インフルエンザ 熱。 【医師監修】インフルエンザの出席停止「解熱後2日」の数え方は?

インフルエンザで平熱並に熱が出ない理由と対処法!放置しても大丈夫?

インフルエンザ 熱

人に感染するウイルスは主にA型とB型で、例年A型は12~3月頃に流行し、後を追うように2月頃から春先にかけてB型が流行することが多いとされています。 は、B型インフルエンザウイルスに感染することによって発症し、発症すると高熱をはじめとした全身症状が現れます。 A型と比較した場合、B型の方が「熱が出にくい」などと言われていますが、そのような違いはあるのでしょうか。 また、インフルエンザの型を知るにはどんな方法があるのでしょうか。 ただし、熱が上がらない場合や、症状が軽い場合もあります。 そのため、風邪と勘違いしてしまうことも珍しくありません。 こういった症状はB型ウイルスに感染した後、1~3日程度の潜伏期間を経て発症し、多くの場合1週間程度で軽快します。 また、特に小さな子どもや高齢者、何らかの病気がある人、免疫力が低下している人では、インフルエンザに伴ってなどの合併症を発症することもあります。 この場合には、典型的な症状以外にそれぞれの合併症の症状が現れます。 インフルエンザA型とB型の症状の違い でも基本的には先に挙げた症状が現れ、型による症状の違いはほとんどないとされています。 また、B型は「熱が出にくい」「下痢・嘔吐がある」「腹痛がある」などと言われていますが、明確な根拠はありません。 風邪の場合は症状が徐々に現れる場合が多いですが、型に限らずでは急激に症状が現れるのが特徴です。 また、A型でもB型でも合併症を発症することがあります。 インフルエンザに伴う合併症 インフルエンザに伴う合併症には、 重篤 じゅうとく なものとしてとが挙げられます。 インフルエンザ脳症は1歳をピークとして幼児期に最も多くみられ、発症すると異常言動、意識障害、けいれんなどの症状が現れます。 肺炎においては強い咳、胸の痛み、息苦しさなどの症状がみられます。 重症化し後遺症が残ったり命にかかわったりすることもあるので、典型的なインフルエンザの症状以外に何らかの症状がみられた場合には、早急に病院で受診することが大切です。 インフルエンザB型かどうかを知る方法 はA型でもB型でも症状に違いがほとんどないことから、症状をもとにA型かB型かを判断することは困難です。 A型かB型かはインフルエンザの検査でわかりますが、疑わしい症状があれば、まずはインフルエンザかどうかの診断のために医療機関への受診を検討しましょう。 一般的なインフルエンザ検査の内容 一般的に行われているインフルエンザ検査は、長い綿棒を鼻の奥に入れて鼻や喉の粘液を採取する方法で行います。 採取した粘液を迅速診断キットに滴下すると、ライン(線)が浮かび上がる仕組みになっています。 このラインからインフルエンザにかかっているか、A型かB型かを知ることができます。 結果については検査に用いるキットの種類にもよりますが、通常15分以内に判明します。 まとめ は型による症状の違いはほとんどなく、熱があまり出ないなど症状が軽いことも珍しくはありません。 単なる風邪だと思っていても実際にはインフルエンザにかかっているケースもあるので、感染の拡大を防ぐためにも特に流行する時期には症状の重さにかかわらず早めに病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。 ただし、発熱後12時間以内の場合、検査で正しい結果が出ない場合があります。 また、治療薬の効果が十分に期待できるのが発症後48時間以内とされています。 そのため、発熱した翌日を目安に検査を受けるのがよいでしょう。

次の

インフルエンザウイルスは熱に弱いですか?

