ルビコン 川 を 渡る。 ルビコン川

ルビコン川を渡る、禁を犯したカエサルの決断

ルビコン 川 を 渡る

この記事の目次• 「ルビコン川を渡る」とはどんな意味?簡単にわかりやすく解説! 「ルビコン川を渡る」という言葉 には、「これをやったらもう後戻りができない!」という覚悟や、重大な行動を行うことを表す意味があります。 例えば、「このプロジェクトの実行は会社にとってルビコン川を渡る覚悟が必要だ」といったような使い方ですね。 ただ、ルビコン川ってどこにある川?明らかに日本の川じゃないのに、なんで日本のことわざになってるの?という疑問もあるかもしれません。 その語源となった物語を知れば、その意味もよく理解できると思いますので、参考にしてみてくださいね。 [ad co-2] 「ルビコン川を渡る」の由来は古代ローマの物語 「ルビコン川を渡る」の言葉の由来・語源 紀元前のローマ(イタリア)が舞台で、主人公のカエサル(シーザー)は辺境の蛮族が住むガリアという地に軍隊を率いて鎮圧に向かいます。 名将のカエサルは数年間をかけてついに蛮族を屈服させます。 蛮族の脅威が去ったので、カエサルは母国のローマへと凱旋することにしますが、母国のローマに入る前には、国境線であるルビコン川の地点で「軍隊を解散して、自分1人で入ってこなくてはならない」というルールがあったのです。 しかし、ローマではカエサルの政敵ポンペイウスと手を組んだ元老院が、カエサルを陥れようと陰謀をめぐらしています。 ローマに渡るには辺境との間にあるルビコン川を超えなければなりませんが、カエサルは「賽(ばくちで使うサイコロのこと)は投げられた」と言い放ち、ルールを破って武装したままでルビコン川を渡ります。 軍を引き連れてルビコンを渡ることは母国ローマへの謀反に当たるため、カエサルは死をも覚悟した重大な決意で川を渡ったということになるわけですね。 これが「ルビコン川を渡る」の語源の由来になります。 ルビコン川が現在のどの場所に当たるのかは、諸説があります。 一応、イタリアの国としての見解としては、ムッソリーニ(第二次大戦前後)の時代に、アドリア海に注ぐ旧名フィウミチーノ川がそれであるとして、ルビコン川(イタリア語でルビコーネ川)と改称しています。 しかし、ルビコン川が実際に存在していたのは紀元前の話です。 当時とは地形が変化していますから、本当のルビコン川がどこにあるのかは現在でも論争があり、結論が出ていないというのが本当のところです。 [ad co-4] 「ルビコン川を渡る」の使い方と例文・類義語 「ルビコン川を渡る」という言葉が実際にどのように使われるのか、その例文を見ていきましょう。 同じような意味の類義語もご紹介します。

次の

「ルビコン川を越える」とはどういう意味ですか?

ルビコン 川 を 渡る

逆境に直面した時、人々は歴史を変えるほど大きな決断を下し、劇的な大逆転を遂げてきた。 そんな物語47篇を収録した から、今こそ読みたい5人の決断を紹介する。 「ルビコン川を渡る」という表現は、後戻りのきかない道へと歩み出す、その決断を下すことを意味する。 「一線を越える」とか「背水の陣を敷く」などともいう。 ルビコン自体は、大した障害ではない。 アペニン山脈に水源を発して東に流れ下るイタリアの小さな川で、リミニとチェゼーナの間を通ってアドリア海に注ぐ。 渡るのは簡単で、それは紀元前49年1月10日も同じだった。 そのとき、ユリウス・カエサルは配下の一個軍団を従えてこの川の北岸に立ち、次の一手を決めあぐねているように見えた。 [画像のクリックで拡大表示] カエサルが迫られていた決断は、どうやって対岸に渡るかということには関係なかった。 すぐそばに橋が架かっていたからだ。 彼を立ち止まらせ、思案に暮れさせていたのは、この川が象徴するものだった。 ルビコン川は、当時カエサルが統治を任されていたローマの属州ガリア・キサルピナ(アルプスのこちら側のガリアの意)と、ローマおよびその周辺の直轄領から成るイタリア本土とを隔てる境界線だったのである。 将軍が軍を率いてイタリア本土に入ることは、ローマの法律で明確に禁じられていた。 その禁を、今まさにカエサルは破ろうとしているのであり、彼自身、それがどういう結果を招くか重々承知していた。 ルビコン川を渡ることは、カエサル本人はもちろん、彼につき従う者も死罪に問われることを意味していた。 従って、もし軍団を率いて川を渡るならば、かつての盟友で今や不倶戴天(ふぐたいてん)の敵となったポンペイウスが指揮を執る軍勢を打ち破ってローマを掌握するしかなかった。 それができなければ、刑死は免れない。 自らの決断の重さにしばらく思いを巡らしてから、カエサルはルビコン川を渡る。 ローマ内戦の火蓋が切って落とされた。

