逆seo対策。 逆SEO対策って何?3つの手法とおすすめしない2つの理由

逆SEOとは?ネガティブ情報対策に効果的な「悪用禁止…|Udemy メディア

逆seo対策

の方法は、価値の高いサイトやWEBページを多く作成し、それらを検索結果の上位に次々と送り込むのが基本です。 良質なポジティブサイトによって、個人名や会社名で検索したときに表示されるネガティブなサイトの順位を下落させます。 やり方 逆SEOには様々なやり方があります。 個別のケースごとに最適な手法を慎重に考えたうえで行う必要があります。 ただ、いかなる事案においても、何らかの新しいWEBページやWEBコンテンツをつくらなければ、対策を成功させるのは困難です。 新規のWEBページ/コンテンツを作成し、それらを検索の上位表示させる必要があります。 中身が重要 逆SEO対策のためのWEBページ作成にあたって重要なカギを握るのが、その中身です。 グーグル(Google)などの検索エンジンから高く評価されるような「質の高いオリジナル・コンテンツ」が不可欠になります。 その1:WEBコンテンツ 逆SEO対策の最初のステップとして欠かせないのが、新しいWEBサイト・WEBページの作成です。 既存のサイトだけでは、誹謗中傷サイトの検索順位を大きく下げることは困難です。 逆SEOのためのサイトや新規ページの制作・構築には、独特の技術やノウハウが必要となります。 通常のWEBサイトをつくっても、中傷サイトを押し下げる効果はあまり期待できません。 当社(WEB広報)のような逆SEOの専門会社に制作・運用をお任せいただくのがベストです。 中身の質 逆SEO用のサイトやページには、優れたコンテンツが必要になります。 中身のないページやブログではSEO効果は発揮できません。 Googleなどの検索エンジンは、検索順位を決めるにあたって、コンテンツの「質」を何よりも重視しており、中身が貧弱だと、検索結果を変えられません。 文章 コンテンツの中でも特に重要なのが文章です。 中身が充実していて、かつ独自性の高い文章を配置しなければなりません。 高品質の文章で構成されたサイトなら、長期にわたって順位が安定しやすいです。 コピペはペナルティ対象 既存のサイトからコピー(コピペ)したり、中身がない低品質のコンテンツを使用したりすると、逆SEO対策そのものがスパム行為と見なされて、ペナルティの対象となり得ます。 その結果、誹謗中傷サイトの評価が相対的に高くなり、順位がかえって上昇してしまう恐れもあります。 ブログやSNSも中身が重要 通常のWEBサイトに限らず、ブログやSNSを展開してSEO対策を行う場合でも、コンテンツの質が重要です。 FacebookやTwitter(ツイッター)も、投稿する文章のクオリティによって、逆SEOの効果が大きく変わります。 どうようなコンテンツが検索エンジンに評価されやすいかは、当社のような専門会社が熟知しています。 その2:分散 逆SEOと被リンク 逆SEO対策を行う際には、良質な外部リンク(被リンク)を確保する必要があります。 ポジティブなサイトに対して、質の高いリンクを貼ることで、ポジティブサイトの順位が上がります。 それによって、結果的に誹謗中傷サイトの順位を押し下げることができます。 良質なリンクの条件 「良質なリンク」とは、以下の条件を備えたものです。 (1)リンク元のコンテンツの質が高く、かつリンク先のコンテンツの内容と関連性がある (2)リンク元のサイトが検索エンジンから高い評価を得ている (3)IPアドレスがCクラス以上で分散されている 見られて恥ずかしくないリンク 逆SEO対策用の被リンクを設置する際の大前提として、リンクの上に表示される文字(アンカーテキスト)が、対策ワードと一致してなくてはなりません。 つまり、会社名で対策を行いたいのなら、リンクは社名にかぶせる形で貼る必要があります。 注意しなければならないのは、質の悪いサイトにリンクを貼ると、それ自体が風評被害の元になる恐れがあるということです。 逆SEO対策の一環としてリンクを貼る際には、どのようなサイトにリンクを貼るのかをしっかりと見極める必要があります。 WEB広報では、品質の高いメディアサイトを多数保有しており、そこから逆SEOに最適なリンクを配置します。 その4:サイトの更新 「ドメイン」が中傷対策のカギ 法人様のインターネット上の誹謗中傷対策は、マルチドメインの運用が成功のカギを握ります。 複数の有力なドメインを上手に活用できれば、自社で検索結果の順位をコントロールしやすくなります。 とはいえ、乱暴なやり方で多数のドメインを使ったSEO(マルチドメインSEO)を行うと、Googleなどの検索エンジンからスパム行為と認定され、ペナルティが課される可能性があります。 当社のように、Googleの最新のアルゴリズムを熟知した専門会社にご依頼いただくことをおすすめします。 ドメイン1個は時代遅れ? 企業が常にレピュテーションリスクにさらされているネット時代において、ホームページ(公式サイト)のドメインが1個しかないという状況は是非とも避けたいところです。 ドメインが1個しかないと、誹謗中傷されたときに、そのサイトの上位表示を簡単に許してしまうことになります。 単独ドメインに多数のページは非効率 また、通常のSEOの観点からも、1個のドメインに数十ページ以上にわたるコンテンツを集約させるのは非効率です。 複数ドメインに分散させることで、SEO効果を高めることができます。 ドメイン分散型SEOについては、業界トップの技術を誇るWEB広報にお任せ下さい。 「有益な情報を伝える」という発想 逆SEOの目的は、ネガティブサイトの検索順位を下げることです。 ただ、実際に対策を行うにあたっては、「有益な情報の発信」という視点が必要になります。 消費者やクライアントに様々な角度から情報を伝えるのです。 役に立つ情報や知識を共有することで、結果として検索対策で有利な立場に立つことができます。 よりスピーディーにネガティブサイトの順位が下がり、企業のレピュテーション(評判)の早期改善につながります。 すなわち、逆SEOは検索エンジン対策であると同時に、企業の広報活動の手法一つということです。 悪評やネガティブな口コミのもみ消しを図るのでなく、ネガティブ情報とも正面から向き合いつつ、企業としての姿勢や活動内容を明かにしていくという発想を持つことが、成功への近道です。 WEB広報だからできる独自の対策.

