早速ご対応いただきありがとうございます。 「早速のご返信」のビジネスの使い方|目上の人へのご連絡メールも

「早速のご対応」はメールで使っていいの?不自然でない使い方を解説

早速ご対応いただきありがとうございます

「早々のご対応」の意味と敬語 「早々」の読み方は「そうそう」「はやばや」 「早々」は「 そうそう」「 はやばや」という二つの読み方が存在します。 「早々」は「はやばや」と読むのが、古くからの慣用読みで、「はやはや」と読むこともありますが、かなり稀です。 このように、「早々」は漢字の読み方によって、使い方に少々違いがありますが意味は同じです。 「早々ご対応」の場合は「そうそう」と読みます。 「早々」の意味は「すぐ・直後」「できるだけ物事を行おうとする気持ちを表す 「早々(そうそう)」の場合は、名詞と副詞の二つの品詞があります。 「早々のご対応」の場合は、副詞として使用されています。 「ご対応」は「対応」の尊敬語なので社外でも使える 「ご対応」は、「 相手や周囲の状況に応じて物事を行う」という意味の言葉です。 「対応」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけた尊敬語であるため、目上の人や、社外でも使用することができる言葉です、 また、話し言葉としてだけではなく文章でも使用することができる丁寧な言葉なので、ビジネスメールでの返信の際にも使用できます。 「早々のご対応」のメールでの使い方と例文 「早々のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早々」は、「 早々のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 例文 「ご多忙の折、早々のご対応ありがとうございます。 大変助かりました」 「早々のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただき今週中にお返事いたします」 「早々のご対応、感謝申し上げます」 「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早々にご対応ありがとうございます」は、「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、「 〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早々にご対応を頂き」とも書かれることがありますが、「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの 動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「先日は、お忙しいところ早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「予期せぬトラブルだったにも関わらず早々のご対応とアドバイスをいただき誠にありがとうございます」 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 例文 ・早々のご対応感謝いたします。 ・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 例文 ・お忙しい中早々のご対応ありがとうございます。 ・ご多忙の折早々のご対応いただき感謝申し上げます。 「早々のご返信」もよく使う 「早々のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 例文 ・お忙しい中早々のご返信ありがとうございます。 ・突然の連絡だったのにも関わらず早々のご返信感謝申し上げます。 自分が目上に対応するときは「早々にご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「 早々に対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早々にご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 例文 「恐れ入りますが早々にご対応いたしますので少々お待ちいただけますか」 「何か問題があった場合は早々にご対応いたしますのでご安心ください」 「お客様からのご期待に応えられるよう、早々にご対応いたします」 「早々のご対応」の使用上の注意点 「早々の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早々の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に 尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早々のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早々のご対応いただき」は誤った日本語 「早々のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早々のご対応をいただき」または「 早々ご対応いただき」になります。 「早々[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早々のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早々のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 「早速のご対応」の場合の「早速」は、「対応」という動詞を修飾している副詞として使用されています。 副詞での「早速」の意味は ・すぐに ・直ちに ・すみやかに ・対応が早いさま となります。 つまり、「早速のご対応」は「 対応が素早いこと」を意味する言葉であるといういことがわかります。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することが可能です。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「 早急のご対応」は「非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早々のご対応」の英語 「早々の」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「早々の対応」の英語の例文.

