タチフサグマ 種族 値。 【ポケモン剣盾】タチフサグマの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】超火力!特性「こんじょう」タチフサグマの育成論!

タチフサグマ 種族 値

、特性「こんじょう」タチフサグマについて シーズン3でタチフサグマ入りが1位を獲得! 2020年2月1日から2月29日まで開催されたポケモン剣盾のランクマッチシーズン3。 1位をとった構築の中にいた1匹がタチフサグマです。 タチフサグマ入りで最終1位とりました!!!!!!!! 今更ですがタチフサグマの強さをじっくり伝えていこうと思います。 これから使いたい人に参考になればいいかと思います。 タチフサグマのタイプ あく・ノーマル複合タイプ 弱点 4 倍「格闘」 2 倍「むし」「フェアリー」 耐性 半減「あく」無効「ゴースト」「エスパー」 環境に多いゴーストタイプに強い複合タイプ。 ノーマルタイプが入ることでゴースト技が無効になる、エスパータイプにもすごく強い。 カビゴンメタで入れられている、格闘タイプにかなり不利をとってしまうし、サブウエポンでよく採用されている「とんぼがえり」がなかなかのダメージ受けてしまうのはきつい。 攻撃、素早さ「 90 」「 95 」となかなか中途半端です。 攻撃力に関しては特性で伸ばす感じです。 すばやさは「ヒヒダルマ」や「ウインディ」と同じ95属。 「ミミッキュ」より1遅いのが非常に勿体無い。 ここが少し惜しい面です、立ち回りでこの素早さをカバーしつつタチフサグマの超火力を押し付けていく感じになります。 防御面 HP 、防御、特防「 93 」「 101 」「 81 」と悪くない数字。 防御の数値が高いのが目立つが、HP特防もそこそこあり、耐久無振りのタチフサグマが性格補正なしのサザンドラの「りゅうせいぐん」シャンデラの「オーバーヒート」なんかのタイプ一致効果力技も体力MAXであればギリギリ一撃は耐えてくれます。 頑張りを評価して欲しいってことだな タチフサグマの特性 こんじょう 状態異常だと物理攻撃力が1. 5 倍になる。 自動的にターンの終わりにやけど状態になれる「かえんだま」を持たせるのがセオリーです。 特性こんじょうの「からげんき」を採用するので、威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「やけど」状態に自主的になるので「かえんだま」を発動させてしまえば、状態異常が入りません。 ただしターンの最後にかえんだまが発動するので、状態異常相手に受け出したらその状態異常を先に受けちゃいますので注意。 あくび展開なんかはカットできて強いです。 まけんき 能力が下がると、自分の攻撃ランクが2段階上がる。 優秀な特性「いかく」への対策、「がんせきふうじ」などのすばやさ操作技。 への対策を始め、ダイマックス技で能力が良く下げられるため、発動機会が増え十分に採用価値がある。 発動しなければ全く意味がないが、発動してしまえば「こんじょう」より強く働く場合も多い。 今回は個人的にはこんじょうの方が強いと思います。 まけんきは発動しないと意味ないので タチフサグマのオススメ技 「からげんき」 威力 70 命中 100 状態異常で威力 2 倍 ノーマル技で高火力技がすてみタックルくらいしかないが、こんじょうだとこの「からげんき」がメインウエポンになり得る。 威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「はたきおとす」 威力 65 命中 100 相手が道具を持ってたらその道具を使えなくして威力が 2 倍 これ以外のメインウエポンになりうる悪技が「じごくづき」くらいだが、圧倒的にはたき落とすの方が高性能。 