懸賞 はがき コツ。 懸賞が当たるコツはハガキの書き方とデコ!当選しやすいハガキの特徴を徹底解説!

「当てる側」が教える!懸賞応募で選ばれるハガキを書くコツとは?

懸賞 はがき コツ

最近、私が懸賞に当たるせいか、懸賞関係のワードで検索してこのブログにたどり着く方が多いようだ。 確かに10月以降、応募した懸賞はがきは8枚くらいあって、当選したのは3枚。 うち2枚くらいはまだ締め切りが到達していないので!実質6枚中3枚が当たったことになると思う。 なぜ私は懸賞に強いのか? 理由は簡単だ。 随分前だけど、懸賞はがきを取りまとめる仕事をしていたことがあるから。 10年以上、延べ3万通を超えるはがきを読んできたのだ。 いわゆるクローズド懸賞といわれるもので、1回当たり募集期間が1か月くらい、媒体は3つ、多いときで1千通超えほど、少ないときで20通くらい。 エリア限定の新聞折込で1回に30万枚くらいのチラシを入れて、応募は500通から1千通から少し多いくらいで、当選者は30人くらい。 会員誌なら1回に2万冊くらい発行して、応募は800通くらいで当選者は30人くらい。 いずれも懸賞内容は図書カード千円分とか。 お得意様会員誌なら1回に8千冊くらい発行して、応募は多くても50通くらいで当選者は10人くらい。 これで見ると、お得意様会員誌の懸賞が一番当たる率が良かったりする。 懸賞に当たるコツはひとえにその内容でしかない。 私のつたない経験上ではあるが、はがきを選ぶ側にいた人間としてはがきの鉄則がある。 1.指定された応募内容は、はがきに全部書く。 20~33通に1通はこんなケアレスミスで選外。 2.字は楷書で書く。 字が読めなければ、それは名無しと同じ。 字が上手すぎて草書だと募集側が読めないので選外。 殴り書きの字も、募集側が読めなければアウト。 3.整理しにくいはがきにゲンナリ。 だからよく「自家製はがき」「はがきの端を一ミリ小さく切る」「凹凸があるシールを貼る」「はがきを折る」が当たると言うのは都市伝説。 整理しやすい方がいいに決まってる。 とくに私のやっていた業務では個人情報保護法に基づく管理が必要だったので、当選後すべての応募はがきを半年間保管。 保管に手間取るようなはがきは扱いに困った。 私が担当していた時、生鮮物が入っていたダンボール紙を切り抜いて作ったはがきが送られてきたが、臭いしシミで汚れているし、他のはがきにまで汚れ 臭いが移るし、ウンザリした。 4.担当者は1人千通くらいのはがきのコメントなら全部読めるし、コメント集計する。 逆にコメントを書く欄がない専用懸賞はがきなら応募すらしない。 なぜなら、消費者のコメントを必要としない企業なら、何のための懸賞なのか?と怖くなるから。 5.コメントこそ命! コメントに嘘を書く必要はない。 建設的な意見感想だけでいい。 結局、懸賞募集をする目的は、企業が消費者の反応を知りたいし、あわよくば口コミで有益情報として流れれば良いのだ。 6.締め切りギリギリに送るな! 応募数は日毎に集計するとバスタブ曲線を描く。 正直、あまり締め切りギリギリに送られて来てもありがたくない。 元々いいコメントならどんな時期に送っても印象に残る。 7.懸賞玄人は当てない。 千通ごときのはがき集計なんて1人で余裕でできる。 私が担当していた規模の懸賞では、懸賞玄人からの応募は半数くらいあった。 すると思うんだ…なにも我が社で当てなくても、他の懸賞にも当たっているんでしょ?って。 私は上記のことを守って応募はがきを書いているだけ。 あとは要らないモノまで懸賞に応募しないことがコツかもしれない。 ちなみにコメント集計では、コメントの他に居住地区、性別 名前と文字から判断 、年齢層 私が集計していたときは記入を求めていた の見える化もしていた。

