オセロ 必勝法。 初心者脱却!オセロ必勝法&戦略を知ろう!解説まとめ

オセロ必勝法入門 ~知っておきたい7つの常識~

オセロ 必勝法

オセロゲームについて教えてください。 マスの数が8X8=64で最初から4つ並んでいるから、最大でも60手目には1局勝負つくこととなり、駒の動きも白か黒かで比較的簡単なのでコンピューターで解析しやすそうな気がします。 将棋でさえコンピューターで指せるのだから、オセロなら簡単に必勝法が見つかる気がします。 しかし、私が知らないだけかもしれませんが、オセロの必勝法というのを聞いたことありません。 そもそもそんなのが見つかったらオセロする人いなくなってしまうと思うのですが、いまだにオセロという遊びがあるということは必勝法というのはないのでしょうか? それとも、もうわかっているのだけど、ゲームが廃れてしまうから、あまり書き立てないだけ? 必勝法というのがあるなら知りたいです。 教えてください そうなんですよ。 きっと、必勝法があるとしたら、それは後手番になると必ず勝てるみたいなものになると思います。 つまり、ゲームそのものは関係なく、最初の手番が先手か後手かだけできまるだけのゲームにならない駒並べになるだけってパターンかなと。 そんなのだったらだれもオセロしなくなってしまうでしょう? だから、必勝法があってもだれも書き立てない^^ その証拠に コンピュータ将棋や囲碁、チェスというのは流行ってますが、オセロをコンピューターでという話を聞いたことないでしょう? もう結果はわかりきっていて、間違いない正解手を打ち続ければ、きっと後手が必ず勝つのが分かっているのではないかなと…だから今更、オセロをAIでやらせようとはしない。 ただ、それを公表したら、ゲームが廃れてしまうので紳士協定で黙っているとか?? そこで質問してみました オセロは連珠の様な「必勝法」はまだ判明してないですね。 確かに将棋などに比べれば選択肢数はずっと少ないですが、それでも現在のコンピュータの能力では想像できないような計算が必要なようです。 桁数が遥かに上がります。 オセロはAIが現在の様に発達する20年も前の1997年に、コンピュータープログラムにより世界チャンピオンが6-0で敗北しています。 しかしプログラムやAIにより人間に圧勝できるレベルになる事と、必勝法が判明するのではまるで次元が違います。 将棋や囲碁でも人間に勝てるAIは出来ましたが必勝法についてはまるで見当がついていません。 将棋よりはるかに選択肢の少ないチェスでも同様です。 オセロはチェスよりは簡単なようですが、両者の選択肢数は極端に違うわけではないようです。 必勝法が分かって、特に秘匿する必要などはないでしょう。 たとえば連珠の必勝法はずっと昔に分かってますが、判明してる手筋についてはそれを禁じ手として対局が行われています。 普通の人では必勝法を使いこなせないので特に禁じ手にしなくてもゲームを楽しめますが。 オセロの必勝法が分かっても人間が全て記憶して使いこなせるレベルではないのでゲーム自体は成り立つでしょう。 一定の手筋を禁じ手にする方法もあります。 オセロはその気になれば必勝法に近づく事が出来るかもしれませんが、大きなコストをかけて行う魅力は無いんじゃないでしょうか。 将棋や囲碁のAI開発はコンピュータの技術開発やその能力誇示の為行われています。 もっとマイナーで簡単なゲームのオセロにそんな利益は無いと思います。 世界的に人気のあるチェスなら必勝法の計算もまだやりがいがあると思いますが、それでもコストパフォーマンスを考えると投資する企業や個人がいるでしょうか。 もっと難しい将棋や囲碁ではさらに桁違いの計算が必要になり、今のところ現実的な課題とはならないでしょう。

次の

オセロが劇的に好きになる!自分だけの必勝法を作れ!!

