あつ 森 オケラ 捕まえ 方。 【あつ森】タイルの作り方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ森|タランチュラの捕まえ方!ジャンプした瞬間に網をふれば確実!

あつ 森 オケラ 捕まえ 方

ベル不足に悩んでいる人 ベルの効率の良い稼ぎ方を知りたい人 時間操作の誘惑に日々耐えながら、リアルタイムであつ森を頑張っている人 「 ベル不足」 誰もが一度は通る道だと思います。 実は僕も今困っています。 時間操作をしている人たちは、季節を変えてベル稼ぎをしやすい月に変更してほいほいベルをゲットできるかと思います。 しかし、この記事を見てくださっているみなさんは、日々時間操作をしたい気持ちを抑えながらリアルタイムであつ森を楽しんでいる方たちが多いのではないかと思います ぼくもそう。 そんなあなたのためにいろいろと調べてみました! 結論から言うと、 5月で一番ベル稼ぎにおすすめなのは「捕まえた虫を売ること」です。 では、 どうすれば効率よく高値で売れる虫を捕まえられるのか? 見ていきましょう!! 機種: ・ Amazon売れ筋ゲームランク1位 本記事作成時 目次 タップでジャンプ• 5月に効率よくベルを稼ぐには虫取りをすべし 5月に効率よく稼ぐなら 虫取りをすることを断然おすすめします! 釣りでも稼ぐことはできるかもしれませんが、 釣れるまでのモーションに時間がかかることやレア魚に出会える確率の低さから判断して、圧倒的に虫取りの方が効率が良いだろうと感じています。 しかしながら、 あつ森を始めたばかりでこの方法を試すのは少し難しいかもしれませんのであらかじめご了承ください ごめんなさい。 花を購入して植えたり、むしあみやスコップ、オノなどのDIYができるようになった方は実践できる内容になっていますので、ぜひ試してみてくださいね!! 5月におすすめな稼ぎ方• 朝~夕方編 夕方16時ごろまで :昼間の虫たちをねらうチョウチョ&カマキリハンターになる• 夜編 夜7時以降 :あみさえあれば何でもできる!危険な虫を狙う珍虫ハンターになる 朝編と夜編に分けて解説していきます。 また特に朝編に関しては、 ある程度島の環境づくりが大切になってきますのでその点も含めて解説していきます! 朝~夕方編:昼間に捕まえるべき虫たち まずは、比較的高値で売れる朝~夕方にかけて捕まえることのできる虫たちをあげていきたいと思います。 虫によって出現時間はまちまちですが、 下で紹介する虫たちはすべて朝8時~夕方16時までの間は確実に出現する虫となっています。 オニヤンマやミイロタテハは移動速度が結構速いので、捕まえるのがなかなか難しいかもしれませんが、見かけたらぜひ捕まえておきたいですね! それではこの虫たちを捕まえるための環境づくりをしていきましょう! 環境づくり1:とにかく花を植えるべし! 環境づくりといっても大げさなことは何一つありません。 とにかく島に花を植えまくりましょう! 花を植えまくるだけでおすすめ度3とおすすめ度1の虫たちは出現するようになります! オニヤンマは花を植えなくても出現 しかし、 やみくもに植えるだけだと効率が悪くなってしまう可能性がありますので、下の方法を試してみてください! おすすめな花の植え方 花をたくさん植える専用スペースを2つくらい島につくり、そのスペース以外にはなるべく花は植えない という方法です。 なぜおすすめかというと、 専用スペースをつくれば、上で紹介したチョウやカマキリが出現する場所を固定化することができ、捕まえるのが圧倒的に楽になるためです。 そして、なぜ専用スペースが2つかというと、 2つあれば1つの専用スペースにチョウがいなくても、もう1つのスペースには出現しているかもしれないので、2つのスペースの行ったり来たりを繰り返すことができるためです。 僕も自分の「家の裏に花壇」を作り、もうひとつは「公園っぽいお花広場」的なスペースを作り行ったり来たりしています。 