次の

懸賞 現金 コツ|はがき懸賞生活のやり方とは? インターネット応募

懸賞 はがき コツ

懸賞には、1ヶ月にハガキで30枚前後、ネットで20~30件ほど応募しています。 これまでに当選した一番自慢できる商品は高級フルーツの詰め合わせです。 金額にすると、2~3万ほどだと思います。 懸賞に当たるコツとして言えることは、「主催者側の欲しいコメントを添えられるか?」です。 もちろん、嘘やお世辞はいけません。 本音を聞きたいはずなので、その辺を意識したコメントを添えて応募すれば、当たる確率は上がると思います。 また、ライバルの少ない懸賞に応募すると当たりやすいです。 特に、狙い目はスポーツ新聞などに掲載されている懸賞です。 スポーツ新聞の読者は年代が高く、男性が多いです。 懸賞に応募するのは女性が多いので、ライバルは多くありません。 逆におすすめしない懸賞は、誰でも気軽に応募できるものです。 簡単な分、ライバルも多いです。 私が懸賞に応募する頻度は、1ヶ月に平均4回程度で、多い時には15回は応募します。 なかなか当たりませんが、過去に高級ランジェリーやフットマッサージ機があたりました。 私の懸賞が当たるコツは以下の4つです。 ハガキの文字は出来るだけ大きく書く• マスキングテープや目立つ色を使う• 丁寧に書く• 日にちを分けてポストに投函する 特に、地元や近隣の小規模な懸賞ほど当たりやすいと思います。 また、意気込んで懸賞をするよりも、「何となく応募してみよう」くらいの気持ちで応募すると、忘れた頃に商品が届いた時にかなりテンションが上がります。 大規模な全国区でしているもの程、応募数が多くかなか当たりません。 特に1名様や2名様と少人数の物は、一度も当たった試しがありません。 本当に当たっている人がいるの?と思うくらいです。 1ヶ月にだいたい20回くらい応募してます。 多い時で50回くらいです。 これまでに1番大きいのは10万円分の商品券です。 それは、当選者1名だったと思います。 懸賞の当たるポイントの一つは当選人数です。 当選者が一万人以上だとほぼ当たります。 5000人くらいでもかなりの確率で当たります。 なので、私は必ず当選人数を確認してから応募することにしています。 当選人数が少ない懸賞は当たりにくいのは当然ですが、特に、高額商品は当選人数が少ない上、応募者が多いので当たりません。 たまに当たればラッキーくらいですが、懸賞は運も大きいので、とにかく当選人数が多い懸賞にコツコツと応募していれば、毎日景品が届く日々も夢ではありません。 4.応募期間が短い懸賞に応募する 懸賞は、1ヶ月に葉書5枚と決めております。 これまで当てた懸賞は色々な商品がありましたが、一番嬉しく自慢出来るのは電動自転車です。 ほしいと思っていたので、周囲にも自慢しました。 おすすめの懸賞があたるコツは、応募期間が短く皆に知れ渡る確率が少ないものです。 私の場合、テレビやラジオのCMで流れるような大掛かりな懸賞はあまり応募しません。 日常的に使う商品ならしても損はしないので、思いきって大量に購入し、条件をクリアして応募します。 お勧めできない懸賞は、人気のテーマパークの入場券ペアセットなどです。 人気ということは応募率が上がるため、当選率が下がるわけです。 私はコスメやベビー用品、家庭用品など、1ヶ月に10~20回ほど応募しています。 コスメやベビー用品は、大量当選が多いため当たりやすいからです。 化粧水や乳液、新製品のマスカラなど今まで数多く当てています。 懸賞に当たるコツは、やはり沢山応募することです。 欲しいブランドや商品を狙って応募し続けます。 また、当選すると企業側から商品の感想を求められるため、ちゃんと商品を使用し、丁寧なフィードバックを行うと、次の懸賞も当たりやすくなります。 当たりにくいと思う懸賞は、当選数が限られている食品系の懸賞です。 また、最近は商品を買わないと応募できないものが多いです。 懸賞に当選するためのポイント 懸賞好きの皆さんは、懸賞に当たるためにさまざまな工夫をしていることが分かりました。 次のよう点には、特に注意が必要なようです。