オセロ 必勝法

オセロ・リバーシ必勝法・戦略まとめ ひっくり返してやりましょう。 ちなみにオセロとリバーシは、最初の4つの石の並び方などに差があります。 オセロの方がよりシンプルです。 以下は基本的にはオセロの話で、リバーシにも使えるよ、という感じです。 目指そう!物知り博士 オセロに特化したサイトというわけでもないのですが、かなり詳しくオセロ必勝法が開設されているサイト。 まず、オセロの基本用語解説があり、次に、初心者が犯しがちなミスについて書かれています。 小学生の頃はそれすら知らず、とにかく序盤から大量下剋上を狙ってましたね。 この流れで後半はどんどんレベルの高い戦略や用語が紹介されていきます。 こんな用語が出てきます。 確定石(四隅などの絶対にひっくり返されない石のこと)• 奇数理論• ストナーズトラップ(ストナーとは、隅と引き換えにもう一個の隅を取りにいく事) 謎ですね。 ちなみにもあるので、ぜひこのサイトで訓練し初心者から脱却しましょう。 体系的に学ぶならこのサイトで決まりでしょう。 元世界チャンピオンが教える!超戦略的オセロ必勝法 そもそもオセロの世界大会があるのか、というのがちょいと驚きですが、大抵のゲームやら競技って世界大会あるもんな。 物知り博士のサイトが体系的だったのに対し、こちらでは一つの記事内で全部解説しているので、とりあえず一通りをすぐに知りたい人にお勧めです。 例によって、謎の理論が登場します。 開放度理論• 偶数理論 奇数理論だけでなく偶数理論もあるわけです。 開放度とはなにか… 「開放度理論」とは、 開放度の低い石を返す手=好手と考える理論 です。 ちなみに開放度とは、返そうとしている石に隣接する空きマスの数のことをいいます。 開放度が低い石=「他の石に囲まれている内側の石」を指します。 こういうことです。 では奇数理論・偶数理論ってなによ、という話ですが、それはこういうことです。 偶数空きには相手から打ってもらうという考え方が偶数理論。 ~中略~ 偶数理論は主に白の終盤技です。 なぜなら、オセロは黒から先に、全部で60手打つので、 途中パスがない限り60手目は白が打つことになります。 では黒にはこのような技はないのか? と言うことですが、あります。 (または逆偶数理論と言います) 出典: 違うサイトからの引用ですが、こういうことなのです。 ほか、オセロは集中力を切らさないことが大事です。 最後の二手でも、逆転することがある オセロは逆転のゲーム。 最後の二手で形勢がひっくり返ることもあります。 これは、一手で縦・横・斜めの複数の方向に最大6マスずつ、合計最大で18もの石が返るためです。 最終二手でそこまで大量の石が返ることは少ないとはいえ、将棋や囲碁などの他のゲームと比較して、オセロは最終盤での逆転が非常に多いゲームです。 まさに下克上! オセロで勝つ6のコツと意識するべきこと3つ。 絶対勝ちたい人必見! こちらもまたブログ記事タイプ。 ブログっぽいタイトルですよね。 紹介されている5つのコツをまとめると、こうです。 ちょっと強くなりたいな~くらいの人にはドンピシャな記事です。 ちなみに中割とは 中割りとは、穴を掘るように打つことです。 周りからではなく、中から攻めるほうがオセロは反撃されにくいのです。 中割りで終盤ひっくりかえすことが可能になります。 こういうことです。 なるべく自分の石を内側に埋もれさせると、ひっくり返されにくいし、外から敵の石をひっくり返しやすいということです。 オセロの必勝法 最後にまた体系だったサイトを紹介。 こちらは、この記事の途中でも偶数理論の説明の際に地味に紹介していますが、 オセロのすべてを学べるようなサイトです。 初級者になる方法~上級者になる方法までずらーっと解説されてます。 ちなみに、初級者になる方法だけでも、 中割り• 初心者レベルの中割りを更に磨く• 悪い中割り(むき出し型)• むき出しでも良い中割り• 大量取りの中割り• 2方向返しの中割り• 相手に中割りされてはいけない。 中割り数値化する(開放度理論)• 物量がすごい! ボリューム充実し過ぎ。 このサイトでも練習問題があるので、そうとう本気で学ぶ人はこのサイトがいいでしょう。 物知り博士のサイト以上にかなり濃いです。 ひとこと オセロはできてから一度もルール改変が行われていない、完璧なゲームだそうです。 そのシンプルさゆえ、多くの人がハマり、なおかつ戦略も覚えてもマスターへの道は果てしないんでしょうね。 気軽にやっても本気でやっても楽しい、最強のボードゲームがオセロといえるでしょう。 将棋は本気でやるほうが面白い気がしますが、オセロはそうでもなさそうです。 ま、友達と遊ぶなら強くなり過ぎないほうがいいかも知れませんがね! ーおせろー じゃなくて、 ーおわりー こんな記事も この度、映画制作が夢の管理人が 超大作SFムービーを制作しました! 自主制作SF映画 『リアル自宅警備員』、にて好評配信中。 気に入ったら拡散・チャンネル登録いただけると励みになります。 皆様の1登録ごとに裏でめっちゃ喜んでます。 270件のビュー 渋谷にある台湾料理屋。 意外と有名なお店。 228件のビュー 店舗外観 銀だこハイボール酒場。 銀だこが始めた、立ち飲み居酒屋的なやつ。 ただ、ここは椅子もあ... 211件のビュー この記事を書いてる時点で人気の店なので、並ぶ可能性もある。 私は並んだ。 一人で行くにはそんなにお勧めでは... 186件のビュー 店舗外観(入口) 地下2階にあるのだが、地下2階まで降りると、このように奥に「パンチョ」の文字が見え... 180件のビュー つけ麺の名店。 人気が高く、私も実際にうまいと思うのだが、そんなに好みじゃない人もちょいちょい見かける。

