皇室 ブログ マロママ。 延暦寺 旅行ブログ・テーマ

ジェニファー・ローレンス&クック・マロニー、結婚式に向けて前進中!

皇室 ブログ マロママ

世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:南米諸国・南極】 アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,ガイアナ,コロンビア,スリナム,チリ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア, その他フランス領ギアナ,南極を含む• 世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:北・中米諸国】 アメリカ合衆国,アンティグア・バーブーダ,エルサルバドル,カナダ,キューバ,グアテマラ,グレナダ,コスタリカ, ジャマイカ,セントクリストファー・ネイビス,セントビンセント・グレナディーン,セントルシア,ドミニカ共和国, ドミニカ国,トリニダード・トバゴ,ニカラグア,ハイチ,パナマ,バハマ,バルバドス,ベリーズ,ホンジュラス,メキシコ,その他北・中米諸国に含まれると思われる国• 世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:東・東南アジア諸国】 インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,マレーシア,ラオス,大韓民国,中華人民共和国,中華民国 台湾 ,北朝鮮,日本,東ティモール,その他東・東南アジア諸国に含まれると思われる国• 世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:南・中央・西アジア諸国】 アゼルバイジャン,アフガニスタン,アブハジア,アラブ首長国連邦,アルメニア,イエメン,イスラエル,イラク,イラン,インド,ウズベキスタン,オマーン,カザフスタン,カタール,北キプロス・トルコ共和国,キプロス,キルギス,クウェート,グルジア,サウジアラビア,シリア,スリランカ,タジキスタン,トルクメニスタン,ナゴルノ・カラバフ,ネパール,バーレーン,パキスタン,パレスチナ,バングラデシュ,ブータン,ブルネイ,南オセチア,ミャンマー,モルディブ,モンゴル,ヨルダン,レバノン,その他南・中央・西アジアに含まれると思われる国• 世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:ヨーロッパ諸国】 アイスランド,アイルランド,アルバニア,アンドラ,イギリス,イタリア,ウクライナ,エストニア,沿ドニエストル,オーストリア,オランダ,ギリシャ,クロアチア,コソボ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルコ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベラルーシ,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ポルトガル,マケドニア,マルタ,モナコ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア• 世界各国の日本人宿や日本人が多い宿に置かれている情報ノート。 有益な情報が多く、何度お世話になったことでしょう。 しかし、最近はブログに情報を書く人が多く、情報ノートの書き込みが少なくなっている様に思われます。 そこでこの「web情報ノート」をを作成しました。 ブログに「旅の情報」を書いた場合には今後の日本人旅行者のために是非トラックバックをして頂き、情報を共有できる場になれば嬉しいです。 【対象となる国:アフリカ諸国】 アルジェリア,アンゴラ,ウガンダ,エジプト,エチオピア,エリトリア,ガーナ,カーボベルデ,ガボン,カメルーン,ガンビア,ギニア,ギニアビサウ,ケニア,コートジボワール,コモロ,コンゴ共和国,コンゴ民主共和国,サントメ・プリンシペ,ザンビア,シエラレオネ,ジブチ,ジンバブエ,スーダン,スワジランド,セーシェル,赤道ギニア,セネガル,ソマリア,ソマリランド,タンザニア,チャド,中央アフリカ,チュニジア,トーゴ,ナイジェリア,ナミビア,ニジェール,西サハラ,ブルキナファソ,ブルンジ,ベナン,ボツワナ,マダガスカル,マラウイ,マリ,南アフリカ共和国,南スーダン,モーリシャス,モーリタニア,モザンビーク,モロッコ,リビア,リベリア,ルワンダ,レソト,その他アフリカ諸国に含まれると思われる国.

