トラブル メーカー 意味。 自覚がない「トラブルメーカー」の共通する特徴と対処法5選!│coicuru

トラブルメーカーの意味は?男女のトラブルメーカーの特徴と対処法

トラブル メーカー 意味

何かと波風を立てる人や、問題を起こしがちな人のことを指す言葉として「トラブルメーカー」は用いられます。 一緒にいると立て続けに問題が起こったり、その人が原因でトラブルに発展するという人物は周りにいませんか? もしそんな人が周りにいるようなら、要注意です。 彼らは間違いなくトラブルメーカーであるということができるでしょう。 トラブルメーカーとは、すぐに他人を巻き込んで何かしらの問題を起こす人のことを言う言葉なのです。 彼らの周りにいると、あなた自身も何かと苦労が絶えないことでしょう。 英語で「trouble」とは「問題」という意味です。 では「maker」とは何かというと、「作る人」という意味です。 これを合わせて「troublemaker」とすることで、「問題を起こす人」という意味になります。 元々は英単語の組み合わせの言葉ですが、今では日本でも当たり前のように使われているのがこの「トラブルメーカー」という言葉です。 そのわかりやすさから、トラブルメーカーという言葉が日本において広く普及したというのも良くわかるのではないでしょうか。 英語に馴染みがない人でも理解しやすい言葉です。 彼らは自分自身がトラブルメーカーであるという自覚を一切持っていません。 トラブルメーカーと聞いて、彼らは自分ではなく、真っ先に身近にいるそれらしい他人のことを思い浮かべるでしょう。 もし自覚があれば、努力をして治そうとするはずなのです。 トラブルメーカーは自分が周りに迷惑を抱えているという自覚がないからこそ、ありのままの振る舞いをする中で問題を頻発させてしまうこととなります。 問題が起きて周りが迷惑に感じている時も、彼らはまるで何も起こっていないかのように、もしくは問題の責任が自分にないかのような表情をしていることでしょう。 いくら他人に迷惑をかけていようが彼らには全くの自覚がないため、結局何も改善されないままになってしまいます。 いつまで経ってもトラブルメーカーがトラブルメーカーであり続けるのは、このことが原因だと考えられるでしょう。 もし自覚があるなら、少しずつでも彼らに変化が見られるはずなのです。 トラブルメーカーと言われるような人は、基本的に厚顔無恥な傾向にあります。 彼らはどんな時も厚かましく、初対面の人からも「図々しい人である」と認識されることが多いでしょう。 そんなトラブルメーカーは、人目を気にしていないことがほとんどです。 もし彼らが人目を気にするような性格をしていたとしたら、ここまでトラブルを頻発させることはないでしょう。 トラブルメーカーと呼ばれるくらい問題を頻発させてしまうということは、人の目を気にしていないことが原因の一つとして考えられます。 彼らはきっと他人に迷惑をかけることをも何とも思っていないことでしょう。 そんな彼らに似合う言葉は、まさに「厚顔無恥」です。 面の皮が厚いと言われることも多いトラブルメーカーには、謙虚さというものがまるで備わっていません。 もし少しでも彼らに謙虚さが備わっていれば、問題を起こす前に自粛しようと思い至ることでしょう。 彼らは問題を起こしやすいその性格から、多くの人に距離を置かれがちです。 近くにいると自分も問題に巻き込まれてしまうかもしれないと思うと、誰も彼らに寄りつきたくはなくなってしまうのです。 トラブルメーカーが人格者になれることはないでしょう。 それどころか、問題を多発させるような人は、周りの人たちからすべからく嫌われてしまう傾向にあります。 故意に問題を起こそうとしているわけではなくとも、周りの人が彼に抱く感想は変わらないはずです。 人から嫌われるようなトラブルメーカーになってしまっていないか、自分含め今一度よく確認しましょう。 以下に関連記事として嫌われやすい人の性格や原因についてまとめられたものがあります。 トラブルメーカーの人は、何もしていないのになぜか嫌われがちだと言います。 この記事を読めば、なぜトラブルメーカーの人たちが嫌われてしまうのか理解できるようになるでしょう。 なぜか嫌われると悩むあなたにもオススメの記事です。 