次の

オセロゲームについて教えてください。

オセロ 必勝法

本記事は、2014年9月の取材情報をもとに執筆されたものです。 以下、基本ルールです。 石の初期配置は黒が右上(下図参照)• 黒が先手• 相手の石を挟めるところに打てる• 相手の石を挟んだところは縦・横・斜め全ての石を返す• 全てのマスが埋まった時に、持ち石が多いプレイヤーが勝利(合計で33枚以上取ると勝ち) オセロ盤のマスの呼び名 オセロ盤には、勝つために意識しておきたいマス目がいくつかあります。 以下、各マス目について記号などを使ってわかりやすく解説したものです。 C:星マークの隣のマス• A:Cの隣のマス• X(エックス):星マークの斜め隣のマス• 辺:星マークマスを除いた最も外側のマス オセロで最も重要なマス=星マーク オセロで最も重要と言われるマスが「星マーク」です。 ここに置かれた石は 「確定石(かくていせき)」と呼ばれます。 確定石とは、絶対に返されることのない石です。 逆に、相手に返される可能性がある石を 「浮動石(ふどうせき)」といいます。 オセロでは相手に確定石となる星マークを打たれると非常に不利になり、自分が確定石を取ることができれば有利にゲームを進めることができます。 X(エックス)は危険!とりあえず打たない Xは星マークの斜め隣にあります。 ここに打ってしまうと相手にほぼ確実に星マークをとられてしまい、敗北への一歩を踏み出すことになりかねません。 Xを有効な一手とするのは困難なので、初心者のうちはできるかぎり避けましょう。 序盤:勝つための戦い方ポイント ではさっそく、オセロで勝つための序盤の戦い方をみてみましょう。 ポイント1:終盤までは「石をたくさん返さない」が基本 ゲームに慣れていない人ほど石をたくさん返そうとしてしまいがちです。 しかし、これは結果的にあまりよくありません。 石をたくさん返すと以下のような流れで自分を敗北へと追い込んでしまうことがあるからです。 以下、すべての黒石=自分、白石=相手とします。 「開放度理論」とは、 開放度の低い石を返す手=好手と考える理論です。 ちなみに開放度とは、返そうとしている石に隣接する空きマスの数のことをいいます。 開放度が低い石=「他の石に囲まれている内側の石」を指します。 序盤は開放度理論を用いて自分の最善手を考えましょう。 たとえば、上の図は黒番(自分の手番)です。 「ア」の石を返す手と「イ」の石を返す手の、どちらが良い手でしょうか? 「ア」の白石は接している空きマスが4つなので、開放度は「4」になります。 対して「イ」の白は接している空きマスが1つなので開放度は「1」。 そのため、正解は開放度のより低い「イ」の白を返す手が良い手となります。 このように、選択肢のなかで開放度の低い石を探して好手を見つけましょう。 返す石が複数ある場合は、それら複数の石が隣接する空きマスの数=開放度になります。 ポイント3:開放度理論で相手の好手を防ごう 開放度理論は、攻めるだけでなく守るための考え方としても重宝できます。 やり方は、まず相手が返せる開放度の低い石(=自分の石)をすべてチェックします。 そして、相手が狙うであろう好手を予測して防ぎます。 上の図では、白(=相手)にとっての好手は開放度「1」の黒を取る「ア」マスに打つことです。 そこで黒(=自分)は、白に「ア」を打たれないように黒1に打ちます。 黒1に返される白は開放度「1」の好手であり、相手の「ア」の好手を消す一石二鳥の絶好手です。 序盤であれば石の数も少ないので、開放度のチェックは簡単にできます。 なるべく序盤から細かくチェックし、相手の好手を防ぎましょう。 序盤のまとめ• 終盤までは「石をたくさん返さない」を基本とする• 開放度理論を用いて好手を探す• 開放度理論は、相手の好手を防ぐ考え方としても有効 中盤:勝つための戦い方ポイント オセロでは21〜40手が中盤となります。 オセロ盤をパッと見たとき、白黒合わせて半分前後の石が打たれている状態がいわゆる中盤です。 