特にカラスアゲハは少し面倒ですが、良かったら下の方法を試してみてください。 カラスアゲハとハナカマキリゲットにおすすめな花の植え方 あくまでカラスアゲハを出現させるためのおすすめの交配として解説していきます! ここでは青か紫のレア花を咲かせていきます。 *詳しい花の交配方法に関しては攻略サイトなどをご覧ください。 白い花の種をタヌキ商店で購入する ユリとコスモス以外の花ならなんでもOK 2. 下の画像のように白い花を植えていく スペースを空けていないとレア花が咲いてくれません 白い花を斜めで隣り合わせで4つ植えると、青花あるいは紫花が咲くスペースを5つ確保できます。 交配させたい白い花には毎日ジョウロで水をあげる 雨の日はあげなくてOK 4. 専用スペースの行ったり来たりを繰り返してもモンシロチョウやモンキチョウ、アゲハチョウなど安値のチョウばかりが湧いてしまうことは多々あります。 どうしても出現しないときは建物の中に入れば、その時に出現している安値の虫たちをリセットして、別の虫を出現させることができますので試してみてください。 また、 花によくついているテントウムシやカメムシ、カマキリやミツバチ 飛んでいる など、逃がせる虫がいる場合はその虫がついている花の上を歩いて逃がしてあげてください。 また、島内で出現する虫の数には限りがあるため、安い虫をほったらかしにしておくといつまでたっても他の虫が出現できませんのできをつけましょう! ちなみに、 花の上でBボタンをおして走ると花が散ってしまうので必ず歩いて逃がしてくださいね! 1. 離島に着いたら、まず咲いている花をすべて摘んでいきます。 スコップで掘り返す必要はなく、花付近でYボタンを押せばOK 2. 次に果物やヤシの木になっているヤシの実を食べて、スコップやオノなどで岩をすべて壊していきます アイテム回収は一応しておいた方がいい。 特に鉄鉱石や石はDIYのためにも回収 3. 砂浜に生えているヤシの木以外の木をすべて斧で切り倒します。 切り株は3~4つくらい残してあとはすべてスコップで掘り返します。 回収した花や要らないものは、島のどこかに置いておきます。 これで環境づくりは完了です。 なぜ、この作業を行うかというと、 切り株上に出現するタマムシやルリボシカミキリ、木に出現するヨナグニサンの出現確率を上げるためです。 ヤシの木を残した理由は、どの島にも確定でヤシの木が存在しているためです。 そのため、 普通の木がない竹が生いしげる島でも、ヤシの木さえ残しておけばヨナグニサンが出現します。 あとは、島中を何度も行ったり来たりして、ヨナグニサンやルリボシカミキリなど高値で売れる虫をどんどん捕まえていくだけです。 ちなみに、 切り株もすべて掘り返すことで、ヨナグニサンの出現確率をもっと高めることができますので、個人的には切り株もすべて除去するのがおすすめです。 時間効率的なことを考えると、ヨナグニサン狩りが一番手っ取り早いかもです! また、この環境づくりではたまにサソリも出現することがあると思いますので、出現したらラッキーという感じで積極的に捕まえていきましょう! 環境づくり2:平坦な地形ならラッキー!サソリをたくさん捕まえる方法 もし平坦な地形や竹の生い茂る島を引けたら、先ほどの手順に太字で書いた下の作業を追加してください。 サソリを 捕まえるための環境づくり手順 1. 離島に着いたら、まず咲いている花をすべて摘んでいきます。 スコップで掘り返す必要はなく、花付近でYボタンを押せばOK 2. 次に果物やヤシの木になっているヤシの実を食べて、スコップやオノなどで岩をすべて壊していきます アイテム回収は一応しておいた方がいい。 特に鉄鉱石や石はDIYのためにも回収 3. 普通の木も砂浜に生えているヤシの木もすべて斧で切り倒します。 切り株はすべてスコップで掘り返します。 