次の

週刊少年ジャンプの懸賞に当たるコツ

懸賞 はがき コツ

「懸賞に応募するからには、当選したい!」という人は、まず、懸賞の種類を知り、当選確率が上がるはがきの書き方など、コツを把握することが大切です。 見逃せない話題の懸賞や当たりやすい懸賞を紹介するので、挑戦して賞品を手に入れましょう。 知っておきたい懸賞の種類 まず、懸賞に当選するためには、懸賞の種類と特徴を理解することが大切です。 普段、私達が目にする懸賞は、『オープン懸賞』と『クローズド懸賞』の2種類に分かれます。 それぞれの特徴や違いを紹介します。 誰でも応募できる オープン懸賞 『オープン懸賞』の大きな特徴は、誰でも自由に応募が可能な点です。 サービスの利用や商品の購入などの応募条件がない懸賞を指します。 「アンケートに答えて賞品をもらおう!」というような広告を目にしたことがある人もいるでしょう。 オープン懸賞は、主に企業が新商品の販売キャンペーンとして、アンケートやクイズに答えると抽選で賞品を提供するという形で実施されることが多いです。 どちらかというとサービスの利用や商品の購入促進のためというよりも、より多くの人に商品やサービスを認知してもらうために活用されています。 対象者のみが応募できる クローズド懸賞 『クローズド懸賞』は、オープン懸賞とは逆に、サービスの利用や商品の購入など応募条件が設定されています。 誰もが自由に応募できるわけではなく、応募条件を満たす人のみ応募できるのが特徴です。 主にサービスの継続利用や商品の販売促進、集客に活用されています。 この中でも、パッケージに付いているシールやマークを集めて応募するタイプは『一般懸賞』、商店街のお祭りなどでの福引やくじ引きは『共同懸賞』と分けられています。 懸賞の当選確率を上げるには? 懸賞は、ただやみくもに応募するよりも、『当たりやすいポイント』を意識して応募することで、当選確率がぐんと上がります。 どのような点に着目すればよいのかを紹介します。 ネットよりはがき懸賞が当たりやすい インターネットの普及により、近年はネットとはがきの両方で応募が可能なスタイルが主流です。 どちらでも応募可能な場合は、当選確率を上げるために、あえて『はがきで応募すること』がポイントです。 これは、はがきでの応募に比べてネットでの応募は手間がかからず簡単なため、ネットでの応募者が圧倒的に多いためです。 中にはネットでの応募者数が、はがきでの応募者数の何十倍という懸賞もあります。 例えば、はがきとネットの応募者それぞれから当選者が5名選ばれる場合、はがきでの応募者のほうが確実に有利になります。 また、「わざわざ手間や時間をかけて応募してくれている」ということで、当選者数の割合をネット応募よりも多く設定している場合もあります。 男性向け雑誌は狙い目 『どんな懸賞に応募するか』も当選確率を上げる大切なポイントです。 中でも、男性向けの週刊誌・漫画・ファッション誌・グラビア誌などが狙い目です。 一般的に男性は、女性に比べてマメではありません。 そのため、懸賞に応募する人が比較的少ないのが理由です。 また、男性向けの雑誌の賞品は、人気の家電や世界的に有名な高級ブランド品など、豪華なことが多いのもポイントです。 購読している男性誌があれば、懸賞情報が記載されているかを確認してみましょう。 はがきの書き方のコツ 「何度も懸賞に応募しても、一度も当たったことがない」という人もいれば、「たった1回懸賞に応募しただけで、豪華賞品を当てた」という人もいます。 懸賞に当たりやすい人と当たりにくい人がいる理由の一つは『はがきの書き方のコツを把握しているか』です。 特に応募はがきのコメントを読んで当選者を決める懸賞では、当選しやすいはがきの書き方が大切なポイントになります。 誰もが読める文字で丁寧に書こう はがきでの応募は、当選者を選ぶ担当者が『読める』ことが大前提です。 仮に抽選で当たったとしても、名前や住所が判読できないものは、賞品を間違って発送してしまう恐れがあるため、除外されてしまう可能性が高くなります。 当然のことながら、名前や住所など必須事項が抜けているのも対象外です。 また、自社製品のPRなどでの懸賞は「この人に使ってほしい」と思ってもらえるかが当選するカギになります。 字が汚いとどうしても雑な印象を与えてしまい、マイナス要素になりかねません。 字が下手だとしても、時間をかけて丁寧に書くことで印象はガラッと変わります。 企業が求める意見を書いてアピール 懸賞は、企業が自社製品をより多くの人に知ってもらうためのPR目的で実施しています。 企業にとって消費者の生の声は重要であるため、懸賞の賞品についてのコメントを求める場合も少なくありません。 近年は、インターネットの普及により、誰でも簡単にSNSで情報を発信できるようになりました。 企業側も消費者の意見により敏感な傾向があります。 そのため、仮に商品についてのコメントを求められていなくても、商品についての意見を記載すると好印象につながります。 どういう点がよいか、どう改善してほしいかなど、試した感想を記載するとよいでしょう。 