トラブルメーカーと言われるような人たちは、他人と関わることが苦手で、上手に話すことができない傾向にあります。 もし彼らがコミュニケーションをとることに長けていたら、そもそも問題を起こすことなどないでしょう。 他人と関わるのが苦手でコミュニケーションが下手だからこそ、彼らは問題をよく起こす人として認識されてしまうこととなったのです。 女性でも男性でも、コミュニケーションが不得意な人はこのトラブルメーカーに陥ってしまいやすいものです。 コミュニケーションが苦手な自覚のある人は気をつけましょう。 もし彼らが精神的に自立をしていたら、トラブルメーカーになることなどないでしょう。 いまだ誰かに依存し続けてしまっているからこそ、トラブルメーカーはよく問題を起こす人だという認識のままになってしまうのです。 自分の足できちんと立つことができる責任感のある大人なら、いくら問題を起こしてしまうことがあったとしても、よくトラブルを起こす人であるという見られ方をすることはないはずです。 男性にしても女性にしても、責任感のない自立していない人は、トラブルメーカーとして一括りにされてしまうでしょう。 彼らは集合時間や朝起きるべき時間、寝るべき時間など全てにおいてルーズな傾向があります。 その傾向は時間だけでなく、家事や課題など、日常生活においてしなければならないこと全般に渡ります。 トラブルメーカーが律儀なはずはありません。 そのため、トラブルメーカーとされる人には誰も安心して何かを頼むことなどできないでしょう。 どうせ問題を起こされてしまうのだと思うと、トラブルメーカーには何も言いたくないと思ってしまうようになるはずです。 トラブルメーカーでありつづけると、周りの人から頼られることなく自尊心を失うことになりかねません。 すぐにトラブルを引き起こすような人と深く関わりすぎてしまうと、面倒な問題に巻き込まれかねません。 そのような事態になるのが好ましいと感じる人はいないでしょうから、トラブルメーカーな男性・女性には関わりすぎないようにしましょう。 とはいえ、仕事上どうしても関係を持たざるを得ないことだってあるはずです。 そんな場合は、相手との距離をうまくはかりながら関わるようにしましょう。 誘いに全て乗るなどして積極的に関わる必要はありません。 平穏な日々を送りたいなら、トラブルメーカーな女性・男性とは深く関わりすぎないようにするのが一番でしょう。 トラブルメーカーの男性・女性がどのように動いているかをよく見張って、危ないなと思ったらその都度注意してあげるようにしましょう。 トラブルメーカーの人たちは、なぜ自分が嫌われるのか、その原因について分かっていない人がほとんどです。 つまり彼らは自分自身がトラブルメーカーになっているという自覚がないのです。 そんな彼らのために、注意をしてあげましょう。 それによって、トラブルメーカーの男性・女性があなたに感謝するであろうことは言うまでもありません。 もし感謝されなかったとしても、間違いなく彼らのためになるよい対処法でしょう。 トラブルメーカーでも大切だと思える友人がいるなら、あなたが嫌われ役である注意する立場を引き受けても良いのではないでしょうか。 以下に関連記事として、人間関係のストレス度診断をまとめたものがあります。 職場の嫌い・苦手な人への対処法についてもまとめられているので、すぐに問題を起こす苦手なトラブルメーカーへの上手な対応をここから学びましょう。 自分のストレス度を可視化すれば、現状をなんとかしなければならないと思えるはずです。 トラブルメーカーとうまく付き合おう! トラブルメーカーの人とうまく付き合うのはそう簡単なことではありません。 彼らの思いもよらない言動に、悩まされてしまうこともあるでしょう。 そんな時は、相手との距離をうまくとりつつ付かず離れずの関係を保つようにしてください。 トラブルメーカーの人とうまく付き合えるようになれば、人間関係が楽になるはずです。 よく問題を起こすような人と上手な関係を築くことができるということは、すなわちどんな人相手でもうまく付き合えるようになるということでもあります。 トラブルメーカーな人とうまく付き合って、上手な対処法を覚えましょう。

次の

気分屋ってどんな人?英語ではどう表現する?気分屋な上司の対処法も紹介 | ガジェット通信 GetNews

