尾崎 紀世彦 また 逢う 日 まで。 「また逢う日まで」

【1971年】年末になると思い出す!尾崎紀世彦の名曲『また逢う日まで』の謎

尾崎 紀世彦 また 逢う 日 まで

「また逢う日まで」のバンド・スコア フル・スコア です。 原曲を忠実にコピーしています。 ベースはTAB譜付です。 氏のご活躍と私の音楽人生は殆ど重なっていたため、氏の楽曲から沢山の音楽のエッセンスを学ばせて頂きました。 感謝です。 そのため、ドラムもベースもまだ聴かせるという時代でなく、曲の雰囲気を確実に支える役割に留まっていると言えます。 全般的に、楽器の音数は少ないと言えます。 その分、それぞれの存在感出して下さい。 この曲がシンプルな構成ながら単調ではなく、ビビッドで躍動感溢れる曲に仕上がっているのは、小刻みに動くグルーブ感たっぷりのベースの役割です。 やや黒っぽい ゴスペルっぽい? グルーブを醸し出しているこのベースは特に重要です。 またマリンバが曲の色彩の決め手となっています。

次の

家族葬の風「また逢う日まで」

尾崎 紀世彦 また 逢う 日 まで

大ヒット曲「また逢う日まで」などで知られる歌手尾崎紀世彦(おざき・きよひこ)さんが5月31日午前0時5分、肝臓がんのため東京都港区の病院で亡くなった。 69歳だった。 ダイナミックな歌唱力が持ち味で、和製トム・ジョーンズと呼ばれた。 一昨年に胃がんの手術を受けたが、その後、肝臓と肺にも転移していた。 葬儀・告別式は近親者で済ませ、喪主は兄彰彦(あきひこ)さん。 後日、お別れの会を開く予定。 尾崎さんは一昨年秋に胃がんの手術を受けた。 昨年3月に再び手術を行い、以降、闘病生活を送っていた。 昨年5月に予定した公演を直前にキャンセルし、その前後に当時のマネジャーとのマネジメント契約も解除。 尾崎さんが長期入院したことから、東京・世田谷区内にある自宅は廃屋同然の状態となり、今年4月には女性誌が「失跡状態」と報じる騒ぎにもなった。 しかし、尾崎さんはがんと闘い、入退院を繰り返していた。 がんは昨年に肝臓、今年に入って肺にも転移した。 トレードマークの太いもみあげと彫りの深い容姿、豊かな声量とダイナミックな力強い歌声で「和製トム・ジョーンズ」と呼ばれた尾崎さんだが、この半年間は食事をとることもできず、点滴に頼る生活だった。 5月30日に容体が悪化。 同31日未明、ハワイから駆けつけ、付き添っていた息子が1人で最期をみとったという。 神奈川・茅ケ崎市でステーキ店を営む弟の征彦さん(66)は「27日に病院で会った。 『おお、来たか』とあいさつしてくれた。 夜中に連絡を受け、茅ケ崎から駆け付けたが間に合わなかった」と明かした。 対面した時は「穏やかな、悟ったような顔だった」。 都内の斎場で31日に通夜が、告別式は1日に営まれ、本人の希望で密葬だった。 征彦さんによると、尾崎さんは失踪騒動も病院のテレビで見ており「おれここにいるよ」とニヤニヤしていたという。 3月には自分のバックバンドが出演するライブハウスに病院から駆け付け、3曲歌ったのが最後の熱唱だった。 余命を宣告されていたため、病院には前妻や前々妻も、それぞれ見舞いに訪れ、子どもや孫らにも会った。 前々妻との間には長男と長女が、前妻の間には次女がいる。 尾崎さんの父は日本人と英国人のハーフで、小学生のころからFEN(米軍の極東放送)を聴いて歌唱力を磨いた。 67年にコーラスグループ、ザ・ワンダースに参加し、「キャプテン・スカーレット」など数多くのテレビ主題歌を歌い、「ウルトラセブン」で冒頭で連呼される「セブン」も尾崎さんの声だった。 70年にソロデビューし、シングル第2弾「また逢う日まで」が大ヒット。 作詞阿久悠、作曲筒美京平のコンビで、売り上げは100万枚を突破。 同年の日本レコード大賞、日本歌謡大賞をダブル受賞し、NHK紅白歌合戦にも出場した。 60歳をすぎても「また逢う日まで」を歌う時はキーを替えないのが自慢で、いい声を出すために30年以上禁煙するなど歌についてはストイックだった。 私生活では2度離婚し、06年に離婚した時は長女の親権をめぐって争った。 迎合することが嫌いで、嫌いな仕事は断り、先輩歌手でも意見することもあった。 歌唱力だけでなく、その生き方も日本人離れしていた。 1943年(昭18)1月1日、神奈川県茅ケ崎市生まれ。 コーラスグループ「ザ・ワンダース」を経て、70年に「別れの夜明け」でソロデビュー。 翌71年に2枚目のシングル「また逢う日まで」がミリオンセラーとなる大ヒット。 同年の日本レコード大賞と日本歌謡大賞をダブル受賞し、NHK紅白歌合戦にも3回出場した。