次の

延暦寺 旅行ブログ・テーマ

皇室 ブログ マロママ

へろう・・・ 久方ぶりの 「猫宮庵」でござい。 ついていけんっちゅーの。 と、思っておったら 実は私も、まぎれもなく一応 同属の ヒト科の 女 でしたよ、はい。 最近気が付きまして(笑) こと自分の 女性性を自覚する事が少ないと、 守るべき者(娘・猫一族)に頼られた時に キュンキュンしちゃうと これはもう 母性では なく 私の場合は 完全に・・・ 父性なのでは? と感じる今日この頃であります、えぇ・・・ そのうち、うっすらお髭でも生やす勢いで 両性を併せ持つトコロでしたよ? カタツムリになる前に なんとかしなければ! とりあえず、娘さんに ここ 一番の 女の武器 甘えた視線 必殺 上目遣い を送ってみる事にw たまに使っておかないと 刀と一緒で、 イザという時に 錆びて使いものにならないもんなw で、 視線ビーーーームッ! この 重い 想い届けッ っつーくらいの勢いで 外の気温に負けないくらいの お熱っついのをw 「え・・・何? お・・・お母さん・・何? その視線・・・・ 超 怖いんですけど・・・ 私・・何かした・・? 」 って ですって! すんげぇーーーーッ!! 怯えた視線で返された 更に ダメ押しで ちょっと 口角上げてみたw ・・・・ ・・・・・・・・・ 不敵な笑み になったw 娘は何かバレたのではないか。 と 更に怯え 私は私で、自分の上目遣いと微笑みが 既に 錆びた刀となっていた事を 痛感した2016年の夏。 何せ、クレオパトラ姉さんの「魔性の女」が猛烈に気になるモンでww ネタがある方は「ぷらつぶ」からご連絡くださいませ。 メールアドレスをお送りします。 以前ネタを下さった方は、 以前のメールアドレスと変更はないので、そのまま以前のヤフーのアドレスをご利用くださいませ。 時間のある時に、少しづつ編集して時期がきたら「特集」を行い予定でおりますです。 ただ正確な時期を告知出来ないのをご容赦願いますm(_)m.