道具を持っていない状況でも、根性補正1. 5倍とタイプ一致1. 5倍でそこそこ高い火力が保証できる。 2発も当てれば大体の相手が倒れるので別に気にならない。 相手が道具を持ってなくて、この一撃で倒せるか不安な場合は、ダイマックスしてください サブウエポンのオススメ技 とにかく「からげんき」「はたきおとす」が火力がかなり出るので、サブウエポンで抜群をとってもそこより低いダメージの場合は、意味がない。 例えば威力75の3色パンチの2倍が威力150ですが、からげんきの火力が210出るので、あまり意味がない。 かみなりパンチをギャラドスメタのために採用するのは有りだが、少し過剰である。 そのため「からげんき」「はたきおとす」の2ウエポンと変化技 2 つを採用する場合が多い。 そこを踏まえた上で持たせるサブウエポンは 「インファイト」「カウンター」「こごえるかぜ」 くらいではないかなと思う。 インファイトは純粋に2倍ダメージでからげんきより火力が出ることが理由。 カウンターは虚を突く形で採用するが、特性こんじょうとは相性が悪い。 こごえるかぜはすばやさ操作技として機転回避や、対面にも強くなる。 変化技のおすすめ 「すりかえ」「トリック」 持っている火炎玉を相手に押し付けて「やけど」状態にする。 火力を下げる効果と別に、きあいのタスキやがんじょうも剥がせるのでとても便利。 気を付けたいのが、やけどが入るのは火炎玉を持ったターンの終わりなので、そのターンの火力は下がらないので注意が必要。 「ブロッキング」「まもる」 1ターン保留技。 自分に対しての相手の攻撃を無効にする。 まもるは全て無効にする。 ブロッキングは直接攻撃をしてきた相手の防御を2段階下げる。 デメリットは変化技はブロッキングを貫通します。 ダイマックスをはじめ、天候やトリックルームのターン枯らしに使うことが便利。 相手が自分自身やフィールドに対して効果が出る技をされた場合、読み負けです。 「すてゼリフ」 攻撃と特攻を下げながら後続に交代する。 先攻で打つ場合は圧倒的素早さがないと使い辛いし、後攻で打つ場合は圧倒的防御力がないと使い辛いです。 どちらかというと特性まけんきで「こだわりスカーフ」を持たせた方が使いやすいと思います。 「ちょうはつ」 3ターンの間、相手に変化技を打たせない 耐久型のポケモンに余計なことをさせない。 ドヒドイデやサニーゴ、ヌオーなどを完封できる。 タチフサグマまとめ 注意したいポケモン 環境に多いゴーストタイプに非常に強い複合タイプだが。 主に環境にいるのが「ミミッキュ」「ドラパルト」で対面的にはあまり有利とは言えない。 とにかく4倍弱点の格闘技に弱くて、タチフサグマより早いすばやさから、格闘技が飛んでくる場合。 一撃で落ちてしまう。 上から格闘技やフェアリー技などで一撃で落としてくるポケモンにはとにかくダイマックスでねじ伏せるかすばやさ操作するしかないです。 タチフサグマより遅いポケモンでも、タチフサグマ側が1撃で落とせない格闘技もちやフェアリー技持ちにも注意が必要です。 他のポケモンで削ってからタチフサグマで殴ってください。 タチフサグマの魅力 火力 かげうちが効かないので素早さを下げているミミッキュには上から殴ることができる。 とにかく素早さがもう少しあればかなり動かしやすかったと思うが、このポケモンの魅力は「火力」これに尽きる。 とにかく等倍以上でタチフサグマが殴れれば、かなり強い。 それがタチフサグマ。 物理でタチフサグマで殴りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】タチフサグマの進化の流れと覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