デコレーションは適度に 応募者の中には、担当者の目につきやすいように、応募はがきを縁取りしたり、シールなどでデコレーションしたりする人もいます。 これは、確かに当選確率を上げる効果的な方法の一つですが、あくまでも有効なのは『適度なデコレーション』です。 デコレーションしすぎると、全体のバランスが崩れ、目立つどころか大切な情報が読みづらくなってしまいます。 特に、文字の周りをデコレーションしすぎてしまうと、文字がはっきり見えず読みづらくなるので要注意です。 過度になりすぎないように心掛けましょう。 御中を付けるなどはがきマナーに注意 雑誌などに付いてくる懸賞の応募はがきには、あらかじめ宛先が記載されていることがほとんどです。 一般的に『懸賞係』や『プレゼント係』と記載されていることが多いですが、『御中』を追記して応募するのが基本的なマナーです。 『懸賞係行』と記載されている場合は、『行』に二重線を引いてから、『御中』を追記しましょう。 なお、二重線は平行になるように定規を使用して引くと、見た目もよく丁寧な印象になります。 見逃せない 豪華賞品が当たる懸賞 数えきれないほどの懸賞がありますが、中でも豪華賞品が当たることで人気の懸賞を紹介します。 当選する確率を上げるコツやマナーを意識して応募してみましょう。 川柳を披露して現金をゲット 日本チェーンストア協会が実施している『チェーンストアお買い物川柳』は、現金が当たることで人気の懸賞です。 多くの有名な大企業がスポンサーに付いており、金賞は10名に10万円など、賞品が豪華なことでも知られています。 また、チェーンストアでの楽しかったことやうれしかったこと・思い出・エピソードといった身近なテーマを使った川柳である点も年齢問わず人気の理由です。 図書カードが賞品の小学生の部も設定されているので、親子で応募してみるのもよいでしょう。 JA柳川はクイズを楽しみながら応募できる JA柳川は、農業や食を通して地域の活性化を目指し、多くの農産物や加工品の販売促進を行っている組合です。 JA柳川では、毎月クロスワード形式のクイズに回答することで、抽選で5名に農作物加工品が当たる懸賞を実施しています。 年齢・性別問わず、家族や恋人とクイズの答えをあれこれ考えながら楽しめるのが人気の理由です。 JA柳川の農作物加工品は、こだわりの食材を用いたマヨネーズやお味噌などの調味料など、もらってうれしいものばかりなのもポイントです。 百貨店や新聞社が開催する懸賞も必見 百貨店や新聞社でも定期的に豪華賞品が当たる懸賞を実施しています。 賞品は、海外旅行の往復航空券や有名レストランの食事券、話題映画の特別試写会の招待券、歴史ある旅館の宿泊券など多種多様です。 中には、往復はがきで応募すれば、たとえ落選しても優待券などがもらえるケースもあります。 しっかり応募内容を確認しましょう。 また、クリスマスや年末年始など、大きなイベントに合わせた懸賞は、通常以上に贅沢な賞品である場合も少なくありません。 こまめにチェックするのがおすすめです。 公募ガイドでは過去に車のプレゼントも ジャンル別に公募情報が幅広く紹介されている月刊誌『公募ガイド』では、さまざまな懸賞情報が入手可能です。 過去には、クイズに答えると新車が当たる懸賞も紹介されていました。 「懸賞情報を探す時間がない」「もっと懸賞情報がほしい」という人は、公募ガイドにも目を通すと、有益な情報を簡単に得られます。 写真や料理など自分のスキルを生かした豪華賞品がもらえるコンテストの情報も多数記載されているので、チャレンジしてみるのもおすすめです。 当たりやすいと噂のクローズド懸賞に挑戦 クローズド懸賞は応募条件があるため、オープン懸賞よりも当選確率が高まります。 当たりやすいと噂の懸賞に応募してみましょう。 森永製菓などお菓子メーカーは当選人数多め 懸賞に応募する際は、抽選で何名に当たるかによって、当選する確率も変わってきます。 お菓子メーカーの懸賞は、毎月900名に当たるなど当選者数が多めに設定されているケースが多くあります。 そのため、比較的当たりやすいのがメリットです。 お菓子を食べるときは、懸賞付きのお菓子のこともあるので、食べながら包装をチェックしてみましょう。 お菓子メーカーの懸賞は、はがき1枚で3口まで応募可能であったり、1人何口でも応募可能であったりすることも珍しくありません。 ディズニーチケットは公式スポンサーの懸賞で 幅広い年齢層に人気のディズニーチケットは、懸賞で当てることが可能です。 UCCやキッコーマンなど、東京ディズニーリゾートの公式スポンサーのサイトでは、ディズニーチケットが当たる懸賞を実施しています。 東京ディズニーリゾートの公式ホームページでは、公式スポンサーの一覧も記載されているので、各スポンサー企業の公式ホームページを定期的にチェックするのがおすすめです。 クローズド懸賞のため、応募には商品の購入が必須ですが、総計で1000~2000名など当選者数も多いので、挑戦してみましょう。 文/編集部.

次の