基本的に、中盤ではできるかぎりリスクの低い戦い方をすることが大切です。 ポイント1:星マークを取られないように気をつける 初心者が1番気をつけたいことは、不用意に星マークを取られないようにすることです。 上の図では、黒(=自分)はオセロ盤右下の黒1に打ちました。 すると白(=相手)は白2に打つでしょう。 こうなってしまうと、相手に星マークを取られていまいます。 初心者のうちは星マークの隣マスに位置する「C」にはなるべく打たないようにしましょう。 もし「C」に打つ場合は星マークを取られないように細心の注意を払う必要があります。 ポイント2:辺を打つ時は中辺を少なめに返そう 中盤で自分の石を辺に打つ場合、図で示されている「中辺」にある石をできるかぎり少なく返しましょう。 中辺とは一番外側の辺から一つ内側のマスのことです。 上の図では下辺に4マスある中辺の白(=相手)のうち、黒(=自分)は黒1に打つと1マスのみ中辺の白を返します。 中辺の石を少なく返す目的は、自分が打てる手(選択肢)を多く残しておくためです。 オセロはパスができないので、打てるマスが1、2箇所しかなくなると安全な手が残らなくなります。 辺に打つとだいたい中辺の石も返すことになるということを覚えておきましょう。 ポイント3:壁は作らないように気をつけよう 壁とは、空きマスに隣り合っている石が白黒どちらかの色になって相手の石を取り囲んでいる状態のことを言います。 相手の石を最低1つはひっくり返すというオセロのルール上、自分の壁ができるとその壁付近に打つことができません。 自分が壁を作れば作るほど打てる場所の選択肢が少なくなり、不利になってしまうのです。 実例を見てみましょう。 上の図で黒(=自分)は大きな壁を作っています。 ここで白(=相手)が右上「C」に打つと、黒は「X」に打たざるを得なくなります。 そうすると、白石に星マークを与えることになるのです。 このように、他に打てるマスがないと相手の思うツボになったり、リスクの高いマスに打つことになってしまいます。 逆に相手が壁を作っている場合、リスクの高いマスに打たせることもできるので自分が優勢になります。 ポイント4:ウイングを攻めよう これまで中盤の戦い方では「気をつけるべきポイント」をおもに紹介してきましたが、攻めるポイントもあります。 そこでチェックしてもらいたいのが、図のようにウイングと呼ばれる形になっているかどうかです。 ウイングとはその名のとおり、オセロの置き石が翼のような形になっている状態のことです。 上記の図の場合、右辺に白のウイングができています。 白(=相手)がオセロ盤右上の星マークマスに打った場合、黒(=自分)は戦況が不利になると思われがちですが、ここで黒は右上星マーク下の黒1に打ちます。 すると、右下の星マークを取ることができます。 これで右辺の大部分と片方の星マークを確定石にできました。 おかげで状況は大いに有利になりました。 STEP1:相手のウイングを見つける• STEP2:ウイングがあれば、相手に星マークを取らせるような手(普通は悪手)も有効になる• STEP3:もし相手が星マークを取ってくれたら、すかさずウイングと星マークの間の黒1に打つ• STEP4:ウイングの反対側にある星マークに打ち、辺を制す 中盤のまとめ• 不用意に相手に星マークを取られないよう注意する• 辺に打つ時には、中辺の石をできるかぎり少なく返す• 悪形とされている壁は、意識的に作らないようにする• 相手の作った壁は、なるべく温存する• 相手のウイングを探して攻めてみよう 終盤:勝つための戦い方ポイント 終盤では、ちょっとした一手が勝敗をわけます。 ここまでの局面を一手一手よく考えながら打っていたとしても、終盤で気づいたら負けていた・・・ということもよくあります。 もともと負けそうだったゲームも、終盤の戦い方次第では勝てる可能性もあります。 これを前提として、さっそく終盤での戦い方をチェックしてみましょう。 