タチフサグマ 種族 値

タチフサグマ入りで最終1位とりました!!!!!!!! 今更ですがタチフサグマの強さをじっくり伝えていこうと思います。 これから使いたい人に参考になればいいかと思います。 タチフサグマのタイプ あく・ノーマル複合タイプ 弱点 4倍「格闘」2倍「むし」「フェアリー」 耐性 半減「あく」無効「ゴースト」「エスパー」 環境に多いゴーストタイプに強い複合タイプ。 ノーマルタイプが入ることでゴースト技が無効になる、エスパータイプにもすごく強い。 カビゴンメタで入れられている、格闘タイプにかなり不利をとってしまうし、サブウエポンでよく採用されている「とんぼがえり」がなかなかのダメージ受けてしまうのはきつい。 攻撃、素早さ「 90 」「 95 」となかなか中途半端です。 攻撃力に関しては特性で伸ばす感じです。 すばやさは「ヒヒダルマ」や「ウインディ」と同じ95属。 「ミミッキュ」より1遅いのが非常に勿体無い。 ここが少し惜しい面です、立ち回りでこの素早さをカバーしつつタチフサグマの超火力を押し付けていく感じになります。 防御面 HP 、防御、特防「 93 」「 101 」「 81 」と悪くない数字。 防御の数値が高いのが目立つが、HP特防もそこそこあり、耐久無振りのタチフサグマが性格補正なしのサザンドラの「りゅうせいぐん」シャンデラの「オーバーヒート」なんかのタイプ一致効果力技も体力MAXであればギリギリ一撃は耐えてくれます。 頑張りを評価して欲しいってことだな タチフサグマの特性 こんじょう 状態異常だと物理攻撃力が1. 5倍になる。 自動的にターンの終わりにやけど状態になれる「かえんだま」を持たせるのがセオリーです。 特性こんじょうの「からげんき」を採用するので、威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「やけど」状態に自主的になるので「かえんだま」を発動させてしまえば、状態異常が入りません。 ただしターンの最後にかえんだまが発動するので、状態異常相手に受け出したらその状態異常を先に受けちゃいますので注意。 あくび展開なんかはカットできて強いです。 まけんき 能力が下がると、自分の攻撃ランクが2段階上がる。 優秀な特性「いかく」への対策、「がんせきふうじ」などのすばやさ操作技。 への対策を始め、ダイマックス技で能力が良く下げられるため、発動機会が増え十分に採用価値がある。 発動しなければ全く意味がないが、発動してしまえば「こんじょう」より強く働く場合も多い。 今回は個人的にはこんじょうの方が強いと思います。 まけんきは発動しないと意味ないので タチフサグマのオススメ技 「からげんき」 威力70命中100状態異常で威力2倍 ノーマル技で高火力技がすてみタックルくらいしかないが、こんじょうだとこの「からげんき」がメインウエポンになり得る。 威力2倍、根性補正1. 5倍、タイプ一致補正1. 5倍で信じられない火力が出ます。 「はたきおとす」 威力65 命中100 相手が道具を持ってたらその道具を使えなくして威力が2倍 これ以外のメインウエポンになりうる悪技が「じごくづき」くらいだが、圧倒的にはたき落とすの方が高性能。 道具を持っていない状況でも、根性補正1. 5倍とタイプ一致1. 5倍でそこそこ高い火力が保証できる。 2発も当てれば大体の相手が倒れるので別に気にならない。 相手が道具を持ってなくて、この一撃で倒せるか不安な場合は、ダイマックスしてください サブウエポンのオススメ技 とにかく「からげんき」「はたきおとす」が火力がかなり出るので、サブウエポンで抜群をとってもそこより低いダメージの場合は、意味がない。 例えば威力75の3色パンチの2倍が威力150ですが、からげんきの火力が210出るので、あまり意味がない。 かみなりパンチをギャラドスメタのために採用するのは有りだが、少し過剰である。 そのため「からげんき」「はたきおとす」の2ウエポンと変化技2つを採用する場合が多い。 そこを踏まえた上で持たせるサブウエポンは 「インファイト」「カウンター」「こごえるかぜ」 くらいではないかなと思う。 インファイトは純粋に2倍ダメージでからげんきより火力が出ることが理由。 カウンターは虚を突く形で採用するが、特性こんじょうとは相性が悪い。 こごえるかぜはすばやさ操作技として機転回避や、対面にも強くなる。 変化技のおすすめ 「すりかえ」「トリック」 持っている火炎玉を相手に押し付けて「やけど」状態にする。 火力を下げる効果と別に、きあいのタスキやがんじょうも剥がせるのでとても便利。 気を付けたいのが、やけどが入るのは火炎玉を持ったターンの終わりなので、そのターンの火力は下がらないので注意が必要。 「ブロッキング」「まもる」 1ターン保留技。 自分に対しての相手の攻撃を無効にする。 まもるは全て無効にする。 ブロッキングは直接攻撃をしてきた相手の防御を2段階下げる。 デメリットは変化技はブロッキングを貫通します。 ダイマックスをはじめ、天候やトリックルームのターン枯らしに使うことが便利。 相手が自分自身やフィールドに対して効果が出る技をされた場合、読み負けです。 「すてゼリフ」 攻撃と特攻を下げながら後続に交代する。 先攻で打つ場合は圧倒的素早さがないと使い辛いし、後攻で打つ場合は圧倒的防御力がないと使い辛いです。 どちらかというと特性まけんきで「こだわりスカーフ」を持たせた方が使いやすいと思います。 「ちょうはつ」 3ターンの間、相手に変化技を打たせない 耐久型のポケモンに余計なことをさせない。 ドヒドイデやサニーゴ、ヌオーなどを完封できる。 タチフサグマまとめ 注意したいポケモン 環境に多いゴーストタイプに非常に強い複合タイプだが。 主に環境にいるのが「ミミッキュ」「ドラパルト」で対面的にはあまり有利とは言えない。 とにかく4倍弱点の格闘技に弱くて、タチフサグマより早いすばやさから、格闘技が飛んでくる場合。 一撃で落ちてしまう。 上から格闘技やフェアリー技などで一撃で落としてくるポケモンにはとにかくダイマックスでねじ伏せるかすばやさ操作するしかないです。 タチフサグマより遅いポケモンでも、タチフサグマ側が1撃で落とせない格闘技もちやフェアリー技持ちにも注意が必要です。 他のポケモンで削ってからタチフサグマで殴ってください。 タチフサグマの魅力 火力 かげうちが効かないので素早さを下げているミミッキュには上から殴ることができる。 とにかく素早さがもう少しあればかなり動かしやすかったと思うが、このポケモンの魅力は「火力」これに尽きる。 とにかく等倍以上でタチフサグマが殴れれば、かなり強い。 それがタチフサグマ。 物理でタチフサグマで殴りましょう。

