京事変 2007年11月21日. インタビュアー:小野田雄. の2014年7月18日時点におけるアーカイブ。 2018年6月24日閲覧。 「東京事変『スポーツ』を徹底解剖する 椎名林檎インタヴュー」『MUSICA』第4巻第4号、株式会社FACT、2010年3月、 18-22頁、 2018年6月24日閲覧。 椎名林檎『性』. 2003年8月. 2017年12月12日閲覧。

次の

【歌詞】【和訳】茎

茎 歌詞

楽曲の基本情報 本楽曲はアルバム「三毒史」の収録曲。 「TOKYO」は、7番目に収録されています。 鳥越啓介のベース• みどりんのドラム• 林正樹のピアノ によるセッションに圧倒される。 ロック路線もそうですが、 こういったジャズ路線の音楽は特にエモい。 そして今回のアルバムには秘密があります。 文字数やカタカナ、曲名が 上下対称になっているのです。 曲順まで美しいとは、、、なんという遊び心。 カリスマ性が細部に宿りますね。 そして今回、考察していく 「TOKYO」はちょうど真ん中に位置しています。 どんなメッセージ性を持つのでしょうか。 楽曲考察に移っていきます。 楽曲名「TOKYO」とは 「TOKYO」とは 漢字にすると 「東京」で 皆さんご存知の通り 日本の事実上の首都 という意味になっています。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 まずは歌詞を見ていきましょう。 歌詞 同じ夢で目覚めた。 なぜ今また昔の男など現れる。 眉や目でさえ憶えていない相手じゃ 遥か朧の月。 曖昧模糊。 そんな顔を見て過ごしていた、 妙な場面。 夢は十中八九晴れ模様清々しく。 精々願望を映し出しているようで、 莫迦に幸せそうに燥いでいたっけ。 ああしんどいわ。 頭のみ冴えている。 どことも誰とも繋がらないこの命。 ああ重いわ。 持て余した自我。 急いで夢の途中に戻して。 起きていたくない。 微熱を帯びた瞼が居直ると、 現の世界は荒れ模様忌々しく。 傘も携え用意周到だった。 だのに濡れている自分。 不幸なんだって。 まあしんどいよ。 しとどに泣く足。 どこへも誰へも続いていないこの道。 まあ酷いよ。 踏み外した過去。 行けども帰れども責められて 失せてしまいたい。 そう当座凌ぎに必死の人生。 悲しくてもう耐えられない。 ねえせめて愛されてみたかった。 ひと度でも。 どんな最期を迎えて死ぬんだろう。 変わらず誰にも甘えず、 ずっとひとりなら長いわ。 高が知れた未来。 短く切上げて消え去りたい。 飲み込んで東京。 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 繰り返し見る夢 同じ夢で目覚めた。 なぜ今また昔の男など現れる。 眉や目でさえ憶えていない相手じゃ 遥か朧の月。 曖昧模糊。 情景は、 一人暮らしの夜と言ったところでしょう。 もう好きでもないはずの、 元カレの夢を見て目を覚ますのです。 曖昧模糊という言葉が はっきりしない、あやふやなさま。 を意味するように 元カレの容姿なんてものは、 ほとんど覚えておりません。 そんな顔を見て過ごしていた、 妙な場面。 夢は十中八九晴れ模様清々しく。 精々願望を映し出しているようで、 莫迦に幸せそうに燥いでいたっけ。 顔も覚えていない相手なのに 夢の中の自分は幸せそうだった のです。 つまり、主人公は「元カレといること」に幸せを感じているのではなく、 「誰かといること」に幸福を感じていたのです。 孤独 ああしんどいわ。 頭のみ冴えている。 どことも誰とも繋がらないこの命。 ああ重いわ。 持て余した自我。 急いで夢の途中に戻して。 