次の

「ルビコン川を越える」とはどういう意味ですか?

ルビコン 川 を 渡る

古代ローマの大英雄、ユリウス・カエサルの故事に由来する言葉です。 あなたの言うように、ルビコンとは、川のことで、それが、ローマ本国と、属州との国境線でした。 「賽(サイ)は投げられた」と共に、「ルビコン川を渡る」は、後戻りできない決定的状況に至る、というような意味です。 賽は投げられた、とは、「サイコロがふられ、ゲームが始まった」というような意味。 カエサルの故事の解説をしましょう。 当時のローマでは、属州の総督を務めた者は、軍隊を従えたままで、国境を越え、ローマに戻ることは許されませんでした。 属州総督は、国境線の手前で軍隊を解散し、入国しなければ、すなわち、「謀反の疑いあり」とされ、処罰されたのです。 ガリアの総督を務めたカエサル(シーザー)も、本来ならば、国境線たるルビコン川を、軍隊を従えずに渡らなければなりませんでした。 しかし、武力を失った丸腰の状態で帰国すれば、元老院の政敵に陥れられ、失脚することは目に見えていました。 そうなれば、カエサルは、己の理想とする国家建設は不可能になります。 カエサルを嫌う政敵たちは、あれこれと理由をつけて、カエサルを失脚させようと躍起でした。 そして、「カエサルは、反乱を企てている」というデマを流し始めます。 カエサルは、己の地位の保全を目論む一方で、なんとか内乱だけは避けようと、元老院に手紙を送り続け、妥協案を探ろうとしていました。 しかし、カエサル憎し!の元老院は、一方的に要求を突き付けるばかりで、交渉のテーブルに着こうとしません。 そして、ついに元老院は、カエサルに謀叛の疑いあり、というデマを根拠とし、一方的に、カエサルを「国賊」と認定します。 それは、法に乗っ取らずに、カエサルを処刑できる、という最終手段。 ここにきて、カエサルは、ついに決断します。 己の理想と野望を実現するため、ルビコン川を、軍隊を従えて渡る決意をし、川の手前で、部隊に対し、演説しています。 「ここを渡れば、人間世界の悲劇(つまり内乱の発生)、渡らなければ我が身の破滅、行こう!宿敵の待つローマへ!賽は投げられた!!」と。 そこで、国家への反逆者となってでも、軍隊を従えてルビコン川を渡ったのです。 元老院は、カエサルが国賊となってまでも反抗してくるとは思ってもいなかったようで、カエサル、ルビコンを渡る!の報を受けると、大混乱に陥ります。 デマを根拠に一方的に彼を陥れようとしながら、反撃されることは考えていない、という、なんともお粗末な彼らは、ローマを開け渡し、ギリシャまで落ち延びています。 その後、カエサルは、各地を転戦し、ギリシャで宿敵ポンペイウスを倒し、残党を討ち、ローマ統一を成し遂げます。 ルビコン川を渡る、という行為は、一世一代の大勝負を仕掛けた、ということ。 その際、部下に対し行った演説の一説が、「賽は投げられた」です。 サイコロはふられ、ゲームが始まった以上、後戻りはできない、ということ。 ですので、「賽は投げられた」、「ルビコン川を渡る」の二つの言葉は、同じように使われる場合がありますね。 カエサルについては、こちらを。 一読の価値あり、と思いますよ。

次の