次の

早々にご対応いただき&「はやばやと」ビジネスの使い方と意味とは

早速ご対応いただきありがとうございます

ご確認ありがとうございます、ご返信ありがとうございます、ご協力ありがとうございます、など様々な場面で使えます。 基本的に下記の2つの単語(表現)が主に使われます。 thank you for ~:主に人に対する感謝• ありがとうございます(感謝)の詳細については、『』の記事をご確認下さい。 例えば先ほどの例文で言えば下記がその英語となります。 ビジネスメールでも口頭でも使えます。 ご確認ありがとうございます:Thank you very much for your confirmation. ご返信ありがとうございます:Thank you for your reply. ご協力ありがとうございます:I really appreciate your help. 上記のように、「very mcuh」や「really」を付けて、「ご確認誠にありがとうございます」などと強調してもOKです。 また、お礼のメールを書くときはその件名や書き出し、結びなどもじゅうようになるので、その際は、『』の記事をご参考下さい。 また、ここで注意してほしいのが、特に「apprecaite」を使う場合ですが、あなたが感謝しているのか?または会社全体が感謝しているのか?で、主語を「I」や「We」に代えてもOKです。 2.「ご対応ありがとうございます」の英語 さて、それでは「ご対応ありがとうございます」はどのように表現すればいいのでしょうか? 対応の英語は次のような単語で表現できます。 response(リスポンス):反応、応答などの意味がります。 「~への対応」と細かく言う時は「response to ~」などと表現します。 日本語でもビジネスで「レス(レス不要です)」と使いますがこの「response」が基となっています。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 また、先ほどもあった「cooperation」(コーポレーション)や 「assistance」(アシスタンス)や 「support」(サポート)の単語に置き換えることもできます。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 友達にも「対応ありがとうね」という場合とビジネスで丁寧に「ご対応頂きましてありがとうございます」などのパターンがありますね。 これを、とてもカジュアルな「Thanks for your ~」や通常の「Thank you for ~」、また丁寧な「appreciate ~」に当てはめてみましょう。 Thanks for your help! Thank you very much for your response. I really appreciate your great support. 「great」を「tremendous(トレメンダス)」の単語に代える表現も多くあります。 このように、時と場合に分けて表現できるようになると素晴らしいです。 3.それぞれの「~のご対応ありがとうございます」」の英語例文 冒頭でもお伝えしましたが、「ご対応ありがとうございます」に「迅速な」、「お忙しい中」などを加えるとさらに親切で丁寧な言い方になりますね。 ここではそれぞれの例文の言い方を覚えましょう! また例文では「thank you for ~」と「appreciate」を交互に使っていますが、入れ替えても問題ありません。 「迅速なご対応ありがとうございます」の英語 すぐに対応して頂けた、またはすぐの返信が来た場合などに使える表現ですね。 Thank you for your prompt reply. I apprecaite your quick response. 「quick(クイック)」は日本語でも使われれているので、「早い」というイメージがらいますが、 「prompt(プロンプト)」という単語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、ネイティブはよくメールなどで使います。 「prompt」は、迅速な、機敏なという意味です。 この2つの単語を押さえると「迅速な対応ありがとうございます」の表現ができるようになります。 また、 「早速のご対応ありがとうございます」とほぼ同じ意味なのでそのまま使えます。 「親切なご対応ありがとうございます」の英語 「親切な」という単語は 「kind(カインド)」を使うのがベストです。 Thank you very much for your kind support. We really appreciate your kind response. また、 「丁寧なご対応ありがとうございます」と表現したい場合もこの表現が使えます。 「polite(ポライト)」という単語が「丁寧な」という表現がありますが、「kind」が一般的によく使われます。 「忙しい中ご対応ありがとうございます」の英語 「お忙しいところ」、「お忙しい中」という表現も付け加える時がありますね。 Thank you very much for your reply while you are busy. I appreciate your kind assistance out of your busy schedule. 「out of ~」で「~(ここでは、忙しいスケジュール)の中から」という表現を使っています。 まとめ:「ご対応ありがとうございます」の英語は感謝の気持ちを込めることが最優先 先ずは相手に対してどれくらい感謝をしているのかを示すには「very much」や「really」など様々な単語をプラスしてもOKです。 supportなのか?assistanceがいいのか?などの単語の選定は二の次で、相手に失礼なく、感謝の意を伝えることがとても大切です。 また、一つの表現に偏らないようにここでご紹介した表現を時と場合で使い分けれるようにしましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