次の

【ポケモン剣盾】タチフサグマの育成論と対策

タチフサグマ 種族 値

もくじ• 2倍になる。 【こんじょう】 状態異常の時、『こうげき』が1. 5倍になる。 またその時、『やけど』状態による『攻撃」半減の効果を受けない。 【まけんき 夢特性 】 相手の技や特性で能力ランクが下がった時、自分の『攻撃』ランクが2段階上がる。 自分や味方の技で下がった場合は効果がない。 弱点 「4倍」かくとう 「2倍」むし、フェアリー 耐性 「0. 5倍」あく 「効果なし」ゴースト、エスパー おすすめの性格 ようき おすすめ努力値振り 攻撃252.素早さ252、HP6 進化条件 ワイルドエリアでLv35以上の『マッスグマ ガラルの姿 」をレベルアップさせる。 タチフサグマは、 数少ない「あく・ノーマル」タイプのポケモンです。 効果なしのタイプを2つ持っており、どちらも「あく」で弱点を突けるので非常に有効です。 タチフサグマは種族値的にアタッカーが基本となりますが、その他の種族値も悪くはありません。 しかし、 今回育成したタチフサグマは、かなり場を荒らす害悪型に仕上がっています 笑 ただ、火力がかなり出るようになっているので、レートでもなかなか活躍しますよ! タチフサグマの育成論 特性 【こんじょう】 状態異常の時、『こうげき』が1. 5倍になる。 またその時、『やけど』状態による『攻撃」半減の効果を受けない。 弱点 「4倍」かくとう 「2倍」むし、フェアリー 耐性 「0. 技構成 ブロッキング、すりかえ、からげんき、はたきおとす この害悪型に必要になる「はたきおとす」は、カモネギ ガラルのすがた から遺伝できます。 さて、このタチフサグマの戦い方ですが、まずは 特性「こんじょう」の発動で攻撃力を1. 5倍にします。 これで、タチフサグマの火力は一気に高まり、「からげんき」や「はたきおとす」でかなりのダメージをが入るように。 「はたきおとす」はダメージを入れつつ、相手の道具を落とせるのが強み。 そして、相手のアタッカーには 「すりかえ」でかえんだまと交換し、確定で「やけど」を引き起こさせます。 この存在があるので物理技を封じることができますし、相手の攻撃の選択肢も減らせます。 このように様々な嫌がらせをしつつ、高い火力で突破することもできるという優秀なポケモンです! まとめ マッスグマ自体から出世した「タチフサグマ」ですが、見た目通りにあくどいポケモンですね 笑 トップクラスに対応しにくいポケモンですし、害悪型が好きな方は使ってみて下さいね!.

次の