トラブル メーカー 意味

仕事のトラブルの多くは人間関係が原因だと言っても過言ではありません。 表面的には給料が少ないから転職するとか、うつ病で退職するとか何か理由を言っていても、実は人間関係のトラブルが引き金になっていることもあります。 そんな困った職場の人間関係トラブルですが、トラブルを引き起こすトラブルメーカー本人も何が悪いのか分かっていなかったり、周りで困っている人もどう対処していいか分からず、上司の采配を頼りにしています。 人間関係を良くすることで、職場全体のストレスを軽減し、より仕事に集中して成果を上げていくことができますし、人の定着率も良くなるでしょう。 そこで、今回は職場の人間関係のトラブルメーカーに上司・先輩の立場からどのように対処するべきか、よくある4パターンについてまとめました。 職場のトラブルメーカー1 人の気持ちを汲み取れない人 人の気持ちを汲み取るのが苦手な人は、思ったことをそのまま言ってしまい、しょっちゅう周りの人を怒らせたり、傷つけたりしてトラブルメーカーと化します。 たとえば、職場の偉い人が皆を行きつけのお店に連れて行ってごちそうしてくれたようなときでも、「あんまり美味しくないですね」などと場を凍り付かせるようなことを言って、当人は気づいていないので平気な顔です。 また、歯並びの悪い人に「何で矯正しないんですか?」などとデリカシーのないことを言って嫌われたりしてしまいます。 こういうトラブルメーカーは、悪いと分かっていながらウッカリ言ってしまう人と、本当に鈍感で何が悪いのか分かっていない人の2パターンに分かれます。 ウッカリさんの場合は、「しゃべる前に、それを言ったら相手とか周りの人がどう思うか3秒考えよう」などとアドバイスをしましょう。 自覚があれば、自分でも気を付けることができます。 問題は、本人が鈍感な場合です。 「それ、言われた人はどう思う?」と聞いてみても、「別に…」とポカーンとするだけで、なぜ言ってはいけないのか本気で分かっていません。 自分が鈍感であるがゆえに、「こうされたら、こう思うだろう」という類推ができず、察するという能力が著しく低いのです。 なので、相手の気持ちを考えろなどと言ってもなかなか改善しません。 この場合は、状況ごとに1つ1つ教えていって、パターンを記憶してもらうしかありません。 まずは、人との接し方に問題があるということを伝え、このままだと周りの人とうまく関係を作れず仕事にも支障があり、改善する必要があることを分かってもらいましょう。 新しい状況には対応できませんが、職場での普段のやり取りや、営業など決まったシーンだけなら覚えさせてなんとかカバーできます。 職場のトラブルメーカー2 負けず嫌いで食って掛かる人 負けず嫌いで何かと同僚と争ったり、先輩にも食って掛かるようなタイプもしょっちゅうトラブルを起こすのでやっかいです。 自信もあって努力家で、一見仕事はできそうに見えます。 しかし、小さなことでも一々競って自分が上だと示したがるので、周囲からは「うざい」と思われ距離を置かれがちで、人を巻き込んで大きな仕事をするということが苦手です。 「自分がナンバーワン」でないと嫌なため、ひどいと他の人に仕事を教えないでノウハウを独り占めすることもあります。 また、自分が出来ないのを周りの人のせいにしたりして「自分が優れている」ということをアピールしようとします。 部下や後輩にそういう人がいるときは、舐めた態度を取られたり、食って掛かられたときに、絶対に同レベルでムキになってはいけません。 「この人は大したことないな」と思われたら終わりです。 しかし、この手の体育会系な人は、一度信頼を置くと義理がたく忠実になります。 たとえ食って掛かられても感情的に相手をせず、しかし丁寧に、誠実に対応することが重要です。 自分が勝負できる相手ではない、敵わない、と認めてもらえれば成功になります。 信頼関係ができたら、「小さなことに勝とうとしないで、もっと大きな勝利を目指そう」と高い理想を見せて勝負の矛先を周りの人ではなく「自分の弱さ」とか「業界の闇」とかでかいものに向けましょう。 そうすると、いくらでも向上心を持って仕事に励んでくれ、周りの人との小競り合いも減っていきます。 職場のトラブルメーカー3 自分が得する事しかしない自己中な人 面倒くさい仕事を同僚や後輩に頼むくせに、自分が頼まれるときは「忙しいから」と断る。 