次の

知らなきゃよかった皇室の裏話 ※クローン・軟禁・死亡・ホログラム・米国と朝鮮のスパイ : 世界の真実や報道されないニュースを探る ■地球なんでも鑑定団■

皇室 ブログ マロママ

穢れを厭う皇室が、汚れの家から妃を迎え入れてしまった。 この現実から日本人は目を背けてはならないでしょう。 よこしまな勢力の奸計とゴリ押しによる入内でしたが、本来絶対に あってはならぬことでした。 間違いで始まった物事は、それなりの結果をもたらします。 東宮の現在の状態がまさしくその結果でしょう。 間違いはただされなければなりません。 秋篠宮両殿下に続いて、天皇皇后両陛下が慰霊にお出かけです。 雅子妃の母方祖父江頭豊氏が元凶の一人であった、チッソ水俣の地獄は 遠い過去の出来事ではなく、今現在進行形で続いています。 水銀汚染は日本国内の問題にとどまらず、世界規模の関心事です。 患者さんから話を聞き取る各国代表。 2013年10月09日 水俣病患者と交流 条約会議の各国代表 水銀汚染の防止に向け「水俣条約」を採択する 国際会議の参加国代表らが9日、水俣病の発生地、熊本県水俣市を訪れ、 母親の胎内で水銀の影響を受けた胎児性患者と交流した。 各国代表は、患者の就労や交流を支援する施設「ほっとはうす」や 「遠見の家」を訪問。 被害が公式確認されてから60年近くたった現在も続く水銀被害の過酷さや 条約採択への思いを聞いた。 10人が訪ねた「ほっとはうす」では、患者らが 「水俣病のことや被害者の生き方をもっと知ってほしい」 「動けなくなっていくのが悔しい」と力を込めて話した。 【田中久稔】健康や環境を守るため、水銀の規制をめざす 「水銀に関する水俣条約」が、9日に熊本県で始まる外交会議で採択される。 条約誕生には40年を超す道のりがあった。 始まりは1972年、国連人間環境会議が開かれたスウェーデン・ストックホルム。 ここから世界に水銀被害を伝えた水俣病患者、 坂本しのぶさん(57)は今も訴え続ける。 「みなまたぼう(水俣病)は、おわっていません」 8日、外交会議の会場となる熊本市のホテルであったNGOの会合。 しのぶさんは介助の女性に支えられ、マイクの前に座った。 はっきりした口調で話そうとするほど、息は詰まり、声はうわずる。 顔をゆがめながら、言葉を押し出した。 「あたしは、スウェーデンに行きました。 みなまたぼうのことを、 知ってもらうために行きました」 生まれる前に水俣病になった。 胎内にいる時に母親がメチル水銀に汚染された魚介類を食べ、 胎盤を通過した水銀が引き起こす「胎児性水俣病」だった。 ・・・・・・・・・・・・・・転載ここまで 訴訟も今現在続いています。 訴訟が行われるむねのニュースが流れたのは、 あたかも皇太子ご夫妻のオランダ行きが報じられたその日でした。 雅子妃は水俣病加害に連なるお家の方です。 それをどう受け止めるかは自由。 ただ、この事実は国民に知らされねばなりません。 主観領域に属することなので、以降は客観的説得力はありませんが、 いわゆる(一般レベルの)霊的感性の持ち主たちは、 ご夫妻にまつわる半端ではない霊的不浄に、強い危惧を抱いています。 皇太子妃雅子さまが、世紀の企業犯罪チッソに連なる お家の方であるということを知らない世代が増えて来つつあります。 これを抜きに東宮問題は語れません。 記事にもし、心触れるものがあれば、拡散をお願いします。 水俣病発生の地で、稚魚の放流会場となる水俣市を初めて訪れ、 水俣病慰霊の碑に供花したり、市立水俣病資料館で患者らから話を聞いたりする予定。 宮内庁によると、26日午後に特別機で熊本県入り。 合志市の国立ハンセン病療養所 「菊池恵楓園」を訪れ、入所者を慰問。 全国13カ所の国立療養所のうち11カ所目の訪問となる。 27日は水俣市のエコパーク水俣で稚魚を放流。 水俣病資料館では患者の現状などの話を聞き、患者や家族と懇談する。 水俣病は他の誰あらぬ、雅子妃のご家系の問題なのに、 ご夫妻はご供養の言葉すら発していない無責任さ、無慈悲さです。 公害の直接責任は雅子妃の母方祖父・江頭豊氏に 関わりがないなどという人がいますが違います。 ある意味発生その事自体よりも、 雅子妃の祖父江頭豊氏のヤクザまで雇い入れた後処理の残酷さが 問題になっています。 水俣病の原因が工場にあると判ってからも稼働続行させました。 水俣病の直接原因ではないからと偽って、 雅子妃を入内させた高円宮他の勢力の罪は重いでしょう。 大体、三姉妹で男子がいない「女腹」のご家系の女性を、 危険で本来入れません。 (一般のご家庭にこういうことは合理的でもないし、 差別的で言えませんが、皇室は特殊な上にも特殊であり、 嫁ぐ人には当然お世継ぎ男子の出産は義務として課せられ、 それを承知で嫁ぐべきです。 天皇陛下から催促され口答えする、二重三重の意味で勘違い不遜、 不適格の女性が皇室に入り込んでしまいました。 ご性格も、とてものことに皇室に向いているとは思えません) *1995年 口答え事件 「国民はみなあなたたちの子に期待していますよ」という天皇陛下に対して、 「私の友人にそんなことを言う人はいません」と口答え、その場を凍りつかせる。 決して入内させてはならないお家の娘さんが入内してしまった。 犯罪企業のその国民への被害の深刻度、死者の数からしてある意味では、 殺人犯の家の娘の入内よりもあってはならないことでした。 本人は家とは関わりないというのが、民主主義的考え方ではありますが、 皇室のみは民主主義とはむしろ相容れない古代からの伝統に基軸を置く特殊な場所、 神域です。 皇室は国家最高位の神官のお家です。 