インフルエンザ 熱

インフルエンザなのにあまり熱が上がらない理由 熱が出ないとただの風邪だと思い込んで出勤してしまったり、学校に登校してしまうなど、沢山の人に感染させてしまう恐れがあります。 以下のようなケースは、例えインフルエンザに感染していても熱が上がらないことがあるので注意が必要です。 解熱剤を飲んだ 風邪かな思って、早めに解熱剤を飲んだ場合は熱が上がりにくいことがあります。 解熱剤は熱が上がるのを抑えるのみの効果で、インフルエンザを治療する薬ではありません。 解熱剤に頼ってしまうと、インフルエンザに感染していると気づかず、周囲の人に感染させてしまう恐れがあります。 インフルエンザB型 インフルエンザB型は、A型のように高熱になることは少ないです。 A型は12月から流行期が始まりますが、B型は2月や3月頃に流行る傾向があります。 予防接種の効果 インフルエンザの流行に備えて予防接種を受けておくと、感染した時に症状が軽くすんだり、熱が高くならないことがあります。 予防接種を受けたからと言って、100%インフルエンザにかからないということではありません。 しかし、予防接種を受けていない方と比較すると軽症で済むことが多いです。 抗インフルエンザ薬を飲んだ インフルエンザにかからないために予防薬などを飲んでいると、微熱で済んでしまうことがあります。 薬剤の効果でウイルスが増えるのを抑えられるのですね。 高齢者 高齢者の方は体の抵抗力が低下しているため、痛みに鈍かったり熱が出ないことがあります。 熱はウィルスや細菌と闘うための大切な症状ですが、 高齢者の方は熱が出ないために、逆に症状が悪化しやすい傾向にあります。 熱が上がらなくてもあらわれる症状 インフルエンザは高熱が出ますが、熱が出ないと通常の風邪と勘違いしてしまいますよね。 例え熱が上がらなくても、以下の症状があらわれているのならインフルエンザを疑うべきかもしれません。 インフルエンザは熱が上がらなくても感染する? インフルエンザは感染力が強いため、周囲の人にうつさないようにすることが大切ですが、熱がでないと感染に気づかずにうつしてしまうこともあります。 感染経路としては、感染者のくしゃみや咳などを浴びてうつってしまったり、ウイルスが付着した手すりやドアノブなどを触ってしまい、うつってしまうことがあります。 発熱していなくても、インフルエンザウイルスが体内で増殖していることに変わりはないので、感染させてしまう可能性はあります。 特に高齢者や小さな子供などが感染すると、重症化しやすいので注意が必要です。 また、インフルエンザウイルスの増殖力は早く、1日経過すると数百万個までウイルスの数が増えます。 潜伏期間は24時間~72時ですが、増殖力が強いので 潜伏期間でも感染してしまうことがあります。 症状が和らいでもウイルスが全くいなくなったわけではないので、 熱が下がっても周囲への感染には注意しましょう。 熱が上がらないインフルエンザの対処法や注意点 熱が上がらないと、無理に外出して周囲の人にうつしてしまったり、状態が悪化して長引く原因になります。 解熱剤は一時的に熱を下げてくれるため、倦怠感や関節痛などの痛みの症状を抑えてくれますが、ウイルスを死滅させるわけではありません。 発熱はウイルスと闘ってくれている、体の防御反応のひとつです。 よって、無理に熱を下げる必要はありません。 市販薬の使用には注意する 発熱の症状がなくても、関節の痛みが辛い時は痛み止めを使用したくなりますが、 アスピリンや ボルタレンなど、インフルエンザの時に内服を避けたい薬剤もあるので注意が必要です。 市販の解熱鎮痛薬を使用したい場合は、医師や薬剤師など専門家に相談するようにしてください。 外出を控える 熱がないと外出したくなりますが、インフルエンザにかかっていることを考えて会社や人混みなど人が多く集まる場所に出かけるのは控えるようにします。 熱がない場合は、 熱以外の症状が治まって約5日くらいしたら外出するようにします。 インフルエンザは放置しておいても治る? 体内に侵入したウイルスは早いスピードで増殖するため、早めに抗インフルエンザ薬を飲むことで症状の進行を防ぐことができます。 抗インフルエンザ薬は、ウイルスの増殖を抑えて症状の緩和に役立ちますが、ウイルスを死滅させることはできません。 インフルエンザを放置した場合、免疫力が強い方であれば自然に治る可能性はあります。 但し、 小さな子供や高齢者、持病のある方は免疫力が低下傾向にあるので、放置すると症状が悪化して重症になることがあるので注意してください。 免疫力を高めるには、温かい食事や水分補給、十分な睡眠が重要です。 放置した場合は、 約1週間~約10日くらいで治ると言われています。 インフルエンザの自然治癒での注意点 インフルエンザを放置して、自然治癒力に頼るのもひとつの方法です。 しかしインフルエンザウイルスは増殖力が強いため、24時間くらいでにあっという間に増えて症状がひどくなります。 放置した場合、インフルエンザウイルスによる合併症に注意しなければなりません。 インフルエンザ脳症 5歳くらいまでの子供に多く発症しやすく、痙攣や意識障害を起こし死亡するケースもあります。 子供がインフルエンザにかかったら放置するのはやめてください。 肺炎 肺炎は子供以外に高齢者に起こりやすい症状です。 炎症を起こした喉や鼻の粘膜から細菌が入り込んで、肺炎を発症することがあります。 特に 高齢者が肺炎を起こすと重症になったり、肺炎が原因で死亡することもあります。 症状が長引く 放置をすることにより、インフルエンザウイルスが体内に留まっている期間が長くなり、それにより症状が長引きます。 ウイルスが体内で増殖している間は、菌を外に出している状態になるので、他の人に感染させてしまう確率が高くなります。 そのため多くの感染者を出してしまう可能性も考えられます。 まとめ インフルエンザでは必ず高熱がでるわけではなく、熱が出ないタイプのインフルエンザもあります。 だからと言って感染の危険性は同様にありますし、合併症にも気を付けなければいけません。 インフルエンザに感染したら熱の有無に関わらず、無理にせず自宅で安静にしましょう。 参考文献.