ボーナス査定の評価に関係ある仕事はすごく頑張るのに、雑用には知らんぷり。 そんな自分が得することばかり考えている人は、良く言えば人の使い方が上手く、合理的に結果を出せる人です。 それゆえに出世もします。 しかし、その裏を知っている人たちからは「ずるい」と大ひんしゅくを買います。 ある程度のところまでは行けても、味方がいなくなって結局職場に居づらくなってしまうか、あるいは部下・後輩がバタバタと辞めてしまう「ボイコット状態」になってしまう恐れがあります。 こういう損得勘定で動いてしまう人にもっと成長してもらうためには、「損して得取れ」ということをいろんな角度から繰り返し伝えていくことです。 「ちょっと自分が損するぐらいやってあげると、その分信頼を積める」 「短期的な利益よりも、長期的に考えて次に繋がるものを選んだ方がよい」 「人が嫌がることをやった人ほど出世する」 のように、 目先の損得に囚われずに周りの人と信頼関係を作っていけるように引っ張って行ってあげましょう。 職場のトラブルメーカー4 人間関係のけじめがない人 人間関係のけじめが無い人、言い換えると「距離無し」の人も時にトラブルメーカーになります。 明るく人懐こく、誰とでも仲良くなれるのが良いところなのですが、人との距離感が近すぎてお客さんや職場の人も友達のようにけじめのない関係にしてしまうことがあります。 気に入った人には非常に愛情深く慕ったり世話をしたりしますが、何かの拍子で「裏切られた」と感じたとたんに豹変し、冷たい態度を取るようになり、悪口を触れ回り、延々ずっと恨んでいる…というようなこともあります。 また、恋愛沙汰を起こしたり、仲良しグループのトラブルの筆頭になったりと、職場をドロドロと愛憎にまみれた昼ドラのようにしてしまいます。 こういう人には、情に流されずにドライになることを学んでいってもらう必要があります。 大前提として、職場の人間関係やお客さんとの関係は「場」や「目的」がありきのもので、好き嫌いで差をつけるべきではないことを伝えていきましょう。 また、人の悪口を言わない、お金の貸し借りをしない、など節度を保つためのルールも守ってもらいましょう。 その際、上司自信はドロドロに巻き込まれないで俯瞰するポジションにとどまってなければいけません。 まとめ|職場のトラブル・揉め事は水に流そう 過去にいろんなトラブルを起こした人でも、失敗したり怒られたりして学んで成長すると変わるものです。 とんがっていた人も、あちこちぶつかって、年を重ねるほどに丸くなっていきます。 多少トラブルがあっても水に流して、これからの未来を信頼してあげましょう。 10年経ったら、どんなことでも笑い話になりますよ。 私も新入社員のころには、同期と張り合ってケンカしたり、社長に食って掛かったりと散々やらかしましたが、温かく見守ってもらって結局8年いられました。 最後はだいぶ丸くなったと思います。 当時の上司には本当に感謝しかありません。 いっぱい怒られましたが、本当にありがたかったと思っています。 上司の皆さんには、トラブルメーカーな部下も信頼してちゃんと叱ってあげていただけたら幸いです。 - わたしの人生の転機 - ここまでお読みいただきありがとうございます!ライターの高橋と申します。 一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。 私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。 信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。 人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。 ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤 想一郎 ( そういちろう )さんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。 まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。 