次の

株式会社ニャース ~ViViVi,ViVi(ヴィヴィ)・風評リスク・風評被害対応ヴィヴィ・風評対策・SEO対策~

逆seo対策

個人情報の取扱いについて 株式会社エフエーアイ(以下、弊社)は、インターネット広告の代理業、検索エンジンマーケティング事業(SEO、リスティング広告運用等)、WEBサイトの制作及び総合コンサルティング、情報通信システムの導入に関するコンサルティング業務などを中心とした事業を通じて取得する個人情報のみならず、社員、株主などすべての個人情報を守ることが企業の社会的責任であると認識し、これを企業活動における最重要事項のひとつとして位置づけます。 また、これを確実に実践していくために以下の個人情報保護方針を定め、弊社従業者はこの方針に従い、個人情報の適切な取扱いと管理を強力に実施します。 個人情報の取得・利用・提供について 弊社は、個人情報の取得を行う際、適法かつ公正な手段によって行い、第三者提供や委託先への委託業務が予定される場合には、必要な事項を明示し、同意を得ます。 目的外利用の禁止 弊社は、個人情報の取得については、取得目的を明確に提示し、本人同意の上で取得いたします。 利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行いません。 また、利用目的の範囲を超えて個人情報の利用を行わないよう、社内の管理体制の整備及び安全管理等の措置を講じます。 コンプライアンス 弊社は、個人情報保護に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。 安全管理 弊社は、個人情報の安全を確保するための安全対策を行い、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に努めます。 また、個人情報を委託する際は、委託先と機密保持に関する契約を締結するとともに適切な監督を行います。 開示対象個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用停止・消去または第三者への提供の停止(以下開示等)のお手続きについて 弊社は、個人情報について、苦情及び相談、開示等についての要求がある場合には、個人情報保護法及び弊社の個人情報保護マネジメントシステム(JISQ15001:2006準拠)の定めに基づき適切に対応します。 苦情・相談及び開示等に関する受付の窓口を以下に示します。 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善 弊社は、個人情報保護に関する社内規程及びその運用方法の継続的改善に全社を挙げて取り組みます。 制定日:平成28年12月5日 株式会社エフエーアイ 代表取締役:疋田忠明 【個人情報の問合せ及び苦情・相談窓口】 株式会社エフエーアイ 個人情報保護管理者 疋田忠明 電話 06-6365-1610 受付時間 平日10:00~19:00 住所:大阪市北区西天満6-7-2 新日本梅新ビル7階.