回収した花や要らないものは、島のどこかに置いておきます。 これで環境づくりは完了です。 これにより、サソリの出現確率を上げることができますが、そもそもサソリの出現確率は低いので 時間効率が良いのかどうかははっきり言って微妙な部分があります。 しかし、運よく連続でサソリが出現したり、多めに出現したりする島もありますので試す価値はアリです! サソリの捕まえ方は、あみをもってAを長押ししながら、ジワジワ近寄っていきます。 「だるまさんがころんだ」の要領で、サソリがハサミをあげて威嚇してきたら止まり、ハサミを下ろしたらまたジワジワ近寄るの繰り返しです。 下の画像の位置まで近寄れたらAボタンを離せばゲット!! 夜編:安値の虫しか出現しない時はこうする 結論から言ってしまうと、 安値の虫が出現している時には基本的に昼の虫と同じように、散らしていけばOKです。 ちなみに、上で紹介した環境づくりを行った後で出現しうる虫にはこんなものがいます。 環境づくり後に出現する虫 当たり:サソリ、ヨナグニサン、ルリボシカミキリ、タマムシ ふつう:タガメ はずれ:フナミシ、ハンミョウ、バイオリンムシ、ゴマダラカミキリ、オケラ です。 当然ながら、当たりの虫は見つけ次第どんどん捕獲していきます。 タガメは捕まえないといなくならないので捕まえておいて、逃がしてもいいですし、後で捕まえた高値の虫と入れ替えればOK。 はずれの虫はどんどん散らして逃がしていきましょう。 フナムシは海岸の岩っぽいところ、ハンミョウは離島内のどこか、バイオリンムシ、ゴマダラカミキリは切り株、オケラは地中です。 オケラは基本的にはそのままにしておいてもいいのですが、 実はオケラがかなり厄介でもあります。 みなさんはこんなルールを知っていますか? 離島には最大で4匹の虫しか出現できない というルールです。 つまり、オケラが2匹、フナムシが2匹出現している場合は、すでに4匹の枠が埋まってしまっていますので、その状態で新たに虫が出現することはないのです。 一応説明しておくと、 例えばオケラが3匹湧いてるとします 僕はまだ3匹湧いた時はない。 そうすると、あと出現できる虫の枠は1枠ですよね? こうなるとその1匹に頼って当たりの虫を捕獲しないといけないので、この状態で島を行ったり来たりしても、かなり効率が悪いです。 なので、オケラが2~3匹湧いている時は、オケラの鳴き声が大きくなっているところめがけてスコップで穴を掘り、散らしていきます。 ちなみに「 サソリは狙わず、ヨナグニサン狩りにかけるぜ!」という方におすすめなオケラ対策にはこんなものがあります。 フナムシは海岸付近の岩の上、ハンミョウは島内のどこかにいるので散らす。 タガメは川や池のどこかにいるのでとりあえず捕獲• とにかくオケラが湧くスペースをなくす。 それは、 買い取りBOXで売ると損をするという点です。 タヌキ商店が空いている時に直接買い取ってもらえば、ちゃんとした金額をもらうことができますが、 買い取りBOXだと本来の金額の8割しかもらえないのです。 例えば、サソリは本来8000ベルですが、買い取りBOXに入れてしまうと6400ベルになってしまいます。 花を摘み、岩を壊し、木を切り、切り株を3個残し、ヤシの木は下の画像のように2本残しました。 そして、下の画像のように 崖の上や移動が面倒なエリアにはあえて穴を掘りまくり、モノを置きまくり、雑草もはやしっぱなしにしてみました。 これはオケラが面倒な位置に湧かないようにするためです。 スペースさえ埋めてしまえばオケラは湧きません。 ここまでやれば環境づくりはOK! 島の中をひたすらぐるぐる回ります。 切り株にタマムシやルリボシカミキリがいたら捕まえておきます。 砂浜に行けば、割と高確率でそのヤシの木にヨナグニサンがくっついているはずです。 運営者は途中から切り株もすべて掘り起こしました。 これで出現するのはサソリとヨナグニサン、タガメ、ハンミョウ、オケラ、フナムシのどれかのみ。 