起きていたくない。 不幸な現実から脱却して、 幸せな夢の世界に逃げ込みたいから 急いで夢の途中に戻して。 起きていたくない。 とある。 ここまでで分かる情景は 孤独に怯えている ということ。 人それぞれの価値観で変わりますが、少なくとも本楽曲の主人公は 「孤独」よりも「つながる安心感」 を求めているのです。 心の雨 微熱を帯びた瞼が居直ると、 現の世界は荒れ模様忌々しく。 傘も携え用意周到だった。 だのに濡れている自分。 不幸なんだって。 内容は違えど、幸せ過ぎる夢の後の現実って軽い放心状態になりませんか? そのような情景を思い出して頂けると本楽曲の主人公の感情により近づくことが出来ると思います。 泣いた後の瞼は熱を帯びています。 幸せな夢から覚めて、 現実とのギャップに打ちひしがれているのです。 ここからの比喩表現が秀逸ですね。 孤独が怖いから孤独にならないように、 努力をしていた。 傘も携え用意周到だった それなのに現実は、 最も恐れていた孤独。 濡れている自分 幸せな夢を通して改めて不幸を感じている のです。 スポンサーリンク 踏み外した過去 まあしんどいよ。 しとどに泣く足。 どこへも誰へも続いていないこの道。 まあ酷いよ。 踏み外した過去。 行けども帰れども責められて 失せてしまいたい。 しとどという言葉が、 勢いの激しいさま。 を意味するように 主人公の心には、激しい雨が降っている。 踏み外した過去。 というのは• 元カレと別れてしまった過去• 別れの理由になった事柄 を指すのでしょう。 行けども帰れども というテキストだけを見ると、 元カレに何度も会いに行っている? と安易に想像してしまいがちですが、これまでの歌詞を捉えているとそうではないことが分かります。 何度も同じ夢を見ること を、行けども帰れども と表現しているのです。 夢を見るたびに孤独を痛感し、 憂鬱に陥ってしまうから 責められて失せてしまいたい。 とある。 飲み込んで東京。 そう当座凌ぎに必死の人生。 悲しくてもう耐えられない。 ねえせめて愛されてみたかった。 ひと度でも。 当座凌ぎとは、 その場だけをまにあわせること。 つまり、 孤独の一時しのぎを表す。 主人公は、孤独から解放されるために、 即席の愛を交わしていたのかも知れません。 しかし、そこに本当の愛は無いから ねえせめて愛されてみたかった。 と嘆いているのです。 どんな最期を迎えて死ぬんだろう。 変わらず誰にも甘えず、 ずっとひとりなら長いわ。 高が知れた未来。 短く切上げて消え去りたい。 飲み込んで東京。 飲み込んで東京。 と、ここでようやく楽曲名である 「TOKYO 東京 」が出てきます。 東京は、日本の首都ということだけあり、特出して たくさんの人が住んでいて、他の都道府県に比べ、 色めきだっているというイメージがあります。 しかし、 現実の東京はイメージよりも暗い です。 渋谷や新宿、六本木などはイメージ通り賑わっているものですが、土地によって街の表情が大きく変わるのが東京の特徴。 だから最後の歌詞である 飲み込んで東京。 というのは 「東京」という輝いた街の中に、 私を紛れ込ましてくれ。 というよりは 「東京」という暗闇に私を連れて行って。 というニュアンスの方が正しいのでしょう。 孤独に苛まれた主人公は、いっそ深淵に潜り込みたいと開き直っているのです。 感想 孤独に起因する憂鬱。 これは多くの人が抱えたことのある感情なのではないでしょうか? 特に一人暮らしをしている人は、 そんな憂鬱な夜もあるのではと思います。 また、敢えて人の多い「東京」という街が 孤独を強調しているようで 「TOKYO」というタイトルにもセンスを感じました。