ビジネスメールで使える「早速のご返信ありがとうございます」

早速ご対応いただきありがとうございます

5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。 ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 ================引用終了 「~して頂きまして、ありがとうございました」と「~して頂き、ありがとうございました」の違い。 ポイントがいくつもあるので適宜リンクを張ります。 必要に応じてご参照ください。 「まして」があるほうが丁寧な印象です。 大原則として、敬語は省略した形よりも省略しない形のほうが丁寧な印象になります(例外と言えそうなケースもありますが……)。 こういう場合の「~して頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 ここから類推するに、「頂く」も本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~していただく」で使い分けるべきでしょう。 ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 「~していただきまして、ありがとうございました」 「~してくださいまして、ありがとうございました」 これもどちらも「間違い」ではないとされていますが、厳密に言うと「~してくださいまして(もしくは「~してくださり」)」でないとおかしいと主張する人もいます。 「ありがとうございました」には異和感をもつ人が多いようですから。 「いただき」だけでも、「もらう」の謙譲語なので十分に敬意は表現できていますので、どちらでも構いません。 「まして」「ました」の重複が気になるようなら、「いただき」だけでも特に問題はないでしょう。 ただ、「いただきまして」のほうが丁寧度がアップすることは確かです。 補助動詞の場合、基本的にはひらがな使用が推奨されているようですが、漢字でも特に違和感は与えないと思います。 漢字のほうが格調高く見えるという感覚は、まだ共有されていることでしょう。 ただ、前の単語が振り仮名を伴なわない漢字の場合はひらがなのほうが見やすくなるように思います。 「送って頂きまして~」「来場いただきまして~」のような具合。 また、たとえば、 「指導していただき(まして)、ありがとうございました」という表現の場合、 「ご指導いただき(まして)、ありがとうございました」とすると、「して」の重複を避けることもできます。 下記サイトでは、敬語について、なかなかわかりやすくまとめられています。 文化審議会答申<敬語の指針> どちらもあると思います。 丁寧に書くなら「~していただきましたこと、深く御礼申し上げます」となります。 また「いただく」の漢字は「頂戴」の言葉があるように、頂も戴も使えますが、小生は戴の方を選びたいと思います。 頂の字は「山頂」等のように、本来高い物の天辺を表します。 戴の方は本来の授け与えられる意味を持ちますので、こちらがより丁寧と思われるからです。 戦後の漢字は「教育漢字」「当用漢字」「実用漢字」「命名漢字」などと、国民的便宜のために国語審議会から、望ましいと思われる提言が繰りかえされ、かなり揺れ動いてきました。 頂戴の載の字が当用漢字から外されていたことも影響しています。 常用の国語事典に従って使用して構わないとも思います。 間違っていないとは思いますが、少なくともあまり自然ではないと思います。 おっしゃるように「~して頂き、ありがとうございました」または「~して頂き、ありがとうございます」か、「~して頂きまして、ありがとうございます」ならまぁなんとか不自然ではありません。 「いただき」「頂き」はどちらでもいいと思います。 ただやはり前者の方が少し温かみは感じられるかもしれません。 個人的には「有難う」よりも「ありがとう」の方が柔らかく心がこもっている感じなので、ここは平仮名にしています。 ・・・という感じで、自分がどう伝えたいかで、臨機応変に決めるのがベスト。 そういうのをちゃんと自分で考えて決められるのが、作家や詩人なんですよ。 勿論inga-さんは作家ではないでしょうけど、良い文を書きたいならそういう観点で。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 「いただく」は謙譲語です。 尊敬語ではありません。 「理解する」の場合は、 「ご理解いただく」 「理解していただく」 は正しい用法で、 「ご理解していただく」 は誤用です。 「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。 その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。 それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。 また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。 普通の言い方です。 それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。 敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。 それに対し 「ご理解していただく」の場合は、 「ご~する」の形が謙譲語にあたります。 その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。 つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。 「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。 A ベストアンサー 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送ってもらい、ありがとう」 さて、どちらが正しい日本語だと感じますか? では、次の文章を見てください。 A:「あの人が道を教えてくれた」 B:「あの人に道を教えてもらった」 それぞれ敬語にします。 A:「あの人が道を教えてくださった」 B:「あの人に道を教えていただいた」 もう一つ。 A:「あの人が指示をくれたから、順調に作業が進んだ」 B:「あの人に指示をもらってから、作業を始めろ」 それぞれ敬語にします。 A:「あの方がご指示をくださったから、順調に作業が進んだ」 B:「あの方にご指示をいただいてから、作業を始めろ」 さて、「くれる」も「もらう」も、どちらも物理的なモノの移動という視点から見れば同じですが、主体が違います。 例えば、XからYにモノが移動するとします。 これはそれぞれ次のように表現できます。 なんだか数学の公式みたいになってきましたが(笑)、次にこれを手紙に置き換えてみましょう。 A:相手がsanbanmeさんに手紙をくれる B:sanbanmeさんが相手から手紙をもらう では「ありがとう」は、どちらの行為に対して述べているでしょう? もちろん、「相手がsanbanmeさんに手紙をくれた」ということに対して述べています。 「sanbanmeさんが相手から手紙をもらう」ことに対してお礼を述べるのは変な感じがしませんか? ここまでくれば、もうおわかりでしょう。 「わかる」という行為の主体は読み手になりますが、「わかってもらう」という行為の主体は、私(書き手)です。 したがってここでは、「おわかりいただく」になります。 「くださる」と「いただく」の使い分けは、あくまで「その動作の主体が誰にあるか」がポイントになります。 「くださる」と「いただく」には、 A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる という違いがあります。 したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。 これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。 A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」 B:「(相手が手紙を)送っても... その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社...

次の