次の

就活・転職時の逆SEOとネット削除

逆seo対策

こんにちは。 運営チームの兒島です。 今回紹介するテーマは、逆SEOとその対策についてです。 「逆SEO」という言葉を聞いたことがありますか? 逆SEOとは、言葉そのまま、検索結果の順位を下げるために行う行為です。 対象のWebページより高評価のページを多数作成して相対的に評価を落とす方法や、低評価のWebページに対象のWebページのリンクを貼りまくり評価を落とす方法などがあります。 もともと、あまり見られたくないWebサイトを検索結果の下位にするために始まったものですが、現在はライバル会社のWebサイトの順位を下げるために使われているとも言われます。 これは絶対に許されることではありませんが、行われている現状がある以上、対策として正しい知識を身に着ける必要があります。 今回は、逆SEOの手法と、逆SEOを受けてしまった時の対処法について解説します。 逆SEOとは何か 「逆SEO」とは、 通常のSEOの真逆で、Googleなどの検索エンジンで検索した際に、対象のWebページが検索結果の下位に表示されるように行われる施策です。 言葉そのまま、SEOの逆の施策を行うということですね。 「ネガティブSEO」や、「リバースSEO」とも呼ばれています。 そもそもSEOとは、「検索エンジン最適化」という意味であり、検索エンジンで特定のキーワードで検索した際に上位に表示されるための対策のことです。 検索順位が上昇すると、ユーザーの目に留まる可能性が高まり、自然検索からのWebサイトへの流入数が増加します。 そのため、CV数をアップさせるための対策として不可欠なのがSEOです。 逆に、ユーザーの目に留まってほしくないWebページに対しては、逆SEOを行うことで検索順位を下げることができます。 これは例えば、ある企業名で検索した際に、その企業のサービスに関する悪質なクレームや風評被害などが上位に表示されてしまう場合に、そのWebページの検索順位を下げて企業の評判が下がらないようにする、といった用途で行われてきました。 Webには事実と異なる悪質な情報が多くあふれていますので、企業の自衛手段ということができます。 しかし、その使い方の延長として、ライバル企業のWebサイトの検索順位を下げるために、逆SEOの悪用を行うものが現れました。 このように、健全に運用されているWebサイトの順位を故意に落とすことは、検索エンジンのガイドライン違反であり、ペナルティの対象になることもあります。 それだけでなく、やりすぎた逆SEOは法に触れる恐れもあるのです。 そのため、悪意で他人のWebサイトの検索順位を下げる行為は、絶対にすべきではありません。 しかし、逆SEOの被害にあう恐れはあります。 自分のWebサイトが逆SEOの被害にあった際に適切に対処できるように、逆SEOの手法や対策の知識を身に着けておく必要があります。 まず、手法について見ていきましょう。 逆SEOへの対策 健全に運営していた自分のWebページの検索順位が突然下がってしまっていたら、それは逆SEOの被害にあっているかもしれません。 その際の対策について解説していきます。 基本的に、逆SEOはリンクをコピーサイトや低品質サイトに大量に貼ることで行うのが主流です。 そのため、自分のWebサイトの被リンク一覧をチェックすることで、 逆SEOの被害にあっているかどうかをチェックして、もし被害にあっていた場合は被リンクを否認できます。 まず、Googleのサーチコンソールを開きます。 Webサイトの被リンク一覧を確認することができます。 「サイトへのリンク」を開いたら、「詳細」をクリックします。 リンクをダウンロードします。 「最新のリンクをダウンロード」をクリック。 リンク一覧は、CSVかGoogleドキュメント形式でダウンロードすることができます。 リンク一覧のうち、不適切なリンクが見つかった場合は、まず手動で削除を行います。 削除の方法としては、サイト運営者への問い合わせや削除申請を行っていくことになります。 手動でも消すことができなかったリンクは、リンク否認ツールを利用して削除することになります。 消せなかったリンクは、「. txt」形式でリストを作成します。 作成したリストは、否認ツールに送信しましょう。 否認ツールに送信したリンクのリストは、数週間程度で検索結果に反映されるようになります。 まとめ 以上、逆SEOの手法と対策について解説してきました。 逆SEOは絶対に許されない行為ですが、自分のWebサイトが被害にあう可能性はあります。 被害にあっていないかこまめにチェックし、もし被害にあっていた場合は素早い対策を行いましょう。 逆SEO対策とあわせて、SEOで成果をあげたい方が今取り組むべきなのはコンテンツマーケティングです。 良質なコンテンツが増えるとサイト全体の評価が上がり、ビッグワードでの検索順位が上昇するため、確実に流入を増やしていくことができます。 また、コンテンツから適切な誘導を行えばCVの増加にもつながります。 SEOに強い良質なコンテンツを作るためにおすすめなのが弊社のコンテンツSEO支援サービスです。 AIアナリストSEOは、CV数を獲得できるSEOコンテンツを低コストで企画・制作するサービスです。 適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、独自のノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。 資料請求は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

次の