すると早速サソリがきました!下のように 堀った穴はある程度そのままにしておくと、サソリ用の「とおせんぼう」ができますので、穴を挟んだ位置から安全に捕獲できます! 歩き回っても、「ヨナグニサンがこないな~」と感じたら、見えずらい位置にタガメが湧いているか、遠い方の海側にフナムシが湧いている可能性があります。 フナムシは見つけたら散らしましょう!タガメは捕まえないと、出現できる虫の4匹枠のうちの1枠が埋まったままになるので、ひとまず捕まえましょう! 大体1時間もしないうちに下の画像のようにポケットはパンパンになります。 ハチ 2500ベル が紛れていますが、この段階で 総額90300ベルです。 サソリは水辺に接すると落ちてしまうようです、、、。 そのあともサソリを逃しながらも、あわよくばサソリを捕まえつつ、ひたすらヨナグニサンを捕まえて、タガメと入れ替えていきました。 「ヨナグニサンもサソリもこないな~」と感じたらその時はオケラが2匹くらい発生しているので掘り返して散らしていきます。 あみが壊れたらロドリーに話しかけて、しょぼいあみとマイルを交換。 交換したらてっこうせきをつかって「むしあみ」へとDIYしていきます。 その後もいろいろと頑張り、1時間以上はかかってしまいましたが、ポケットは下のような感じになりました! ヨナグニサンとサソリとルリボシカミキリのみ! 最終的な 総額は114000ベルです。 正直サソリはもっと捕まえられましたね、、、もったいない。

次の

【あつ森】ホタルの値段と捕まえ方・出現時間【あつまれどうぶつの森】

あつ 森 オケラ 捕まえ 方

ホタルは、6月 12月 の夜に川の周辺に出現。 少し歩くだけでも大量に遭遇する。 雨の日は出現しない ホタルは雨が降っているとシーズンでも出現しない。 ホタルを探す際は、晴れと曇りの夜を狙おう。 朝方プレイの人は注意 時間帯 19時〜翌4:00 出現率は非常に高いホタルだが、出現するのは 1ヶ月間のみ。 夜にしか出現しないので、普段夜にあまりプレイしない人は逃さないように。 暗所に飾ると光る ホタルは野生のときと同じく、捕まえて飾る場合でも暗闇で光る。 和風コーディネートの部屋を作る際など、部屋のインテリアとしても使える。 夜の博物館が幻想的に 博物館に寄贈すると、中央左端の川沿いのエリアにホタルが展示される。 昼間はやや分かりにくいが、夜はホタルの光で幻想的な空間が演出されている。 機会があれば夜の博物館を一度見てみよう。 ホタルのフータ解説コメント.

次の

あつまれどうぶつの森攻略:オケラの捕まえ方

あつ 森 オケラ 捕まえ 方

ベル不足に悩んでいる人 ベルの効率の良い稼ぎ方を知りたい人 時間操作の誘惑に日々耐えながら、リアルタイムであつ森を頑張っている人 「 ベル不足」 誰もが一度は通る道だと思います。 実は僕も今困っています。 時間操作をしている人たちは、季節を変えてベル稼ぎをしやすい月に変更してほいほいベルをゲットできるかと思います。 しかし、この記事を見てくださっているみなさんは、日々時間操作をしたい気持ちを抑えながらリアルタイムであつ森を楽しんでいる方たちが多いのではないかと思います ぼくもそう。 そんなあなたのためにいろいろと調べてみました! 結論から言うと、 5月で一番ベル稼ぎにおすすめなのは「捕まえた虫を売ること」です。 では、 どうすれば効率よく高値で売れる虫を捕まえられるのか? 見ていきましょう!! 機種: ・ Amazon売れ筋ゲームランク1位 本記事作成時 目次 タップでジャンプ• 5月に効率よくベルを稼ぐには虫取りをすべし 5月に効率よく稼ぐなら 虫取りをすることを断然おすすめします! 釣りでも稼ぐことはできるかもしれませんが、 釣れるまでのモーションに時間がかかることやレア魚に出会える確率の低さから判断して、圧倒的に虫取りの方が効率が良いだろうと感じています。 