次の

インフルエンザの子供が高熱で幻覚症状!!脳症?熱せん妄?子供医療相談#8000

インフルエンザ 熱

インフルエンザ(influenza/ラテン語)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症ですが、「一般の風邪症候群」とは分けて考えるべき、「重くなりやすい疾患」といわれています。 確かに、インフルエンザに罹患したとき、高熱とともに急激に体調が悪化するケースが多いようですが、実は高熱が出ないインフルエンザもあるのです。 実は、インフルエンザB型に感染した場合、高い熱が出ないこともあるのです。 B型に感染した場合、腹痛や嘔吐、下痢などの消化器系の症状は見られるものの、高熱が出ないといわれています。 このときに心配な点が「高熱が出ていないから自分はインフルエンザではなく、風邪を引いただけ」という誤った解釈。 この解釈で通常通り会社や学校に行く、あるいは外出先で人と会う……といった行動をとれば、間違いなくその人が保持するウイルスを周囲に撒き散らしてしまうことに……。 先に説明した通りインフルエンザにはタイプがあり、一度「A型」にかかっても、同じシーズン中に「B型」にかかってしまうことがあるのです。 このとき「じゃあ、予防接種なんて無意味では?」という疑問を抱く方もいますが、予防接種は文字通り予防に基づく処置。 さらにその根底に、次のような考えがあります。 これらの効果を知ると、予防接種を受ける必要性、意義が理解できますね。 ただし、症状が緩和しても体内にはウイルスが残っていますので、会社や学校で定められた期間、もしくは下記を参照に自宅でじっくり治すことを心がけましょう。 学校であればまたたく間に感染が広がってしまうことになりますので、十分に注意したいものですね。 とはいえ、病み上がりで出社・登校する方はマイク着用を心がけましょう。 これはウイルス保持者のくしゃみ、咳などに伴うウイルス飛散をさけるため。 「病み上がり時のマスク着用は「マナー」レベルではなく、「必至」レベルとおぼえておいてくださいね。 最後に。 かかる人とかからない人の違いは、日頃の行動にあった!? また「同じ環境で生活し、予防接種も受けた同年齢のA君とB君なのに、A君はインフルエンザを発症し、B君は元気でピンピン! この違いなぜ?」といった疑問もよく耳にしますね。 つまり、同じインフルエンザウイルスに感染していたにもかかわらず、疲れきって弱まったA君の免疫はウイルスに打ち勝つことができず、B君はウイルスをやっつけてしまう強い免疫力を備えていた……という違いがあったのです。 高齢者、乳幼児、学生さんと一緒に住んでいる方や、そうした人と接する機会が多い方、人と会うことが多い方の場合は、特に気をつけたいものですね。

次の