ポイント1:手止まりを狙おう 終盤では、オセロ盤の四隅周辺のマスが密集して空いている状態がよく見られます。 これは、XやCなどのマス(=わりとリスクが高いマス)が打たれないままゲームが進められてきた証拠です。 このような密集した空きマスの最後に自分が打つことを「手止まり」と言います。 手止まりを打つことでほぼ返されることのない石=確定石を確保できます。 上の図は白(=相手)が右上の星マークに打った場面です。 黒(=自分)の最善手はどこでしょうか?正解はたった今打たれた右上星マークの左隣りにある1個空きに打つ手(点線丸ア)です。 このような手を右上の「手止まり」と言います。 「点線丸ア」は白石を1個しか返していませんが重要な手です。 黒はここに打つことで、右上近辺にある程度の数の確定石を確保しました。 一見すると最初に「点線丸イ」に打つ方が多くの白を返せるので得に思えます。 しかし、そのように打つと白に「点線丸ア」と右上の手止まりを打たれます。 この手を許すと右上一帯のほとんどが白の確定石になってしまうことに注意してください。 よく見てみると、「点線丸イ」は急いで黒を打たなくてもいい「いつでも打てる場所」です。 「白からも黒からも打てる手止まりの手『点線丸ア』」が急所の一手となります。 ポイント2:連打を狙って打とう 残った二手のどちらでも打てる場合=「連打」できる可能性があります。 連打とは、最後の二手の2マスどちらにも打つことです。 特に終盤では「自分も相手も打てるマス」を先に打つようにしましょう。 上の図の場合、XとBの2マスが空いています。 黒(=自分)が間違えて先にXに打つと、白(=相手)にBを打たれて負けてしまいます。 ここでは黒はBの次にXと打ちましょう。 こうすることで、相手は打つ手がなくなります。 白はBも打てますがXを打つことはできません。 この他にも、隣り合っている2つの空きマスがある場合は連打ができる=好手である可能性が非常に高くなります。 これは、以下の理由からです。 連打した周辺の石の多くは自分の確定石になる• 連打することで、相手は他のマスに打たなければならない=相手の着手可能箇所が減る 連打できる2つの空きマスがある時には、両方とも自分で打ちましょう。 ポイント3:偶数理論で奇数空きに先着する 偶数理論は、以下の考え方を表す理論です。 奇数空きに先に打つのは好手• 偶数空きに先に打つのは悪手 偶数理論とは、奇数空きのマスに相手より先に打つことを好手と考える理論です。 逆に、偶数空きのマスに相手より先に打つのは悪手です。 終盤で手止まりを制するため、先に奇数空きへ打ちましょう。 奇数の3つ空きのマスから先に手をつけておくことで「自分ー相手ー自分」と手止まりを打ち、確定石を取るようにするのです。 たとえば上の図の場合。 全体では3つのマスに空きがあります。 そのうち上部2つは偶数空き、左下の1マスは奇数空きです。 まずは左下部1マスに黒(=自分)が先打します。 すると白(=相手)はオセロ盤上部の2個空きに打たざるを得ません。 右上の手止まりを黒が制した結果、黒の勝ちとなります。 ところが初心者の場合、まずは上辺を守ろうとして上部辺Aマスに黒は打ってしまう傾向が多くみられます。 これだと上部の手止まりを白に打たれてしまいます。 最後に黒は左下の辺Cに打ちますが、最終的に白に8石負けてしまいます。 (黒28対白36) 終盤のまとめ• 手止まり(密集した空きマスの最後に打つこと)で確定石を増やす• 終盤では自分も相手も打てるマスに先に打ち、連打を狙う• 偶数理論(奇数空きに先に打つこと)で手止まりを狙う その他:勝つためのポイント 常に三手先を読もう オセロだけではなく、将棋やチェスなどのボードゲームでは常に先を読むことが必要といわれています。 しかしオセロの場合、将棋などと違って一手打つたびに複数の方向に複数の石が返るため、先を読むのが非常に困難です。 そこで多くのオセロ有段者も意識しているのが「三手先を読む」ということ。 