しかしながら、 あつ森を始めたばかりでこの方法を試すのは少し難しいかもしれませんのであらかじめご了承ください ごめんなさい。 花を購入して植えたり、むしあみやスコップ、オノなどのDIYができるようになった方は実践できる内容になっていますので、ぜひ試してみてくださいね!! 5月におすすめな稼ぎ方• 朝~夕方編 夕方16時ごろまで :昼間の虫たちをねらうチョウチョ&カマキリハンターになる• 夜編 夜7時以降 :あみさえあれば何でもできる!危険な虫を狙う珍虫ハンターになる 朝編と夜編に分けて解説していきます。 また特に朝編に関しては、 ある程度島の環境づくりが大切になってきますのでその点も含めて解説していきます! 朝~夕方編:昼間に捕まえるべき虫たち まずは、比較的高値で売れる朝~夕方にかけて捕まえることのできる虫たちをあげていきたいと思います。 虫によって出現時間はまちまちですが、 下で紹介する虫たちはすべて朝8時~夕方16時までの間は確実に出現する虫となっています。 オニヤンマやミイロタテハは移動速度が結構速いので、捕まえるのがなかなか難しいかもしれませんが、見かけたらぜひ捕まえておきたいですね! それではこの虫たちを捕まえるための環境づくりをしていきましょう! 環境づくり1:とにかく花を植えるべし! 環境づくりといっても大げさなことは何一つありません。 とにかく島に花を植えまくりましょう! 花を植えまくるだけでおすすめ度3とおすすめ度1の虫たちは出現するようになります! オニヤンマは花を植えなくても出現 しかし、 やみくもに植えるだけだと効率が悪くなってしまう可能性がありますので、下の方法を試してみてください! おすすめな花の植え方 花をたくさん植える専用スペースを2つくらい島につくり、そのスペース以外にはなるべく花は植えない という方法です。 なぜおすすめかというと、 専用スペースをつくれば、上で紹介したチョウやカマキリが出現する場所を固定化することができ、捕まえるのが圧倒的に楽になるためです。 そして、なぜ専用スペースが2つかというと、 2つあれば1つの専用スペースにチョウがいなくても、もう1つのスペースには出現しているかもしれないので、2つのスペースの行ったり来たりを繰り返すことができるためです。 僕も自分の「家の裏に花壇」を作り、もうひとつは「公園っぽいお花広場」的なスペースを作り行ったり来たりしています。 特にカラスアゲハは少し面倒ですが、良かったら下の方法を試してみてください。 カラスアゲハとハナカマキリゲットにおすすめな花の植え方 あくまでカラスアゲハを出現させるためのおすすめの交配として解説していきます! ここでは青か紫のレア花を咲かせていきます。 *詳しい花の交配方法に関しては攻略サイトなどをご覧ください。 白い花の種をタヌキ商店で購入する ユリとコスモス以外の花ならなんでもOK 2. 下の画像のように白い花を植えていく スペースを空けていないとレア花が咲いてくれません 白い花を斜めで隣り合わせで4つ植えると、青花あるいは紫花が咲くスペースを5つ確保できます。 交配させたい白い花には毎日ジョウロで水をあげる 雨の日はあげなくてOK 4. 専用スペースの行ったり来たりを繰り返してもモンシロチョウやモンキチョウ、アゲハチョウなど安値のチョウばかりが湧いてしまうことは多々あります。 どうしても出現しないときは建物の中に入れば、その時に出現している安値の虫たちをリセットして、別の虫を出現させることができますので試してみてください。 また、 花によくついているテントウムシやカメムシ、カマキリやミツバチ 飛んでいる など、逃がせる虫がいる場合はその虫がついている花の上を歩いて逃がしてあげてください。 また、島内で出現する虫の数には限りがあるため、安い虫をほったらかしにしておくといつまでたっても他の虫が出現できませんのできをつけましょう! ちなみに、 花の上でBボタンをおして走ると花が散ってしまうので必ず歩いて逃がしてくださいね! 