そんな想一郎さんのメルマガを読んで、次々と奇跡のようなことが起こりました。 今は、過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会たんです! もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。 「人生を変えたい!」という人は、ぜひこの下の案内を読んでみてください。 佐藤 想一郎(さとう そういちろう) 株式会社ホロスパートナーズ代表取締役 ライフアドバイザー・ストーリーライター SPIRAL主催・講師 21歳でオンラインビジネスで起業。 文章を使った情報発信を研究し、1年間で1人で1000万円の利益を出す。 その実績と経験を元に、ウェブマーケティングのコンサルタントをするようになる。 26歳になると、節税のためだけに会社を設立し、その後も売上は上がり続け、年間で1億円近い結果を出す。 ビジネスを教えるようになるも、ビジネスだけ教えていても人生は良くならない人がいることに葛藤。 精神世界、自己啓発、哲学、心理学、宗教、教育などの分野を学び、それを分かりやすく教えるようになる。 お金と時間の自由を手に入れ、毎週のように旅行に行くようなセミリタイア生活を実現。 しかし、それに溺れてしまい、トラブルを引き寄せるようになる。 華やかな結果と真逆に、不幸になり、どん底の最中で「人生を学びたい」と切望。 その後、奇跡の縁を次々と引き寄せ、人生の本質(グランドセオリー)を学ぶ。 今までの知識を統合。 特に、ストーリーを使ったセールスコピーライティングに精通。 感情を煽る文章ではなく、魂に響かせる文章を研究中。 現在は、心から信頼できる仲間と共に、情報発信やセミナー講師などの活動を通して、人々の次元を上げる手伝いをする。 2020年からは「影響力がある人を増やし、本当に良いものを広げられる人を増やす」という理念のコミュニティ「SPIRAL(スパイラル)」を開始。 好きなことは、写真撮影・マジック・神社参拝・ガジェット・神秘的なもの・アニメ・ストーリー・ご縁繋ぎ。

次の

「トラブルメーカー」とはどんな人? 特徴と心理から対処法を教えます!|「マイナビウーマン」

トラブル メーカー 意味

仕事のトラブルの多くは人間関係が原因だと言っても過言ではありません。 表面的には給料が少ないから転職するとか、うつ病で退職するとか何か理由を言っていても、実は人間関係のトラブルが引き金になっていることもあります。 そんな困った職場の人間関係トラブルですが、トラブルを引き起こすトラブルメーカー本人も何が悪いのか分かっていなかったり、周りで困っている人もどう対処していいか分からず、上司の采配を頼りにしています。 人間関係を良くすることで、職場全体のストレスを軽減し、より仕事に集中して成果を上げていくことができますし、人の定着率も良くなるでしょう。 そこで、今回は職場の人間関係のトラブルメーカーに上司・先輩の立場からどのように対処するべきか、よくある4パターンについてまとめました。 職場のトラブルメーカー1 人の気持ちを汲み取れない人 人の気持ちを汲み取るのが苦手な人は、思ったことをそのまま言ってしまい、しょっちゅう周りの人を怒らせたり、傷つけたりしてトラブルメーカーと化します。 たとえば、職場の偉い人が皆を行きつけのお店に連れて行ってごちそうしてくれたようなときでも、「あんまり美味しくないですね」などと場を凍り付かせるようなことを言って、当人は気づいていないので平気な顔です。 また、歯並びの悪い人に「何で矯正しないんですか?」などとデリカシーのないことを言って嫌われたりしてしまいます。 こういうトラブルメーカーは、悪いと分かっていながらウッカリ言ってしまう人と、本当に鈍感で何が悪いのか分かっていない人の2パターンに分かれます。 ウッカリさんの場合は、「しゃべる前に、それを言ったら相手とか周りの人がどう思うか3秒考えよう」などとアドバイスをしましょう。 自覚があれば、自分でも気を付けることができます。 問題は、本人が鈍感な場合です。 「それ、言われた人はどう思う?」と聞いてみても、「別に…」とポカーンとするだけで、なぜ言ってはいけないのか本気で分かっていません。 自分が鈍感であるがゆえに、「こうされたら、こう思うだろう」という類推ができず、察するという能力が著しく低いのです。 