次の

尾崎紀世彦さん死去「また逢う日まで」

尾崎 紀世彦 また 逢う 日 まで

尾崎紀世彦『また逢う日まで』 1971年、尾崎紀世彦さんが歌って大ヒット、この年のレコード大賞を受賞した『また逢う日まで』。 尾崎さんはこの曲でトップシンガーの仲間入りを果たし、作詞の阿久悠さん、作曲の筒美京平さんにとっても、ヒットメーカーとしての地位を確立する代表作になりました。 ところが……この曲はもともと、尾崎さんのために書き下ろされた作品ではなかったのです。 当時、エアコンのCMソングを依頼された筒美さん。 候補曲として何曲か書き上げたなかの1つが、この曲だったのです。 イントロとサビが印象的なのは、CM用に書かれたからでした。 『アンパンマン』の生みの親で、作詞家でもあるマンガ家のやなせたかしさんが詞を付けて完成しましたが、スポンサーの意向が変わり、この曲はお蔵入りとなってしまいました。 「せっかくいい曲なのに、もったいないな……」と考えたのが、この曲を管理していた音楽出版社・日音のプロデューサー・村上司さんでした。 日本の音楽出版ビジネスの先駆けでもある村上さんは、当時、レコード会社の枠を超えて活躍するフリーの作詞家・作曲家たちと付き合いがあり、筒美さんが書いたCM曲を阿久さんに渡しました。 「阿久さん、この曲に新しい詞を付けて、世に出してやってくれませんか?」 こうして筒美さんが書いたCMソングは、阿久さんの手によってまったく違うポピュラーソングに再生。 完成したのがこの曲です。 ズー・ニー・ヴー『ひとりの悲しみ』 1970年、ズー・ニー・ヴーというグループによってリリースされた『ひとりの悲しみ』。 村上さんも阿久さんも筒美さんもヒットを期待していましたが、なぜかセールスは伸びず、またしてもこの曲は埋もれてしまったのです。 それでも「絶対にこの曲は当たるはずだ」という確信があった村上さんは、諦めませんでした。 再び世に出す機会を窺っていた、ちょうどそのころ……村上さんがプロデュースを手掛けていた歌手が、尾崎紀世彦さんでした。 尾崎さんはハワイアンやカントリーバンドを経て、1967年、3人組コーラスグループ「ザ・ワンダース」を結成。 村上さんがプロデュースを担当していましたが、なかなかヒット曲に恵まれませんでした。 特に尾崎さんの歌唱力を高く評価していた村上さんは、ソロシンガー転向を勧め、他の2人は裏方に回ることを提案。 1970年、尾崎さんは『別れの夜明け』という曲でソロデビューします。 ワンダースのメンバーの1人がディレクターに転向して、尾崎さんをバックアップ。 ところが……デビュー直後、尾崎さんはタクシー乗車中に、衝突事故に巻き込まれて入院。 プロモーションがほとんどできなかったことも災いして、デビュー曲はヒットしませんでした。 「あんなに実力のある歌手が売れないのは絶対おかしい」と悔しがった村上さん。 第2弾として閃いたのが、筒美さんが書いたあの曲を再生することでした。 実は尾崎さんも、ズー・ニー・ヴーの『ひとりの悲しみ』を聴いて気に入り、「この曲を俺に歌わせてくれないかな」と思っていたのです。 村上さんは阿久さんへ、尾崎さん向けに詞を書き直してほしいと依頼。 最初は渋った阿久さんですが、村上さんの熱意に折れ、「わかった! 尾崎君にふさわしい詞に書き直すよ」と承諾してくれました。 出来上がった新しい歌詞は、別れを決意した男女が2人で表札の名前を消し、それぞれ新しい道に進むという、これまでの歌謡曲になかった価値観の詞でした。 レコーディングには、ワンダースの元メンバー2人もコーラスで参加。 尾崎さんと一緒にサビを歌っているのは、苦楽を共にした仲間です。 こうして生まれた『また逢う日まで』は大ヒット。 「3度目の正直」でこの曲が売れたのは、村上プロデューサーの「いい曲、いい歌手を埋もれさせてはいけない」という、熱い思いがあったのです。 FM93AM1242ニッポン放送 土曜 8:00-10:50.

次の