1. 離島に着いたら、まず咲いている花をすべて摘んでいきます。 スコップで掘り返す必要はなく、花付近でYボタンを押せばOK 2. 次に果物やヤシの木になっているヤシの実を食べて、スコップやオノなどで岩をすべて壊していきます アイテム回収は一応しておいた方がいい。 特に鉄鉱石や石はDIYのためにも回収 3. 砂浜に生えているヤシの木以外の木をすべて斧で切り倒します。 切り株は3~4つくらい残してあとはすべてスコップで掘り返します。 回収した花や要らないものは、島のどこかに置いておきます。 これで環境づくりは完了です。 なぜ、この作業を行うかというと、 切り株上に出現するタマムシやルリボシカミキリ、木に出現するヨナグニサンの出現確率を上げるためです。 ヤシの木を残した理由は、どの島にも確定でヤシの木が存在しているためです。 そのため、 普通の木がない竹が生いしげる島でも、ヤシの木さえ残しておけばヨナグニサンが出現します。 あとは、島中を何度も行ったり来たりして、ヨナグニサンやルリボシカミキリなど高値で売れる虫をどんどん捕まえていくだけです。 ちなみに、 切り株もすべて掘り返すことで、ヨナグニサンの出現確率をもっと高めることができますので、個人的には切り株もすべて除去するのがおすすめです。 時間効率的なことを考えると、ヨナグニサン狩りが一番手っ取り早いかもです! また、この環境づくりではたまにサソリも出現することがあると思いますので、出現したらラッキーという感じで積極的に捕まえていきましょう! 環境づくり2:平坦な地形ならラッキー!サソリをたくさん捕まえる方法 もし平坦な地形や竹の生い茂る島を引けたら、先ほどの手順に太字で書いた下の作業を追加してください。 サソリを 捕まえるための環境づくり手順 1. 離島に着いたら、まず咲いている花をすべて摘んでいきます。 スコップで掘り返す必要はなく、花付近でYボタンを押せばOK 2. 次に果物やヤシの木になっているヤシの実を食べて、スコップやオノなどで岩をすべて壊していきます アイテム回収は一応しておいた方がいい。 特に鉄鉱石や石はDIYのためにも回収 3. 普通の木も砂浜に生えているヤシの木もすべて斧で切り倒します。 切り株はすべてスコップで掘り返します。 回収した花や要らないものは、島のどこかに置いておきます。 これで環境づくりは完了です。 これにより、サソリの出現確率を上げることができますが、そもそもサソリの出現確率は低いので 時間効率が良いのかどうかははっきり言って微妙な部分があります。 しかし、運よく連続でサソリが出現したり、多めに出現したりする島もありますので試す価値はアリです! サソリの捕まえ方は、あみをもってAを長押ししながら、ジワジワ近寄っていきます。 「だるまさんがころんだ」の要領で、サソリがハサミをあげて威嚇してきたら止まり、ハサミを下ろしたらまたジワジワ近寄るの繰り返しです。 下の画像の位置まで近寄れたらAボタンを離せばゲット!! 夜編:安値の虫しか出現しない時はこうする 結論から言ってしまうと、 安値の虫が出現している時には基本的に昼の虫と同じように、散らしていけばOKです。 ちなみに、上で紹介した環境づくりを行った後で出現しうる虫にはこんなものがいます。 環境づくり後に出現する虫 当たり:サソリ、ヨナグニサン、ルリボシカミキリ、タマムシ ふつう:タガメ はずれ:フナミシ、ハンミョウ、バイオリンムシ、ゴマダラカミキリ、オケラ です。 当然ながら、当たりの虫は見つけ次第どんどん捕獲していきます。 タガメは捕まえないといなくならないので捕まえておいて、逃がしてもいいですし、後で捕まえた高値の虫と入れ替えればOK。 はずれの虫はどんどん散らして逃がしていきましょう。 フナムシは海岸の岩っぽいところ、ハンミョウは離島内のどこか、バイオリンムシ、ゴマダラカミキリは切り株、オケラは地中です。 