なので、相手の気持ちを考えろなどと言ってもなかなか改善しません。 この場合は、状況ごとに1つ1つ教えていって、パターンを記憶してもらうしかありません。 まずは、人との接し方に問題があるということを伝え、このままだと周りの人とうまく関係を作れず仕事にも支障があり、改善する必要があることを分かってもらいましょう。 新しい状況には対応できませんが、職場での普段のやり取りや、営業など決まったシーンだけなら覚えさせてなんとかカバーできます。 職場のトラブルメーカー2 負けず嫌いで食って掛かる人 負けず嫌いで何かと同僚と争ったり、先輩にも食って掛かるようなタイプもしょっちゅうトラブルを起こすのでやっかいです。 自信もあって努力家で、一見仕事はできそうに見えます。 しかし、小さなことでも一々競って自分が上だと示したがるので、周囲からは「うざい」と思われ距離を置かれがちで、人を巻き込んで大きな仕事をするということが苦手です。 「自分がナンバーワン」でないと嫌なため、ひどいと他の人に仕事を教えないでノウハウを独り占めすることもあります。 また、自分が出来ないのを周りの人のせいにしたりして「自分が優れている」ということをアピールしようとします。 部下や後輩にそういう人がいるときは、舐めた態度を取られたり、食って掛かられたときに、絶対に同レベルでムキになってはいけません。 「この人は大したことないな」と思われたら終わりです。 しかし、この手の体育会系な人は、一度信頼を置くと義理がたく忠実になります。 たとえ食って掛かられても感情的に相手をせず、しかし丁寧に、誠実に対応することが重要です。 自分が勝負できる相手ではない、敵わない、と認めてもらえれば成功になります。 信頼関係ができたら、「小さなことに勝とうとしないで、もっと大きな勝利を目指そう」と高い理想を見せて勝負の矛先を周りの人ではなく「自分の弱さ」とか「業界の闇」とかでかいものに向けましょう。 そうすると、いくらでも向上心を持って仕事に励んでくれ、周りの人との小競り合いも減っていきます。 職場のトラブルメーカー3 自分が得する事しかしない自己中な人 面倒くさい仕事を同僚や後輩に頼むくせに、自分が頼まれるときは「忙しいから」と断る。 ボーナス査定の評価に関係ある仕事はすごく頑張るのに、雑用には知らんぷり。 そんな自分が得することばかり考えている人は、良く言えば人の使い方が上手く、合理的に結果を出せる人です。 それゆえに出世もします。 しかし、その裏を知っている人たちからは「ずるい」と大ひんしゅくを買います。 ある程度のところまでは行けても、味方がいなくなって結局職場に居づらくなってしまうか、あるいは部下・後輩がバタバタと辞めてしまう「ボイコット状態」になってしまう恐れがあります。 こういう損得勘定で動いてしまう人にもっと成長してもらうためには、「損して得取れ」ということをいろんな角度から繰り返し伝えていくことです。 「ちょっと自分が損するぐらいやってあげると、その分信頼を積める」 「短期的な利益よりも、長期的に考えて次に繋がるものを選んだ方がよい」 「人が嫌がることをやった人ほど出世する」 のように、 目先の損得に囚われずに周りの人と信頼関係を作っていけるように引っ張って行ってあげましょう。 職場のトラブルメーカー4 人間関係のけじめがない人 人間関係のけじめが無い人、言い換えると「距離無し」の人も時にトラブルメーカーになります。 明るく人懐こく、誰とでも仲良くなれるのが良いところなのですが、人との距離感が近すぎてお客さんや職場の人も友達のようにけじめのない関係にしてしまうことがあります。 気に入った人には非常に愛情深く慕ったり世話をしたりしますが、何かの拍子で「裏切られた」と感じたとたんに豹変し、冷たい態度を取るようになり、悪口を触れ回り、延々ずっと恨んでいる…というようなこともあります。 また、恋愛沙汰を起こしたり、仲良しグループのトラブルの筆頭になったりと、職場をドロドロと愛憎にまみれた昼ドラのようにしてしまいます。 こういう人には、情に流されずにドライになることを学んでいってもらう必要があります。 大前提として、職場の人間関係やお客さんとの関係は「場」や「目的」がありきのもので、好き嫌いで差をつけるべきではないことを伝えていきましょう。 