次の

椎名林檎 茎 歌詞

茎 歌詞

ミュージックビデオ - 『 』 収録曲 ディスク1• すべりだい• アンコンディショナル・ラブ• リモートコントローラー• 輪廻ハイライト• あおぞら• 時が暴走する• 東京の女• 君ノ瞳ニ恋シテル ディスク2• メロウ• 不幸自慢• 喪@ CェNコ瑠ヲュWァ• 愛妻家の朝食• シドと白昼夢• 意識 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜• 迷彩 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜• la salle de bain• カリソメ乙女 HITOKUCHIZAKA ver. 錯乱 ONKIO ver. 映日紅の花• 膨らんできちゃった• はいはい• 光合成 「 茎(STEM)」(ステム)または「 茎」(くき)は、の・による。 初出は(当時)よりに発売された8枚目 の『 茎(STEM)〜大名遊ビ編〜』に収録されている同名表題曲。 概要 [ ] 楽曲「茎(STEM)」または「茎」には、スタジオレコーディングされたもののみで4つのバージョンが存在する。 茎(STEM)〜大名遊ビ編〜 [ ] 読み方は「ステム だいみょうあそびへん」。 本楽曲は2001年に発表された7枚目のシングル『』から約2年ぶりとなるシングルに収録されたもので、このシングルは椎名が初めてで1位を獲得した作品である。 初回限定盤は実演生中継「」観覧チケット抽選応募券封入と仕様。 通常盤は仕様だったが、にデビュー10周年記念アルバム『』の発売と共に、それまで生産されていたCCCD盤はにされ、新たに通常の盤として再発売された。 の「大名遊ビ編」とは、の編曲による豪華なアレンジと演奏のためとされる。 歌詞はによる英訳であるため、タイトルのルビに「STEM」と付いている。 3作目のアルバム『』の先行シングルであったが、このバージョンはアルバムに収録されなかった。 に発売された初の公認オールタイム・ベストアルバム『』において、晴れて初収録となった。 なお表題曲が2曲目に収録されているのは、アルバムの世界観に通じるの曲順にするためで、歌詞の綴りも同様にに統一されている。 または同時発売された『』とともにのアラーキーことが撮影している。 『短篇キネマ 百色眼鏡』の主題歌および同作品から派生したプロデュース公演 004「」のメインテーマにも使用された。 カップリング曲には「迷彩」と「意識」の2曲が収録されているが、それぞれに「戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱」というサブタイトルが付けられている。 これは、この2曲のボーカルトラックを収録した際に、ちょうどスタジオ付近にが上陸していたためである。 この2曲もアルバムにはアレンジの異なるバージョンが収録されたが、デビュー10周年記念アルバム『』にはこちらのカップリングのバージョンが収録されている。 「迷彩」と「意識」で演奏を担当している「 秘密部隊」とは椎名の友人のミュージシャン達のことで、椎名は「畑違いの人達が集まって演奏してみたらどうなるか実験してみたかった」と語っている。 なお秘密部隊のメンバーについてはシングルのブックレットには記載されておらず、アルバムのブックレットにて明かされたが、「茎(STEM)〜大名遊ビ編〜」の演奏を担当する大奥記念オーケストラの演奏者については現在も明かされていない。 また「茎(STEM)〜大名遊ビ編〜」と「迷彩」には監督によりミュージック・ビデオが制作された。 当時、監督が『百色眼鏡』に掛かりきりで絵コンテが作成されておらず、現場で指示を仰ぐまでどう演技するか決まっていなかった。 「迷彩」のミュージック・ビデオにはレコーディングに参加した、、、の他、佃篤英(イベンター)、(女優)、山口一樹(EMIのディレクター)が出演している。 椎名が個人的に好きな曲であり、シングルのタイトル曲ではないにも関わらずビデオを制作してもらえるというので、を登場させることや単なるの映像ではないものにしたいなど、普段よりも積極的にアイデアを出したとのこと。 映像を作る際にはイメージに近い映画を伝えるが、「迷彩」では(チャン・イーモウ)の「」を挙げた。 茎 [ ] 読み方は「くき」。 シングルの約1ヶ月後に発売された3作目のアルバム『』に収録されている歌詞が日本語のアルバム・バージョン。 椎名との・である「 化猫キラー」によってアレンジされ、演奏はとバンド主体の編成になっている。 茎(ステム) [ ] 3作目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』のアナログ盤に収録されている歌詞が英語のバージョンで、は上記CDアルバム収録の「茎」と共通だが、コーラスは歌われていない。 また映画『』の挿入歌として使用され、オフィシャルアルバム『OUR LAST DAY-CASSHERN OFFICIAL ALBUM』にも収録されている。 歌詞は英語。 シングル収録曲 [ ]• 迷彩 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜• カップリング曲。 アルバムとは、イントロ・曲の終わり方が若干違う。 茎 STEM 〜大名遊ビ編〜• 表題曲。 意識 〜戦後最大級ノ暴風雨圏内歌唱〜• カップリング曲。 こちらもアルバムとはアレンジが若干違い、イントロと3番のがに変わっている。 全作詞・作曲:椎名林檎• 英訳・発音指導:(M2)• 編曲:(M2) 化猫 バケネコ キラー(M1. 3)(椎名林檎との名) 演奏 [ ]• 記念(統率)/M2• 秘密部隊(椎名林檎統率)/M1, 3• 秘密部隊隊員は下記の通り。 /(後に加入)• /(from , )• 高桑英世/• タブ(タブゾンビ)/(from )• 椎名林檎/ 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の