オケラは基本的にはそのままにしておいてもいいのですが、 実はオケラがかなり厄介でもあります。 みなさんはこんなルールを知っていますか? 離島には最大で4匹の虫しか出現できない というルールです。 つまり、オケラが2匹、フナムシが2匹出現している場合は、すでに4匹の枠が埋まってしまっていますので、その状態で新たに虫が出現することはないのです。 一応説明しておくと、 例えばオケラが3匹湧いてるとします 僕はまだ3匹湧いた時はない。 そうすると、あと出現できる虫の枠は1枠ですよね? こうなるとその1匹に頼って当たりの虫を捕獲しないといけないので、この状態で島を行ったり来たりしても、かなり効率が悪いです。 なので、オケラが2~3匹湧いている時は、オケラの鳴き声が大きくなっているところめがけてスコップで穴を掘り、散らしていきます。 ちなみに「 サソリは狙わず、ヨナグニサン狩りにかけるぜ!」という方におすすめなオケラ対策にはこんなものがあります。 フナムシは海岸付近の岩の上、ハンミョウは島内のどこかにいるので散らす。 タガメは川や池のどこかにいるのでとりあえず捕獲• とにかくオケラが湧くスペースをなくす。 それは、 買い取りBOXで売ると損をするという点です。 タヌキ商店が空いている時に直接買い取ってもらえば、ちゃんとした金額をもらうことができますが、 買い取りBOXだと本来の金額の8割しかもらえないのです。 例えば、サソリは本来8000ベルですが、買い取りBOXに入れてしまうと6400ベルになってしまいます。 花を摘み、岩を壊し、木を切り、切り株を3個残し、ヤシの木は下の画像のように2本残しました。 そして、下の画像のように 崖の上や移動が面倒なエリアにはあえて穴を掘りまくり、モノを置きまくり、雑草もはやしっぱなしにしてみました。 これはオケラが面倒な位置に湧かないようにするためです。 スペースさえ埋めてしまえばオケラは湧きません。 ここまでやれば環境づくりはOK! 島の中をひたすらぐるぐる回ります。 切り株にタマムシやルリボシカミキリがいたら捕まえておきます。 砂浜に行けば、割と高確率でそのヤシの木にヨナグニサンがくっついているはずです。 運営者は途中から切り株もすべて掘り起こしました。 これで出現するのはサソリとヨナグニサン、タガメ、ハンミョウ、オケラ、フナムシのどれかのみ。 すると早速サソリがきました!下のように 堀った穴はある程度そのままにしておくと、サソリ用の「とおせんぼう」ができますので、穴を挟んだ位置から安全に捕獲できます! 歩き回っても、「ヨナグニサンがこないな~」と感じたら、見えずらい位置にタガメが湧いているか、遠い方の海側にフナムシが湧いている可能性があります。 フナムシは見つけたら散らしましょう!タガメは捕まえないと、出現できる虫の4匹枠のうちの1枠が埋まったままになるので、ひとまず捕まえましょう! 大体1時間もしないうちに下の画像のようにポケットはパンパンになります。 ハチ 2500ベル が紛れていますが、この段階で 総額90300ベルです。 サソリは水辺に接すると落ちてしまうようです、、、。 そのあともサソリを逃しながらも、あわよくばサソリを捕まえつつ、ひたすらヨナグニサンを捕まえて、タガメと入れ替えていきました。 「ヨナグニサンもサソリもこないな~」と感じたらその時はオケラが2匹くらい発生しているので掘り返して散らしていきます。 あみが壊れたらロドリーに話しかけて、しょぼいあみとマイルを交換。 交換したらてっこうせきをつかって「むしあみ」へとDIYしていきます。 その後もいろいろと頑張り、1時間以上はかかってしまいましたが、ポケットは下のような感じになりました! ヨナグニサンとサソリとルリボシカミキリのみ! 最終的な 総額は114000ベルです。 正直サソリはもっと捕まえられましたね、、、もったいない。

次の