また、人の悪口を言わない、お金の貸し借りをしない、など節度を保つためのルールも守ってもらいましょう。 その際、上司自信はドロドロに巻き込まれないで俯瞰するポジションにとどまってなければいけません。 まとめ|職場のトラブル・揉め事は水に流そう 過去にいろんなトラブルを起こした人でも、失敗したり怒られたりして学んで成長すると変わるものです。 とんがっていた人も、あちこちぶつかって、年を重ねるほどに丸くなっていきます。 多少トラブルがあっても水に流して、これからの未来を信頼してあげましょう。 10年経ったら、どんなことでも笑い話になりますよ。 私も新入社員のころには、同期と張り合ってケンカしたり、社長に食って掛かったりと散々やらかしましたが、温かく見守ってもらって結局8年いられました。 最後はだいぶ丸くなったと思います。 当時の上司には本当に感謝しかありません。 いっぱい怒られましたが、本当にありがたかったと思っています。 上司の皆さんには、トラブルメーカーな部下も信頼してちゃんと叱ってあげていただけたら幸いです。 - わたしの人生の転機 - ここまでお読みいただきありがとうございます!ライターの高橋と申します。 一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。 私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。 信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。 人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。 ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤 想一郎 ( そういちろう )さんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。 まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。 そんな想一郎さんのメルマガを読んで、次々と奇跡のようなことが起こりました。 今は、過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会たんです! もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。 「人生を変えたい!」という人は、ぜひこの下の案内を読んでみてください。 佐藤 想一郎(さとう そういちろう) 株式会社ホロスパートナーズ代表取締役 ライフアドバイザー・ストーリーライター SPIRAL主催・講師 21歳でオンラインビジネスで起業。 文章を使った情報発信を研究し、1年間で1人で1000万円の利益を出す。 その実績と経験を元に、ウェブマーケティングのコンサルタントをするようになる。 26歳になると、節税のためだけに会社を設立し、その後も売上は上がり続け、年間で1億円近い結果を出す。 ビジネスを教えるようになるも、ビジネスだけ教えていても人生は良くならない人がいることに葛藤。 精神世界、自己啓発、哲学、心理学、宗教、教育などの分野を学び、それを分かりやすく教えるようになる。 お金と時間の自由を手に入れ、毎週のように旅行に行くようなセミリタイア生活を実現。 しかし、それに溺れてしまい、トラブルを引き寄せるようになる。 華やかな結果と真逆に、不幸になり、どん底の最中で「人生を学びたい」と切望。 その後、奇跡の縁を次々と引き寄せ、人生の本質(グランドセオリー)を学ぶ。 今までの知識を統合。 特に、ストーリーを使ったセールスコピーライティングに精通。 感情を煽る文章ではなく、魂に響かせる文章を研究中。 現在は、心から信頼できる仲間と共に、情報発信やセミナー講師などの活動を通して、人々の次元を上げる手伝いをする。 2020年からは「影響力がある人を増やし、本当に良いものを広げられる人を増やす」という理念のコミュニティ「SPIRAL(スパイラル)」を開始。 好きなことは、写真撮影・マジック・神社参拝・ガジェット・神秘的なもの・アニメ・ストーリー・ご縁繋ぎ。

次の