雅子妃を入内させたことで、天皇皇后両陛下はじめ、 皇族がたが軒並みこの江頭というチッソにまつわる 稀代の犯罪企業にまつわる家の者と縁戚にさせられると同時に、 穢れは日本国の神社にも及びかねません。 幸か不幸かこのご夫婦が神域を自ら避けているので、 その意味では救いがありますが。 雅子妃入内にあたって背後で動いたのが高円宮ご夫妻です。 チッソの不浄、男子が産めぬかもしれない女腹の家系を承知でいながら。 真実、皇室と日本国のことを想う方々なら、なさらないですね。 韓国との異常な癒着を含めて、何らかの私心が動機でしょう。 雅子妃の実母小和田優美子氏は日本ユニセフの理事をなさっていますが、 こちらが看板として立てている人物アグネス・チャンと 創価学会池田大作氏と密着した仲であることもよく知られた事実、 そして秋篠宮ご夫妻にまつわる中傷は創価により全国規模でばらまかれたことも、 知られ始めています。 秋篠宮ご夫妻はとうの昔に水俣を訪れ、 雅子妃の祖父江頭豊氏が関わった水俣病患者さんたちの慰霊碑をご供養になり、 患者さんたちにも誠意を込めてお会いになられました。 調べてみると、どうも熊本国体にかけた非公式訪問と慰霊らしく、 ということはご夫妻自らのご意志でのご供養ですね。 素晴らしい心ばえではないでしょうか。 来月はそれを天皇皇后両陛下が公式におやりになられます。 皇太子ご夫妻の放置ぶり、無慈悲さが浮き彫りにならざるを得ません。 秋篠宮殿下は、スペインを訪れた折にも水俣病についての、 真率なるお考えをお述べです。 【イドリア市は、水銀の採掘を行っていた地域ですが、 そのために起こった身体的・心身的な障害には重いものがあったと聞きました。 日本の水俣市においても、水銀が起因する水俣病は深刻な問題であり、 そのようなこともあってこの両市は交流を深めてきました。 近いうちに、水俣市の高校生がイドリア市を訪ねるとの話も聞きました。 このように、若い世代の人たちの交流も両国の関係にとって 大切なことであると思います】 しかるに・・・・もっとも、供養に出向きある意味、 患者さんたちに謝罪の心をもって接さなければならない 皇太子殿下ご夫妻が無視していらっしゃいます。 近場の被災地2年間放置より、本来はもっと悪質な放置です。 このたび、天皇皇后両陛下がご供養にお出ましになられるのは、 式年遷宮を目前にした一つの禊(みそぎ)であると、畏れながら感じます。 本殿遷座祭のあった出雲大社も関わりがあるでしょう。 浄化の始まりです。 天皇皇后両陛下にそのご意識はないでしょうが、 水俣病患者さんたちのご慰霊とご訪問は、東宮と雅子妃への強烈な批判です。 今までなら雅子妃とそのご実家への慮りで、いらっしゃらぬ場所であったでしょう。 皇太子ご夫妻の水俣放置は、被災地2年間放置より、 なお人の心の喪失ではないでしょうか。 本来、真っ先に皇太子ご夫妻がご供養に駆けつけ、 ご遺族に真摯にお会いになるべきお立場では・・・・。 水俣病患者とその家族の苦しみは今なお続いています。 それを知らんぷりして、お遊び、静養、食べ歩き。 悠仁さまは、まだ幼いあのご年齢で、昭和天皇陵、香淳皇后陵、 神武天皇陵、伊勢神宮と参拝なさっていらっしゃいます。 紀宮さまも幼い頃から何度も伊勢神宮はお参りで、 この画像は愛子さまと同じ11歳の時のものです。 愛子さまが時々お見せになる強張ったような、 不自然な手指の形は水俣病患者さんの手の形そのままで、 それが一つの信号となって皇太子ご夫妻に発せられているのに、 何もお感じにならないようです。 手指の比較画像はもう載せません。 無残なだけで不毛なようですので。 歴代の天皇が申し伝えているごとく、まず何はさておいても神事。 それが天皇の天皇たるゆえんです。 祭祀の志薄き皇太子は失格者です。 凛として神事のご姿勢あらば、 かくも不浄の存在たちに取り憑かれることもなかったでしょうに。 心得違いをなさっておいでです。 1.水俣病の原因が工場にあると知りつつ稼働続行。 2.患者・家族への補償に応じず。 3.悪質なデマを流し患者や家族を冒涜。 4.患者さんや報道カメラマンを暴力集団雇って襲撃(チッソ会長時代)。 「死んだ魚を食べる乞食がカネせびりに来たな」 「腐った魚を食べるから汚い病気にかかる。 伝染るから近づくな」 株主総会で一株株主の患者達に)「庶民が何を言うか!」 「黙れ貧乏人が!」 こういう言動への批判に対する雅子妃の認識は、 「おじい様が悪く言われてる」程度の認識。 苦しみもがいた患者さんが、壁に爪を立てて亡くなったというのに。 生まれ落ちた瞬間、手も足も動かない子がいるというのに。 親がどれほどの涙を流したか。 おじい様が悪く言われている・・・・・。 水俣病患者をはじめ水銀汚染の犠牲になった全ての生命を彼岸に供養する 「火のまつり」が9月21日、熊本県水俣市の公園「エコパーク水俣」であり、 たいまつや竹灯籠をともして鎮魂の祈りをささげた。 市民有志が1994年から、メチル水銀に汚染された海を埋め立てて 整備されたエコパーク水俣を会場に行っている。 午後6時半、五つの大きなたいまつが点火され、遺族や患者ら約550人が、 海岸部に設置された祭壇に竹灯籠を供えるなどして手を合わせた。 10月には、世界的な水銀規制に向けた「水俣条約」を採択する 国際会議が熊本市で開かれる。 患者の永本賢二さん(54)は 「世界で二度と水俣のような悲劇が起こらないことを願う」と話していた。 (2013年9月22日 読売新聞) 皇室問題に関するご意見・要望はこちらに 首相官邸 内閣官房 皇室の伝統を守る国会議員の会.

次の