「自分が打つー相手がこう応じるーそこで自分はこう打つ」と考えるのが3手の読みです。 初心者と中級者は、ゲーム中3手先までを考え続けることをしっかり意識してみてください。 最後の二手でも、逆転することがある オセロは逆転のゲーム。 最後の二手で形勢がひっくり返ることもあります。 これは、一手で縦・横・斜めの複数の方向に最大6マスずつ、合計最大で18もの石が返るためです。 最終二手でそこまで大量の石が返ることは少ないとはいえ、将棋や囲碁などの他のゲームと比較して、オセロは最終盤での逆転が非常に多いゲームです。 最後まで、集中力を切らさないように注意しましょう。 理論や考え方を学ぼう 強くなるオセロ ナツメ社 この記事で勝つための戦い方を教えてくれている村上健さんの著書でもあります。 記事を読んで実践してみて、もっと深く理解したいと感じたなら、こちらも合わせて読んでみるといいかもしれません。 やはり頭で理解することと実践してみることは違うので、本番ですぐに使えるよう、読みながら頭の中を整理しておいてもいいかもしれませんね! オセロの練習方法 オセロ上達には実戦を重ねることが大事です。 以下の方法でさまざまな対戦相手と実戦経験を積みましょう。 ネット対戦 いちばん気軽にオセロの練習ができるのはネット対戦です。 コンピューター相手、または対人戦が可能です。 コンピューターのレベルは調節できるので、自分に合ったレベルのコンピューターと戦いましょう。 オセロのネット対戦サイトは初心者・中級者・上級者などのテーブルで分かれているので、初心者は初心者テーブルに入ってゲームを楽しめます。 段々勝てるようになってきたら、上のランクに挑戦してみましょう。 大会に出場してみる ネット対戦にも慣れてきたら、大会に出場してみましょう。 他のスポーツやゲームの大会と同様に、オセロの大会も緊張感とワクワクを味わえる楽しさがあります。 同時にオセロの有段者の打ち方を間近で見られることや大会という舞台での実戦経験を積めるため、レベルアップのいい機会になります。 おもな大会情報は日本オセロ連盟のホームページに掲載されています。 日本全国で大会が開催されているので、まずは自分の住んでいる場所の近くで大会を探してみましょう。 オセロの魅力とは 1:発明された時点で完成されたゲーム オセロは勝負の勝ち負けがハッキリしているところも魅力の一つです。 勝率の統計をとると先手の黒が49パーセント、後手の白が51パーセントと先手後手にもほとんど差がありません。 42年前にオセロが発明されてから、ルールの改変が一度も行われていない、というのもオセロの特徴です。 囲碁や将棋はルールのマイナーチェンジを経て今の形になっていると考えると、オセロは「発明された時点で完成されたゲーム」と言えます。 2:一生楽しむことができるゲーム オセロの魅力は「奥の深さ」です。 じつはすべてのオセロ盤には「A minute to learn, but a lifetime to master」というキャッチコピーが書かれています。 「ルールを覚えるのは1分 マスターするのは一生」という意味です。 何十年もかけて少しずつ自分の技量を磨いていき、一生楽しむことができます。 お話を伺った人 村上健さん 1964年12月22日生まれ。 オセロ九段。 1996年・1998年・2000年と、通算3度の世界チャンピオンに輝く。 国内でも1996年・1998年の全日本選手権、2001年の名人戦で優勝するなど多くの大会で活躍。 現在は市立麻布中学校・高等学校でオセロ部の顧問として後進育成に携わる傍ら、オセロ入門書の『史上最強カラー図解 強くなるオセロ』を出版し、様々なオセロの対局を解説するブログ「」を運営するなど、オセロの普及に努めている。 「ルールは簡単に覚えられるのに、一生かけても極めつくせないような深さがあります。 それが今もなおオセロが愛され続けている理由だと思います」と村上さん。 著書:史上最強カラー図解 強くなるオセロ.

次の